市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年06月27日

自信過剰な韓国


 韓国セメント協会は25日、セメント原料として使われる
   石炭灰
を再利用するための設備の確保と再利用技術の開発事業を開始すると発表した。
 
 日本産石炭灰の使用を縮小したことに伴う措置。
 産業通商資源部が支援し、韓国国内のセメント各社のほか、韓国セラミック技術院、韓国建設生活環境試験研究院などの研究機関が事業に参加する。
 石炭灰は火力発電所で石炭を燃焼させた際に発生する廃棄物だが韓国に輸入される石炭灰のほとんどが日本からの輸入品だ。
 
 放射線問題を騒ぐが、韓国国内の原発の管理の杜撰さから放射線漏れが激しい韓国では東日本大震災が発生した2011年以降も日本産の輸入が続いていた。
 ただ、日本製品不買運動の影響で放射線で汚染された日本産の石炭灰が環境汚染を招く可能性があるとする懸念が文政権を支援刷る市民団体から提起され、昨年、政府と発電会社、セメント各社が協議体を設立し、日本からの輸入依存度を下げるための努力を続けてきた。 
  

 
ひとこと
 
 安価な原料が確保できるのか?
 
   
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。