市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年09月18日

操り人形の総裁で日本の国益拡大に何が出きるのか?


 米連邦準備理事会(FRB)は
   雇用最大化
   物価の安定
に向けて、長期的に平均2%のインフレ率を目指すとした新たな指針を打ち出した。

 日本の黒田総裁は「日銀は従来からインフレ率や景気の変動をならしてみて平均的に2%になることを目指している」と説明した。
 また、(ユダヤ資本でもある)FRBの考え方は
   「日銀のこれまでの政策運営の考え方と軌を一にしたものだ」
との見解を示した。

   

ひとこと

 FRBの設立の経過を知ればよい。
 これでは日銀が日本経済の浮揚ではなく、国際資本の意のままに政策を展開するような流れがこれからも続きそうだ。
  

  
 
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
       
  

posted by まねきねこ at 06:14 | 愛知 ☀ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。