市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年07月12日

金融再編への兆しか?



 スペインのサンタンデール銀行は
   新型コロナウイルス
の感染拡大で打撃を受けた企業に貸し付けを拡大させた影響で、4−6月(第2四半期)に資本水準が低下した恐れがあると見られる。
 目標レンジ上限の達成はいっそう難しくなりそうだ。


 この事情に詳しい関係者がメディアに取材で語ったもので、普通株式等ティア1(CET1)比率は欧州規制当局の資本要件緩和で20−25ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)程度の押し上げが見込まれるなkでも、なお低下した可能性があるという。
 ただ、これ以上の詳細には触れておらず根拠も不明。


 サンタンデールは資本バッファーの水準が欧州他行に劣っているとして、投資家から指摘がされており、新型コロナの危機と、スペイン政府が支援する
   小規模企業向け融資プログラム
に積極的に関与してきたことが響き、CET1比率を年内に11ー12%の上限に引き上げる目標は厳しい。
 なお、3月末時点の同比率は11.58%だった。
   
posted by まねきねこ at 05:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。