市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2021年01月17日

嫌なことが聞こえない裸の王様で有能な政治家と言えるのか?


 毎日新聞と社会調査研究センターでは16日、全国世論調査を実施した。
 調査では菅内閣の支持率が33%となり、2020年12月12日に行った前回調査の40%から7ポイント下落した。
 また、不支持率は57%(前回49%)と悪化した。
 
 20年9月の政権発足直後の調査で64%だった支持率も無策で説明すら出来ず国民への説明が全くできないため前回に続いて大幅に低下し、不支持率が上回ったままだ。
 新型コロナウイルスの感染拡大を受けての対応も後手に回っており、政府が発令した緊急事態宣言について、どう思うか聞いたところ、「遅すぎる」との回答が71%にのぼり、「妥当だ」の18%を大きく上回った。
 
 また、「必要ない」は7%、「わからない」は5%だった。

 宣言の対象については、「全国に広げるべきだ」との答えが50%で、「全国に広げる必要はない」は42%と拮抗したが、「わからない」は8%だった。
 宣言を巡っては、前回12月の調査では57%が「発令すべきだ」と答えていた。
 
 政府では今月に入って11都府県に宣言を再発令したが、対象の全国への拡大には否定するのみで対応が出来ていないのはこれまでどおりだ。
 
 国民は政府の宣言発令は後手に回ったと見ているが、回答しなかった数が不明であり、回答者のみの集計であれば、数値はもっと悪い可能性がたかい。
 
 やはり忖度官僚を周りにおいて、情報把握が出来ていないことが問題の背景にあるのだろう。
 
  
posted by まねきねこ at 09:49 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。