市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年12月07日

単純に白黒とは言えない現実


 中国のポータルサイト・百度は4日、「もし、米国が原子爆弾を投下しなかったら、日本はソ連によってもっとひどい目に合っていたかもしれない」とする記事を掲載した。
 この記事では、第2次世界大戦が人類史上において非常に痛ましい歴史であるとし、当時の日独伊3か国によるファシズム同盟国が大戦の前半は大きな勝利を挙げたものの、ドイツのソ連侵攻、日本による対米戦線により歯車が狂いだし、ファシズム崩壊の序章が始まるきっかけになったと指摘した。
 日本は軍国主義の影響により敗色すでに濃厚となっても以前太平洋の戦場で抵抗を続け、神風特攻隊まで作って米兵を怯えさせたと紹介した。
 また、「一億玉砕」をスローガンとして本土決戦の準備を進めていたため、耐えられなくなった米国が日本本土に2発の原子爆弾を投下して日本を無条件降伏に追いやったと伝えた。
 当時持っていた2発の原爆を投下しても日本が降伏しなかった場合について「米軍は、もはや日本の敗戦は必然とはっきり認識していた」とし、大規模な空襲を続けることで日本を降伏させたはずだとの考えを示した。
 
 また、B−29による大規模な空襲は都市と同時に日本の軍需工場にも壊滅的な打撃を与え、日本軍の抵抗能力を徹底的に奪って行ったと説明した。
 
  
ひとこと
 
 白人至上主義者のルーズベルトが排日政策を強化し、鉄鉱石や原油を日本に輸出するのを禁止し、日本人の移民を排除することで対米戦争に導いたことは周知のことだが、思っていたよりも軍備が増強され、目論見違いを引き起こした。
 
 本来、短期決戦で日本を敗北させ、明治以降に太平洋諸国を手に入れた日本の領土を濡れ手に粟で手に入れる謀略であったが、軍事支配力が日本軍の攻撃で低下し、戦後、欧米が18世紀以降に築き上げた植民地の独立を阻止できなくなったのも事実だ。
 
 米軍の日本への無差別爆撃は当時のジュネーブ条約違反でもあり、バルジ作戦等でも降伏したドイツ軍将兵を捕虜として扱わずに足手まといとして処刑してしまった戦争違反行為も多く、沖縄戦でも同様のことが実行されているものの、戦後占領政策で全てが改ざんされ、悪行は闇に押し込まれている。
 
 基本的思考の背景はトランプ政権時代においても、垣間見られる人種間差別が今だ存在し続けていることだ。
 
 中国戦線でも事情は同じで、蒋介石が率いた国民革命軍が拠点としていた南京や金を引きだそうとした上海への蛮行は戦後における毛沢東への支持の拡大を招いたともいえる。

 南京では清朝時代に多くの漢人が亡命などで日本に逃れ、辛亥革命で中国に戻った親日中国人の多くが日本語を話すという理由だけで公開処刑され、斬首した頭を鳥籠に入れて晒すなどの行為を数万人に行ったとも言われており、親族が蒋介石軍の虐殺された被害者の中国人が郊外に脱出し、日本軍の南京占領とともに戻り治安の回復に協力した。
 この時に、敗残兵や更衣兵などが暗躍して治安を悪化させており、蒋介石軍の蛮行に加担した南京市民も自警団により摘発され制裁が加えられたという。

 中国の王朝の崩壊の歴史を見れば、人口崩壊が起きており、三国志時代では5000万人から800万人割れまで100年間で激減した。同様のことは毛沢東が支配した時期においても1億人が死亡しており、実に4人に1人の割合だ。
  そのため、史実を知る中国人の多くが消されてしまったということで、勝手に都合よく歴史を作っているということだ。
   
   
posted by まねきねこ at 05:27 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。