市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年06月03日

大きなウソは多い隠せない



 韓国青瓦台(大統領府)の
   李昊昇(イ・ホスン)経済首席秘書官
は3日、記者会見で
   各国の新型コロナウイルス
への対応が自国の経済に及ぼす影響を分析した結果、韓国式の対応が英国式よりも国内総生産(GDP)に与える影響が少ないとする資料を取りまとめて放言した。

 この資料は全米経済学会が先月発表したというが、資金提供など工作を受けた分野からのものだとも言われており、誇張が見られるものでしかない。


 この韓国政府の工作された資料データによると、英国が新型コロナの感染拡大を受けて何も対応をしなかった場合、今年1月〜11月のGDPの30%が損失すると推定している。

 都市封鎖などを行った英国式の対応では20%の損失、韓国式の対応は7%の損失と優位性を誇張する数値を並べたてた。

 李氏は「防疫のためにすべての経済活動を止めるのが欧州式であるとすれば
   「積極的な診断と追跡」
が韓国式の「K防疫」と主張、実行は難しいが、韓国式の対応は経済に与える影響が最も少ない」と評価した。

 また、韓国経済は昨年11月から今年1月にかけて改善しつつあった。 
 2月から新型コロナの影響で悪化したと説明した。

 その上で、このような状況でも韓国式の「K防疫」の効果で
   経済活動に必要な人や物
の移動が米国や英国より多く、国内のクレジットカード使用額は5月から前年同月比で増加に転じたと優位性を誇張した。

 新型コロナによってもたらされた漠然とした恐れを克服するためには、今できることに集中する必要があると話し、デジタルニューディールとグリーンニューディール、また雇用のセーフティーネット(安全網)の強化などを骨子とした
   「韓国版ニューディール」
の重要性を強調した。


ひとこと

 あちらこちらのフレーズの張り合わせがお得意な韓国政府の論理は夢物語の類であり、現実の差は大きすぎ修正は不可能であり、国民からのつき上げが起これば反日政策を市民団体や日本の親韓新聞を総動員して虚偽の情報を垂れ流すことになるだけだ。


    

posted by まねきねこ at 20:22 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。