市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2024年06月12日

クレディ・アグリコル(Crédit Agricole S.A.) フランスの国際銀行グループであり、世界最大の協同組合金融機関 運用資産 1 兆 9,000 億ユーロ(2022年)

    (Crédit Agricole S.A.)
 農業との歴史的なつながりから
   La banque verte(直訳で「緑の銀行」)
とも呼ばれるフランスの国際銀行グループであり、世界最大の協同組合金融機関である。
 フランスではBNPパリバに次いで2番目に大きい銀行であり、ヨーロッパで3番目、世界で10番目に大きい銀行である。

 クレディ・アグリコルの地方銀行、39のアグリコル地域銀行、および中央機関であるクレディ・アグリコルSAのネットワークで構成されている。クレディ・アグリコルSAを通じて中間持ち株会社としてユーロネクスト・パリの第一市場に上場し、 CAC 40株価指数の一部となっている。
 グループの地方銀行が地方銀行を所有し、地方銀行が持ち株会社を通じてSAの過半数を所有し、SAがLCL、イタリアのネットワーク、CIBユニットなど、グループの子会社の一部を所有する株式の相互持ち合いがされている。
 金融安定理事会によってシステム上重要な銀行と見なされています。 

 2010年以来、クレディ・アグリコルはモンルージュにあるシュルンベルジェの工場を改装したキャンパス・エバーグリーンに 本社を置く。
  
 収益 381.6億ユーロ(2022年) 
 営業利益 137億ユーロ(2022年)
 運用資産 1 兆 9,000 億ユーロ(2022年)
 総資産 2 兆 3,700 億ユーロ(2022年) 
 就業者数 145,000人 (2022年) 

 子会社
 ・クレディ・アグリコルSA
 ・LCL
 ・クレディ・アグリコルCIB
 ・クレディ・アグリコル・イタリア
 ・アムンディ

 フランス革命やなおレオン戦争などの激動があったこともあり、19 世紀後半、フランスの農民は長期的かつ柔軟で手頃な価格の信用を得るのに苦労していました。
 1861 年のクレディ・フォンシエ・ド・フランスなど、農業銀行を設立する試みはいくつかあったが、どれも成功しませんでした。

 ジュール・メリヌは最初の地方銀行の設立を先導した。
 1921 年に、新しく設立された
   国立農業信用局 (ONCA)
は、仮事務所からラス・カーズ通りとカシミール・ペリエ通りの交差点にある角の建物に移転した。

 1930年代、フランス国立金融公社は広場を挟んだラス・カーズ通り30番地に入口がある建物群に移転した。
 1966年にモンパルナスに移転するまで本社として同所が機能した。
 なお、現在はフランス国民議会の事務所となっている。

 クレディ・アグリコルの歴史は職業団体の自由を確立した1884年の法律に遡る。
 この法律は、農業組合の設立や地方相互銀行の設立などを認可した。
 クレディ・アグリコル社は、1885年2月23日にジュラ地方ポリニー地区のサラン・レ・バンに設立された。
 これがフランスで最初の銀行である。

 この経験を利用して小規模家族農場への融資を促進し、農業大臣
   ジュール・メリーヌ
の支援を受けた1894年11月5日の法律により、クレディ・アグリコルの地方銀行創設への道が開かれた。
 最初の地方銀行は、農学者、教師、不動産所有者を含む地元のエリートによって設立され、農民は少数派であった。

 初期のビジネスでは、農民がより快適な生活を送れるよう
   収穫の前払い
として提供される
   短期融資
のみで構成されていた。
 その後、中長期ローンが追加され、設備や家畜の購入が可能になった。

 1894年の法律では金融上の利点はなく、地方銀行はすぐに
   資本不足
や小規模農家からの
   担保不足 など
の金融問題に直面した。
 政府がこれらの問題に対処したのは1897年になってからで、フランス銀行に4千万金フランの基金と年間200万フランの手数料でクレディ・アグリコルに資金提供するよう義務付けた。
 1年後、1898年の法律で担保問題は解決した。
 一方では、1899年3月31日の法律で、農業省内に、この時に設立された地方銀行間で政府前払金を分配する委員会が設置された。
 これらの協同組合は、管轄区域内の地方銀行をまとめ、決済機関として機能した。

 20世紀に入ってから、ますます多くの地方銀行が設立された。
 第一次世界大戦前夜までに、どの地域にも少なくとも 1 つは設置されていた。
 しかし、政府は資金の 4 分の 3 を提供し続け、1906 年 12 月 29 日および 1910 年 3 月 19 日の法律によって長期融資の発行が認可されたにもかかわらず、依然として短期融資が事業の大部分を占めた。
 戦争により一部の地域が孤立する中、特にクレディ・アグリコルが紛争中に被害を受けた農業経営を再建するための融資を求められた。
 このため、中央銀行による事業規制の必要性がより明らかになった。

 1920年8月5日の新法により、ルイ・タルディを最高経営責任者とする地方銀行のための公的中央決済機関
   国立信用農業銀行(ONCA)
が農業省に所属していた2つの機関が統合して設立された。
 1926年、この機関は国立信用農業銀行(CNCA)に改名された。

 1920年代には、銀行は全国規模の事業展開を続け、事業活動を拡大した。
 特に1920年には小規模な農村職人への融資を導入し、1923年からは農村部の電化に資金を提供し、地方自治体に資金を提供した。

 地方銀行と地方銀行は1929年にアメリカ合衆国で発生した恐慌がフランスへ波及した
   1930 年の危機
から無傷で立ち上がったところはいない。
 国民財政はより大きな役割を担い、最も深刻なリスクにさらされている銀行を支援した。
 共同預金保証基金は 1935 年に設立された。
 翌年、国家穀物委員会 (ONIC) が設立された際、クレディ・アグリコルは割引を通じて小麦株に資金を提供することで追加の支援を提供した。
 使用された支払いメカニズムにより、田舎では小切手や銀行口座の普及が促進された。

 1939 年から 1945 年にかけて、ナチズムを信奉するヴィシー政権はクレディ・アグリコルに対してより
   厳格な国家監督
を課し、5年債の創設など、金融面での大きな進展もこの時期に行われた。 
 戦後の復興と農業の機械化を促進するため、中央銀行は政府から支給される資金を補うために預金の受け入れを強化した。
 地方銀行は多くの支店を開設し、その数は1947年の1,000支店から1967年までに2,259支店に増加した。

 クレディ・アグリコル全国連盟 (FNCA) は 1948 年に設立された。
 FNCA は、公的機関および CNCA に対してクレディ・アグリコルの地方銀行を代表する役割を担っていた。
 また、スタッフのトレーニングやクレディ・アグリコルの専門知識の段階的な拡大にも役割を果たした。

 1959年、クレディ・アグリコルは法令により、所有者の身分(非農家も含む)にかかわらず、農村部の主な居住用不動産ローンを融資する権限を与えられた。
 1950年に発行された長期債の配布により、クレディ・アグリコルは1963年から自己資金調達が可能になった。
 政府と組織間の資金の流れが逆転し、クレディ・アグリコルは預金を財務省に送金するようになった。

 クレディ・アグリコルは地方銀行とCNCAの両方に新しい経営人材が流入し、近代化を続けた。
 1960年、ポール・ドリアンが農家出身者として初めてCNCAの会長に就任し、14年間その職に就いた。

 1966年、貯蓄を増やして予算からクレディ・アグリコルを排除する取り組みの一環として、政府はCNCAに財政上の自主権を与えた。
 貯蓄流入はもはや財務省を経由せず、CNCAが地方銀行の黒字と赤字の均衡を図る責任を負うようになった。
 1971 年の「農村法」により、クレディ・アグリコルの潜在的な資金源が農村地帯と、職人や食品生産者などの新しいタイプの顧客に拡大されました。
 これにより中小企業や中堅企業への融資が続いた。

 1966 年の銀行改革により、当組織は通帳口座や住宅貯蓄プランなど、競合他社が提供するものと同じ商品を世帯に提供できるようになった。
 最初の子会社は CNCA の特定のニーズに対応するために 1960 年代の終わりに設立された。
 1967年に株式投資を行うために
   Union d'études et d'investissements (UI)
が設立され、
 これに続いて 1968 年に資産管理のために
   Segespar
を設立した。
 クレディ・アグリコルは、1967 年から住宅購入貯蓄商品、1972 年から政府規制の住宅ローン、1977 年に初回購入者向けローンの販売を開始した。
 1976 年、グループは「le bon sens près de chez vous」(「身近な常識」)というスローガンを採用した。

 クレディ・アグリコルは1979年にシカゴに初の海外支店を開設して国際展開戦略の始まりを告げた。
 同年、ザ・バンカー誌はクレディ・アグリコルを世界有数の銀行にランク付けした。
 この進歩を反映して、クレディ・アグリコルはフランスの1984年銀行法の対象となった。
 それまでは農村法典のみの対象だった。

 さらに、クレディ・アグリコルの銀行カードを他の銀行が使用するカルト・ブルーシステムの一部とするための銀行間協定が締結された。
 グループの事業多角化は 1980 年代に始まった。
 生命保険子会社プレディカは 1986 年に設立され、損害保険部門パシフィカは 1990 年に設立された。
 グループは銀行窓販に拡大し、最初の
   退職貯蓄プラン
を提供した。
 この当時、地方銀行の取締役の多くは、農業分野の保険会社
   グルパマ
の取締役でもあった。
 なお、両者の合併の話もあったが、実現しなかった。

 1988 年 1 月 18 日、CNCA 相互化法が発効した。
 CNCAは株式会社に再法人化され、株式の90%が地方銀行に、10%が従業員に売却された。
 クレディ・アグリコルは政府から完全に独立し、余剰資金をすくい取る政府の慣行に終止符を打った。

 1990年、クレディ・アグリコルは農家への低利融資付与の独占権を失い、1年後の1991年に「正常化」プロセスが完了した。
 これにより、大企業への融資開始が許可された。

 1989 年にイタリアの
   Banco Ambrosiano Veneto
の株式を取得し、 1991 年にはポルトガルの
   Banco Espírito Santo
の株式を取得し、国際的な拡大が続いた。

 地方銀行の統合は、コスト削減を目的として 1990 年に正式に開始された。
 地方銀行の数を半減させることを目標として、21 世紀に入るまでにその目標が達成された。
 一方、地方銀行 94 行のうち 18 行は共同投資証書の発行を通じて流通市場に上場された。
 しかし、地方銀行の株式資本の大半は 550 万人の顧客株主の手に残っていた。

 1993年、FNCAの相互化計画を主導した
   ルシアン・ドゥルー
がCNCAの初代最高経営責任者に就任した。
 クレディ・アグリコルによって既存のスタッフの中から任命された。

 1996 年にグループは
   インドスエズ銀行
を買収し、資産管理子会社のインドカム (1999 年にクレディ・アグリコル・アセット・マネジメントに改名) と企業銀行および投資銀行業務を行うクレディ・アグリコル・インドスエズを設立した。
 1999 年には、グループが新たに民営化された
   クレディ・リヨン
の株式を取得し、大手消費者金融会社
   ソフィンコ
を買収するなど、多角化が続いた。

 CNCA は 2001 年に
   Crédit Agricole SA
という名称で株式市場に上場した。
 これにより、地方銀行は大規模な買収を実行するための上場手段を手に入れた。

 21世紀に入り、同グループは事業の多様化を進めた。
 2003年にはフィナレフを買収した。
 同年、クレディ・アグリコルは、 2002年12月に政府がクレディ・リヨネの株式を競売にかける決定を下したことで市場争いが勃発した。
 その後、当時の取締役会長ルネ・カロンの指揮のもと、友好的な買収によりクレディ・リヨネを買収した。

 2003年と2004年には両銀行が統合され、異なる事業ラインが子会社にグループ化された。
 この中には、2004年にクレディ・リヨネとクレディ・アグリコル・インドスエズの法人銀行業務と投資銀行業務を統合してカリヨンが設立されたことが含まれている。
 クレディ・リヨネは個人向け銀行業務に特化し、 2005年8月にLCLに改名した。

 2004 年から 2005 年にかけて、エジプト、ウクライナ、セルビア、ギリシャ、イタリア、ポルトガルでも事業を設立した。
 2006 年に、パシフィカ ブランドとプレディカ ブランドを統合するために
   クレディ アグリコル アシュアランス
が設立された。

 2007年、クレディ・アグリコルは、以前は
   Banca Intesa
の筆頭株主であり、第3位の株主であった、
 新しく設立されたイタリアの大手銀行
   Intesa Sanpaolo
の株式の売却を開始した。
 2007年3月1日、クレディ・アグリコルはインテーサ・サンパオロからカリパルマとフリウルアドリアに加え、旧バンカ・インテーサ支店202店舗を買収した。
 2011年、クレディ・アグリコルはインテーサ・サンパオロからカリスペツィアを買収し、96の支店をインテーサ・サンパオロから直接買収した。
 2012 年、クレディ・アグリコルはインテーサ・サンパオロの最後の株式を売却した。
  
 2007年から2008年の金融危機による悪影響は一部の競合他社に比べて少なかった。
 銀行間融資市場が停滞すると、クレディ・アグリコルは2008年1月に長年保有していたスエズの株式を13億ユーロで売却せざるを得なくなった。
 その後5月には売却を余儀なくされた。
 2008 年には、バーゼル II規制要件を満たすために、すべての地方銀行が引き受けた 59 億ユーロの株主割当増資を組織した。
 また、50億ユーロの非戦略的資産処分プログラムにも着手した。

 2008年末、政府はフランスの6大銀行に対し、引き続き経済に貢献できるよう、2回に分けて210億ユーロを8%の金利で融資することを決定した。
 クレディ・アグリコルは2回目の融資には参加せず、2009年10月に政府に返済した。
 クレディ・アグリコルの危機脱出戦略は市場に好意的に受け止められ、株価は2009年比で40%以上上昇した。

 2012年、クレディ・アグリコルは引き続きマイナスの業績を報告し、第3四半期には約30億ユーロの損失を計上した。
 ギリシャ支店のエンポリキは、クレディ・アグリコル・グループに統合されたアルバニア、ブルガリア、ルーマニアの収益性の高い部分から切り離された。
 エンポリキへの投資総額は約90億ユーロだった。
 残りのギリシャ部分はアルファ銀行に1ユーロで売却された。
 クレディ・アグリコルはスペインの銀行バンキンテルからも完全に撤退し、1億9300万ユーロの帳簿上の損失を出した。
 特にイタリアでの困難により、消費者信用で6億ユーロという巨額の減損を行った。
 さらに、クレディ・アグリコルは貸借対照表上ののれんを減額しなければならなかった。
 のれんは2012年9月に177億ユーロに達し、実際の価値を大幅に上回った。
 2013年2月初旬、同銀行は減損と費用として38億ユーロを計上すると発表した。
 メディアによると、これは過去最高の額だという。

 2014年3月、クレディ・アグリコル・グループは中期戦略計画を発表した。
 リテールバンキング、保険、貯蓄に重点を置いた。
 国際的には、同グループはグループ第2位の市場であるイタリアを皮切りに、中核市場に再び焦点を当てることを決定した。

 クレディ・アグリコル・グループは、ブルガリアの子会社をコーポレート商業銀行に1億6,000万ユーロで売却した。
 2014年4月22日、クレディ・アグリコルSA、クレディ・アグリコル・ノルド、クレディ・アグリコル・ノルドエストは、クレディ・アグリコル・ベルギーとセンテアの合併により設立されたベルギーの銀行であるクレランSAの株式の50%を売却すると発表した。
 2017年、同グループはイタリアの小規模銀行3行を買収した。

 クレディ・アグリコルは、地方銀行、地域銀行(およびその支店と株式投資)、クレディ・アグリコルSA(およびその子会社)からなる3層構造をとっている。
 地方銀行と地域銀行は協同組合企業で
 クレディ・アグリコルSAは、ソシエテ・アノニムです。クレディ・アグリコルは、世界有数の協同組合企業の一つです。

 2,509 の地方銀行がクレディ アグリコルの基盤を形成している。
 彼らは 740 万人の利害関係者 (2013 年 12 月時点) を抱えており、協同組合のガバナンス原則に従って、顧客であると同時に地方銀行の株式資本 (所有株式を通じて) の所有者でもある。

 地方銀行の資本の大半は地方銀行が保有しており、毎年約50万人が参加する地方銀行の年次総会では、3万2千人を超える有志の取締役が株主によって任命される。

 クレディ・アグリコルの地方銀行は、協同組合組織であり本格的な銀行であり、2,000 万人の顧客 (2008 年末) に幅広い金融商品とサービスを提供している。
 約 7,200 の支店と 12,000 台の ATM のネットワークに加え、7,000 を超える店内キャッシュ ポイントを誇る。
 クレディ アグリコルの顧客に基本的な銀行サービスを提供している。
 一部の地方銀行は財務体力と競争力の向上を目的に合併しており、地方銀行の総数は1988年から2008年の間に94行から39行に減少した。

 2007 年 9 月、クレディ・アグリコルはニューヨーク子会社における
   不正取引損失
に関連して 2 億 5,000 万ユーロの費用を計上した。
 2008年4月18日、クレディ・アグリコルはサブプライム住宅ローン証券に関連して12億ドルの損失を計上すると発表した。
 2008年5月、クレディ・アグリコルは株主から59億ユーロの自己資本を調達しようとした。
 金融危機が深刻化するにつれ、その後の期間に株価は19ユーロから6ユーロに下落し、物議を醸した。

 2010年、フランス政府の競争規制を担当する機関であるAutorité de la concurrenceは、小切手処理において不当な手数料、特に紙の小切手送金から「Exchanges Check-Image」電子送金への移行時に課される追加料金を共謀したとして、クレディ・アグリコルを含む11の銀行に3億8,490万ユーロの罰金を科した。
 2022年、スイスとモナコで事業を展開するクレディ・アグリコルの子会社は、スーダン、シリア、キューバ、ウクライナのクリミア地域を含む多くの国に対する制裁に違反したとして、米国に100万ドル以上を支払うことに合意した。

   
posted by まねきねこ at 21:27 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック