市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2024年06月03日

トランプ氏がかつて禁止に追い込もうとしたTikTokで投稿デビュー?

 トランプ前大統領は11月の米大統領選挙でホワイトハウス返り咲きを目指すなか、かつて現職大統領として営業禁止に追い込もうと試みた中国発の
   動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」
で若い有権者の支持を取り付けることを狙ってか、投稿デビューしたという。

 元々素行の悪いことでも知られるトランプ氏は、大統領経験者としては史上初めて刑事裁判で有罪の評決を受けたが、総合格闘技団体アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ(UFC)のデイナ・ホワイト最高経営責任者(CEO)と写った動画をティックトックに投稿し注目を浴びるため躍起となっている。
 長さ13秒の動画は途中でトランプ氏に声援を送るファンの場面に切り替わり、トランプ氏は「光栄だ」と話しており違和感がある。

 世論調査では激戦7州のほとんどでバイデン氏をリードするトランプ氏は、先週の有罪評決から注意をそらそうとあの手この手の対応をしている。


 7月11日の量刑言い渡しを待つトランプ氏は2日、
   自宅軟禁や収監の実刑
が言い渡されるリスクについてFOXニュースで問われ、国民が黙っていないだろうと答え、議会襲撃事件と同様に支持者の暴走を促しかねない発言で、選挙戦を劇場化する流れを作り出そうとしているようにも見える。

 また、「国民はつらい思いをするだろう。ある時点で我慢の限界に達するはずだ」と好戦的な発言を行った

 現職当時にはティックトックを強制売却に追い込もうとしてできなかったトランプ氏は、バイデン政権が最近同様の措置に動いたことを自身のソーシャルメディアで批判した。
 自分は「特に若い人々」にメッセージを送っていると述べ、支持を広げようと二枚舌となっている。

 また、トランプ氏とその陣営はこれまでグーグルおよびメタ・プラットフォームズのフェイスブックが選挙に干渉しているとして、その証拠を明示せずに非難している。

  
posted by まねきねこ at 07:18 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック