市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2021年07月30日

喧嘩を売る韓国に対する取り扱いを修正すべき


  
 共同通信は29日、平沢勝栄復興相が東京オリンピック(五輪)の選手村で使われる福島産の食材に原産地をはっきりと表示すべきだという批判を行い、「被災地の東北のものだとはっきり書いた上で選手らに召し上がってもらう。その取り組みが不十分ではないか」と指摘した。

 また、五輪組織委は「復興ということを、もっとしっかり考えてほしい」と指摘し、福島第1原発事故による風評被害を払拭させる必要があると続けた。

 衆院内閣委員会で28日、立憲民主党の玄葉光一郎元外相(衆院福島3区)は、韓国が独自の給食センターを設けたり韓国の一部メディアがメダリストに贈られるブーケに放射能の懸念があると虚偽の情報をそのまま報道したことに言及し、「福島県民が失望している」と組織委に対策を要求した。

 また、「産地が表示されず、安全性に関する説明もないという声が出ている」とし「福島県の商品は徹底的なモニタリング検査を通じて100%安全なものだけが出ている。このような点を正確に伝えてほしい」と述べた。

 韓国側が喧嘩を売るため、意図的に持ち出す侮蔑や懸念など単なる言い掛かりとも言うべき主張については「侮辱的」と批判し「韓国側は感情が優先するとか、科学的合理的な思考が不得手ではないかという声もある。静観したら風評被害は拡大する。IOCに抗議し、厳重注意を求めるくらいはやったらいい」と続けた。
 
  
ひとこと
 
 いつもながらの韓国の傲慢さは世界の顰蹙を買っており、途上国から先進国の範疇に入ったというが本質は途上国というよりも恐喝国家であり、日韓議員連盟ごとき韓国政府の工作を受け入れている政治集団とは一線を画して、経済断行や輸出禁止をすべき相手であり、日本領土の竹島を軍事的に奪還するシナリを保つ必要もある。
 
 
   
posted by まねきねこ at 04:42 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。