市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2024年03月23日

ルネッサンス ・テクノロジーズ(Renaissance Technologies LLC ) 米国のヘッジ ファンド 運用資産 1,300億米ドル(2021年4月19日現在)

    (Renaissance Technologies LLC )
 ニューヨーク州イースト セタウケット、ロングアイランドに本拠を置く米国のヘッジ ファンド
 数学的および統計的に導出された定量的モデルを使用した体系的な取引を専門としている。
 代表的なメダリオン ファンドは、投資史上最高の記録を残したことで有名。

 ルネッサンスは、冷戦時代に暗号解読者として働いていた数学者の
によって 1982年に設立された。

 運用資産 1,300億米ドル(2021年4月19日現在) 
 就業者数 310 人 (2021年)
 
 1988年、最も収益性の高いポートフォリオ
   メダリオン ファンド
を設立した。
 このファンドは、代数学者の
によって改良されたレナード ボームの数学モデルを改良および拡張した形式を使用して、利益が得られる相関関係を調査した。

 エルウィン・バーレカンプは、トレーディングを短期間の純粋なシステム主導の意思決定に進化させることに尽力した。
 ヘッジファンドは、サイモンズとアックスが受賞した数学賞にちなんでメダリオンと名付けられた。

 ルネッサンスの主力ファンドである
   メダリオン・ファンド
は主にファンド社員のために運営され、ウォール街で最高の実績をあげている。
 1988年から2018年までの30年間で手数料前で年率66%以上、手数料後では39%以上のリターンをあげた。
 ルネッサンスは外部投資家に 2 つのポートフォリオ、ルネッサンス機関投資家株式ファンド (RIEF) とルネッサンス機関投資家分散アルファ (RIDA) を提供している。

 ルネッサンス全般、特にメダリオンの成功により、シモンズは「地球上で最高のマネーマネージャー」と言われている。
 シモンズ氏は2009年末に退職するまでルネッサンスを経営、その後、非常勤会長として同社で役割を果たし続けた。
 2021年に辞任し、同社のファンド、特にメダリオン・ファンドに投資し続けている。

 同社は現在、ピーター・ブラウンによって経営されている。
 ピーターは計算言語学を専門とするコンピュータ科学者で、1993年にIBM Researchから Renaissance に入社した。
 このファンドは、2021年4月時点で1,650億ドルの裁量資産を運用している。

 ジェームス・シモンズは、ストーニー ブルック大学で数学学部の学部長を 10 年間務めた。
 その後、ルネッサンス テクノロジーズを設立した。

 シモンズは 1976 年に幾何学の最高の栄誉であるアメリカ数学協会のオズワルド・ヴェブレン賞を受賞した。
 また、現代の理論物理学で使用されているチャーン・サイモンズ理論を共同開発したことで科学界で知られている。

 同社は定量取引を利用しており、スタッフがペタバイト規模のデータ ウェアハウス内のデータをタップして、特定の市場における証券価格の方向性についての統計的確率を評価する。
 スタッフは、ルネッサンスが考慮に入れている金融および経済現象の周辺事象に関する幅広いデータと、計算と実行のためのスケーラブルな技術アーキテクチャを展開することによって大量のデータを操作する同社の能力に起因すると考えてる。

 ルネッサンス テクノロジーズのヘッジファンドは、取引の分析と実行に数学的モデルを採用している。
 その多くは自動化されたうえ、コンピューターベースのモデルを使用して、簡単に取引できる金融商品の価格変動を予測し。
 これらのモデルは、収集できる限り多くのデータを分析し、予測を行うためにランダムではない動きを探すことに基づいている。

 また、同社の業績はパターン認識などの金融信号処理技術の採用によるものだと考える人もいる。
『The Quants』という本では、音声認識専門家の採用について説明されており、その多くはIBMからの人材であり、その中には会社の現在のリー  

 ルネッサンスは、コンピュータ科学者、数学者、物理学者、信号処理の専門家、統計学者など、金融以外の背景を持つ専門家を雇用。
 同社の最新のファンドはルネサンス機関投資家株式ファンド(RIEF)である。

 ルネッサンスは科学者によって科学者のために運営されている会社で、数学者、統計学者、理論物理学者、実験物理学者、天文学者、コンピューター科学者など、金融以外の分野で定量的金融研究に携わった人々を雇用している。
 ニューヨーク・タイムズ紙の記事によると、「ウォール街での経験は眉をひそめられ、科学の才能は高く評価される」という。

 元従業員は、ビジネススクール卒業生の群れのような心理が投資家の利益率の低さの原因であると推測した。

 ルネッサンスは、ニューヨーク州ロングアイランドにある 50 エーカーの
   イースト セタウケットキャンパス
に約 150 人の研究者とコンピューター プログラマーを擁し、その半数は科学分野の博士号を取得している。
 このキャンパスは、ニューヨーク州立大学ストーニー ブルック校の近くにある。

 1978年、シモンズは学界を辞め、ロングアイランドのストリップモールで
   マネメトリクス
というヘッジファンド管理会社を設立した。
 同社は当初、主に通貨取引を行っていた。 
 マネメトリクスの社名は 1982年にルネッサンス テクノロジーズに変更された。

 シモンズは、国防分析研究所(IDA) やストーニー ブルック大学に在籍していた数学者やデータ モデリング タイプの人材を採用し始めた。
 彼の最初の採用者は、IDA の暗号解読者であり、Baum-Welch アルゴリズムの共著者でもあるLeonard Baumだった。
 ボームが数学モデルを使った取引という考えを放棄し、ファンダメンタルズ取引に移行したとき、シモンズはコーネル大学から代数学者のジェームズ・アックスを招聘した。

 アックスは、ボームの取引通貨モデルをあらゆる商品先物をカバーできるように拡張した。
 その後シモンズは自身の取引口座である
   アクスコム
を設立し、最終的に収益性の高いファンドであるメダリオンを誕生させた。
 1980年代、アックスと研究者はボームのモデルを改良し、利益を得ることができる相関関係を調査するために使用した。
  
 1988年、ルネサンスは最も収益性の高いファンドであるメダリオン ファンド (以前はリムロイ コロンビア ファンド) を設立した。
 このファンドは、代数学者のジェームス・アックスによって改良されたレナード ボームの数学モデルの拡張形式を使用して、利益を得ることができる相関関係を調査した。
 カリフォルニア大学バークレー校の同級生だったシモンズとアックスは、数学での受賞にちなんで名付けたメダリオンを設立した。
 同社のモデルの初期の成功により、シモンズはファンドの取引を完全にモデルに基づいて行うようになった。

 1989年4月までに、ピークからボトムまでの損失は約 30% にまで増加した。
 アックス氏は、モデルのこのような減少は自分の責任だと主張し、取引を続けると主張した。
 これに対して、シモンズは立ち止まって再評価したいと考えました。

 過半数の所有者としてのシモンズ氏が勝利し、アックス氏は退任した。
 その後、シモンズはバークレー教授の
   エルウィン・バーレカンプ
にメダリオンの運営を依頼した。

 シモンズがIDAで初めて会った
   Axcom
のコンサルタントであるバーレカンプ(Berlekamp)氏はAxcomの株式のほとんどを取得し、CEOに就任した。
 彼はシモンズともう一人のコンサルタントであるヘンリー・ローファーと協力して、6か月かけてメダリオンの取引システムを全面的に見直しました。

 1990年、バーレカンプ氏はメダリオン社を手数料控除後で55.9%の利益に導いた。
 その後、16か月前にアクスコム社の権益を購入した価格の6倍の価格でサイモンズ氏に売却した。
 後、バークレー校の教授としての職務に復帰した。

 その後、ストラウス氏がベルレカンプ氏に代わってメダリオン社の刷新された取引システムを運営した。
 メダリオン社の年次報告書によると、1991年には39.4%、1992年には34%、1993年には39.1%のリターンをあげた。

 2000年までに、コンピューター主導のメダリオン ファンドは 1988年の開始以来、手数料を除いた平均年間収益率 34% を達成した。
 シモンズは 2009 年末に引退するまでルネッサンスを率いた。
 1993年1月から2005年4月までの間、メダリオンが負けた月はわずか 17か月で赤字を示した年は1989年だけだった。
 2020年、メダリオンファンドは76%急騰した。 

 ルネッサンス テクノロジーズは2010年に401(k)退職金制度を終了し、従業員の口座残高は個人退職金口座に移された。
 収入に関係なく、標準的な個人退職金口座に拠出してから、Roth IRAに変換することができた。

 2012年までに、ルネッサンスはメダリオンが旧401(k)計画を常に上回っているとして、米国労働省から従業員の退職金をメダリオンに投資することを認める特別免除を認められた。

 2013年、ルネッサンスの IRA 計画には 259 人の参加者がおり、その寄付金は 8,660 万ドルで、同年には手数料や年税なしで 1 億 5,300 万ドルに増加した。
  
 2014年7月、ルネッサンス テクノロジーズは、カール・レビンと富裕層による脱税に関する常設調査小委員会が実施した大規模調査に参加しました。
 租税回避調査の焦点は、バークレイズ社やドイツ銀行AGなどの銀行との取引を含むルネッサンスの取引戦略であり、これによって急速な取引から転換された利益が低税率の長期キャピタルゲインに転換された。
 この戦略は内国歳入庁(IRS)からも疑問視された。
 2021年9月、サイモンズ氏、マーサー氏、その他のルネッサンス幹部は内国歳入庁との紛争を解決するために最大70億ドルの税金と罰金を支払うことに同意した。

 OpenSecretsによると、ルネッサンスは 2016 年の選挙期間中に連邦選挙活動に貢献したトップの金融会社であり、7 月までに 3,310 万 8,000 ドルを寄付した。
 なお、同じ期間に第6位のソロス・ファンド・マネジメントは13,238,551ドルを寄付した。
 ルネッサンスの経営陣も2016年のサイクルで積極的に活動し、6月までに3,000万ドル近くを寄付した。
 マーサーは主に共和党からの個人連邦献金者として第1位にランクされた。
 また、シモンズは主に民主党から第5位にランクされた。

 彼らはヒラリー・クリントンとドナルド・トランプの大統領選挙運動への最大の寄付者であった。
   
   
posted by まねきねこ at 16:00 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック