市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2024年07月06日

ブライス・イーストマン・ディロン・アンド・カンパニー(Blyth, Eastman Dillon & Co.)米国の投資銀行

ブライス・イーストマン・ディロン・アンド・カンパニー
     (Blyth, Eastman Dillon & Co ブライス・イーストマンまたはBEDCO)
 1914年に設立された米国の投資銀行
 ブロック取引、機関投資、商品仲介、OTC取引のリーダーであり、強力な法人向け銀行業務も展開していた。
 ブライス・イーストマンは、米国西海岸で数少ない大手投資銀行の1つとして長年営業していた。
 買収当時、ブライス・イーストマンは700人以上の金融関連従業員を擁し、米国全土に70以上の支店を構えていた。
 ブライス・イーストマンは、買収当時、最大規模の投資銀行トップ10に数えられた。

 前身であるブライス・ウィッター社は、1914年に
   チャールズ・ブライス
   ディーン・G・ウィッター
によってカリフォルニア州サンフランシスコで共同設立された。
 当初はブライス・ウィッター・アンド・カンパニーとして知られていた。
  ウィッターが自身の証券会社ディーン・ウィッター・レイノルズを設立するために会社を離れた1924年に、ブライス・アンド・カンパニーに改名された。

 1935年、ニューヨーク・ナショナル・シティ銀行の元会長であり、ニューヨーク連邦準備銀行の取締役
   チャールズ・ミッチェル
が、当時のブライス・アンド・カンパニーに入社し、同社の西海岸の投資銀行業務を補完することを目的とした引受および販売事業の発展を支援した。
 
 1970年にブライスは5,500万ドルで北米保険会社に売却された。
 これは当時としては投資銀行業界以外の企業による買収としては異例のことであった。
 2年後の1972年、ブライス&カンパニーは
   イーストマン・ディロン・ユニオン・セキュリティーズ&カンパニー
と合併した。

 イーストマン・ディロンは、1912年にペンシルバニア州で
   ハーバート・ディロン
   トーマス・イーストマン
によって共同設立された専業投資銀行会社だった。

 ユニオン・セキュリティーズは、以前は
   J.&W.セリグマン&カンパニー
の投資銀行業務であり、グラス・スティーガル法による銀行業務と引受業務の分離を受けて1939年に設立された。

 イーストマン・ディロン・ユニオン・セキュリティーズは、 1940年代から1950年代にかけて、企業の買収と再編に重点を置いたマーチャント・バンキング会社として実績を築いた。
 1979年、ブライス・イーストマン・ディロン社は
   ペイン・ウェバー
と合併し、ブライス・イーストマン・ペイン・ウェバーとなった。
 合併後の会社はブライス・イーストマン社の投資銀行業務とペイン・ウェバー社の小売事業を統合するのに苦労し、合併は困難を極めた。
 この合併ではペイン・ウェバーを大手投資銀行にするという当初の目標は完全には達成されなかった

 1984年、会社の再編により
   ペイン・ウェバー・ジャクソン・アンド・カーティス
   ブライス・イーストマン・ペイン・ウェバー
   ペインウェバー・ミッチェル・ハッチンズ
の3つの子会社がペインウェバー社という1つの社名に統合され、ブライス・イーストマンのブランドは消滅した。
 ペイン・ウェバー社は2000年にUBS AG社に買収された。
  
  
posted by まねきねこ at 08:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック