市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2021年11月25日

現実が直視できず希望的観測のみでは現実は悲惨そのものだ

    
 反日政策を最優先とし、新型コロナ感染拡大防止策として韓国メディアを総動員していわゆる韓流工作と同様の手法でK防疫の優秀さ(?)を世界に垂れ流し、コロナワクチン接種が7割を越え韓国の疾病管理庁のウェブサイトに掲載されたデータでは24日午前0時までの24時間で新たに4116人の新規感染が報告され、1日当たりの最多を更新した。
 また、重症者も過去最多の586人に増え、死者は35人増の計3363人となった。 
 
 聯合ニュースによつと金富謙首相は24日、コロナ感染状況は予想以上に深刻になっていると指摘したと伝えた。

 ソウル首都圏だけを見ても非常計画の発動をいつ検討してもおかしくない状況だとの認識を示した。 
 
 同国では人口の約82.4%が少なくとも1回のワクチン接種を済ませ、79.1%が2回目も終えている。
   


ひとこと

 8割のワクチン接種でもコロナ感染対策のK防疫の優秀さなのだろう、コロナ感染患者が爆発的に増えている。

 日韓併合から文盲の打破を図る義務教育制度の拡充で、李氏朝鮮貴族の両班が独占してきたハングル語を一般庶民に教える義務教育で読めたり、書けるようになったことすら知識として韓国人の多くは知りもしないだろう。

 また、衛生水準の向上で治療行為や生活習慣が日本流になったことで幼児の致死率が大幅に減少し人口も急速に増加したことも事実だ。

 K防疫の優秀さを自画自賛する韓国だが、現実を見ればその優秀さの本質がわかるだろう。


    
posted by まねきねこ at 23:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。