市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年06月15日

政治をしらけさせる官僚を配置する問題


 
 米国家経済会議(NEC)の
   クドロー委員長
はCNNで、米経済は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う
   経済閉鎖が作り出した「天災」
から「V字型回復を実現する確率は非常に高い」回復の過程にあると述べた。
 
 また、「失業率は低下し、2021年も堅実で堅調な一年になる」と続けた。


 パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が先週示した
   より慎重な見通し
について、「実に気がめいる言い方」だと述べ、見解の違いを鮮明にした。



 クドロー氏は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴う
   失業保険特別給付金
について、予定通り7月に終了するとの見解を示した。

 
 米国議会は新型コロナ景気対策の一部として3月、州からの失業保険給付金に
   週600ドル(約6万4000円)
を上乗せする特別措置を承認した。

 通常の失業保険給付金に上乗せすることで労働者が稼いでいた金額を上回るケースがあり、職場復帰の意欲をそぐことになるとクドロー氏は指摘した。

 トランプ大統領が職場復帰を促す特別支払いを検討していることを明らかにしたものの、詳細には触れていない。


ひとこと

 米国経済の急回復の取り組みが進ん柄でいるのと比較し、日本の無能な政権の対応は遅れに遅れている。
 信用の蓄積を加速させて付加価値の回復をテコ入れする資金の投入が必要であり、長期政権で周囲に媚び諂う官僚を多く配置してしまった弊害が出てきているようだ。

 有能な官僚が嫌気がさしてしまっている状況が国益には一番の損害だろう。

  

   

posted by まねきねこ at 05:29 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。