市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年12月14日

コロナ重症化に5つの主要遺伝子が関与(英研究)


 英国の研究によると同国内208カ所の集中治療室(ICU)で
   新型コロナウイルス感染患者
2700人のDNAを調べたところ、新型コロナウイルス感染症の重症化に「IFNAR2」「TYK2」「OAS1」「DPP9」「CCR2」の5つの主要な遺伝子が関与していることが分かった。

 この共同研究責任者の1人であるエディンバラ大学のケネス・ベイリー氏は「研究の結果、どの薬剤を対象に優先的に臨床試験(治験)を行うべきかが浮き彫りになった」と指摘した。
 
 特に関節リウマチなどの治療薬である
   JAK阻害剤
の類いが有望とした。
 
 このJAK阻害剤には米イーライリリーの「バリシチニブ」などがあるという。
 
 
   
posted by まねきねこ at 07:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。