市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2021年11月28日

首に鈴をつけても勝手気ままに動くかも


 米国大手金融機関JPモルガン・チェースは再び、世界の金融機関でシステム上最も重要な銀行に単独指定された。
 
 この指定でいっそう厳しい資本要件を課されることになる。
 米国金融安定理事会(FSB)は23日、グローバルなシステム上重要な銀行(G−SIB)のリストを発表した。
 
 このリストは年に1度、銀行の基礎的な活動の変化を反映する形で更新され、今回は2020年末のデータに基づいている。
 リストでJPモルガンは前年から1段階引き上げられ、2.5%の追加バッファーを求められる唯一の銀行に位置付けられた。

 ゴールドマン・サックス・グループとBNPパリバも1段階上昇した。
 なお、リストに入った30行の顔ぶれは前年から変わっていない。
   

ひとこと
 
 リストの多くがロスチャイルドなどユダヤ系国際資本の支配下にある関連企業ばかりだ。
 
 
   
posted by まねきねこ at 02:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。