市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2021年10月23日

甘い情報を垂れ流し続けるマスコミ報道には嫌悪感ばかりを覚えるが、問題が起これば追求する変わり身の速さには恐れ入ることだろう

  
 ロシア通信(RIA)は21日、デルタ株よりも感染力が強いとみられる新型コロナウイルス変異株の感染がロシアで複数確認されたと伝えた。

 この報道によると、政府当局の上級研究員
   カミル・カフィゾフ氏
は新たな変異種「AY.4.2」が広く流行する可能性があり得ると述べた。
 最終的にデルタ株に取って代わる可能性があるが、時間がかかる公算もあるため今は不明だ。

 ロシアで20日に確認された新型コロナ関連の死者は1028人と過去最高を更新した。
 新規感染者数は3万4073人となった。より強力な変異株が流行すれば、感染者が一段と増える恐れがある。

 デジタル庁は19日、新型コロナウイルスワクチンの
   接種証明
をスマートフォンで確認できるアプリについて、氏名や生年月日を画面上から隠せるようにすると発表した。

 飲食店などで提示する際、名前や年齢を知られたくないといった声に配慮したものでアプリは12月中旬の提供開始を目指している。

 画面上の氏名や生年月日の情報を折りたたんで表示されないようにする。
 接種歴のほかに氏名などの個人情報が含まれるQRコードを隠し、接種済みであることが分かる情報だけを表示することもできるという。

 なお、接種証明アプリを飲食店予約サイトなどと連携できる機能は提供を取りやめるとした。
 これは利用を希望する民間事業者が少ないことや、開発コストなどを踏まえたもの。


ひとこと

 接種証明には本来期限が必要だろう。
 接種後の体内にある後退量が時間経過で低下することを認識していない措置ともいえる。また、接種しても感染しないわけではなく、単に発症しても症状が軽いか発症しないということで、感染者がおれば、接種者の間で感染が広がり続けることになる。

 マスコミの報道は杜撰であり、誤った認識を国民に植え付けるかの姓がある。また、ワクチンを接種し続けた場合に将来起こる副作用への対応が全く無防備なのが気になるところだ。

 強い強毒性変異種への効果が低ければ、あまり意味がない取り組みに成りかねないため、開発された日本製の治療薬の承認などを優先していくべきだろう。

  
posted by まねきねこ at 07:47 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。