市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2024年06月02日

パラマウント取締役がスカイダンスによる買収案を支持

 米国の映画・テレビ大手
   パラマウント・グローバル
への買収案を検討している同社取締役は、デービッド・エリソン氏が率いる独立系映画製作会社
   スカイダンス・メディア
の提案を支持した。
 この動きはハリウッドの名門映画スタジオの売却へと近づいたことになる。
 この内情に詳しい複数の関係者がめでぃあのs明らかにした。

  スカイダンスは計画の一環として、まずパラマウントの支配株主であるシャリー・レッドストーン氏の一族持ち株会社
   ナショナル・アミューズメンツ
に買収を提案した。
 その後、スカイダンスはパラマウントと合併し、パラマウントの他の株主に対して、現金と債務返済という形で30億ドル(約4700億円)余りを提供する。

 これが実現すれば、「トップガン マーヴェリック」や「ミッション:インポッシブル/デッドレコニング」などパラマウントのヒット作を手がけてきたスカインダンスにとって大きな飛躍となる。
 
 オラクルの共同創業者ラリー・エリソン氏の息子であるデービッド・エリソン氏は、パラマウント買収によって名作「ゴッドファーザー」を含む膨大な映画作品に加え、放送やケーブルテレビ、ストリーミング事業を手に入れることになる。

 また、146億ドル(約2兆2950億円)の長期負債を抱えるパラマウントにとっては
   財務改善に必要な生命線
となる可能性がある。
 同社は長年収益を支えてきた広告収入の減少と有料テレビ契約者数の落ち込みに直面している。
 動画配信サービス「パラマウント・プラス」はまだ黒字化できておらず、映画・テレビ業界を見舞っている時代の変化にうまく適応できていない。
 
   
posted by まねきねこ at 04:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック