市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2021年10月28日

日本への軍事攻撃の拠点として整備する済州島の軍事強化には警戒すべき


 「K防疫」「韓流」などメディア工作などで自意識過剰とも言える扇動が多く見られる韓国の自己陶酔型の言葉の羅列が目立つ韓国の報道姿勢が見られる中、今回は
   韓国型発射体の打ち上げ実験
を済州でも行うという話が出ている。
 済州特別自治道は朝鮮海峡にある韓国の済州島を含む行政区はもともと、李氏朝鮮時代の流刑地であり蒙古軍が朝鮮半島を蹂躙した時代に軍馬の放牧地でもあった。
 
 韓国科学技術院(KAIST)は26日、開校50周年を記念して済州島で科学ロケットを打ち上げる計画だと発表した。
 今回の打ち上げは、全長3メートル、直径20センチ規模の
   小型液体燃料ロケット
の弾道飛行を追跡する実験だが、長距離ミサイルや原潜、ICBMなどの開発中の韓国政府の軍事力の強化には警戒が必要だ。

 済州道とKAISTはすでに、済州市翰京面竜水里の住民との間でロケット打ち上げに関する協議を終えており、研究陣は現地に常駐し、打ち上げ準備作業を進める段階にある。
 
 最終的な打ち上げは12月初旬になるとみられ、翰京面竜水里は民間航空と軍事基地の空域外にあり、ロケット打ち上げ実験に適していると主張している。
 
   
ひとこと

 韓国の反日的な行動や発言は限度を超えており、いつまでの放置するのは問題であり、痛い目を合わせて二度と言えないようにすべきなのは言うまでもないことだ。

 日本への軍事行動を目論む姿勢が顕著であり、竹島の返還と賠償人の支払いを要求し、拒否すれば自衛権を行使して竹島を奪還すべきだろう。

 済州島は李氏朝鮮時代の政治犯の流刑地であり、朝鮮戦争時における虐殺事件が起きた場所のひとつでもあり、日本に密入国してきた左翼姓朝鮮人の多くが戦後に日本に来たものばかりだという事実も認識すべきものだ。
    

     
posted by まねきねこ at 21:01 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。