市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2024年06月13日

ソニー・ピクチャーズが米映画館運営アラモ・ドラフトハウスを買収

 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)は、映画鑑賞中に食事ができるサービスを初めて提供した映画館チェーン

 両社が12日の発表資料で明らかにしたが取引条件は示されなかった。
 アラモ・ドラフスハウスはカリフォルニア州カルバーシティに拠点を構えるソニー・ピクチャーズの体験型ビジネスに重点を置く新部門で統括される。
 
 なお、マイケル・クスターマン氏は引き続きアラモ・ドラフスハウスの最高経営責任者(CEO)を務め、25の都市圏にある全店舗は営業を続ける予定。

 アラモ・ドラフトハウスは北米で7番目に大きい劇場チェーンで全米に35の劇場を展開している。

 この買収はハリウッドの興行収入と全米の劇場の観客動員数に新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)からの回復が見られない中で行われた。
 映画業界は昨年のハリウッドの
   脚本家・俳優のストライキ
に関連した制作の遅れで打撃を受けている状況でもある。
 また、今年の夏の映画シーズンは出足が遅く、メモリアルデーの連休中の興行収入は過去数十年間で最悪となる可能性がある。

 アラモ・ドラフスハウスは400万人のコア顧客を抱えているとしおり、昨年の興行収入は前年比30%増となった。


posted by まねきねこ at 09:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「バーゼル3」最終化でEUが実施を1年延期

 欧州連合(EU)は銀行資本規制「バーゼル3」の最終化を1年遅らせる見通し。
 この事情に詳しい関係者が匿名を条件にメディアの取材で明らかにした。
 
 米国ではまだ論争が続いていることもあり、先行実施で欧州域内の金融機関が不利になる事態を避けることが狙いだという。

 2008年に発生した金融危機の再発防止が目的のバーゼル3最終化は、バーゼル銀行監督委員会で各国が合意した。
 その合意から約7年を経て、EUでは来年1月1日から施行される予定であった。

 決定がまだ発表されていないとして匿名を要請した関係者によると、最終化を施行すれば銀行のトレーディング事業が影響を受け、こうした活動はグローバルな性質であることからEUは実施を遅らせる計画。
 欧州委員会は欧州議会や各国政府に諮ることなしに、実施を遅らせる権限を持つ。

 欧州委の報道官は「他国・地域の実施を巡る不透明性に鑑み、委員会は国際的な動向を監視し、必要に応じ特定分野で行動する用意がある」とコメントした。

 最終化の実施は新型コロナウイルスのパンデミック、準備にもう1年必要だとの銀行の要求によって既に予定から2年遅れていた。いまや規制当局者の間では、米国の政治的な揺り戻しと経済成長により重点を置く欧州の政策が相まって、最終化の広範な後退につながる可能性が懸念されている。

 EUには数カ月前から、実施先送りを求める圧力がかかっていた。
 先行実施すれば域内の銀行が不利益を被るとマクロン仏大統領ら首脳は主張した。
 また、ドイツ銀行のクリスティアン・ゼービング最高経営責任者(CEO)も、欧州の銀行が「厳しい」国際的な競争を強いられているとし、欧州委に行動を促していた。

 当初の計画に従うと、最終化が実施されれば、EU内の銀行は9.9%の資本上積みが必要になる。米国の銀行はこれを上回る上積みが求められる。

 米国ではバーゼル3最終化が政治的な火種となったこともあり、国内版の合意がまだまとまらず、実施は早くても来年半ば以降になる見通しだ。
 英国は来年半ばを実施開始の時期に設定した。

 EUは部分的な実施延期をまだ正式決定していないが、数週間以内にもその可能性があり、今夏にも発表があり得ると関係者は語った。

 
ひとこと
 あらゆる政策が国益を高めるのが目的であり、海外への融資や支援も同じスタンスだ。
 日本の腐った政治家の思考が国際主義などという第二次世界大戦後、連合国が日本に持ち込んで繰り返しマスコミを使って情報工作した愚かな洗脳思考に侵されてしまった結果、日本経済の回復より海外へのカネのバラマキを優先する政権や野党政治家の主張の端々に見られる言葉には辟易する。
 単細胞というのか、パブロフの犬の如き反応を引き出すメディアのクイズ番組等の広がりは末期的だろう。
 地球環境問題も視点を変えれば欧米国際資本の利益を誘導するためのツールのひとつだ。
 地下資源や穀物、食肉、再生エネルギー、観光産業、高級ブランド、火器弾薬類から兵器産業などあらゆる分野の権益が握られてしまっている。
 国連の機関などもかられの懐を広げるための仕組みのひとつでしかない。
  
   
posted by まねきねこ at 03:00 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月12日

英10年債売り出しで需要は過去最高の1040億ポンド

 英国で11日発行される10年債に英国債として過去最高の1040億ポンド(約20兆8200億円)の需要が集まった。

 発行スプレッドは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)に設定された。
 
    
posted by まねきねこ at 18:36 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランス債に対するリスク認識が変化

ソシエテ・ジェネラルのストラテジスト
   アダム・クルピエル氏
はこのボラティリティーは「フランス債に対するリスク認識の変化を示す」と、指摘した。
  
posted by まねきねこ at 18:26 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米景気に「想定外の強さ」、今年の世界経済予測を世銀が上方修正

 世界銀行は今年の世界経済成長の予想を引き上げた。
 米国の力強い景気拡大が原動力になるとみている。一方で、気候変動や戦争、高水準の債務が、世界人口の大半が暮らす貧困国に打撃となると警告した。

 世銀は11日に公表した世界経済見通しで、2024年の世界全体の成長率予想を2.6%とし、1月時点の2.4%から引き上げた。
 25年については2.7%で、前回から据え置いた。

 上方修正分の大半は、米国の成長率予想を従来の1.6%から2.5%に引き上げたことの影響だ。
 これに対し、サハラ砂漠以南のサブサハラや中東、北アフリカの成長率予測は下方修正した。

 日銀の金融政策の切り替え時期を見誤ったと見られている、日本については今年0.7%、来年は1%との見通しを示した。
 
  
posted by まねきねこ at 18:21 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国によるAI半導体技術アクセスに対し、米国が制限強化を検討

 米国のバイデン政権は、
   人工知能(AI)
に使われる半導体技術への中国によるアクセスを一段と制限することを検討している。
 この事情に詳しい複数の関係者が非公開の協議事項だとして匿名を条件に明らかにした。

 同関係者によると、最先端の半導体アーキテクチャーである「GAA(ゲート・オール・アラウンド)」に対する
   中国の利用制限措置
が検討されている。
 GAAは半導体を高性能化させる技術のこと。

 ただ、当局者が最終判断をいつ下すかは不明で、規制の範囲もまだ決まっていないと伝えた。
 米政府の目的は、AIモデルの構築と運営に必要となる高度なコンピューティングシステムを中国が構成するのをより困難にすること、および、いまだ初期段階の技術が商用化される前に中国によるアクセスを制限することだ。

 エヌビディアやインテル、アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)などの半導体メーカーや、その製造技術を持つ台湾積体電路製造TSMC)、サムスン電子などは向こう1年以内にGAAで設計された半導体の量産開始を目指している。

 この報道後、エヌビディア株は一時、前日比2.5%下落。AMDとインテルも下げた。



posted by まねきねこ at 09:00 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィーワーク 米国とカナダの破産手続き脱却後、新CEOを指名

 世界的に事業再編を行い、米国とカナダにおける破産法に基づく会社更生手続きから脱却したシェアオフィス大手、米国の
   ウィーワーク
はジョン・サントラ氏を新最高経営責任者(CEO)に指名した。

 サントラ氏は不動産仲介会社
   クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド
でニューヨーク都市圏会長を務めていた。
 ウィーワークは11日の発表資料で、同氏が12日からCEOおよび取締役として勤務を開始すると発表した。

 新型コロナウイルスのパンデミック以降、オフィススペース需要は全体的に落ち込んでいるものの、柔軟性を求めるテナントにとってシェアオフィスは引き続き人気の高い選択肢となっている。

 
ひとこと
 米国での商業不動産の価値の低下が強まっており、住宅関連の不動産とは対照的だ。
 トランプの資産の多くが商業不動産であり、資産の劣化と取り巻きの動きにも注目だ。
 世界の常識などという日本のマスコミの報道は政治家が使う国民目線と同じ腐った思考であり、そもそも、基準などないものをあるかのごとく騙す、音楽や映像を巧みに仕込んだサブミラル効果を伴う思考を植え込む情報工作であり、偏向報道というものでしかない。
 

posted by まねきねこ at 08:10 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米ドルは各国通貨に対してまちまちの動き

 NY時間、外国為替市場では、ドルが主要10カ国(G10)通貨に対して高安まちまちの動きが見られた。

 ユーロは対ドルで一時1ユーロ=1.0720ドルと、6週間ぶり安値を付けた。
 フランス総選挙を巡る懸念からユーロ売りが優勢になった。
 対ドルの円相場は1ドル=156円台後半から157円台前半でもみ合い。

   
posted by まねきねこ at 07:24 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アップル株がAI機能がiPhone需要喚起との期待感から買いが強まり上昇し最高値更新

 米株式市場で11日、アップルの株価が上昇、一時3.5%高となり、上場来最高値を更新した。
 同社は前日、待望の新しい人工知能(AI)機能を発表。アナリストからは特に予想外の発表はなかったとの見方が聞かれた。
 ただ、一部では、AI機能がiPhoneの買い替えサイクルを促す可能性があるとみられている。

 アップル世界開発者会議(WWDC)でAIに関連する複数の機能を披露し、チャットボット「ChatGPT」を開発したオープンAIとの提携も発表した。
 AIを巡る熱狂で他の大型ハイテク株が上昇する中、投資家の多くはこれまで、アップルには明確なAI事業戦略が欠けていると感じていた。
 

posted by まねきねこ at 07:08 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マクロン大統領の総選挙を決定、与党にも「負け戦」の声もあり怒りと衝撃が広がった

 与党議員の士気低く、大統領決定に公に疑問唱える
 フランス大統領のマクロン氏(46)が率いる与党「再生(RE)」の議員や当局者らは、11日になってもまだ総選挙の決定を受け入れることができない様子が見られたという。
 怒りを示す者もいれば、政治的な論理を探ろうとする者もいたが、多くは今後の見通しに悲観的だった。

 事情に詳しい関係者によると、アタル首相とブロンピベ下院議長はいずれもマクロン氏の決定に反対した。

 RE所属議員のクリストフ・マリオン氏は「マクロン氏が(総選挙の)決定を発表した際、党内には衝撃と怒りが走った」とメディアの取材で明らかにし、「まるで負け戦に放り投げられたように感じられた」と語った。

 与党は9日開票された欧州議会選挙で
   マリーヌ・ルペン氏
が率いる極右政党・国民連合(RN)に惨敗した。
 
 マクロン氏の総選挙決定は、政治的な主導権を取り戻す狙いがある。
 だが、マクロン氏の戦略はリスクが高いとみる議員や当局者は多い。
 与党の敗北を決定的とし、同氏の経済政策を前進させる可能性を全てつぶすことになる公算の方が大きいばかりか、ルペン氏の集団に政府を明け渡すことすらあり得る状況だ。

 こうしたリスクが11日の債券市場に伝わり、選挙結果が散々な場合には辞任する可能性をマクロン氏が協議したとの報道も不安に拍車をかけた。

 マクロン氏はフィガロ紙とのインタビューで、選挙結果が大統領の地位に影響することはないと主張したが虚勢として姿にも見える。
 なお、ドイツ債に対するフランス債の上乗せ利回りは2020年3月のパンデミック初期以来の水準に拡大した。

 Ifopが11日公表した第1回投票の動向調査によると、ルペン氏のRNが35%の支持を集め、マクロン氏与党は17ポイント引き離され、欧州議会選の結果とほぼ一致した。
 ただ、第1回と第2回の投票の間に577の各選挙区で政党間の取引が活発化するため、フランスの選挙結果予想は極めて難しい。

 それでも、世論調査の数字は与党議員の士気をそいでいる。
 第1回投票まで3週間もない中で選挙の準備が整っていない与党が挽回するには、マクロン氏が支援する必要がある。

 マクロン氏の報道官は、9日以降の調査は全て総選挙の決定を市民がおおむね支持していることを示していると説明した。

 マクロン氏は11日午後に記者会見を開き、選挙戦を開始する予定だったが、翌日に先送りした。その後、週内の大半は外国に滞在する予定だ。
 
   
posted by まねきねこ at 07:00 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パラマウント会長がスカイダンス・メディアとの合併交渉打ち切り

 米国メディア大手パラマウント・グローバル
   シャリー・レッドストーン会長
は、映画プロデューサー、デービッド・エリソン氏の
   スカイダンス・メディア
と進めていた合併交渉の打ち切りを決めたと、この事情に詳しい複数の関係者が、非公開情報であることを理由に匿名でメディアの取材で明らかにしたとの情報が市場に流れた。

 なお、NY時間、パラマウントの株価はこのニュースで約8%下げた。

 パラマウントは11日、エリソン氏が提案した複雑な合意案を特別取締役会で討議した。
 この案ではレッドストーン一族が保有する過半数株式を
   22億5000万ドル(約3500億円)
で手放すことになっていた。
 パラマウントは映画のパラマウント・ピクチャーズやテレビ局のCBS、音楽専門ケーブル局のMTVを傘下に抱える。

 しかし、筆頭独立取締役の
   チャールズ・フィリップス氏
がこの案に反対したため、レッドストーン氏も結局提案を取り下げたと、関係者らは述べた。
 同氏は今後、議決権付き株式の77%を保有する持ち株会社
   ナショナル・アミューズメント
の売却に焦点を絞る可能性が高いと述べた。

   
posted by まねきねこ at 06:35 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月11日

フランス債が2020年以来の大幅下落、マクロン氏の辞任観測も拍車

 欧州債市場では11日、フランス債が続落した。
 マクロン大統領の総選挙実施決定で、同国の経済と政治見通しに対する投資家の信頼が揺らぎ続けている。

 マクロン氏が辞任発表を準備しているとの観測も浮上し、市場の混乱はさらに悪化した。
 ただし、この観測は、同氏に近い関係者が速やかに否定したが市場の流れは変わらない。
 なお、マクロン氏は12日に記者会見し、選挙戦を開始するとこの関係者は付け加えた。

 フランス10年債利回りは一時10ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇して3.32%となり、2日間での上昇としては2020年3月以降で最大となる勢いだ。
 同年限のドイツ債とのスプレッドは9bp拡大して65bpと、終値のデータで2020年以来の大きさとなった。

 債券市場の混乱は株式にも波及しており、CAC40指数は一時1.2%安を付けた。BNPパリバソシエテ・ジェネラルクレディ・アグリコルなどフランスの銀行株中心に売られている。
 指数の週初からの下落率は2.5%に達している。
 
 今月末に予定される総選挙は、究極的にはマクロン氏の経済政策を巡る対決となる恐れがある。
 同氏が2017年に大統領に就任して以降、この政策が企業や投資家を安心させていた。
 与党連合が議会過半数と政府を失えば、財政赤字の穴埋めはいっそう難しい問題が生まれる。

 欧州市場で最も流動性が高い部類に入り、域内で最も安全な資産であるドイツ債の代替と見られることの多いフランス債にとって、これだけの大きな下落は異例の動きだ。
 
 S&Pグローバル・レーティングは5月にフランスを格下げし、同国の財政赤字は2027年末まで国内総生産(GDP)比3%を上回り続けるだろうと予想した。 
  
   
posted by まねきねこ at 22:22 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イランとの協力協定の作業継続とクレムリン、手続き停止との報道もあり、イランの内政問題が影響かも

 ロシアのペスコフ大統領報道官は11日、ロシアとイランの包括的協力に向けた新たな協定について、
   一部予定が変更する可能性
があるものの、作業を続けていると伝えた。
 また、ロシアはイランとの関係を発展させる意向だと表明した。
 
 ロシア通信(RIA)では、ロシア外務省当局者の話として協定の手続きがイラン側の事情で停止していると報道した。
 イラン国営通信によると、駐ロシア・イラン大使はこれを否定した。
 
 ロシア外務省は今年1月、「ロシア・イラン関係の前例のない向上」を反映する新条約が取りまとめに向け最終段階にあり、両国首脳が近く署名するとの見通しを示していた。
 しかしイランのライシ大統領が5月にヘリコプター事故で死亡した。
  

ひとこと
 急進派の大統領の死でイランの内政がまだ固まっていないためだろう。
   
   
posted by まねきねこ at 22:11 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

利下げを強く意識させるようなインフレ指標が示されたとしても、利下げ推測のゲームは続いており、米金融当局が9月より早く動くことはない

 モルガン・スタンレー傘下Eトレード・ファイナンシャルの
   クリス・ラーキン氏
は顧客向けリポートで「利下げ推測のゲームは続いている」とし、「利下げを強く意識させるようなインフレ指標が示されたとしても、米金融当局が9月より早く動くことはないだろう」と述べた。

    
posted by まねきねこ at 21:51 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャナスのCLOファンド、運用資産100億ドル突破、市場シェアは90%

 ジャナス・ヘンダーソンはローン担保証券 (CLO)に連動する最大の上場投資信託(ETF)を運用する資産が100億ドル(約1兆5700億円)に達した。
 ジャナスは急成長するニッチ分野での支配をさらに強めている。

 10日の発表によると、ジャナスの「AAA・CLO・ETF」(銘柄コード:JAAA)は今や100億ドル超の資産を有し、トップクラスのCLO ETF市場で約90%のシェアを占めている。
 CLOファンド約12本中、2位に付けるのはジャナスの「B−BBB・CLO・ETF」(同JBBB)で、資産規模は約6億6600万ドル。

 ジャナスはCLOを保有するETFの分野で圧倒的な存在感を示してきた。
 CLOはレバレッジドローンを裏付けとする債券で、変動金利のため、金利の上昇に伴い収益が増える。
 JAAAはこの種のファンドとしては2番目に古く、2020年10月に取引を開始した。
 アクティブ運用のエクスポージャーを提供する。
 投資会社最大手の一角を占めるブラックロックなどがライバル商品をローンチしているものの、ジャナスが首位の座を獲得した。

 今のところ、金利上昇がJAAAを後押ししている。
 2023年末に約53億ドルだった資産は、今年1−6月にほぼ倍増した。
 過去1年間の運用成績はトータルリターンベースで約9%。iシェアーズ・コア米総合債券ETF(AGG)の成績は約2%となっている。
  
   
posted by まねきねこ at 07:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月10日

ECBの追加利下げは必ずしも近くはない

 欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーも務めるドイツ連邦銀行
   ナーゲル総裁
は10日、経済や物価圧力の動向を巡り不確実性が依然高いなか、ECB政策当局者は慎重であり続ける必要があるとライプチヒで行った講演で発言した。
 データに基づき、会合ごとに今後の決定を下していくとのECBの方針を強調した。

 「例えて言うなら、そこから必ず下がる山の頂上にわれわれがいるとは見ていない。むしろ、われわれがいるのは尾根で、さらなる下山に適切な地点を探さなければならない」と語った。
 
 しばらく追加利下げを行わないかもしれず、どれだけ速くインフレ率が目標の2%に低下するのか見守ることになると語った。
 
   
posted by まねきねこ at 21:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プーチン大統領が数週間内に北朝鮮とベトナム訪問(ロシア紙)

 ロシア紙ベドモスチは10日、プーチン大統領が数週間以内に北朝鮮とベトナムを訪問する予定だと報じた。
 ロシアのマツェゴラ駐北朝鮮大使が同紙に、プーチン氏訪朝の準備が進められていると述べたという。
 また、プーチン氏は月内にもベトナムを訪問する可能性があり、北朝鮮の直後に訪れることになりそうだと続けた。
 
 プーチン氏と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記は、北朝鮮の労働者をロシアが受け入れるかどうかについて協議する可能性があるとしている。ロシアでは多くの男性が
   ウクライナ戦争
に動員されたほか、徴兵を避けるために出国した人も多く
   深刻な労働力不足
が起きている。
 プーチン氏は大統領に初めて就任した2000年に1度北朝鮮を訪れた。
 ベドモスチはベトナムのロシア通商代表の先月の発言として、両国間の最も差し迫った貿易問題は
   決済のための銀行支援
だと報じた。

  
ひとこと
 経済制裁を受けているロシアへの輸出で支払われる通貨の価値の問題がある。
 中国の人民元を介在したとしても、交換レートがそもそも適切と言えるのか。
 プーチンの訪問もロシアから北朝鮮は入りやすいだろうが、ベトナムへのルートが気になるところ。
 中国の領空を通過するのか?

    
posted by まねきねこ at 20:27 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オプション市場の関心はインフレ動向よりも雇用情勢に向き始めるだろう

 シティグループの株式トレーディング戦略責任者
   スチュアート・カイザー氏
は顧客向けリポートで、オプション(アット・ザ・マネー)市場では、S&P500種株価指数のインプライドボラティリティー(IV、予想変動率)が、12日に上下いずれかの方向に1.25%の値動きがあると示唆した。
 この水準が11日の取引終了まで維持されれば、FOMCの決定を控えたIVの水準としては、2023年3月以降で最高になるという。

 カイザー氏は、「過去1年間、市場はCPIとFOMC会合をそれぞれ控えたボラティリティーを平均0.75%とおおむね同程度で織り込んでいる。この二つが重なることで、より大きなイベントとなり、不確実性が高まることになる」と説明した。
 
 また、過去1年には、それぞれのイベント後のS&P500種のボラティリティーは平均0.8%だったと付け加えた。

 市場では今回のFOMC会合で金利が据え置かれるとの予想が大勢だが、CPIの数字とパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長の記者会見の内容を受けて、年内の利下げ幅について、より明確な見通しを得ることになるとの予想が多い。

 雇用が底堅さを維持する中で、インフレ動向が市場の主要な焦点になっている。
 
 先週末7日に発表された5月の米雇用統計では、非農業部門の雇用者数が前月比27万2000人増と、雇用の伸びが急加速している。
 
 カイザー氏は、15万人を上回る雇用創出があれば、トレーダーの間には安心感が生じやすいと指摘した。
 雇用増が同水準を下回れば、オプション市場の関心はインフレ動向よりも雇用情勢に向き始めるとの考えだ。

   
posted by まねきねこ at 20:14 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野村HDが新興や外国運用業者など対象として29年度末までに100億円を投資

 野村ホールディングス(HD)は10日、2030年3月末までに100億円程度を新興運用業者や新たに日本に進出する外国運用会社などを対象に投資すると発表した。

 運用力の開発強化を目的としたもので、これまでの社内運用人材の育成などから投資対象を拡大する動きとなる。
 投資先の選定においては、業歴のみで運用業者を排除しないよう、ファンド分析などを手掛けるグループ会社の選定能力を活用する。

 日本政府が掲げた資産運用立国実現プランでは、金融機関に対し、新興運用業者を積極的に活用した運用を行うことなどを要求している。

 野村HDでは1月、資産運用ビジネスの高度化に向けた研究開発投資を昨年11月末時点での約850億円から1000億円超まで拡大させるとしていた。

 
ひとこと
 欧米投資銀行等の姿と比較すれば、日本の政治家の愚かな思考が国際資本の草刈り場とかした金融市場を差し出しており、円安誘導に伴う日本国民の資産の劣化など投資環境を悪化させ続けている。 
   
  
posted by まねきねこ at 20:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アップルの開発者会議きょう開幕、AIの主要勢力になれるか正念場に

 アップルの世界開発者会議(WWDC)は10日開幕するが、スマートフォン「iPhone」を手掛ける同社が急成長する
   人工知能(AI)分野
で主要プレーヤーになれるかどうかが明らかになる。
 新時代への適応を迫られる同社にとって正念場の会議と言える。

 アップルはAIの初期のパイオニアで、写真加工や健康機能、デジタルアシスタント「Siri」などで利用してきた。
 しかし、今では出遅れ組と受け止められており、特に過去2年間にはオープンAIのチャットボット「ChatGPT」など最先端技術が登場して後塵を拝している。

 そんな中、アップルは米太平洋時間10日午前10時(日本時間11日午前2時)に開幕するWWDCの基調講演で、AIの実力を披露する。
 
 この事情に詳しい複数の関係者がメディアの取材で明らかにした情報によると、同社は「アップル・インテリジェンス」と呼ぶ一連のAI機能を公表する予定という。

 アップルは2011年に音声アシスタント「Siri」を発表したが、同技術はすぐにアマゾン・ドット・コムの「アレクサ」やアルファベットの「Googleアシスタント」に追い抜かれた。
 
 AIは22年末にオープンAIのChatGPTでさらに飛躍し、23年にはグーグルやマイクロソフト、メタ・プラットフォームズなどから競合サービスが登場した。

 スマートフォンでアップルにとって最大のライバルであるサムスン電子は今年、グーグルのAI機能を自社のデバイスに統合した。

 アップルが技術を磨いてライバルに追いつくことができれば、AIへのシフトは同社にとって大きなチャンスとなろう。AIベースの基本ソフト(OS)は情報収集やコンテンツ作成・編集、デバイス操作の方法を変える。

 今回のイベントでアップルは、次期OSの「iOS 18」と「iPadOS 18」、「macOS 15」にAI機能をどう組み込むかを示す。
 また、Siriのより強力なバージョンも計画している。

 アップル・インテリジェンスは、ユーザーが必要とする時に、より多くの情報を提供することに重点を置くもので、これには、通知やテキストメッセージ、電子メールの要約、会議メモの合成、ボイスメモの書き起こし、カスタム絵文字の作成などが含まれる。
 また、電子メールをより分け、カテゴリー別に分類することもできるようになる。

 同社はまた、独自の大規模言語モデル(LLM)にも取り組んでいる。
 しかし、この分野ではまだ十分ではないと関係者は明かしたという。
 そのため、アップルにチャットボットを提供するオープンAIとの提携を発表する予定だ。

 アップルはいずれ、独自のチャットボットや生成AIを提供したい考えを持っていると見られ、パートナーと組むことで多くのリスクを負うことなくAI分野でかじ取りができるのが理想だ。

posted by まねきねこ at 19:55 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする