市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年08月05日

情報収集の動き


 中国上海市浦東新区に本社を置く最大手メディア企業
   新浪公司(SINA Corporation)
が運営するミニブログサイト「微博(ウェイボー)」のアカウント「南海戦略態勢感知」が30日、奄美諸島北東方向の東中国海で、米国太平洋軍の空母打撃群「ロナルド・レーガン」が南下する様子が28日、衛星によって発見されたとの情報を発表した。
 
 空母レーガンは7月4日と17日に南中国海で2隻の空母による演習に2回参加しており、南中国海を離れた後に日豪とフィリピン沖で3カ国の軍事演習を行った。
 
 同アカウントが同日発表した別の情報では、米軍の
   RC-135S電子偵察機1機
が30日午前4時頃、沖縄から離陸したと伝えた。
 同機は主に弾道ミサイルの信号の特徴及び通信情報の収集を担当する目的があるとした。
 
 また、米空軍のKC-135R給油機が午前8時頃、東中国海で活動した。
 これはRC-135Sが東中国海で偵察を行ったものとの分析を明らかにした。
 また、米陸軍のRC-12P電子偵察機1機が午前10時頃、黄海に向かい偵察を行ったち続けた。
 
 
ひところ

 中国の情報収集企業のひとつ。


     
posted by まねきねこ at 07:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。