市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年05月30日

有事に機能する自衛力を保有すべき


 中国共産党機関紙「人民日報」の国際版「環球時報(電子版)」は27日、米経済誌フォーブス(電子版)は25日、米ワシントンのシンクタンク、戦略予算評価センター(CSBA)の最新リポートを引用したうえ、中国海軍は規模の上では日本の海上自衛隊を追い抜いているが、艦艇の平均サイズでは海自がリードしているとの記事を掲載した。

 また、より重要なのは、有事の際に、海自は米国の支援を得られることだと続けた。

 中国はアジアをリードする「海軍大国」としてすでに日本を追い抜いた。
 ケ小平が舵を切った改革開放の中で、日本の製造業が中国の産業の近代化に寄与してきた影響から20年間の爆発的な経済成長を経て、重火器の製造能力が急速に高まり、中国海軍は現在、日本よりも多くの艦船とミサイルを保有するまでになった。

 CSBAのトシ・ヨシハラ氏は最新のリポートで、アジアにおける海軍力のバランスは劇的に変化していると警戒すべき状況を明らかにした。
 海洋大国としての中国の台頭は、西太平洋における日本の長年が保有してきた安全保障上の安定した地位を損ない、その過程でアジアにおける米国の地域戦略を弱体化させる可能性があると指摘している。

 また、中国は1990年代後半から
   大規模で強力な軍事力の増強
に見合うだけの経済成長を遂げており、火器弾薬類の製造能力の向上と機軸を同じくしている。

 ただ、日本の経済は無能な政治家の失政が続きほとんど成長しておらず、軍事支出(防衛費)にも明らかな影響を与えた。

 財政改革などにより90年から2020年の間に、海自のコルベット、フリゲート、駆逐艦、巡洋艦、ヘリ空母の数が64隻から51隻に減少した。
 一方、同時期に中国の同種の艦艇数は55隻から125隻にまで増強している。


 ただ、日本の艦艇の平均サイズは中国に比べれば大きい。
 このサイズが大きければ大きいほど、海上に長くとどまることができ、戦闘での生存率が高くなるといった見方もある。

 中国海軍は海自よりも多くのミサイルを配備すしており、艦隊の垂直発射システム(VLS)のセル数は、艦隊の火力の量とほぼ一致してり、消耗戦になれば性能が劣った中国軍でも勝機を生む可能性が出てきており、冒険をする可能性が高い。

 ただ、日本列島はアジア太平洋の米軍に重要な基地を金を出したうえ無償で提供している。
 これが西太平洋における米国の力の基盤となっているが有事に機能する保障は単なる紙切れでしかない可能性もあり、自主防衛の増強は急務だ。

 安保条約では「有事の際」に、米国は日本と一緒に戦うことにはなっている。

 中国が約3300発、日本が約半数の1600発のミサイルを配備できる。

 この軍事力の差に対し、米国は1万発のミサイルを配備し、その約3分の2が米太平洋艦隊に属している。
 日米海洋同盟は、中国の3300発に対し、7600発のミサイルを配備できるが、日本の自衛力に米国の首輪がついたままという状態で対応な関係を構築する意識は腰抜け政治家は、言うがままで自衛隊を米軍に使われかねない状況を放置したままで改善して行く気がないようだ。


       
posted by まねきねこ at 06:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。