市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年09月26日

中国軍の軍事侵攻の準備のための情報収集活動のひとつ


 台湾空軍司令部は中国軍のY8対潜哨戒機2機が22日、台湾南西の防空識別圏(ADIZ)内に進入したと発表した。
 2日連続での進入で、16日以降では5回目となる。


 台湾空軍は空中哨戒やスクランブル(緊急発進)、無線での警告、地対空ミサイルによる追跡、監視などで対応した。

 こうした防衛網の動きは中国軍の監視下で台湾への侵攻時の抵抗を少なくさせる弱点を探すための戦略的な情報収集のためのものだろう。

 中国軍機は台湾周辺での飛行を繰り返し、情報伝達や要人の動きなどを中国製の情報端末から軍事衛星などを駆使して追尾しており、クラック米国務次官(経済成長・エネルギー・環境担当)が李登輝元総統の葬儀のため台湾を訪れていた18日と19日には、それぞれ18機、19機が飛来。一部は台湾海峡上空の中間線を越え、軍事的示威行為を高めた。


    
posted by まねきねこ at 05:49 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。