市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2024年07月10日

CVSヘルス(CVS Health) 米国ののヘルスケア企業

 (CVS Health CVS Health Corporation、CVS Corporation and CVS Caremark Corporation)
 CVSヘルスは米国の小売薬局チェーンの
   CVSファーマシー
薬局給付管理会社の
   CVSケアマーク
健康保険プロバイダーの
   アエトナ など
数多くのブランドを所有するアメリカのヘルスケア企業。
 同社はユナイテッドヘルス・グループに次ぐ世界第2位のヘルスケア企業である。
 2023年、同社はフォーブス・グローバル2000で64位にランクされた。
  
 拠点数 9,395 (2023年)
 
 収益 3,578億米ドル(2023年)
 営業利益 137.4億米ドル(2023年)
 純利益 83億4,400万米ドル(2023年)
 総資産  2,497億米ドル(2023年)
 就業者数 約 30万人(2023年)
 
 子会社
 ・CVS PharmacyMinuteClinic
 ・CVS CaremarkLongs
 ・DrugsNavarro
 ・Discount Pharmacies
 ・Omnicare
 ・Aetna
 ・Oak Street Health

 1963年、米国マサチューセッツ州ローウェルでスタンリーとシドニーのゴールドスタイン兄弟とパートナーの
   ラルフ・ホーグランド
によって設立された。
 (会社の名前は、Consumer Value Stores(消費者価値店舗)の略)

 健康・美容製品を販売する最初の
   コンシューマーバリューストア(CVS)
は、1963年にマサチューセッツ州ローウェルで、
   スタンリー・ゴールドスタイン
   シドニー・ゴールドスタイン
の兄弟、および
   ラルフ・ホーグランド
によって設立された。

 1964年までに、CVSは主に美容製品を販売する17店舗を展開した。
 1967年、CVSはロードアイランド州ワーウィックとロードアイランド州カンバーランドに薬局部門を備えた最初の店舗をオープンした。
 このCVSは1969年にメルヴィルコーポレーションに売却された。

 1970年までにCVSはニューイングランドと北東部で100店舗を運営していた。
 1972年にCVSは84のクリントンドラッグアンドディスカウントストアを買収した。
 この買収によりCVSはインディアナ州に店舗を構え、中西部に進出した。
 1977年、CVSはニュージャージー州に本拠を置くマックドラッグの店舗36店を買収した。
 
 1983年に血友病患者の在宅医療が開始される。
 1988年にCVSはボストン地域の小さな薬局会社
   ハートランドドラッグ
を買収し、ウォータータウンスクエアやハーバードスクエアを含むボストンメトロに店舗を展開した。
 
 1990年はCVSはピープルズドラッグストア500店を買収し、ワシントンDC、ペンシルベニア、メリーランド、バージニアを含む中部大西洋岸の新たな市場に進出した。
 1994年にCVSは薬局給付管理(PBM)会社
   PharmaCare
を設立した。
 1996年にCVSコーポレーションはニューヨーク証券取引所で「CVS」のティッカーシンボルで取引される独立企業となった。
 また、スタンリー・ゴールドスタインが同社の初代会長に就任した。
 
 1997年にCVSは2,500店以上の
   Revcoドラッグストア
を買収し、中西部、南東部、東部の各州に会社を設立した。
 1998年にCVSはアーバードラッグスから207店舗を買収し、ミシガン州に最初の店舗をオープンした。
 1999年にCVSは初のオンライン薬局である
   Soma.com
を買収し、CVS.comに改名して、消費者に提供する初の完全に統合されたオンラインおよび実店舗の薬局となった。
 
 2000年にCVSはベルゲン・ブランズウィッグ・コーポレーションから
   シュタットレンダー薬局
を買収し、CVSプロケアは当時アメリカ最大の専門薬局となった。
 2001年にCVS/pharmacyはExtraCareロイヤルティカードプログラムを開始した。
 1年以内に3,000 万人の顧客が登録し、特典を獲得したり割引を受けたりした。
 
 2004年にCVSはJCPenneyから1,268の
   Eckerdドラッグストア
とEckerdのPBM/通信販売薬局事業である
   Eckerd Health Services
を買収した。
 この買収により、同社のテキサス州、フロリダ州、その他の南部諸州での事業範囲が拡大した。
 
 2006年にCVSはスーパーマーケットチェーンの
   アルバートソンズ
の独立系ドラッグストア700店舗を買収した。
 これにはオスコドラッグとサブオンドラッグのブランドで営業している店舗も含まれている。
 
 2006年にCVSはミネアポリスに本拠を置く
   MinuteClinic
を買収し、CVSコーポレーションの完全子会社とした。
 2007年にCVSコーポレーションとCaremark Rx, Inc.が変革的な合併を完了し、統合薬局サービスプロバイダーである
   CVS Caremark
が設立され、本社はロードアイランド州ウーンソケットに留まった。
 CVSの会長兼CEOであるトム・ライアンはCVS Caremark Corporationの社長兼CEOに留まり、Caremarkのエドウィン・クロフォードは取締役会長に就任した。
 
 2008年にCVSケアマークはロングスドラッグストアーズコーポレーションからカリフォルニア州、ハワイ州、ネバダ州の541店舗を買収した。
 
 2011年にラリー・メルロがトム・ライアンの後任としてCVSケアマークの社長兼CEOに就任した。
 メルロは1990年にピープルズドラッグの買収を通じてCVS/ファーマシーに入社した。
 2014年9月3日、CVSは、2014年9月2日火曜日の深夜をもって、予定より1か月早い、全米7,700店舗でタバコ製品の販売を中止すると発表した。
 また、CVSは「より広範なヘルスケアへの取り組み」とアメリカ人の将来の健康を変えたいという願いを反映して、社名をCVS Healthに変更すると発表した。
 ただし、薬局を併設していない店舗を除き、すべての小売店は引き続き「CVS/薬局」と呼ばれ、併設している場合は単にCVSと表記される。
 2014年にCVS Caremarkは、 Apria Healthcare Group Inc.の専門輸液サービスおよび経腸栄養事業部門である
   Coram
を買収した。
 2014年にCVSヘルスは、米国最大のヒスパニック系ドラッグストアチェーンであるマイアミに本拠を置く
   ナバロディスカウントファーマシー
の33店舗を買収した。
 
 2015年にCVSヘルスは長期ケア施設向け薬局サービスを提供する
   オムニケア
を買収した。 
 2015年にCVSヘルスは
   ターゲットコーポレーション
の1,600以上の薬局とターゲット店舗内の小売診療所を買収した。
 CVSは店舗内店舗形式で運営を開始した。
 
 2017年にCVSはバスターミナル、空港、大学のキャンパスなど、交通量の多い場所に25台の自動販売機を設置すると発表した。
 最初のキオスクはラガーディア空港とボストンのサウスステーションバスターミナルに設置され、歯磨き粉、デオドラント、電池、健康的なスナック食品などの個人用品を販売。
 2017年にCVSは2017年12月に、医療保険会社の
   Aetna
を1株当たり約207ドル(145ドルは現金、残りは株式)で買収することに合意したと発表した。
 これ承認されれば、CVSはAetnaの2,200万人の医療会員に幅広い医療サービスを提供できるようになる 。
 
 2017年12月5日にウォールストリートジャーナルは、CVSとAetnaの間で690億ドルの取引が政府の承認を得れば保留になると報じた 。
 CVSのCEO
   ラリー・メルロ
が合併後の会社の経営に任命された。
 
 2018年に11月、CEOのラリー・メルロはUSAトゥデイに対し、ドラッグストアチェーンは健康保険会社アエトナとの合併に伴い、小売業よりもヘルスケアに重点を置くために店舗を改装する計画だと語った。
 この新しい戦略は、処方薬などの製品に加えて医療サービスを提供することである。
 
 2019年6月4日にUSAトゥデイは、CVSヘルスの店舗コンセプトである
   HealthHUB
を2021年末までに1,500店舗に拡大する計画について報じた。
 2019年初頭にヒューストン地域で開始されたこのコンセプトは、CVSの小売店を再編し、ヘルスケアサービスに重点を置くものである。
 HealthHUB店舗は、ヨガクラスなどのヘルスケアサービスに少なくとも20%のフロアスペースを割り当て、より多くの健康診断を提供するためにMinute Clinicスペースを拡大している。
 HealthHUBに対応するため、CVSの店舗では、現在グリーティングカードなどの売れ行きの悪い商品に割り当てられているフロアスペースを削減する。
 HealthHub形式への店舗転換は、 COVID-19パンデミックのため、2020年3月に一時停止された。
 
 2020年2月、CVSヘルスは取締役会の変更を発表し、取締役の人数を16人から13人に減らした。
 2021年11月18日、CVSヘルスは、消費者の購買行動、人口、将来の医療ニーズの変化を理由に、今後3年間で全国900店舗を閉鎖する計画を発表した。閉鎖される店舗は、米国の店舗の約10%に相当する。
 2021年11月23日、連邦陪審はCVSがウォルグリーンやウォルマートとともに「オピオイド危機に大きく貢献した」との判決を下した。
 
 2021年12月2日、CVSヘルスはパーソナライズされたケアとデジタルヘルスの改善に向けてマイクロソフトとの戦略的提携を発表した。
 2022年9月、CVSヘルスは在宅医療企業シグニファイ・ヘルスを約80億ドルで買収することで合意したと発表した。
 これは、年末までにプライマリケアに進出する計画を発表した1か月後のことだった。
 
 2023年2月8日、CVSヘルスは、オークストリートヘルスを1株当たり39ドルの全額現金取引で買収する最終契約を締結したと発表した。
 これは企業価値約106億ドルに相当する。
 
 CVS Pharmacyは、米国全50州、コロンビア特別区、プエルトリコに9,600店舗を展開する米国最大の小売薬局チェーンの一つで、主にCVS Pharmacy、CVS、Longs Drugs、Navarro Discount Pharmacy、Drogaria Onofreの名称で営業している。
 CVS Pharmacyは、米国内の処方箋の5分の1以上を処理しており、米国人口の85%がCVS Pharmacyから10マイル以内に住んでいる。
 ExtraCareロイヤルティプログラムは、7,000 万人を超えるカード保有者を誇り、米国最大の小売ロイヤルティプログラムとなっている。

 ミニッツクリニック( MinuteClinic)の小売医療クリニックは、米国内のCVS薬局の店舗内で運営されている。
 これは米国最大のウォークイン医療クリニックであり、33州とコロンビア特別区に1,100以上の拠点がある。
 現在、米国人口の50%以上がミニッツクリニックから10マイル以内に住んでいる。

 CVSケアマーク(CVS Caremark)は、通信販売薬局サービス、専門薬局および輸液サービス、プランの設計と管理、処方管理、請求処理を含む包括的な処方薬給付管理サービスを提供している。
 同社のクライアントは主に、雇用主、保険会社、組合、公務員グループ、健康保険、マネージドメディケイドプラン、その他の健康保険プランのスポンサー、および米国全土の個人です。
 CVS Caremarkは、5つの通信販売薬局、専門薬局、長期ケア薬局、​​および約41,000のチェーン薬局と27,000の独立薬局からなる68,000を超える小売薬局の全国ネットワークを通じて、7,500万人を超えるプランメンバーの処方薬の調剤を管理している。

 CVSスペシャルティは、複雑で高価な薬物療法を必要とする慢性疾患や遺伝性疾患を持つ患者に専門薬局サービスを提供する専門薬局部門です。CVSヘルスは24の専門薬局店舗と11の専門通販薬局を運営しており、米国最大の専門薬局となっている。

 ロングスドラッグスはハワイ州全域に約40店舗を展開する小売薬局チェーン。
 同社は2008年10月にCVSヘルスに買収され、別ブランドとして運営されている。
 
 ナバロ・ディスカウント・ファーマシーズは、アメリカ合衆国の薬局チェーン、写真サービス、薬局給付金管理会社です。同社は2014年9月にCVSヘルスに買収され、CVSヘルスの別ブランドとして運営されている。
 同社は主にマイアミ・デイド郡とブロワード郡で営業しており、現在33店舗を展開している。
 
 アコーダントは、希少疾患や慢性疾患の患者とその介護者を対象に、希少疾患のケースマネジメントとケアマネジメントサービスを提供している。
 クライアントは主に健康保険組合、雇用主、第三者管理者(TPA)です。
 同社はCVSヘルスコーポレーションの完全子会社として運営されている。
 
 コーラムは、輸液サービス、臨床およびコンプライアンスのモニタリング、個々の患者カウンセリングと教育を提供する全米最大手のプロバイダーの1つ。
 コーラムは、85を超える拠点からなる全国ネットワークと米国最大の在宅輸液ネットワークを通じて、年間14万人の患者をケアしている。
 同社は2015年8月にCVSヘルスに買収され、CVSヘルスコーポレーションの完全子会社として運営されている。
 
 オムニケアは、北米全域の介護施設や高齢者施設の患者を対象に、長期ケア市場向けに薬局サービスを提供する企業。
 同社は2015年8月にCVSヘルスに買収され、CVSヘルスコーポレーションの完全子会社として運営されている。

 ヘルスハブ(HealthHUB) は、CVS Pharmacy の一部店舗内で運営されており、従来の CVS 店舗に加えて、さまざまな追加サービスを提供してる。
 HealthHUB の店舗では、睡眠時無呼吸、耐久医療機器、家庭および健康技術、圧迫療法など、幅広いサービスを提供している。
 HealthHUB には、HealthHub の製品とサービスに精通したケア コンシェルジュが常駐している。
 さらに、HealthHub ストアである MinuteClinic の店舗では、サービスが拡大しており、医療助手、登録看護師、准看護師および職業看護師を雇用して、看護師および医師助手のサポートを行っている。

 1980年代後半から1990年代初頭にかけて、ケアマークRXは数々の医療詐欺やメディケア詐欺スキャンダルに巻き込まれた。
 米国政府とのこの紛争を解決するために同社が支払った総額は2億5000万ドルを超えた 。
  
 2005年、ケアマークRx社は、2003年に買収した企業が製薬メーカーと不適切な取引をしたとして内部告発者 が起こした連邦訴訟を和解するため、1億3,750万ドルを支払った。
 この訴訟によると、買収された企業であるAdvancePCSは、連邦職員健康保険プログラム、郵便取扱者健康保険プログラム、メディケア健康維持計画などの政府プログラムとの契約に基づき、競合他社の製品よりも自社製品を宣伝するために製薬会社からキックバックを受け取っていたという。 

 2008年2月、CVSは不正な商慣行を理由に大規模な民事訴訟を和解した。カイザーファミリー財団は次のように報告している。
 シカゴ・トリビューン紙によると、 CVSは、 薬局給付管理会社ケアマーク社に対して28人の州検事総長が起こした複数州に及ぶ民事詐欺行為訴訟で、3,850万ドルの和解金を支払うことに同意した。 

 2016年9月、マサチューセッツ州司法長官モーラ・ヒーリーは、CVSが依存性のあるオピオイドやその他の規制薬物の処方箋に調剤する前に州のデータベースを確認することに同意する79万5000ドルの和解を発表した。
 この和解により、ドラッグストアチェーンが薬剤師にマサチューセッツ州の処方箋監視プログラム(PMP)へのアクセスを提供しなかったという以前の申し立てが解決した。
 2020年7月、ケンタッキー州司法長官はCVSに対して、同社のビジネス慣行がオピオイドの流行の進行を助長したとして訴訟を起こした。

 2021年11月、クリーブランドの連邦陪審は、CVSヘルス、ウォルグリーン、ウォルマートが運営する薬局がオハイオ州の2つの郡でオピオイドの流行に加担した責任があるとの判決を下した。
 裁判は6週間続き、陪審はオハイオ州の薬局に責任があるとの評決を下した。
 これは、オピオイドの流行の中で薬局会社が自らを弁護した最初の裁判であった。

 2022年8月、同社はオハイオ州レイク郡とトランブル郡が起こしたオピオイド販売をめぐる訴訟で、クリーブランドの裁判官から6億5000万ドルの損害賠償を命じられた3つのチェーンのうちの1つだった。
 他の2つのチェーンはウォルグリーンとウォルマートで、ライトエイドとジャイアントイーグルの2つは裁判に入る前に和解した。
 郡を代表する弁護士は33億ドルの損害賠償を請求した。 

 2018年7月、調査センターはCVSに対し、ホメオパシー薬の販売に関する消費者詐欺の訴訟を起こした。
 訴訟では、お金の無駄遣いであるだけでなく、科学的根拠に基づいた薬を使わずにホメオパシー治療を選択すると、症状が悪化したり長引いたり、場合によっては死に至ることもあると主張している。
  
    
posted by まねきねこ at 07:00 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック