市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年08月16日

政治干渉で内政を意のままに動かしてきたのは米国も同じ


 米国家防諜安全保障センターの
   ウィリアム・エバニナ長官
は7日、ロシアや中国、イランが11月の米大統領選に介入を企て
   オンライン上での偽情報拡散 など
を通じ有権者に影響を与え、民主的なプロセスを巡る信任を失墜させる可能性や、投票の妨害や選挙データの盗難などによって米選挙制度に介入する恐れがあると警告した。

 ロシアについては、野党民主党の候補指名が確定したジョー・バイデン前副大統領の評判をおとしめる活動をすでに始めていると指摘した。
 このほか、ソーシャルメディアやロシアのテレビを通じ、トランプ大統領を支援しようとしているとの認識を示した。
 また、分析によると、中国はトランプ氏の行動は予測困難として再選を望んでおらず、すでに米政策に影響を与える企てを進めていると指摘した。
 
 
ひとこと
 
 米国が第二次世界大戦後に作り上げた権益網がコロナ感染の拡大で破壊されつつある現状を示すものだが、トランプ氏が大統領に就任したことがそもそもの誤りだったとも言える。
 
 
   
posted by まねきねこ at 05:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。