市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2013年07月07日

外国中央銀行の市場性証券類保有高(FRB)

 米国連邦準備理事会(FRB)が5日発表した3日時点の外国中央銀行の
   市場性証券類保有高
は3兆2,820億ドル(前週比+70億ドル)に増加した。
 
 
 内訳は財務省証券が2兆9,430億ドル(前週比+90億ドル)、政府機関債が3,006億7,000万ドル(前週比−17億ドル)だった。

 また、連銀が保管する非市場性財務省証券、国際機関債、社債、資産担保証券(ABS)、コマーシャルペーパーの「その他証券」は
   385億9,100万ドル
    (前週比+1億4,200万ドル)
と増加した。



ひとこと
 量的緩和策の縮小懸念から市場が荒れた影響を修正させるべく努力した結果だ。
 
posted by まねきねこ at 06:40 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

原油先物相場は大幅続伸

 NYMEXのWTI原油先物相場は大幅続伸した。

 予想外の米在庫減少を受けた買いが続き、1バレル当たり90ドルを突破して過去最高値を更新した。

 この先、100ドルに到達する可能性は高く、いつ到達するかが問題となる感じだ。今の市場には弱気材料はまったく見られず資金が流入している。

 米国エネルギー省が24日発表した統計によると、先週の原油在庫は529万バレル減少し、1月以降で最低の3億1660万バレルとなった。

 米国政府の対イラン制裁強化とトルコのクルド人勢力攻撃警告、さらにはドル安も原油価格を押し上げており、弱気筋は霧散してしまったようだ。
  
posted by まねきねこ at 06:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

日本、チリの両政府がEPAに署名

 日本、チリの両政府は27日、自動車などの即時関税撤廃などを盛り込んだ経済連携協定(EPA)に署名した。

 日本によるEPAの締結・発効は5カ国目となったが南米諸国とは初めてのこと。
 
 チリへの輸出総額は1040億円(05年)で、自動車が63%を占める。
 一方、輸入総額は5654億円で、銅鉱が38%、モリブデン鉱が17%となっており、銅などで最大の対日供給国であることなど資源の安定的な手立てが確保できる見通しだ。


 EPAでは、両国間の貿易額の92%について関税を10年以内に撤廃する。

 また、チリ産ワインには現在、平均17.6%の関税がかかっているが、12年間で段階的に撤廃する 
 
 
posted by まねきねこ at 06:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | 株主優待など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする