市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年11月24日

危機感の程度が低い経済閣僚では効果が低いムダ金を使うだけ


 西村康稔経済再生担当相は22日、NHKの番組「日曜討論」に出演し
   医療体制
についていくつかの地域で
   「かなりひっ迫感が強くなっている」
と懸念を示した上で、このまま流行が続くと「医療体制をはじめとして大変なことになる」と続けた。
 「極めて強い危機感を持って対応している。命を守ることに全力をあげたい」と話した。


ひとこと

 厚生労働大臣の話す内容であり、経済再生を策定するのであれば、無能な政策を垂れ流すのではなく、東京一極集中を是正し、連邦国家を模索するなど、国土総合開発的な政策を展開し、各地域の拠点都市に関東圏の人口を移動させていくようにすべきだ。

 そもそも、国防上も戦後のGHの思惑からか国民の4割近くを関東圏に集めさせ、周辺に配置してある米軍基地に核兵器を配備して置けば、自主独立したまま、日本が再軍備をして米国に対抗が出来すれば、核兵器など大量破壊兵器を使って黙らせてしまうことが出きる仕組みを作り上げてしまっていることが問題だろう。

 今のままではいつまでも米国に金を貢ぎ続ける体制となっている。

 日本が戦後体制を離脱し、経済力に応じた発言権を持ち自衛のための軍事力を米軍に頼ら図に持つだけの政治が出来る用にするため、関東圏の人口を現在の3割まで縮小させる必要がある。
  
    
   
posted by まねきねこ at 05:49 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。