市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年11月23日

表面的な警告だけ?


 韓国統一部は20日、韓国海洋水産部釜山港湾公社が北朝鮮の羅津港開発事業を行う際に南北交流協力法に違反したとして、同公社に書面で警告したことを明らかにした。
 釜山港湾公社は代理人を通じて北朝鮮と連絡を取り合っていた。
 ただ、これを統一部に届けなかったことから、統一部は南北交流協力法の接触規定に違反したと判断した。
 
 南北交流協力法によると、韓国の住民が北朝鮮住民と接触する際には、統一部長官に届けることが義務づけられている。
 ただし釜山港湾公社は北朝鮮住民と直接接触したわけではなく、中国の関係者を通じて間接的に連絡を取り合い、また事業構想の段階においては統一部との協議があった点などを考慮し、過料よりもレベルが低い処分を下した。
 釜山港湾公社は、中国の琿春金星海運物流有限公司と羅津港開発協力について約束し、事業を進めてきたという。
 なお、琿春金星は2018年10月、北朝鮮の羅津港に対する49年の賃貸権を取り付けた会社。
 
 
ひとこと
 
 片道の燃料しかいれていない北朝鮮の密漁船に対する遭難名目の燃料供給を行う韓国軍等の素行は問題だろう。
 
 この国連安保理違反を繰り返す韓国軍等の無線傍受など偵察活動をしていた日本の自衛隊へのレーザー照射など準戦闘行為を行ったことは意図的に国際法を隠蔽しようとした韓国政府の謀略であり、日本の量をを侵略し実効支配し続ける韓国政府の素行の悪さを棚の上に上げたままで経済活動を再開することなど言語道断であり、経済交流は遮断してしかるべきだ。
 
    
posted by まねきねこ at 07:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。