市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2024年07月09日

スノコ(Sunoco LP ) 米国最大の独立系燃料販売会社

スノコ(Sunoco LP )
 米国デラウェア州法に基づいて組織され、テキサス州ダラスに本社を置くアメリカのマスターリミテッドパートナーシップ。
 1886年にジョセフ・ニュートン・ピューと
   フィリップ・ピサノ
   エドワード・O・エマーソン
は米国ペンシルベニア州ピッツバーグで共同で
   サンカンパニー
を設立し事業を拡大し、天然ガスの探査と生産、精製、化学製造、小売燃料販売に従事する垂直統合型エネルギー会社であったが、これらの事業を売却して、その後、燃料販売会社へと移行して米国最大の独立系燃料販売会社となった。
  
 収益 230億6,800万ドル(2023年)
 純利益 3億9,400万ドル(2023年)
 総資産 68億2,600万ドル(2023年)
 総資本 9億7,800万ドル(2023年)
 就業者数 2,389人 (2023年) 

 現在の事業重点は、燃料配給とミッドストリームターミナル事業に注力するために、非中核コンビニエンスストア事業を
   セブンイレブン
に売却した2018年に遡る。
 サンノコは複数の無名燃料ブランドを販売し、親会社と同じ名前の小売燃料ブランドも所有している。
 サンノコは、米国30州、カナダのオンタリオ州、ケベック州の5,200以上のガソリンスタンドに燃料を供給している。
 このパートナーシップは、1886 年から 1920 年および 1976 年から 1998 年まではSun Company, Inc.、 1920 年から 1976 年まではSun Oil Co.として知られている。
 なお、Sunoco という名前は SUN Oil COmpany を短縮したもの。

 パートナーシップは、ペンシルベニア州ピッツバーグの
   ピープルズ ナチュラル ガス カンパニー
として始まった。
 1886 年、パートナーのジョセフ ニュートン ピュー、フィリップ ピサーノ、エドワード O. エマーソンは、オハイオ州とペンシルベニア州で新たに発見された石油に投資して、燃料事業を拡大することを決定した。
 4 年後、成長を続けるこの企業はオハイオ州の
   サン オイル カンパニー
となった。
 サン オイルは急速に多角化し、石油の生産と流通、精製製品の加工と販売を積極的に手掛けた。
 1901 年までに、同社はニュージャージー州で
   サン カンパニー
として法人化された。

 1902年、テキサスで
   サン石油精製会社
が設立され、その関心はテキサスの新しいスピンドルトップ油田に向けられた。
 ジョセフ・ニュートン・ピューの甥であるJ・エドガー・ピューは、破産管財人による競売で
   ローンスター・アンド・クレセント石油会社
の貯蔵・輸送資産を購入することができた。
 スピンドルトップの石油はその後、ペンシルバニア州マーカスフックにある同社の製油所に出荷された。

 ピューの息子であるJ・ハワード・ピューとジョセフ・N・ピュー・ジュニアが父の死後、会社を引き継いだ。
 油田と製油所のポートフォリオが拡大する中、サンは1920年にペンシルバニア州アードモアに最初のサービスステーションを開設した。
 1922年に社名を
   サン・オイル・カンパニー
に戻し、1925年にニューヨーク証券取引所に新規株式公開して公開会社となった。
 サンは第二次世界大戦中の生産契約額で米国企業の中で39位にランクされた。
 サンは戦後、国際的に事業を拡大し、カナダで最初の製油所は1953年にオンタリオ州サーニアに建設された。
 新興の石油化学産業が成長していたサンは1957年にベネズエラのマラカイボ湖に施設を設立した。
 1975年にベネズエラ政府により国有化されるまでに10億バレル(1億6000万m3)以上を生産した。

 1956年、サンオコは「カスタムブレンド」燃料ポンプを導入した。
 これはサンオコのサービスステーションの顧客が1つのポンプで複数のオクタン価から選択できるという革新的な構造であった。
 サンオコのステーションは、「ダイヤルAグレード/ブレンドセレクター」ポンプから、サブレギュラーのサンオコ190からサンオコ260、スーパープレミアムグレードの102オクタンまで、最大8グレードの「カスタムブレンド」燃料を提供した。

 サンオコ260は「購入できる最高のオクタン価燃料」として宣伝され、 1960年代のV8エンジン搭載マッスルカーの運転手の間で非常に人気があった。 
 1967年、サンはカナダのアルバータ州北部に
   グレート・カナディアン・オイルサンド・リミテッド施設
を設立し、アサバスカ油砂に含まれる推定3000億バレル(48 km3)の抽出可能な石油にアクセスした。

 1968年、サンオイルはオクラホマ州タルサに本拠を置く
   サンレイDXオイルカンパニー
と合併した。
 同社は中西部のいくつかの州でDXブランドの燃料を精製・販売しており、いくつかの製油所も所有していた。

 タルサの製油所は、2009年6月にダラスの
   ホリーコーポレーション
に売却されるまでサンによって運営されていた。
 この動きにより、サンの販売エリアは中部大陸地域に拡大した。
 サンオイルは、1970年代から1980年代にかけて、サンノコとDXの両ブランドで石油製品の販売を続けている。
 1980年代後半、サンは中西部のDXステーションをサンノコブランドにブランド変更し始めました。
 競争激化などで1990年代初頭までに、米国南東部とミシシッピ川以西のほぼすべての地域から撤退した。
 その結果、これらの地域のサービスステーションとジョバーは閉鎖され、他のブランドに変更された。
 具体的には、オクラホマ州のシンクレアとアーカンソー州のカー・マギーである。

 多角化が進むにつれ、サン・オイル・カンパニーは1976年にサン・カンパニーに改名した。
 1980年にサンは、
   シーグラム・カンパニー
の子会社であるテキサス・パシフィック・オイル・カンパニーの米国の石油・ガス資産を23億ドルで買収した。
 これは、当時の米国史上2番目に大きな買収であった。

 1980年代を通じて、サンは北海と中国沖で石油権益を開発し、米国での事業買収により石油と石炭の両方の保有資産を拡大した。
 1983年、サンオイルは市場で最もオクタン価の高い無鉛燃料であるSunoco ULTRA 94を発売した。
 その後、1988年にサンは国内の石油と燃料の探査と生産事業を分離し、精製とマーケティング事業に焦点を絞るための再編を行った。
 これにより、アトランティック・リファイニング・アンド・マーケティングおよび実質的にその会社のコンビニエンスストアチェーン
   A-Plus
の買収につながり、フィラデルフィアの製油所も買収された。
 この製油所は後に、サンオコがシェブロンから買収した隣の旧ガルフ・オイル製油所と合併した。

 1990年代までに、サンは国際探査事業から撤退し、自社ブランドの製品とサービスに専念するようになった。
 1994年、サンノコはフィラデルフィアのシェブロン石油製油所を買収した。
 アトランティックと買収した隣接する自社の製油所と業務を統合した。
  
 サンは1995年にカナダの
   サンコア・エナジー
の残りの株式を売却した。
 なお、オハイオ州トレドとオンタリオ州サーニアの2つの製油所の製品を合弁事業で販売している。
 1998年、サン・カンパニー社はサンノコ社に名前を変えた。
 2011年、トレドの施設はPBFエナジー社に売却された。

 1998年、サンはフェノール工場を含む
   アライドシグナル
の化学事業を買収し、「サンオコケミカルズ社」に改名した。
 2011年、この工場はハネウェル社に8500万ドルで買収された。 
 
 2003年、当時マラソン・ペトロリアムの子会社
   スピードウェイLLC
は、193のコンビニエンスストアをスノコに売却した。
 また、コースタル・ペトロリアムから多くのサービスステーションも買収した。

 2004年、SunocoはConocoPhillipsの76ブランドに代わってNASCARの公式燃料となった。
 コノコフィリップスはワシントン DC地域でのモービルブランド名の販売を断念した。
 その後、サンノコがこの権利を購入し、メリーランド州とバージニア州のモービル ステーションをサンノコ ブランドに変更した。
 また、A-Plus コンビニエンス ストアも併設した。
 これ以前は、これらのステーションにはサークルKまたはオン ザ ランブランドのコンビニエンス ストアがあった。

 2009年9月、スノコは小売暖房用オイルとプロパンガスの配給事業を
   スーペリア・プラス
に8,250万ドルの現金で売却した。
 カナダでは、 2010年までSunocoブランドはSuncor Energyのオンタリオ州小売燃料スタンド事業でライセンスされていた。
 SuncorによるPetro-Canadaの買収後、オンタリオ州ポートコルボーンの1か所を除いて、カナダのすべてのSunoco店舗はPetro-Canadaブランドに変更した。

 2010年12月、スノコはオハイオ州トレドの製油所をPBFエナジー社に4億ドルで売却した。
 2011年9月6日付けで、スノコは原油精製事業から撤退した。
 2012年半ばまでにフィラデルフィアとペンシルバニア州マーカスフックの製油所を売却すると発表した。
 同社は、精製事業からの撤退にかかる費用は27億ドルに上る可能性があると明らかにした。
 ある報告書によると、同社は2009年以来、精製事業で約8億ドルの損失を出しているが、以前の報告書では7億7200万ドルという数字が示されていた。
 2011年12月1日、サンオコはマーカスフック施設の閉鎖を加速させると発表した。
 1902年に設立され、781エーカーの敷地を有するマーカスフック施設は、軽質スイート原油の処理のみを目的としていた。
 この処理への重点と原油価格の変動が、この製油所の閉鎖とサンオコの製油所事業からの撤退の両方の要因と考えられている。

 2012年、サンオコはニュージャージー州ウェストデプトフォードタウンシップにあるイーグルポイント製油所複合施設を解体した。
 同施設は2010年以来稼働していなかった。
 2012年9月、スノコは
   カーライル・グループ
と合弁会社を設立し、フィラデルフィア製油所の操業継続を可能にし、800人以上の雇用を一時的に維持した。
 しかし、2018年1月22日、フィラデルフィア・エナジー・ソリューションズと名付けられたこの合弁会社は破産を申請した。
 破産発表の直後、2019年6月21日には3万bpcdのアルキル化装置で火災が発生し、アルキル化装置の爆発により巨大な火の玉が飛び出し、近隣の家屋が揺れるなど大きな被害となった。
 数日後の6月26日、製油所複合施設は操業を停止し、閉鎖すると発表した。
 
 2014年、サンオコ社はペンシルベニア州から燃料添加剤であるMTBEで水を汚染したとして訴えられた50社のうちの1社であった。
 2000年、サンオコ社は、ペンシルベニア州ティニカムにある
   ジョン・ハインツ国立野生生物保護区
に、パイプの破損により19万ガロンの石油を漏洩させた。
 サンオコ社は、自社のシステムが漏洩を検知しなかったと主張した。
 漏洩は野生生物保護区のハイカーによって報告された。

 1993年、スノコはCERES原則(環境に責任ある経済のための連合)を支持した最初のフォーチュン500企業となった。
 10項目の行動規範には環境記録の公開報告も含まれている。

 1991年4月4日、ペンシルベニア州選出のH・ジョン・ハインツ上院議員が、メリオン航空事故として知られる事故で、乗っていた飛行機がサン・カンパニーのヘリコプターと衝突し死亡した。
 落下した破片により、ローワー・メリオン学区のメリオン小学校の児童2人が死亡した。
 国家運輸安全委員会は、事故の原因として、両パイロットの判断ミスとミスが考えられると判断した。 

 2012年、ダラスに本拠を置くエネルギー会社
   エナジー・トランスファー・パートナーズ(Energy Transfer Partners)
がSunocoを買収した。
 Sunocoはその後、2016年に本社をダラスに移転した。

2014年、エナジー・トランスファー・パートナーズは、
   サッサー・ペトロリアム・パートナーズ(SUSP)
のジェネラル・パートナーであり、ストライプス・コンビニエンス・ストアの所有者である
   サッサー・ホールディングス・コーポレーション
を買収し、それをスノコとマスター・リミテッド・パートナーシップに合併して、スノコLPを設立した。
 その後、SUSPは社名をスノコLPに変更し、ティッカーシンボルをSUNに変更した。
 エナジー・トランスファー・パートナーズはその後、スノコとサッサー・ホールディングスの統合された小売資産をスノコLPに売却した。

 テキサス州では、Stripes の店舗でValero に代わって Sunoco が営業し、Stripes と A-Plus は別々のブランドのままとした。
 2014年にSunoco LPはハワイに6つのターミナルを持つ燃料小売・卸売事業を営む
   Aloha Petroleum, Ltd.
を買収した。
 さらに、Sunoco LPはテキサス州中南部で8つの
   Picoコンビニエンスストア
を購入した。
 2015年12月、Sunoco LPは米国北東部にサービスを提供する卸売自動車燃料流通事業を営む
   Alta East, Inc.
の買収を完了した。
 2015年、Aloha Petroleum, Ltd.はハワイのサブウェイを含む店舗を買収した。

 2016年6月、Sunoco LPは、2,000万ガロン以上の燃料を販売する18の店舗からなるバレンタインコンビニエンスストアと、テキサス州に本拠を置くKolkhorst Petroleum, Inc.を買収した。
 Kolkhorstは、Rattler'sブランドで14のコンビニエンスストアを運営し、4,600万ガロン以上の燃料を流通していた。

 コンビニエンスストアと卸売業者を運営する
   Denny Oil
は、2016年10月にSunoco LPに買収され、流通事業にさらに9,000万ガロンの燃料が加わった。

 サンオコは2017年8月に
   エマージ・エナジー・サービスLP
を買収し、トランスミックス燃料の加工事業に参入してポートフォリオを多様化した。

 2017年4月、Sunocoは全ガソリンスタンドで、トップティア基準を満たす高洗浄燃料ブレンドである
   Sunoco UltraTech
を導入した。
 Sunoco UltraTechには、SunocoがNASCAR用に製造する燃料と同じレベルの洗浄剤が含まれる。

 2018年1月、同社は1,030の小売店を
   セブンイレブン
に売却し、15年間にわたりセブンイレブンのコンビニエンスストアに年間22億ガロンの燃料を供給することに合意した。
 これには、ペンシルバニアターンパイク沿いのサービスプラザに対するサンオコの契約も含まれている。

 サンオコLPは、2018年12月20日に
   アメリカンミッドストリームパートナーズLP
からの精製ターミナル事業の買収完了を発表した。

 2018年4月2日、サンノコは、テキサス州中西部、オクラホマ州、ニューメキシコ州の市場にある207の小売店舗を単一の委託代理店
   Cal's Convenience, Inc.
に転換する作業が完了したと発表した。
 また、同月にはSuperior Plus Energy Servicesを買収し、サンノコLPの卸売燃料事業に3つのターミナルと約2億ガロンを追加した。
 2018年のその他の買収には、8月の
   Sandford Energy, LLC
10月のBRENCO Marketing Corp.、12月のSchmitt Sales, Inc.がある。

 2019年、Sunoco LPは、テキサス州西部とメキシコ湾岸を結ぶJCノーランディーゼル燃料パイプラインについて
   Energy Transfer
と50%の所有権を持つ合弁事業を発表した。
 2019年1月18日、Sunoco LPは、ニューヨーク州フルトンの穀物製麦事業を含むSunoco LPのエタノール工場の売却について、Attis Industries, Inc.と最終的な資産購入契約を締結したことを発表した。

 2020年現在、スノコは78の小売店を運営しており、その全てがニュージャージー州とハワイ州(アロハ・ペトロリアム社としてブランド化)にある。
 2021年には、テキサス州ブラウンズビルにターミナルを建設した。
 また、メリーランド州にターミナルを持つCato Incorporatedとイリノイ州、メリーランド州、フロリダ州、ニュージャージー州、バージニア州の8つのターミナルを持つNuStar Energy LPを買収し、ミッドストリーム事業の拠点を拡大した。

 2022年、サンオコはインディアナ州の燃料混合プラントで卸売燃料事業も手掛ける
   グラディエックス・キャピタル・パートナーズLLC
を買収した。
 また、プエルトリコのターミナルおよび卸売燃料事業を営む
   ピアレス・オイル&ケミカルズ
を買収した。

 2023年5月、同社はゼニス・エナジーから東海岸と中西部に位置する16の精製製品ターミナルの買収を完了した。
 2024年1月、サンオコはニューメキシコ州、オクラホマ州、西テキサス州にあるコンビニエンスストア204店をセブンイレブンに10億ドルで売却すると発表した。
 さらに、同社はヌスター・エナジーを約73億ドルで買収した。
 また、アイルランドのバントリーベイとオランダのアムステルダムにある液体燃料ターミナルを含む
   ゼニス・エナジー
を買収すると発表しました。

    
posted by まねきねこ at 19:51 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック