市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年08月29日

実効ある官僚組織に作り変え国力を高めるため忖度官僚などゴロツキを追放すべきだ


 
 日本の安倍晋三首相は28日の記者会見で、持病の「潰瘍性大腸炎」が悪化したことから政治判断に影響が出るのを回避するため
   辞意
を正式に表明した。
 
 第1次政権と合わせると8年8カ月にわたって国政を担った歴代最長政権は日本社会を口先だけで責任を回避し、真実を隠蔽するなど正義を破壊する所業を繰り返した。
 また、日本国内にある米国の権益網を強化拡大する動きやコロナ感染対応より五輪開催優先で対応の遅れや誤魔化しが目立った。
 再び首相自身の健康問題による「突然の辞任」によってやっと幕を閉じることになった。


ひとこと

 長期政権で忖度官僚が有能な官僚を押しのけ跋扈して権力を持っており、次期政権は終戦時の公職追放のようにむのうな官僚を全て追放し総入れ替えし、実効性のある組織に作り変える必要が急務だろう。


   
posted by まねきねこ at 06:29 | 愛知 ☁ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。