市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年05月17日

懲罰的な対応措置を実行するか?


 中国共産党機関紙「人民日報」の国際版「環球時報」は新型コロナの関連で
   中国に賠償を求めて訴え
を起こした米国の個人や団体、州当局を対象に、中国は
   懲罰的な対抗措置
を検討していると報じた。

 胡錫進編集長はツイッターに「中国を悪者にした訴訟の乱用に対抗するため、政府は既に米議会の一部議員やミズーリ州、関連する個人や団体を対象に必要な懲罰的措置を講じるべく準備を進めている」と投稿した。


ひとこと

 中国由来かどうかは不明だが、トランプ政権のコロナ対応の遅れが米国内での感染拡大を引き起こした責任の津移住が米国の次期大統領選挙においては大きな逆風となってきており、米国民の批判を中国に向けさせる目論見が共和党を中心とした組織などが動いているようだ。

 ただ、共和党の重鎮でもあるユダヤ系のキッシンジャー国務長官は中国に近い思考もあり、内部で分裂していくことも考えられる。
 もともと、米国内のユダヤ組織も利権の集合体であり、利害対立が起これば強く反発しあう動きを示すだろう。

 あらゆる分野に資金が流れ環境保護団体にも掌の上で踊らせ利権を膨らますツールとして利用できるとの思惑もある。
 ただ、利害が対立する事態になれば強権を使って叩く動きをすることもあり複雑な流れを形作る。

   
posted by まねきねこ at 08:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。