市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2014年04月23日

資性は豪放かっ達で不屈の闘志に燃え、その一面恩情にあふれ、親切味を発揮する

 
相場師  正田 房治郎
 
 
信 条 
  
・資性は豪放かっ達で不屈の闘志に燃え、その一面恩情にあふれ、親切味を発揮する
 
 
     
ひとこと
  
 生まれつきの性質や能力を備えているのはセンスだが、誰もが持っているわけではない。
 センスは磨くことがなければ曇って性能が低下する。
 
 取り組む度量が大きく、取引スタイルが大胆で、細かいことにこだわらないセンスも投資には必要だ。
 
 流れが変わり、慎重な引き際も持ち合わせなければ周囲が見えなくなる。
 
 弱い面、ネガティブな面を出すことも必要だ。
 
  
 
 
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
 
 
 
    


 
  
 
  
posted by まねきねこ at 16:33 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 格言・ことわざ・用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

相場は人間より賢い。だから株価から教わることだ



相場師  石井 久


信 条 

・相場は人間より賢い。だから株価から教わることだ

     

ひとこと

 相場の流れは相場から聞かなければ分からない。相場の流れを作るのは参加者だ。

 参加者の意識が相場の流れを作り出す。


 人の意識は余りにも変化しやすいものでコントロールは難しい。


 同じ環境にあれば常に同じだとは限らない。人は過去に学ぶもので同じ経路を辿るとは限らないからだ。




   
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

  
  

 



    
   




    
posted by まねきねこ at 17:41 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 格言・ことわざ・用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

日本の十大発明家

 
 特許庁において、日本における
   産業財産権制度
が100周年を迎えたことを記念し、昭和60年(1985年)4月18日(発明の日)に選定・顕彰された
   「十大発明家」
のこと。
 
 
豊田佐吉(木製人力織機、自動織機)
御木本幸吉(養殖真珠)
高峰譲吉(タカヂアスターゼ、アドレナリン)
池田菊苗(グルタミン酸ナトリウム)
鈴木梅太郎(ビタミンB1、ビタミンA)
  杉本京太(邦文タイプライター)
本多光太郎(KS鋼、新KS鋼)
八木秀次(八木・宇田アンテナ)
丹羽保次郎(NE式写真電送機)
三島徳七(MK鋼)
  
 
 
 
    ↓ 参考になったらクリックお願いします。
 
   人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 

 
 
 
 
最近の医療・科学関係情報 
 
 ■ 遺伝子組み換え麻疹ワクチンでがん消滅、米研究
 ■ 脊髄損傷ラットの神経細胞20倍増加 脊髄損傷が直るかも
 ■ 大根のゲノの主要部分を解読
 
 
 
 


  
 
       
 
   【ことわざ】の世界へのアクセス
 
   
 
 
    
posted by まねきねこ at 19:34 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 格言・ことわざ・用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

高まい卓越した識見を披露して人を感嘆魅了させ、胸の底には烈々たる公共心を蔵す。

 
相場師  正田 房治郎
 
 
信 条 
 
・高まい卓越した識見を披露して人を感嘆魅了させ、胸の底には烈々たる公共心を蔵す。
 
 
     
ひとこと
  
 他人を魅了する知見があることを周囲に知らせることは他人からの信頼性を勝ち取るきっかけにもなる。
 
 保身は自らのためにあるが、周囲を考えに入れることで孤立を避けることになる。
 
 投資に孤立は必要だが、孤立は害にもなりかねない。
 
 情報の流れはコントロールする必要がある。
 情報をコントロールされて手のひらの上に乗り踊るのでは話にもならない。
   
 
 
 
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
 
 
 
    


 
  
 
  
posted by まねきねこ at 17:24 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 格言・ことわざ・用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月08日

先物より現物の安全性が高い

 
相場師  岩岡 新次郎
 
 
信 条 
 
・先物より現物の安全性が高い
 
 
     
ひとこと
  
 先物は無限だが、現物は有限だ。
 無限にあるものを売っても、買っても相場を自ら作るものであり、相手になってくれる者が必要だ。
 相手の資本が大きければ体力勝負になる。
   
 体力があって初めて勝てるが、大きく儲けるためには相手を探さないといけない。
  
 都合のいい相手を探せるのか。
   
 
 
 
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
 
 
 
    


 
  
 
 
posted by まねきねこ at 17:13 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 格言・ことわざ・用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

成り金を夢見て大きな欲をかかない

 
相場師  岩岡 新次郎
 
 
信 条 
 
・成り金を夢見て大きな欲をかかない
 
 
     
ひとこと
  
 成金となるのは夢を見るからではない。金を儲けた結果である。
 金を儲けても死に金になるのは成金と卑下されかねない。
 
 篤志家になるような取り組みが必要で生き金を増やすべきだ。
 成金を夢見る心が脇を甘くする。
   
 
 
 
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
 
 
 
    


 
  
 
  
posted by まねきねこ at 16:56 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 格言・ことわざ・用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

相場は道楽と心得る

 
相場師  岩岡 新次郎
 
 
信 条 
 
・相場は道楽と心得る
 
 
     
ひとこと
  
 生活の中に仕事とは別に熱中できる趣味にふけり、それを楽しむことが道楽であり、本業にすれば道を誤ることになりかねない。
 相場が逆に動いた場合に我慢できるかどうかが問題となる。これが仕事であれば気晴らしは出来ない。
   
 
 
 
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
 
 
 
    


 
  
 
  
posted by まねきねこ at 17:53 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 格言・ことわざ・用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月01日

もうけは大きく取り、損をしたら早く投げてしまえ

 
相場師  石井 久
 
 
信 条 
 
・もうけは大きく取り、損をしたら早く投げてしまえ
 
 
     
ひとこと
  
 投資で勝利を維持するのは大勝ちすることよりも大きく負けないことが重要だ。
 負け癖が続かないようにしないといけない。
 
 慎重な情報分析をしてから投資を始めるからビギナーズラックはありえるのだ。
 
 余裕を持った投資が重要で、焦りは周囲の変化を見えなくしてしまう。
 
 
 柳の下に泥鰌はいるが、土壌をいつもつかめるとは限らない。先に誰かが獲ってしまっておれば、泥をかぶる無駄骨折になりかねない。
   
 
 
 
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
 
 
 
    


 
  
 
  
posted by まねきねこ at 16:48 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 格言・ことわざ・用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

政治とはあまりにも重大な事柄なので、政治家に任せておくことはできない

 フランス第五共和政初代大統領
   シャルル・ド・ゴール
のことば
 
 政治とはあまりにも重大な事柄なので、
       政治家に任せておくことはできない。
 
  
 
 政治家としての志があったとしても選挙で選ばれなければただの人だ。
 思惑に流され、大衆に迎合するのが政治家では情けない限りだ。
 選挙に当選するためマスコミに媚びる姿は卑しさを感じさせる。
 
 意識が低い政治家は社会を混乱に落とし込みかねない。
 
 社会を浴するためには誇張した発言を繰り返すのが能ではない。
 実行できない目標を並び立てても、実現できないのでは絵に描いた餅であり食べれやしない。
 腹をすかした国民が増えるだけだ。
 
 米百票と言った諺を持ち出して、マスコミを手のひらの上に載せてバカ踊りしても、所詮は海外勢力の意のままに踊るマリオネットでしかない。
 
 
 
 
  
posted by まねきねこ at 17:34 | 愛知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 格言・ことわざ・用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

我思う、故に、我在り


 17世紀のフランス生まれの哲学者

 ルネ・デカルト

のことば




   我思う、故に、我在り




 あらゆる存在は疑うことができる。

 ただ、そう考えている自己の存在だけは疑うことができないという意味だ。

  



 何事に対しても、疑いを持つこと。批難をすること。など対比的に対象を捉える姿勢はある程度は必要だが、度を越えれば、余り役にも立たない思考や意見でしかないこともある。



 立ち位置が安全圏においての判断や思考でしかないとすれば、そうした思考は現実味がない。

 立ち位置によっては価値が出ることも多いが、どう判断するか...


  

  

 



    
   




     
posted by まねきねこ at 17:56 | 愛知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 格言・ことわざ・用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

いつも、恐怖は、無知から発生する



 個人主義を唱え、アメリカの文化の独自性を主張した個人主義を唱え、アメリカの文化の独自性を主張した
   ラルフ・ウォルド・エマーソン
のことば


  いつも、恐怖は、無知から発生する



 相手を知って、対応を先に考えれば恐怖心を抱かずに対処できる術があるということだろう。

 何も知らないまま対応しなければいけないとすると相手を甘く見ることで大きな痛手を喰うこともあるが、通常は相手を実際よりも大きく考えてしまい、無駄なことに費用や時間を割いてしまいかねない。





ひとこと

 あ。

  


     
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
  

  

         

   
   


    
posted by まねきねこ at 19:10 | 愛知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 格言・ことわざ・用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

青は藍より出でて藍より青し

 
【読み方】

 あおはあいよりいでてあいよりあおし



【意味】
 「藍」とは、染料に使う藍草のことで、藍草で染めた布は藍草よりも鮮やかな青色となることから関係を弟子と師匠にあてはめて、弟子が師匠の学識や技術・技量を越えるという意のことわざ。
 
 荀子の言葉で、持って生まれた資質を学問や努力により越えることができるということ。



【つぶやき】
 人は生まれた環境がよければ早く育つ。悪ければ遅れて育つこととなる。
 しかし、遅れて育つことが可能であっても、努力をしなければ途中で挫折するだけだ。
  
 
 
 
  ↓ 参考になったらクリックお願いします。
 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 

 
 
 
 


  
 
 
   
posted by まねきねこ at 16:13 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 格言・ことわざ・用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

君子豹変

 
【読み方】

 くんしひょうへん



【意味】
 学徳の高い人は、過ちを改めて善に移るのは、ひょうの皮のまだら模様のように非常にはっきりしているということ。君子がよいほうに向かうこと。



【つぶやき】
 現在では主張や態度が急にがらりと変わることや、その無節操ぶりを非難する語となっている。
 時代により意味が正反対になることもおおい。
 
 メディアが言葉を弄び、秩序を乱すような報道を刷るごときものだ。
  
 
 
 
  ↓ 参考になったらクリックお願いします。
 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 

 
 
 
 


  
 
 
 
posted by まねきねこ at 03:49 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 格言・ことわざ・用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

悪事千里を走る

 
【読み方】

 あくじせんりをはしる



【意味】
 良いい行いはなかなか人に伝わらない。
 
 しかし、失敗や悪いことをしたという評判はあっというまに世間に知れ渡り、遠方までも広がるものである。
 
 宋の孫光憲(900年−968年)による「北夢瑣言」に「好事門を出でず、悪事千里を行く」とあるのに基づく。



【つぶやき】
 人の不幸は蜜の味と同じ。幸福な人の噂は伝わりにくい。悲劇や悲惨なことは伝わりやすい。
  
 
 
 
     ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
   人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 

 
 
 
 


  
 
       
 
   【ことわざ】の世界へのアクセス
 
   
 
 
    
posted by まねきねこ at 16:21 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 格言・ことわざ・用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

中らずと雖も遠からず

 
【読み方】

 あたらずといえどもとおからず



【意味】
 射た矢が的に命中はしていなくとも、それほど外れてもいないということから、ぴたりと的中はしていないが、見当外れでもないこと。
 
 「礼記(大学)」に「心誠に之を求むれば、中らずと雖も遠からず」とあり、君主が真心をもって実践するならば、完全にそれを成就できないまでも、ほぼ近い形には達成できるとあるのに基づく。
 
 本来は真心の大切さを述べた句であったが、現在ではほとんど
   的中ではないが的はずれではない
という意味で使われている。



【つぶやき】
 上に立つものは常に発言には気をつけることが必要だろう。上にある者の発言で動くものがいる。
 動けば当然ながら何らかの結果が生じるものだ。
 
 結果が期待できるかどうかばかりに注目するのではない。
 その過程を考え、誤りや無駄を無くすような努力を求めることが必要だろう。
  
 
 
 
     ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  
   人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 

 
 
 
 


  
 
 
   
posted by まねきねこ at 16:28 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 格言・ことわざ・用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

唯唯諾諾

 
【読み方】

 いいだくだく


【意味】
 事のよしあしにかかわらず、何事でもはいはいと従う様子。
 人の言いなりになり、おもねることをいう。
  
 「唯」「諾」ともに「はい」という応答の辞である。



【つぶやき】
 意味も判らず、返事をし承諾することではリスクを許容することにもなるため問題が生じやすい。
  
 
 
 
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  
  人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 

 
 
 
 


  
 
       
 
   【ことわざ】の世界へのアクセス
 
   
 
 
    
posted by まねきねこ at 16:34 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 格言・ことわざ・用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする