市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年11月29日

日本企業に韓国などからの犯罪目的のサイバー攻撃多発


 情報セキュリティへの対応が遅れている日本企業に対する外国からのサイバー攻撃が止まらない。
 
 ゲームメーカーの大手カプコンは、サイバー攻撃を受けて大量の個人情報が流出したと発表した。今年1月に三菱電機が大規模なサイバー攻撃を受けて情報を盗まれて以来、名だたる大企業が相次ぎ被害に遭っている。
 これまで、日本企業に対してサイバー攻撃を仕掛けるのは、主にロシアや中国などの政府系グループが多かった。
 
 日本でサイバー攻撃の脅威情報を解析するサイファーマ社の
    クマル・リテッシュCEO
はメディアの取材で「今年1月半ばから、韓国などからの犯罪目的のサイバー攻撃」は通常の何倍も増えています。明らかにコロナ禍による社会・企業活動の混乱を悪用していて、経済的な利益を得たりライバル企業を貶めるための攻撃を活発に行なっていると警告した。

 9月から韓国系グループが日本を代表する衣料品関連の少なくとも4社を標的に攻撃があり、オンラインストアのデータベースから顧客の個人情報や購入履歴などが大量に盗まれており、身近な日本で成功している企業の顧客情報を入手するため韓国系企業が資金を提供している可能性が高い。

  
  
posted by まねきねこ at 07:40 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。