市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年04月27日

マスコミの記者やカメラマンはコロナ感染の取材先から移動する際靴の裏を消毒しているのか?


 新型コロナについては、ウイルスおよび抗体検査がいまだ完全ではない。
 実際にはウイルスが消失していないのに検査で陰性と出る「偽陰性」の可能性もある。
 これについて、「その場合、数週間ほどの長期にわたって、感染力が持続する可能性がある」と警告した。


 中国・上海での研究では、回復した患者175人を観察したところ、症状の発現から10〜15日後の抗体量に違いがあったという。
 なお、WHOの新興感染症対策部門を率いる
   マリア・ファン・ケルクホーフェ氏
は抗体反応が起きることが、免疫獲得を意味するかどうかは別の問題だとメディアの取材で話した。


ひとこと

 体質によっても、感染後の同期間で抗体の量が異なるとすれば、完治の判断は難しい。
 検査で陰性と出る「偽陰性」の可能性があったとしても、人に感染をうつすのかどうか不明な点もあるようだ。

 韓国の検査キットの精度が7割程度とも言われており、単なる目安でしかないのが現実ともいえる。
 そもそも、人の靴の裏に付着して感染を拡大させるということが確認もされている。
 ただ、メディアのインタビューで記者やカメラマン等は靴の裏を消毒することもなく移動し社会に害悪を撒き散らしているマスゴミは問題だ。
   
   
posted by まねきねこ at 18:12 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。