市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2021年07月31日

東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会議での成果の捏造に注目


 8月3日にASEAN外相会議とASEANプラス3(日本・中国・韓国)外相会議、4日に東アジア首脳会議(EAS)外相会議、6日にASEAN地域フォーラム(ARF)外相会議が開催される。

 韓国の外交部は29日、新型コロナウイルスの影響で昨年に続き、今回もオンライン形式で同部の
   鄭義溶(チョン・ウィヨン)長官
が来週に開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会議に出席すると発表した。
 最も関心を集める多国間協議であるARFには、北朝鮮が参加しているほかASEAN、米国、中国、日本、欧州連合(EU)、韓国やなど27カ国・地域も加盟している。

 今回のオンライン形式の会議への北朝鮮の参加は確認されていない。
 ただ、先月の準備会議には北朝鮮の安光日(アン・グァンイル)駐ASEAN代表部大使兼インドネシア大使が出席しているため、外交部は外相会議にも参加するとみられると推測している。

 過去には韓国と北朝鮮の代表がARFで顔を合わせる場面もありオフレコの取引も行われている。ただ、今回はオンライン形式で開かれるため公で接触する機会はない。

 鄭氏は一連の会議で朝鮮半島の
   完全な非核化
   恒久的な平和定着
の実質的な進展を実現するための取り組みを説明し、参加国の支持を要請するとした。
 また、今月27日に北朝鮮との通信連絡線が復旧したことについても説明する。

 韓国・ASEAN外相会議では
   文在寅(ムン・ジェイン)政権
が掲げる「新南方政策」の推進による成果を確認し、協力強化策を模索するとした。

 ASEANプラス3外相会議では
   新型コロナウイルス対応
や実質的な経済回復策を重点的に議論すると続けた。

 また、外交部は「ASEANとの協力を続けるとともに、新型コロナウイルスの早期克服と経済回復に向けた協力強化策を説明する一方、域内の平和と安定を強調する」と明らかにした。

  
ひとこと

 失政が目立つ文政権の支持率は最低となっており、支持率回復のための浮揚策として反日行動が五輪開催で繰り返し行ったものの世界各国に国家の質の低さを露呈し顰蹙を買うばかりだ。

 こうした中で開催される会議で地域の問題とも言えない朝鮮半島におけるゴロツキ国家の問題を持ち出して来ても中国の覇権の手先になる手下でしかない韓国政府の主張を聞く耳はないだろう。

 また、K防疫の杜撰さは中国のコロナワクチンの効果の低さと同じであり、あまり話題にもならないため、時期大統領選挙に向けた工作は再び挫折するが、韓国向けには成果の誇張した報道がされるのはいつものことでしかない。


   
posted by まねきねこ at 06:16 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。