市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年06月24日

粗悪品を使った検査の本質が出てきたのだろう。


 「K防疫」の優秀性を世界に売り込もうと韓国メディアを総動員した工作活動をすると同時期に首都ソウルで集団感染が発生した。

 韓国防疫当局は
   新型コロナウイルス
の集団感染が首都圏で発生している状況に対して
   「第2波の渦中」
とやっと規定した。

 希望的な観測で夏季に減少するという予測は誤りであったとして
   長期戦に備える必要がある
との見解を明らかにした。
 
 中央防疫対策本部の
   鄭銀敬(チョン・ウンギョン)本部長
は22日の会見で、「首都圏の場合、第1波が4月まであり、5月の連休に第2波が触発され現在まで続いていると指摘した。

 またコロナ肺炎のウイルスは高温環境では長時間生存しにくいため、当初は夏になれば感染力が落ちると見ていたが、夏にも新型コロナは全く弱まらない状況を指摘した。

 これは冷房により、室内温度がある程度適正に維持され、人と人の密接な接触を通じて絶えず感染が起きていることに加え、新型のウイルス感染症であるだけにわが国民がこれに対する免疫を有しておらず、ウイルスにさらされれば感染しやすいと説明した。


 鄭氏は夏にもう少し感染が収まると予想していたが、予想が外れたと述べた。

 鄭氏が指摘した首都圏の第1波は首都圏の
   コールセンターや教会、病院 など
で散発的に集団感染が発生した時期のこと。
  
 また、4月29日から5月5日にかけての連休で人の移動が増え、首都圏のクラブや宗教施設、物流センターを中心に集団感染が再び発生し、現在は大田市や忠清南道など全国に拡大している状況にある。

 防疫当局は5月の連休時に感染者が増加したように、7〜8月の休暇シーズンにも感染のリスクが高まることが懸念されるとし、国民にさらなる警戒を呼び掛けた。


ひとこと

 胡散臭い「K防疫」の実力を示すものだろう。
 阿呆の主張のごとくPCR検査をしても止めるための区分と隔離を強化する囲い込みが出来ていない。

 そもそも、韓国のPCR検査の精度が問題ということに他ならない。


    
posted by まねきねこ at 21:05 | 愛知 ☁ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。