市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2024年07月04日

レイノルズ証券(Reynolds Securities) キャッチフレーズ「我々は世界中の投資家のために働く。一人ずつ。」

レイノルズ証券
    (Reynolds Securities)
 1931年にリチャード・S・レイノルズ・ジュニアによって設立された。
 1978年にディーン・ウィッター・アンド・カンパニーと合併して
   ディーン・ウィッター・レイノルズ・オーガニゼーション
となった。
 これは当時ウォール街史上最大の合併であった。
 レイノルズ証券のキャッチフレーズ「我々は世界中の投資家のために働く。一人ずつ。」はディーン・ウィッター氏により「我々は成功を一人の投資家ごとに測る。」に改められ、後にモルガン・スタンレー氏によって使用された。
 
 レイノルズ・アンド・カンパニーは、1931年にニューヨーク市で、22歳のタバコ相続人
   リチャード・S・レイノルズ・ジュニア
がチャールズ・H・バブコック、トーマス・F・ステイリーとともに共同設立した。
 特にトーマス・F・ステイリーはレイノルズの従兄弟レイノルズの兄メジャー・D・レイノルズの孫であった。
 1951年に、もう一人のシニアパートナー、ジョン・D・ベイカーが会社に加わった。

 リチャード・S・レイノルズの父
   リチャード・S・レイノルズ・シニア
は、USフォイル・カンパニー(後のレイノルズ・メタルズ(レイノルズ・ラップ))を設立し、彼の大叔父はRJレイノルズ・タバコ・カンパニー(RJR)の創設者。
 ディーン・ウィッター・アンド・カンパニーと同様に、同社は大恐慌を乗り越え、毎年利益を上げた。
 1934年、レイノルズは
   FAウィラード・アンド・カンパニー
を買収した。
 この買収により、レイノルズは売上を3倍にし、引受業務に重点を移した。

 1958年、レイノルズはトーマス・F・ステイリーが退任し
   ロバート・M・ガーディナー
が後任社長に就任し、リーダーシップを次の世代に引き継いだ。
 ガーディナーの下で、レイノルズは
   AMキダー&カンパニー
から26のオフィスを買収し、大規模な拡張に乗り出した。

 レイノルズは1960年代初頭にさらに3つのオフィスを買収し、米国の新しい地域に9つの事務所を開設した。
 レイノルズは1971年に新規株式公開に先立ちレイノルズ証券として設立された。
 1971年初頭にはメリルリンチが株式を公開するのではないかとの憶測が流れた。
 レイノルズの新規株式公開(およびその直後のディーン・ウィッターのIPO)は、メリルリンチの新規株式公開に続いてウォール街の企業が非公開企業の株式を公開投資家に売却する動きの一環だった。

 1976年、レイノルズは業界で最も洗練された高速有線システムであるREYCOMを導入した。
 一方、同社は拡大を続け、ルガーノとスイスのローザンヌに初の海外オフィスを開設した。
 1年後、レイノルズは証券調査に強みを持つ
   ベーカー・ウィークス&カンパニー
を買収した。

 1978年にディーン・ウィッター・アンド・カンパニーと合併した時点で、レイノルズ・セキュリティーズは72のオフィスに3,100人以上の従業員を擁し、総収益は約1億2000万ドルに達していた。
   
   
posted by まねきねこ at 08:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック