市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年06月04日

愚かな構図


 親北朝鮮政策を展開している文政権の
   金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部長官
は3日、国連世界食糧計画(WFP)の
   ビーズリー事務局長
とテレビ会談し、昨年の対北朝鮮支援事業の結果や今年の事業内容などについて協議したと統一部が明らかにした。

 韓国政府は昨年6月5日、WFPによる北朝鮮の乳幼児や妊産婦への栄養支援事業に
   450万ドル(約4億8920万円)
の支援を決め、同28日にはWFPを通じて韓国産のコメ5万トンを支援する方針を決めた。
  
 会談では韓国とWFPが今後5年間協力を強化する内容の業務協約(MOU)を結んだ。     


 ビーズリー事務局長は新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、北朝鮮支援事業に対する国際社会の協力がこれまで以上に必要な状況にあると説。
 韓国政府に対し、積極的な役割を担うよう要請した。
  

ひとこと

 北朝鮮が穀物を輸入できる資金を体制維持のための嗜好品や武器開発の原料の輸入に回しており、本末転倒の支援でしかない。
 支援することで穀物購入に回せる資金を少なく出来ることと同じだ。

 韓国が北朝鮮漁船が片道の燃料で出向し帰る燃料を遭難扱いで支援するのも、北朝鮮海軍への燃料供給と同じことになる。
 人道支援が回り回って軍事的脅威を強めることになる構図であり、愚かそのものでしかない。



   
posted by まねきねこ at 06:14 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。