市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2024年03月14日

スコット・ベッセント(Scott Bessent)マクロ投資会社である Key Square Groupの創設者

スコット・ベッセント
     (Scott Bessent)
   1962年生まれ
 米国の投資家、慈善家、教育者
 世界的なマクロ投資会社である Key Square Groupの創設者

 サウスカロライナ州コンウェイで生まれ、イェール大学に通い、1984年に卒業した。
 イェール大在学中、ベッセントは
に寄稿し、ウルフズ・ヘッド・ソサエティの会長および1984年卒業生の会計を務めた。
 
 ベッセント氏は以前、米国の億万長者
   ジョージ・ソロス
が主導している300億ドル規模のファミリーオフィス
の最高投資責任者を務めていた。
 2006年から2011年まで、ベッセントはイェール大学で経済史の非常勤教授を務めた。
 そこで 3 つのコースを教えていた。

 デイリービースト紙は、「最も人気のある大学コース」のリストに彼の 2010年のクラスを含めた。

 ベッセント氏は 1991 年にソロス ファンド マネジメント (SFM) に初めて参加し、1990 年代を通じて同社のパートナーとして活躍した。
 29歳のとき、彼はSFMのロンドン支社の責任者を頼まれ、ベッセント氏の分析は、ジョージ・ソロス氏と
が英国ポンドに対するSFMの賭け金を組み立てる上で重要な役割を果たした。
 同社は英国ポンド相場で10億ドルの利益を上げたという。

 ベッセント氏はロンドン事務所の責任者に加えて、SFMの
   グローバルリサーチ責任者
および社外マネージャー選定の共同責任者を務めた。
 また、会社資本の 15 億ドルを直接管理していた。

 2000年にSFMを辞任した後、ベッセントは10億ドルのヘッジファンドを設立したのち、2005年にファミリーオフィスに転換した。
 また、ファンド・オブ・ファンズのプロテジェ・ パートナーズの上級投資顧問も務めた。

 2011 年の夏、ジョージ・ソロス氏から CIO として SFM に戻るよう要請された。
 このとき、新しいファンドを立ち上げようとしていたが2011 年から 2015 年までソロス ファンド マネジメントの最高投資責任者を務めた。
 ベッセントのリーダーシップの下、同社は 100 億ドルの利益を上げた。

 2015年8月、ベッセント氏がソロス・ファンド・マネジメントを離れた。
 ジョージ・ソロスの資金20億ドルで新会社
を設立することが発表され、SFM で資本市場のグローバル責任者を務めていた
   マイケル・ジャーミーノ氏
とともに Key Square Group を設立した。

 SFM の二人の元同僚の何人かが行動をともにしてキースクエアに転籍した。

 キースクエアはジョージ・ソロスから20億ドルのアンカー投資を受けた。
 営業第 1 四半期の終わりまでに、キー スクエアは 45 億ドルを運用していた 
 なお、2017年末時点で、キースクエアの資産は51億ドルだった。

 2018年5月のブルームバーグは、キースクエアがライバルのマクロ運用会社をほぼ上回り、投資家の大きな関心を集め続けていると報じた。
 事前に取り決められた取引の一環として、同社は他の資産を取り込みながら、ソロスの資本を徐々に返却した。
 投資家にはオーストラリアの政府系ファンドも含まれる。
 
 母校イェール大学でも活動しており、大学評議会の委員も務めている。
 彼と彼の妹は、父親の
   H. ガストン・ベッセント・ジュニア
に敬意を表して、エール大学にベッセント図書館を寄贈した。
 また、エール大学に 3 つの奨学金を寄贈し、その中には第一世代の大学入学者向けの奨学金も含まれている。
 1 つはサウスカロライナの学生用、もう 1 つはブロンクスの学生用。

ベッセント氏は以前、エイズで外出できない人々に食事を届けるために設立された団体「God's Love We Deliver」の役員を務めていた。
 また、ハーレム・チルドレンズ・ゾーンのサポーターであり、毎年恒例のディナーの司会を務めたり、新卒生の指導を行ったりしている。
 現在、ロックフェラー大学の理事を務めており、投資委員会の委員長を務め、執行委員会のメンバー。
 外交問題評議会のメンバーでもある。 

   
posted by まねきねこ at 21:51 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック