市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2024年03月16日

バークレイズ( Barclays PLC) イギリス・ロンドンに本拠を置く国際金融グループ

   ( Barclays PLC)
 イギリス・ロンドンに本拠を置く国際金融グループ
 リテール、ホールセール、投資銀行部門からウェルスマネジメント、モーゲージ、クレジットなど幅広いサービスを提供している。

 1728年に創業し、産業革命までは同族経営であった。
 その後、バークレイズのイニシャティブはおおむね
   テューク家
   グッディナフ家
によるものである。
 今日までに繰り返し他の銀行を吸収し支配下においてきた。
 
 ロスチャイルド財閥の源流であるドイツ・フランクフルトの銀行家
トの五男で、パリ・ロスチャイルド家の祖にあたる
   ジャコブ・マイエール・ド・ロチルド
が1817年に設立した
   ロチルド・フレール
が1967年にバンク・ロチルドに改称し経営していたが、ミッテラン政権で国有化されていた
   ヨーロッパ銀行(Européenne de Banque )
を1990年に買収した。
 このヨーロッパ銀行を支配していたのがフランス商業信用銀行(CCF)である。
 CCF は1993年にサヴォワ銀行と合併し、2000年4月HSBCに買収された。
 また、野村證券とバークレイズが世界金融危機の2008年に破綻した
   リーマン・ブラザーズ
の受け皿となった。そしてこのころ、バークレイズの銀行家らが英国金融機関の
を策定した。

 バークレイズの営業圏は世界50か国以上で、本国イギリス等ヨーロッパ各国、アメリカ、中東、ラテンアメリカ、オーストラリア、アジアなどに拠点を持つ。 

 特に南アフリカ共和国のものは企業体力に貢献してきた。
 バークレイズの総資産高は世界第2位(2009年)でイギリス3大銀行中、総資産では第1位、時価総額でも第2位を誇っている。

 1982年に株式公開して以来、バークレイズはロンドン証券取引所の主要リストにあり、FTSE100の上場株式である。
 また、ニューヨーク証券取引所にも上場している(LSE: BARC、NYSE: BCS)。
 
 1690年、シティ・オブ・ロンドンで
   ゴールドスミス・バンキング・ビジネス(貨幣・銀行券発行)
がおこった。
 ジョン・フリームらも羽根を広げた黒鷹を商標に、イギリスにおけるキリスト教徒の一派であるクエーカーのゴールドスミスを1728年にはじめた。フリームの義理の息子である
   ジェームズ・バークレー
が1736年にパートナーとなって、商号にバークレイズの名が刻まれた。やがてバークレイ家の親戚にあたる
   Silvanus Bevan
が1767年に共同経営者に加わり、
   Henry Tritton
が、同じく1782年に共同経営者となった。
 正式な商号の定まった時期は確定していないが、Barclays, Bevan & Tritton のように三名を並べたものが長らく用いられていた。

 バークレイ家は資金の多くを奴隷貿易に頼っていた。
 デイビッド・バークレイはジャマイカに広大なプランテーションを持ち、イギリスの保険・銀行グループを支配していた
   ロイズ一族の娘
と結婚した。
 大不況にあった1879年に既存合名会社の有限責任化(合資会社化)が認められた。
 この結果として1888年にクエーカー同士の三行で合併が行われ
   Barclay, Bevan, Tritton, Ransom, Bouverie & Co
が誕生した。
 そして1896年までに17のクエーカー行と20の個人銀行を吸収してバークレイズ合資会社となった。

 吸収した銀行の半分以上はガーニー家をパートナーとしていた。
 バークレイズはオーバーレンド・ガーニーの受け皿になった。なお、ガーニー家は当時からノリッジ・ユニオン(現アビバ)の経営に参加していた。
 アルゼンチンで投資を奨励していた機関銀行
   ベアリング・ブラザーズ
が軍事クーデターで投資が止まり投資から資金の引き上げが起こったため、米国から金が流出し
   ベアリング恐慌
が本位貨幣を争う米国を直撃した。
 1896年にJPモルガンとロスチャイルドの拠出を合わせた合衆国の準備金が大ダメージを受けた。
 イングランド銀行も日銀の預金を継続的に借りる羽目になった。

 1896年からFrancis Bevan が20年間にわたり初代会長を務めた。
 実務はイギリス東インド会社出身の
   Frederick Goodenough
が40年間主導した。
 最初はベヴァンの秘書として、ベヴァンが死んでからは会長として、フレデリックは1934年に死ぬまでずっと君臨した。
 他行の吸収合併は1920年まで頻繁に行われたため、フレデリックは現場を信頼して分権主義を採った。

 1917年までにバークレイズは17の個人銀行と1つの合名銀行を吸収し、バークレイズ銀行となった。
 翌年にLondon and Provincial Bank を吸収して、バークレイズの預金高は3億2800万ポンドに達した。
 1919年、コールウィン委員会の建議により合併要件が厳しくなったがフレデリックは第一次世界大戦の初めから準備を進めており、1925年イングランド銀行の反対をおしきって、Anglo-Egyptian Bank とNational Bank of South Africa Limited. を吸収合併した。

 1951年にAnthony William Tuke が就任して、1965年にカリフォルニアへ支店を設け、翌年にバークレイカードを世へ送り出した。
 
 バークレイズは総力をあげてグローバル化していった。
 1968年にユーロクリアができたが、その翌年にバークレイズは、ロンドン手形交換所加盟銀行のひとつ
   Martins Bank
を買収した。
 この銀行はガーディアン保険(Guardian Assurance Company, 1999年からアクサ)のメインバンクを百年以上やっていた。

 1971年、バークレイズは1925年に買収した南アフリカ事業を再編・改名し、またニューヨーク支店を設置した。
 1972年、歴史的な投資信託(Concordia Res Parvae Crescunt)を保有していた老舗
   コル商会(Kol & Co)
を買収した。
 また、1926年にアムステルダム証券取引所で
   IGファルベン
やドイツ銀行やディスコント・ゲゼルシャフトの株式発行を手がけた。
 1973年にバークレイズはオレンジリーフ (補給艦・3代) の建造予算を融資した。

 1973年から1993年までは、会長Anthony Favill Tuke がその代理Martin Jacomb へつないだ時代である。
 アンソニー・テューク・ジュニアはBarclays National Bank of South Africa Limited.(1925年に買収した子会社)の持ち株をアングロ・アメリカンやデビアスへ売却した。
 その後、退社してすぐリオ・ティント会長となった。

 ジェイコムはクラインウォート・ベンソン・ロンズデールの重役であった。
 バークレイズでは大券発行にも参加する力をみせた。

 1978年アメリカで外国銀行の支店設置を一つの州に限るという法律ができた。
 バークレイズには例外規定が適用された。

 これは、1970年代に先制して州際の支店を開業していた外銀を保護するものであり、IBF構想をめぐりマクファーデン法修正論が提起される契機となった。
 一方、南アフリカ事業がAmerican Credit Corporation を買収して決済事業に進出した。

 1981年、Deryk Vander Weyer の肝いりでTimothy Bevan が会長となった。
 また、Frederick Roger Goodenough がバークレイズの各部門を統制した。
 1985年にビッグバン用インフラBarclays de Zoete Wedd を組織し、翌年にVisaのトラベラーズチェックを買収した。

 1987年、John Quinton が会長となったが1980年代初頭の急拡大が仇となって、バークレイズは
   巨額の不良債権
を抱えるようになっていた。
 しかし、バークレイズは英国内で大掛かりな決済事業へ投資をしようとしていた。
 
 1990年にダルムシュタット銀行を源流とする金融機関
   メルク・フィンク商会
を買収した。
 メルク・フィンクは過去アンシュルスに機会を得て、ルイ・ナタニエル・フォン・ロートシルト男爵の
   ザロモン・マイアー・フォン・ロートシルト銀行
をアーリア化(非ユダヤ人化)した。
 また、バークレイズは概要のヨーロッパ銀行も買収した。

 バークレイズはドイツとフランスのロスチャイルド資本を回収・結合し、両国とイギリスを通じて世界の決済事業へ進出した。
 1996年まで、バークレイズは事業売却をくりかえして利益を上げた。
 2003年、CIBCからジュピター銀行という米クレジット・カード会社を買収、さらにスペインのサラゴサ銀行も吸収した。

 2005年、バークレイズ・アフリカ・グループ(旧Absa Group)を傘下におさめた。
 また、リーガル&ジェネラルとの合弁事業であったグレシャム保険の株式を相手方から譲り受けた。
 2006年、ワコビアから住宅ローン事業(HomEq Servicing Corporation)を4.69億ドルで下取りした。
 2007年3月にABNアムロ銀行を合併しようとしたが10月に取りやめた。

 2008年、欧州の経済危機対策「共同行動計画」の一環でイギリスでブラウン首相がRBSやHBOS、ロイズに対して資金注入をおこなった。
 しかしバークレイズは自力で73億ポンドの資金を調達し、民間の自主性を保った。

 破綻したリーマン・ブラザーズの北米部門を買収し、投資銀行部門の拡充を図った。
 2009年3月、顧客の脱税を計画的に補助していた事実がウィキリークスに暴露された。
 巨額で、課税根拠となる法律は多岐にわたっていた。
 6月、資産運用部門のバークレイズ・グローバル・インベスターズ(BGI)を世界有数の資産運用グループ
   ブラックロック
に売却することで合意した。

 2012年1月、世界で最も無責任な企業を選ぶパブリック・アイ・アワード(the Public Eye Awards)にノミネートされた。
 選出理由は、急速な食糧投機により、世界中の食料価格を高騰させ、貧困層を苦しめたこととされる
 同年7月、2005年から2009年にかけてのLIBOR不正操作によりマーカス・エイジアス会長が引責辞任した。

 2015年8月、イギリスのリテール銀行として最初の
   ビットコイン決済導入計画
を表明した。
 2016年4月、イギリスでApple Payによる決済が可能となった。
 同年5月31日、行員がインサイダー取引の疑いで逮捕された。

 2017年5月、バークレイズ・アフリカ・グループの株式を市場へ大放出(15億ポンド)した。
 これにより、アフリカ事業は機関化した。
 同年6月、バークレイズ元重役らが2008年にカタールから不正に資金を調達して緊急基金をつくった容疑で告訴された。
 バークレイズは中東の政府系ファンドへ資本参加しており、それらは1MDBへの融資を焦げつかせた。

 2017年9月、バークレイズは欧州のリテール・バンキング部門をアナキャップ(AnaCap Financial Partners)に売却完了した。
 このアナキャップはゴールドマン・サックスやアリアンツなどが参加するプライベート・エクイティ・ファーム(private equity firm)であった。 

    
posted by まねきねこ at 06:10 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック