市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年06月14日

為替が維持できるかの瀬戸際


 香港金融管理局(HKMA、中央銀行に相当)は香港ドルと米ドルのペッグ(連動)制防衛を図るため6営業日連続で香港ドル売り介入を実施した。
 この期間は2014年以来で最長となる。
 HKMAが12日に実施した香港ドル売りは14億3400万香港ドル(約199億円)規模という。
 なお、4月に介入を開始してからの総額は494億5000万香港ドルに達した。
 米ドルとの金利差や中国企業の株式売り出しに対する需要、当局の検査に向けた銀行の現金確保を背景に香港ドル相場は高水準にある。
 
 
   
     
posted by まねきねこ at 09:38 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。