市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2021年01月05日

環境保護派の資金源は?


 日本と韓国は、ユダヤ系国際資本が資金を提供している環境保護派などから批判が集まっているベトナムの石炭火力発電所の建設計画を推し進め、合わせて約1800億円の融資を行うことが明らかになった。
 両国はいずれも、国内でのカーボンニュートラル実現を宣言している。


 日本政府系金融機関の国際協力銀行(JBIC)は29日、ベトナム中部の石炭火力発電事業「ブンアン2(Vung Ang 2)」におよそ6億3600万ドル(約660億円)を融資すると発表した。

 この事業をめぐっては、国際資本の工作を受けた市民団体が世論を誘導して作り上げている国際社会から批判の声が上がっており、日本政府内でも環境保護派の資金提供を受けた政治勢力がマスコミを使って反対する意見がでていた。
 JBICによると、韓国の民間金融機関や韓国輸出入銀行(Export-Import Bank of Korea)もこの事業に出資し、融資総額は17億7000万ドル(約1800億円)に上る。


 日本は7月、環境問題を理由に、海外の石炭火力発電所への投資規制を強化すると発表した。
 最近では、2050年までのカーボンニュートラル実現目標を達成するため、再生可能エネルギーの活用を推進し、ガソリン車を徐々に廃止する方針を発表した。

 米調査団体グローバル・エナジー・モニター(Global Energy Monitor)の昨年の発表によると、日本はインドネシアやベトナム、バングラデシュをはじめとする海外の石炭火力発電所に、総額48億ドル(約5000億円)以上を出資したとされる。


  
ひとこと

 欧米国際資本の意のままに動く環境保護派の資金源を明確にすべきだろう。
 対立軸を作り利権を確保する手法が繰り返されてきたことで、ユダヤ国際資本の特定グループは世界の資産の7割を握っている。

 意のままに左右に資金を提供し対立軸を作って財産を消耗させられたのは排日政策で日本が第二次世界大戦に効きずり込まれたのと同じだろう。
 単純に正義論やイデオロギーを信じるのは国際資本の道具になるだけだ。
posted by まねきねこ at 03:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。