市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2024年06月12日

ローマン・アブラモビッチ(Roman Arkadyevich Abramovich) ロシアのオリガルヒ イングランド、ロンドンのプレミア リーグフットボール クラブであるチェルシーの元オーナー

ローマン・アブラモビッチ
     (Roman Arkadyevich Abramovich Роман Абрамович) 
   1966年10月24日生まれ
 東スラブの命名習慣 に従っているこの名前では、父称はアルカディエヴィチ、姓はアブラモヴィチ。
 ロシアのビジネスマンであり、政治家
 イングランド、ロンドンのプレミア リーグフットボール クラブであるチェルシーの元オーナー。
 民間投資会社ミルハウスの主要オーナーでもある。
 ロシア、イスラエル、ポルトガルの市民権を持っている。

 2000 年から 2008 年までロシア共和国チュクチ自治管区の知事を務めていた。
 フォーブスによると、アブラモビッチの純資産は2021 年に145 億米ドルで、イスラエルで 2 番目に裕福な人物となった。
 ただ、それ以来、彼の資産は69億ドル(2022年)に減少したのち、2023年には92億ドルまで回復した。

 アブラモビッチは1990年代のソ連崩壊後の数年間に、ロシアの国有資産をロシアの
   株式貸付民営化プログラム
における市場価値(本来の価値を大幅に下回る価格)で、手に入れ私腹を肥やしたオリガルヒ(新興財閥)に属する。
 欧米においてはブラモビッチはロシアのウラジーミル・プーチン大統領と良好な関係にあると考えられている。
 しかし、ウクライナ侵攻後のメディアの取材ではアブラモビッチはその疑惑を否定している。
 
 アブラモヴィッチは、ソビエト連邦、ロシアSFSRのサラトフ(現在のロシア、サラトフ)で生まれた。
 彼の母親イリーナ(1939−1967)は音楽教師であったが、アブラモヴィッチが1歳のときに亡くなった。
 彼の父親、アーロン・アブラモヴィチ・リーボヴィチ (1937−1969) はユダヤ系で
   コミ ASSR(自治共和国)の経済評議会
で働き、ローマンが 3 歳のときに亡くなったため、 アブラモビッチは親戚に育てられ、青春時代の多くをロシア北部のコミ共和国で過ごした。

 なお、ローマンの母方の祖父母は
   ヴァシリー・ミハイレンコ
   ファイナ・ボリソヴナ・グルトマン
で、二人ともウクライナ生まれで、祖母ファイナは当時3歳のイリーナを連れて第二次世界大戦の初期にウクライナから逃れ、サラトフのもとに避難してきた。
 ローマンの父方の祖父母である
   ナハマン・リーボヴィッチ
   トイベ(タチアナ)・ステパノヴナ・アブラモヴィッチ
はベラルーシ系ユダヤ人であったが、ロシア革命の後、リトアニアのタウラゲに移住した。
 1940年にソビエト連邦(U​​SSR) はリトアニアを併合している。

 ナチス・ドイツによるソ連侵攻の直前、スターリンの独裁下にあったソ連はローマンの父方の祖父母の家族全員らをシベリア送りにし
   「反ソ連的、犯罪的、社会的に危険な要素」
を排除した。
 アブラモビッチの祖父母は国外追放の際に引き離されてしまい、父親、母親、そして子供たち(レイブ、アブラム、アロン(アルカディ))は
   別の収容所
に収容されていたという。
 この強制送還者の多くは劣悪な環境の収容所で死亡した。
 (アブラモビッチの祖父ナハマン・リーボヴィチは1942年、クラスノヤルスク準州レシェティの入植地にあるNKVD収容所で亡くなった。)

 アブラモヴィッチはロシア・ユダヤ人コミュニティ連盟の会長であり、モスクワ・ユダヤ博物館の理事でもある。
 アブラモビッチは、ホロコーストで殺害されたリトアニアのユダヤ人を追悼するために、新たに修復された約25,000本の木で構成される森を設立することを決定した。
 また、リトアニアのユダヤ人へのバーチャル記念碑と追悼の意を表するもの(シード・ア・メモリー)を設立した。
 加えて、世界中の人々が参加できるようにすることを決定した。
 木に名前を付け、記念碑に先祖の名前を含めることで、先祖の個人的な物語を記念するもの、

 アブラモビッチは兵役中にビジネスの世界に入った。
 最初は路上商人として働き、次に地元の工場で整備士として働いた。
 アブラモビッチはモスクワの
   ガブキン石油・ガス研究所
に通い 、その後、スイスの商社
   ルニコム
に雇われ商品取引を行った。 

 1988年、ペレストロイカによりソ連に民営化の機会が生まれ、アブラモビッチは自身の古い事業を設立する機会を得た。
 彼と最初の妻のオルガは人形を作る会社を設立した。
 数年以内に彼の富は石油複合企業から養豚場に広がったうえ、木材、砂糖、食料品、その他の製品を取引するまでになった。
 ただ、1992年、彼は
   政府財産の窃盗事件
で逮捕され、刑務所に送られた。
 
 アブラモヴィッチがベレゾフスキーに初めて会ったのは、1993年のロシアの実業家らとの会合、または1995年の夏のいずれかであったとされる。

 なお、ベレゾフスキーはエリツィン時代に台頭した政商であり、オリガルヒの代表的人物。
 ベレゾフスキーはその影響力から「政界の黒幕」とも称されたが、第二次チェチェン戦争(1999年8月7日 – 2009年4月16日)に反対の立場を表明し、プーチン時代にロシア最高検察庁が、アエロフロート資金の横領疑惑などでベレゾフスキーへの追及を強め、逮捕を恐れて2002年に失脚・亡命した。

 ベレゾフスキーとアブラモビッチは、5 つの子会社を持つオフショア会社
   Runicom Ltd
を登録した。
 アブラモビッチ氏はスイス企業ルニコムのモスクワ支社を率いていた。
 1995年8月、ボリス・エリツィンは
   シブネフチ(後のガスプロム・ネフチ)
の創設を布告し、アブラモビッチとベレゾフスキーがその最高幹部であると考えられていた。

 1995年、アブラモビッチとベレゾフスキーは不正オークションで大手石​​油会社シブネフチの経営権を取得した。
 この取引は物議を醸した
   株式貸付プログラム
の中で行われ、各パートナーは会社の半分に1億米ドルを支払った。
 これは、当時の株式市場価値である1億5000万米ドルを上回っていたが、その後、急速に数十億米ドルに膨れ上がった。
 会社の価値が急速に上昇したため、、後に会社の実際の価値は数十億ドルに達するものを叩き売りしたと批判が広がった(当時の価値は 27 億米ドル)。
 明治時代の北海道開拓使長官であった黒田清隆が絡んだ開拓使官有物払下げ事件や事業仕分けで年金基金等の資金が使われた施設の民間への売却、介護保険料で施設建設の9割補助や助成などと同類のバラマキ行為に似たもの。

 アブラモビッチは後に法廷で、自分の資産を取得し保護するため
   ロシア政府関係者やギャング
に数十億ドルの賄賂を支払ったことを認めた。
 2000年の時点で、シブネフチは年間30億米ドル相当の石油を生産しており、莫大な利益を生み出していた。

 タイムズ紙は、シブネフチの買収において
   バドリ・パタルカツィシビリ氏
の支援を受けたと主張した。
 シブネフチの後、アブラモビッチの次のターゲットはアルミニウム産業へと移動した。
 業界の支配権をめぐってグループが争う「アルミニウム戦争」により、製錬工場の管理者、金属トレーダー、ジャーナリストの暗殺が発生した。
 アブラモビッチ氏は当初、アルミニウム事業への参入に消極的であったため、「この事業では3日に1人が殺害されている」と主張していた。
 アブラモビッチは2005年にシブネフチを130億ドルでロシア政府に売却し莫大な利益を懐に入れた。

 2011年、アブラモビッチの長年のビジネスパートナーはロンドンの高等裁判所に
   民事訴訟「ベレゾフスキー対アブラモビッチ」
を起こしている。
 同氏はアブラモビッチ氏を恐喝、背任、契約違反の罪で告発し、30億ポンドを超える損害賠償を求めた。
 2012年8月31日、高等裁判所は訴訟を棄却した。
 高等裁判所の判事は、証拠の性質上、この訴訟はベレゾフスキーとアブラモビッチのどちらの証拠を信じるかにかかっていると述べた。
 裁判官は、ベレゾフスキーは「真実を現在の目的に合わせて形作ることができる一時的で柔軟な概念とみなした、印象に残らず、本質的に信頼できない証人」であると認定した。
 しかし、アブラモビッチは「真実であり、全体的には、信頼できる証人です。」と述べた。
 
 2011年の裁判では 2000年12月にル・ブルジェ空港でアブラモヴィッチとベレゾフスキーの間で行われた録音された会話の記録が明らかになった。
 この席に、ベレゾフスキーの親しい知人であるバドリ・パタルカツィシヴィリも同席し、密かに会話を録音させていたというものだ。
 討論中、ベレゾフスキーはアルミニウム事業をどのように「合法化」すべきかについて話した。
 その後法廷で、自分はアルミニウム資産の非公開株主であり、この場合の「合法化」とは自分の利益を高めることを意味すると主張した。
 これに対し、アブラモビッチ氏は、彼のビジネスパートナーであるオレグ・デリパスカ氏に言及したものと思われる内容で、50対50の合弁事業の相手方(ルサール)も同様のことを行う必要があるため、合法化できないと調書の中で述べていた。

 デリパスカ氏以外にも、当時のアルミニウム業界では株式を「合法化」する必要があったであろう他の数社の企業についても言及されていた。
 アブラモビッチ氏の弁護士らは後に、「合法化」とはベレゾフスキー氏が西側の
   マネーロンダリング防止規制
に確実に従うようにするための
   保護金の支払い
を組織することを意味すると主張した。

 アブラモビッチ氏は、2001年にスイスのサンモリッツ空港で利害対決があり、(バドリ・)パタルカチシビリ氏がベレゾフスキー氏に13億米ドル(9億2,500万ユーロ)を支払うよう要求したことを明らかにした。
 なお、「被告は、これがベレゾフスキー氏による最後の支払い要求であること、およびパタルカツィシビリ氏と公の場で彼および彼の事業上の利益との関わりをやめるということを根拠に、この金額を支払うことに同意した。」と述べたうえ、支払いは正式に行われたと続けた。

 アブラモビッチ氏は、シブネフチとアルミニウムに関する
   ベレゾフスキー氏の利益
に自ら協力したことや、亡命者の友人を脅迫したことを否定した。

 2015年、アブラモビッチ氏は実業家のOD工房PIRエクイティーズ会長とともに3,000万ドルの資金調達ラウンドに投資し、主導した。
 他のパートナーには、デヴィッド・ゲッタ、ニッキー・ミナージュ、ティエスト、アヴィーチー、ウィル・アイ・アム、ベニー・アンダーソン、デイヴ・ホームズなど、音楽業界の著名人が数名含まれていた。
 また、ドロン・マイヤーズドルフ氏が設立したStoreDotには、アブラモビッチ氏が3,000万ドル以上を投資した。

 2003 年 6 月、アブラモビッチは西ロンドンのチェルシーを管理する企業のオーナーになった。
 クラブの前のオーナーは
   ケン・ベイツ
で、後にライバルのリーズ・ユナイテッドを買収した。
 チェルシーは、マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリードなどのサッカー界の王朝と肩を並べる世界的ブランドを目指して、商業開発の野心的なプログラムに直ちに着手し、新たな最先端のトレーニング施設を建設する計画も発表した。

 チェルシーを買収して以降、クラブは 18 の主要なトロフィーを獲得した。
 チェルシーはアブラモビッチ監督時代に最も成功したイングランドのトロフィー獲得チームとなり、マンチェスター・ユナイテッド(同じ期間に16の主要トロフィーを獲得している)と並んだ。
 なお、彼の在任期間は、マネージャーの急速な入れ替わりによっても特徴づけらた。

 2005年6月終了年度、チェルシーは1億4,000万ポンド(1億6,500万ユーロ)という記録的な損失を計上した。
 クラブは2010年まではトレーディング利益を計上すると予想されていなかった。
 2010年には8,020万ポンド(9,430万ユーロ)の損失まで減少したと報告された。

 2006年12月のインタビューで、アブラモビッチはチェルシーの移籍支出が今後数年で減少すると予想していると明らかにした。
 UEFAは、億万長者が所有するクラブもあれば、レアル・マドリードのような単なる経済的巨大企業も含め、クラブの不安定な損益状況にファイナンシャル・フェアプレー規制で対応した。
 チェルシーは就任後最初のシーズンをプレミアリーグで前年の4位から2位で終えた。

 2013年8月18日のハル・シティとの2013-14シーズン初戦の前に、アブラモビッチは試合プログラムの表紙に掲載された短いメッセージでチェルシーサポーターの10年間のサポートに感謝し、「我々は共に素晴らしい10年を過ごした」と述べた。
 2017年3月、チェルシーはスタンフォード・ブリッジに5億ポンドをかけて最大6万人収容可能なスタジアムを改修する承認を得たと発表した。
 2018年7月15日、内務省によるアブラモビッチの英国ビザの更新とその後の申請の取り下げがあった。
 2018年5月にチェルシーは「不利な投資」を理由にロンドン南西部に5億ポンドのスタジアムを建設する計画を中止した。」と明らかにした。
 なお、アブラモビッチはスタジアムの建設に数億ポンドを投資する予定だったという。

 アブラモビッチはウラジーミル・プーチン大統領の命令でチェルシーを買収したと非難されたが、本人はその主張を否定した。

 2021年、アブラモビッチは新たに発表された欧州スーパーリーグにチェルシーを参入させようとして批判された。
 2日後、アブラモビッチはクラブを新たな大会から撤退させ、他のイングランドのクラブも追随し、リーグは運営を一時停止した。
 2022年、アブラモビッチはチェルシーから20億ドルの借金を抱えていると報じられた。

 フォーブスによると、アブラモビッチ氏の融資は、ロシアの
   プーチン政権との密接な関係
を理由に英国政府が彼への制裁を検討した場合に備えた保険だったと報道した。
 露ウクライナ戦争中の2022年2月26日、アブラモビッチはクラブの「管理と管理」をチェルシー慈善財団に引き渡した。

 アブラモビッチは2022年3月2日に公式声明を発表し、ウクライナ情勢の継続を理由にクラブを売却することを認めた。
 英国政府は3月10日にアブラモビッチの「クレムリンとの密接な関係」を理由に英国内の資産を凍結した。

 2004 年 3 月、シブネフチはロシアのチーム
   CSKA モスクワ
と 4,130 万ユーロ (5,800 万米ドル) 相当の 3 年間のスポンサー契約に合意した。
 同社はこの決定は経営レベルで行われたと説明したが、この取引はチェルシー買収時になされた「非愛国的」という非難に対抗するためのアブラモビッチによる試みであると見る向きもあった 。

 UEFAの規則では、一人の人間がUEFAの大会に参加する複数のチームを所有することを禁止していた。
 そのため、アブラモビッチはCSKAに株式の持分を持っていない。

 2004年6月末、ロシアの雑誌『プロスポーツ』でアブラモビッチは「ロシアサッカー界で最も影響力のある人物」に選ばれた。
 2005年5月、CSKAはUEFAカップで優勝し、ヨーロッパの主要リーグで優勝した最初のロシアのクラブとなった。
 しかし、2005年10月にアブラモビッチはシブネフチの権益を売却し、ゼニト・サンクトペテルブルクのスポンサーである同社の新所有者ガスプロムはスポンサー契約を解除した。 

 アブラモビッチはロシア代表サッカーチームのコーチとして
   フース・ヒディンク
をロシアに連れてくることにも大きな役割を果たした。
 プロサッカーへの関与に加えて、アブラモビッチはロシアにある国立フットボールアカデミーと呼ばれる財団を後援している。
 この組織は全国の青少年スポーツ プログラムを後援しており、さまざまな都市や町に 50 以上のサッカー場を建設してきた。
 2006年、創設者ユーリ・コノプレフ氏の38歳での死去を受け、サッカーアカデミーはサマラ州トリアッティ近くのプリモルスキーにあるコノプリヨフサッカーアカデミーの運営を引き継いだ。
 このアカデミーには1,000人以上の若者が住んでいる。
  
 1999年、アブラモビッチはロシア極東の貧しい地域であるチュクチ自治管区の代表として国家院議員に選出された。
 彼はチュクチの人々、特に子供たちを助ける
   慈善団体ポール・オブ・ホープ
を立ち上げ、2000年12月にアレクサンドル・ナザロフの後任としてチュクチ州知事に選出された。

 アブラモビッチ氏は2000年から2008年までチュクチ州知事を務めた。
 同地域に13億米ドル(9億2,500万ユーロ)以上を投資したと考えられている。
 なお、アブラモビッチは、ロシア大統領が署名した法令により、「(チュクチの)自治区の経済発展への多大な貢献」により名誉勲章を授与された。

 2008年7月初旬、ドミトリー・メドベージェフ大統領が、同地域でのさまざまな慈善活動は継続するものの、チュクチ州知事を辞任するというアブラモビッチの要請を受け入れたと発表された。
 なお、2000年から2006年の期間、チュクチの平均給与は2000年の月額約165米ドル(117ユーロ/100ポンド)から2006年の月額826米ドル(588ユーロ/500ポンド)まで増加した。

 2022年のロシアによるウクライナ侵攻の翌日、アブラモビッチは
   ウクライナの有力者
らから連絡を受け、プーチン大統領への
   非公式特使
を務めるよう依頼された。
 なお、アブラモビッチは、エイデン・アスリンと他の外国人捕虜をロシアの捕虜から解放する上で重要な役割を果たした。

 アブラモビッチは、2017年にプーチン大統領に近い
   ドナルド・トランプ大統領
によって署名された「制裁によるアメリカの敵対者への対抗法」 (CAATSA)で名前が挙がっている多くのロシア寡頭政治家の1人。
 なお、アブラモビッチは、反プーチンのワリヌイ派の一人とされている。

 2022年のロシアのウクライナ侵攻を受けて、2022年3月10日、アブラモビッチはロシアの寡頭政治7社からなるグループの一員として英国から制裁を受けた。
 アブラモビッチは英国の資産を凍結され、渡航禁止措置が取られた。
 英国政府は、今回の制裁はアブラモビッチ氏とクレムリンとの関係疑惑への対応であるとし、アブラモビッチ氏が支配する企業がロシアがウクライナに攻撃的に配備した戦車に使用される鋼鉄を生産している可能性があると批判した。
 なお、アブラモビッチは、ウラジーミル・プーチンおよびクレムリンとの密接な関係を否定している。

 3月10日、カナダは対ウクライナ戦争でウラジーミル・プーチン大統領を支援した実業家としてアブラモビッチ氏に制裁を課した。
 3月14日にはオーストラリア、3月15日には欧州連合も英国の訴えに倣い、アブラモビッチ氏に対して制裁を発動した。
 3月16日、アブラモビッチはスイスのブラックリストに追加された。

 2022年4月5日、アブラモビッチはウラジーミル・プーチンとの緊密な関係を理由にニュージーランド制裁を受けた。
 10月19日、ヴォロディミル・ゼレンスキー大統領はロシアの実業家256人に対して個人制裁を課す2つの法令に署名した。
 その中にはアブラモビッチ氏もリストに載っている唯一の人物であり、この制限は
   全てのウクライナ人捕虜
とロシアのウクライナ侵攻中に殺害された遺体の交換後にのみ有効となると主張した。

 2022年3月下旬、アブラモビッチがドバイで家探しをしていたことが報じられ、同市が制裁を受けていないことから彼の自家用機も目撃された。
 2022年3月、ウォール・ストリート・ジャーナルは、ロシアとの交渉における寡頭政治の役割の可能性を理由に、米国政府がウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領の要請によりアブラモビッチに対する制裁を延期したと報じた。
 ロシア政府のドミトリー・ペスコフ報道官は、アブラモビッチ氏が「初期段階」で交渉に参加したことを認めた。
 ただ、このプロセスへのアブラモビッチの関与の性質に関するさらなる詳細は、紛争当事者のどちらからも明らかにされていない。

 2022年12月、カナダはSEMAの差し押さえ・没収メカニズムの初使用の対象としてアブラモビッチをターゲットにすると発表した。
 政府は、グラナイト・キャピタル・ホールディングス社が保有する2,600万米ドルが実際にはアブラモビッチのものであると主張し、「(アブラモビッチの資産を)永久に国王に没収するよう裁判所に申請することを今後検討する」と述べた。
 アブラモビッチ氏は2023年12月に欧州連合司法裁判所が訴えを却下したが、EU制裁を覆すことはできなかった。
 
 2022年3月3日と4日、アブラモビッチはウクライナとベラルーシの国境での和平交渉に出席した。
 アブラモビッチ氏、ウクライナの政治家ルステム・ウミエロフ氏、そしてもう一人の交渉担当者は、未知の化学物質による中毒と思われる症状と一致する初期症状に苦しみ、「目に刺すような痛み」、目と皮膚の炎症、一部の皮膚の剥離を伴った。
 彼らは皆すぐに回復した。

 ベリングキャットはこの疑惑を調査し、3人が飲んだチョコレートか水には毒が混ざっていた可能性があると述べた。
 専門家は物質のサンプルを採取したが、時間の経過により使用された材料の種類を特定できていない。

 西側筋によると、低用量の毒物は警告を目的としたもので、おそらくアブラモビッチに対するものであり、この攻撃は
   和平交渉を妨害
しようとしたモスクワの強硬派によって実行された可能性があるとの疑いがある。

 1996年、30歳になるまでに、アブラモビッチはボリス・エリツィン大統領と親しくなり、エリツィン家の招待でクレムリン内のアパートに引っ越した。
 1999年、33歳のアブラモビッチはロシアのチュクチ州知事に選出された。彼は2005年に知事として2期目に立候補した。
 クレムリン報道機関は、アブラモヴィッチの名前が再任期の知事としての承認を得るためにチュクチ地方議会に送られ、2005年10月21日に彼の任命が承認されたと報じた。
 
 アブラモビッチはエリツィンに対し、ロシア大統領としての後継者に
   ウラジーミル・プーチン
を推薦した最初の人物だった。
 1999 年にプーチンが首相として最初の内閣を組織したとき、アブラモビッチは承認される前に各閣僚候補者に面接を行った。
  その後もアブラモビッチはプーチン大統領の最も親しい腹心の一人であり続けた。
 2007年、プーチン大統領はアブラモビッチ氏との会談で、大統領としての後継者を誰にするべきかについて相談した。
 メドベージェフはアブラモビッチ監督から個人的に推薦された。

 2012年9月、イングランド・ウェールズ高等裁判所の エリザベス・グロスター判事は、プーチン大統領に対するアブラモビッチの影響力は限定的であると主張し、「アブラモビッチ氏がプーチン大統領を操作したり、影響を与えたりする立場にあったという主張を裏付ける証拠はなかった」と述べた。アブラモビッチ氏が自身の商業的目標を達成できるよう、政権内の役人らはその権限を行使できるようにする」と述べた。

 グロスター氏はロシアの寡頭政治家
   ボリス・ベレゾフスキー氏
とアブラモビッチ氏の間の訴訟を監督した。
 彼女はベレゾフスキーが「本質的に信頼できない証人」であると判断し、2012年にアブラモビッチの側に立った。
 その後、グロスターの義理の息子が、訴訟の初期段階で弁護士としてアブラモビッチの代理人として約50万ポンドを支払われていたことが判明した。
 なお、彼女の継息子の関与は、明らかにされている以上のものであると言われている。
 ベレゾフスキー氏は「プーチン大統領自身がこの判決を書いたような印象を受けることがある」と述べた。 

 2021年、ワシントン・エグザミナー紙は、米国諜報機関がアブラモビッチがプーチン大統領にとって「荷物運び」、つまり金融仲介者であると信じていると報じた。
 
 2011年、ボリス・ベレゾフスキーはアブラモビッチに対する民事訴訟「ベレゾフスキー対アブラモビッチ」をロンドンの高等裁判所に起こしたが、ベルゾフスキーは敗訴した。 
 2008年、タイムズ紙は法廷文書でアブラモビッチが政治的便宜とロシアの石油とアルミニウム資産の株式に対する保護料として数十億ドルを支払ったことを認めたと報じた。
 
 スイスの捜査で明らかになった疑惑は、ローマン・アブラモビッチ氏が元会社を通じて、その他多くの
   ロシアの政治家、実業家、銀行家
らとIMFからの
   48億米ドル(34億ユーロ)の融資
を個人的な裏金として利用したことに関係していた。
 IMF 自身が主催する監査では、IMF の資金はすべて適切に使用されていたと判断された。

 2005年1月、欧州復興開発銀行(EBRD)は、
   900万ポンド(1,490万米ドル/1,060万ユーロ)の融資
をめぐってアブラモビッチを訴訟する意向を示した。
 EBRDは、アブラモビッチ氏とユージン・シュビドラー氏が支配していたスイスに本拠を置く石油取引事業会社
   ルニコム
から1,750万米ドル(1,245万ユーロ/1,060万ポンド)の負債を抱えていると発表した。
 アブラモビッチ氏の広報担当者は、融資はすでに返済済みであることを示唆した。
 
 ロシアの反トラスト機関である連邦独占禁止庁は、アブラモビッチ氏の一部が所有する
   エブラズ・ホールディング
が、請負業者に不利な条件を提示し、鉄鋼生産に使用される主要原料であるコークス炭の国内消費者を差別することで
   ロシアの競争法に違反
したと主張した。
 
 プーチン大統領によれば、アブラモビッチはウクライナ・キプロス・イスラエルの新興財閥
   イーゴリ・コロモイスキー
に騙されたという。
 プーチン大統領は2014年、コロモイスキーがアブラモビッチとの契約を破棄し、数十億ドル規模の契約を結んだ。
 しかし、コロモイスキーはそれを履行しなかったと主張した。
 
 ガーディアン紙によると、2015年、鉄鋼・鉱山会社
   エブラズ社
の7億6,600万ドルの株式により、アブラモビッチはロシア最大の炭鉱であるシベリアのラスパツカヤ炭鉱の約4分の1の所有権を手に入れた。
 その埋蔵量は炭素排出量1.5GTに匹敵したうえ、ロシア自体の年間生産量に相当する。

 ザ・カンバセーションによると、「石油とガスの取引で190億ドルの財産のほとんどを稼いだアブラモビッチは、最も大気汚染を起こしている億万長者リストの最大の汚染者であり、彼は少なくとも33,859トンのCO2排出に責任があると推定されている。

 BBCニュース・アラビアの調査により、併合された東エルサレムへのユダヤ人のつながりを強化し、ダビデ市の
   ユダヤ人コミュニティ
を再生することを目的とした
   イスラエル入植者組織エラド
に1億ドルを寄付した企業をアブラモビッチが支配していることが判明した。
 銀行文書の分析によると、アブラモビッチ氏は同組織への単独の最大の寄付者であることが判明した。

 FinCEN ファイルとして知られる銀行文書はBuzzFeed Newsに漏洩した後、国際調査ジャーナリスト連合(ICIJ) および BBC と共有されました。
  
 アブラモビッチは3回結婚と離婚を経験している。
 1987年12月、ソ連軍での短期間の勤務を経て、オルガ・ユレヴナ・リソワと結婚したが990年に離婚した。
 1991年10月に、彼は元ロシアの アエロフロートの スチュワーデス、イリーナ・マランディナと結婚した。
 彼らには5人の子供がおり、長女のアンナはコロンビア大学を卒業しニューヨーク市に住んでいる。
 娘のソフィアはロンドン大学ロイヤルホロウェイ校を卒業後ロンドンに住むプロの馬術選手という。

 2006年10月15日、ニュース・オブ・ザ・ワールドは、アブラモビッチがロシアの著名な寡頭政治家、アレクサンダー・ジューコフの娘で当時25歳のダーシャ・ジューコワと親密な関係にあったとの報道を受けて、イリーナがイギリスのトップ離婚弁護士2人を雇ったと報じた。
 なお、アブラモビッチ夫妻は、その時点ではどちらも弁護士に相談していないと答えた。
 その後、二人は2007年3月にロシアで離婚した。
 和解金は3億米ドル(2億1,300万ユーロ)と伝えられている。
 アブラモビッチは2008年にジューコワと結婚し、2017年8月、夫婦は別居すると発表した。
 2018年に離婚が成立した。

 2018年5月、英国がビザ更新を延期した1か月後、アブラモビッチはイスラエル国民となった。
 セルゲイ・スクリパリさんとユリア・スクリパリさんの毒殺事件後、英国とロシアの間で緊張が高まったことが背景。

 アブラモビッチは、英国に少なくとも200万ポンドを投資する裕福な外国人向けに設計されたティア1投資家ビザで長年英国を出入りしている。 ロシア系ユダヤ人であるアブラモビッチは、世界中のどこから来たユダヤ人もイスラエル国民になれると定めたイスラエル帰還法に基づいて生得権を行使した。
 イスラエル人であるアブラモビッチ氏は現在ビザなしで英国を訪問できる。
 しかし、就労や商取引は許可されていない。

 アブラモビッチは、イスラエルのテルアビブのネーヴェ・ツェデク地区にある
   ブティックホテル「ヴァルサーノ」
を所有している。
 2015年にイスラエルの女優でモデルのガル・ガドットの夫ヤロン・“ジャロン”・ヴァルサーノと弟のガイ・ヴァルサーノから1億NISで購入した。
 また、2020年1月、アブラモビッチはイスラエルのヘルズリヤ・ピトゥアにある不動産を、記録的な2億2,600万NISで購入した。 

 アブラモビッチ氏は2016年7月、成功した実業家にとって税金が優遇されるスイスのヴァレー州で居住許可を申請した。
 納税上の居住権をスイスの自治体に移管する計画を立てていた。
 ヴァレー州当局はこの要請にすぐに同意し、承認を得るために申請書をスイス移民事務局に転送した。
 FedPolの調査員は疑惑を表明し、その要請に反対した。
 その結果、アブラモビッチ氏は2017年6月に申請を取り下げた。
 3年間にわたる法廷闘争を経て、2021年にスイス当局はアブラモビッチ氏の容疑を晴らした。
 
 2021年4月、アブラモビッチは国籍法の一環としてポルトガル国民となった。
 彼の系図は、「セファラディック(ユダヤ人)文化への関心の証拠」を探す専門家によって精査された。
 ロイター通信は、ロシアにおけるセファラディ系ユダヤ人の歴史はほとんど知られていないと指摘した。 

 アブラモビッチはドイツのハンブルクでポルトガル系セファラディ系ユダヤ人の遺産を称えるプロジェクトに資金を寄付していた。
 2022年3月11日、ポルトのユダヤ人コミュニティのリーダー
   ラビ・ダニエル・リトバク
は、いくつかの事件で
   セファラディ系ユダヤ人起源の証明書
が不正に発行されたとの申し立ての中で、ポルト空港でポルトガル警察によって逮捕された。

 裁判官らは検察と法執行機関の行動を批判し、すべての申し立ては「一般論」であると述べた。
 証拠不足を理由に申し立ては後に取り下げられた。
 
 2021年3月5日、フォーブス誌は彼の純資産を145億米ドルと発表し、2020年フォーブス誌の億万長者リストで113位にランク付けした。 

 アブラモビッチは他の存命ロシア人よりも多くのお金を慈善団体に寄付したと伝えられている。 
 アブラモビッチ氏は、過去20年間にロシア、米国、英国、ポルトガル、リトアニア、イスラエルなどの
   ユダヤ人の大義
に5億ドル以上を寄付したとして、ユダヤ文化・宗教フォーラムから表彰された。
 2019年6月、アブラモビッチは世界的に反ユダヤ主義と闘う取り組みを支援するため、イスラエルのユダヤ人庁に500万ドルを寄付した。  
  
      
posted by まねきねこ at 08:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月10日

ヘンリ・ヘンチュ (Henri Hentsch)  Hy Hentsch & Co.銀行を設立した銀行家

 アンリ・ヘンチュ
      (Henri Hentsch)
   1761–1835
 1796年、ジュネーブで
   Hy Hentsch & Co.銀行
を設立した銀行家
 1835 年中にHy Hentsch & Co.銀行はヘンチュ&シーに改名され、1991 年中にダリエ ヘンチュ&シーになり、1994 年には合併によりオディエ ブンゲナー銀行の一部となり、その後
   ロンバール オディエ ダリエ ヘンチュ &シー
となった。

 アンリ・ヘルマン・フランソワ・ゴットロブ・ヘンチュは、1761年2月17日にジュネーブで牧師の
   ベンジャミン・ゴットロブ
とマリー・シャルロット・ドラポルトの間に生まれ、1835年8月14日にフランスのヌイイ・シュル・セーヌ(イル・ド・フランス)で亡くなった。

 彼はチェッヘルン (ポーランドのルブシュ県の南西にあるドイツのブランデンブルク州)出身の家族に属しており、ベンジャミン・ゴットロブの家族は 1758 年にジュネーブに移住した。

 アンリは
   デヴレー&シー(Develay & Cie)
で見習いとして働き
   ピコ・ファジー&シー(Picot, Fazy & Cie)
での雇用で終了した。

 1781年ジュネーヴではブルジョワ(中産階級)らの間接民主制がとられたが、翌年に
   フランス・サヴォイア・ベルン
の連合軍が包囲・陥落した。

 アンリはルイーズ カルドイーニと1785 年に結婚し、1792 年にジュネーブに帰化してネスタールのブルジョワとなった。
 アンリは自立し、各種生地の製造、両替、銀行業務に従事し、1787 年に事業をリヨンに移して、ジュネーブに両替所を開設した。

 ジュネーブ革命でアンリは投獄され、その後1793 年頃に追放された。
 アンリはニヨンでカーテン関連の商業事業を続け、ジュネーブに戻ってシルクとコミッションの
   H. Hentsch & Cie
を設立した。

 1798年に、彼はいとこの
   ジャン・ゲデオン・ロンバール
と提携し、ヘンチュ・ロンバール社 を設立した。
 アンリは 1815年から 1827年まで、コンセイユ・ド・ジュヌヴォワの会員であった。

 ベネディクト・ヘンチュ銀行は、ヘンチュ家の 7 代目メンバーによって 2004年に設立された。
 同銀行は一連の合併を経て、 2021年に
となった。 

   
    
posted by まねきねこ at 07:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャン・フィリップ・ブショー(Jean-Philippe Bouchaud)  キャピタル ファンド マネジメント(CFM)の共同創設者兼会長

ジャン・フィリップ・ブショー
      (Jean-Philippe Bouchaud)
   1962 年生まれ
 フランスの物理学者で
 資産管理会社
の共同創設者兼会長
 フランス高等師範学校(École normale supérieure)の非常勤教授、およびインペリアル カレッジ ロンドンCFM 帝国定量金融研究所の共同所長を務めている。
 また、フランス科学アカデミーの会員であり、 2020 年には高等教育および研究機関
でベッテンコート イノベーション チェアを務めた。
 パリに生まれ、ロンドンのフランス・リセで学びんだ。
 1985年に高等師範学校を卒業し、ヘルツ分光研究所で博士号を取得した。
 クレール ルイリエとともにスピン偏極量子気体を研究した後、フランス国立科学研究センターで、特に液体ヘリウム 3 とランダム媒体での拡散に取り組んだ。
 彼は1992年にケンブリッジ大学のキャベンディッシュ研究所で 1 年間過ごした後
   フランス原子力・代替エネルギー委員会 ( Commissariat à l'énergie atomiceまたは CEA)
の凝縮物物理学研究所 (SPEC) [1]に加わった。

 ​経済物理学の先駆者である彼は、1994年に
   Science et Finance 
を共同設立し、その後2000 年に資産管理会社
と合併した。
 現在は CFM の会長である。
 ESPCIで10年間統計力学を教えた後、2009 年にエコール ポリテクニックの非常勤教授に任命された。

 現在、高等師範学校で統計力学から社会科学までのコースを教えており、コレージュ・ド・フランスでも 1 年間教えている。
 彼の研究は、無秩序なガラス系の物理学、粒状物質、価格形成の統計、株式市場の変動、金融リスクのモデリングをカバーしている。
 彼は、効率的市場仮説の定説と経済学および数理ファイナンスの方法論、特にオプション取引における
   リスクの組織的な過小評価
につながるブラック・ショールズ・モデルの使用を繰り返し批判してきた。
  
   
posted by まねきねこ at 06:13 | 愛知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月09日

クリストファー・チャールズ・ロコス(Christopher Charles Rokos )マクロヘッジ ファンドRokos Capital Managementの創設者

クリストファー・チャールズ・ロコス
       (Christopher Charles Rokos )
   1970年9月21日生まれ
 イギリスの億万長者のヘッジファンドマネージャー
 マクロヘッジ ファンド
の創設者であり、
の元創設パートナーである。
 
 2020年のサンデー・タイムズ紙の長者リストによると、ロコスの純資産は8億ポンドと推定されている。
 2021年、サンデー・タイムズ紙の長者番付は彼の資産を12億5000万ポンドと推定した。

 イギリスで管理されている(州立)小学校によって、学業の可能性、特に数学と科学の可能性がある生徒として認定された。
 イートン大学に奨学金を得て入学した後、オックスフォード大学ペンブローク・カレッジで数学を学び、1992年に第一級優等学位を取得して卒業した。
 オックスフォード大学で修士号を取得しており、ペンブローク大学の財団フェローである。
 大学を卒業した後、ロコスはロンドンのUBSに入社した。
 1 年以内にゴールドマン・サックスに転職し、そこで 3 年間勤務し、最初はデリバティブの構築、次にスワップ マーケット メイキング、そして最終的には自己勘定取引を担当した。
 1998 年 1 月、ロコスは
   アラン・ハワード
にスカウトされ、自己トレーダーとしてクレディ・スイスに入社した。

 2002年初め、アラン・ハワード氏とロコス氏はクレディ・スイスの他の3人の取締役
   ジャン・フィリップ・ブロシェ氏
   ジェームズ・ヴァーノン氏
   トリフォン・ナツィス氏
とともに退職、一緒に資産管理ビジネスを設立し、それをブレバン・ハワードと名付けた。
 ブレバン・ハワードはすぐにヨーロッパで最も成功したヘッジファンドの1つになった。

 ロコス氏はブレバン・ハワードの「スタートレーダー」であり、世界で最も影響力のある国債トレーダーの一人として広く知られるようになり、膨大なポジションを持つウォール街のトレーディングデスクは、長期にわたって変動する可能性があるため、市場に関する同氏の見解を常に把握しようとしたと伝えられている。

 ロコスは、ブレバン・ハワードで同社の旗艦マスター・ファンドの金利に連動した有価証券を取引し、40億ドルの利益を上げた。
 その中には2007年の11億1000万ドルが含まれており、これは同年のファンドの総利益の27%に相当する。
 その後の裁判に提出された文書によると、彼が
   ブレバン・ハワード・マスター・ファンド
で最高の年を迎えたのは2011年で、同ファンドに12億7000万ドルを稼いだと明らかにした。
 同じ文書には、ロコスがブレバンでの10年間に個人的に約9億ドルを稼いでいたことも明らかにした。

 2012年、ロコス氏はブレヴァン・ハワード社を退職し、自身の資産を管理するためロンドンのメイフェアにファミリーオフィスを設立した。
 しかし、2014年の夏、取引への復帰を希望した彼は、ブレバン・ハワードに対し、 2014年まで外部資本の管理を禁止する5年間の競業禁止制限に異議を唱え、ジャージー王立裁判所に訴訟を起こした。

 ウォール・ストリート・ジャーナル紙によると、この注目を集めた訴訟は2015年1月に法廷外で和解し、ロコス氏が「近年で最も期待されていたヘッジファンドの立ち上げ」の一つとして自身の会社を設立する道が開かれた。
 投資家らは立ち上げについて話し合うことを禁じられていると伝えられる中、ロイター通信は、当初ファンドに投資される資金の多くはロコス自身によって提供され、流動性の高い新興市場主に先進国市場の外国為替、債券、株価指数商品に重点を置くと報じた。

 ロコス・キャピタル・マネジメントは2015年秋に取引を開始し、最初の暦年(2016年)に約20%上昇した。
 フィナンシャル・タイムズ紙によると、ロコス・キャピタル・マネジメントはドナルド・トランプ氏の選挙勝利を巡る市場の動きへの賭けに助けられたという。

 ロコス氏は英国のEU加盟を巡る国民投票を誤って予測した数多くのヘッジファンドマネジャーのうちの1人で、ニューヨーク・タイムズ紙は同氏が「残留」票が勝つと予想していると同僚に語っていたと書いた。
 ロコス・キャピタル・マネジメントは依然として利益を上げ、投票直後の1日で2.5%以上上昇した。
 2016年のロコス・キャピタル・マネジメントの業績は、マクロ・ヘッジファンドにとって困難な取引期間を反映して、2年間無関心な状態が続いた。 2017年から2018年にかけて、ロコス・キャピタル・マネジメントの利益は85%減の2,290万ポンドとなった。

 ロコスは、より有利な市場環境の回復に備えて企業の増強を完了し続けた。
 ロコス キャピタルは、ロンドン最大かつ最高のパフォーマンスを誇るヘッジファンドの 1 つである。

 ロコス氏は、 2015 年の総選挙に向けて英国保守党に寄付を行った数多くのヘッジファンドマネージャーの 1 人で、総額 190 万ポンドを寄付した。 2015年以来、ロコスは党に対してのみ時折寄付を行っている。[
 
 なお、ロコス氏は自身の慈善活動についてはほとんど語らない。
 ただ、基本的人権とニーズを保障しようとする団体や、特に教育における機会の平等を促進する取り組みに財政的支援を提供していることは知られている。
 アムネスティ・インターナショナルウォーター・エイドに寄付し、他の慈善団体のパフォーマンスの測定、サービスの改善、効果の向上を支援する慈善団体プロボノ・エコノミクスを支援している。

 ロンドンの癌研究所で、癌がどのようにして発生するのか、そしてなぜ発生するのかを調査するために、進化と癌における
   クリス・ロコス・フェローシップ
と呼ばれる5年間のフェローシップを支援している。
 このフェローシップは、がんがなぜ発症するのか、なぜ治療が非常に難しいのかを理解するためにダーウィンの自然選択原理を応用しているアンドレア・ソットーリヴァ博士に授与された。
 ロコスは、イートン大学の新しい財団奨学金プログラムをサポートしている。
 彼自身の教育経験を反映したこの取り組みでは、州立学校の子供たちに最大 4 つの奨学金を提供している。
 このプログラムは、イートン校が提供する教育を受けることができず、可能性を秘めた貧しい背景を持つ子供たちを対象としている。

 オックスフォード大学ペンブローク・カレッジは、周囲の建物複合施設に資金を提供するために1,700万ポンドを集めたキャンペーンにリード・ギフトを贈ったとき、ロコスにちなんでクアッドに名前を付けた。
 彼はペンブローク大学に関連する他の教育的取り組みも支援した。
 特に、ロコス賞研究奨学金とオックスフォード・ロコス大学院奨学金が挙げられます。 STEM 科目を勉強するペンブロークの学部生は、研究インターンシップを通じて研究と科学知識の向上を目指す学生を支援することを目的とした Rokos Awards に応募する資格があった。

 オックスフォード・ロコス大学院奨学金は、ロコスが60%、オックスフォード大学が40%を出資しており、学生のコース全期間の生活費と学費の全額をカバーする。
 なお、この奨学金は「優れた学力を発揮」し、「大学の画期的な研究に貢献」し、「今後もその分野のリーダーとして世界に貢献することが期待される」志願者に与えられるという。

 デイリー・テレグラフ紙は極度の秘密主義者だと描写している。 
 ロコスは、定期的に自家用ヘリコプターを使って出入りしているため、故郷シュロップシャー州クレオベリー・モーティマーでは滅多に姿を現さない。
 また、彼の私生活についてはほとんど知られていない。

       
posted by まねきねこ at 21:54 | 愛知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リチャード・クライヴ・デズモンド(Richard Clive Desmond) イギリスの出版社、実業家、元ポルノ作家

リチャード・クライヴ・デズモンド
        (Richard Clive Desmond) 
   1951年12月8日生まれ
 イギリスの出版社、実業家、元ポルノ作家
 2021年のサンデー・タイムズ紙の長者リストによると、デズモンドは英国で107番目に裕福な人物であった。
 The Health Lottory を運営し、さまざまなポルノ タイトルや有名人雑誌 ( OK!やNew!を含む) 、英国の
   チャンネル 5
を所有していたことで知られる出版社
の創設者である。
 テレビ ネットワークポートランドおよびエクスプレス ニュースペーパーの所有者。

 2020年、デズモンドは当時住宅・地域社会・地方自治体担当国務長官だった
   ロバート・ジェンリック
に対し、計画検査局を覆してデズモンドの会社の住宅開発を承認するよう圧力をかけ、論争に巻き込まれた。
 この決定のタイミングにより、会社は 4,000 万ポンドを節約できましたが、後に覆されている。

 デズモンドはロンドンのハムステッドでユダヤ人の家庭に3人兄弟の末っ子として生まれ、ロンドン北西部のエッジウェアで育った。
 彼の父親はラトビア系ユダヤ人の子孫であり、母親はウクライナ系ユダヤ人の子孫であった。

 父親のシリルは、かつて映画広告会社
の常務取締役を務めていた。
 耳の感染症が原因でシリルの聴力は突然失われ、リチャードによると、シリルがまだ3歳だった頃、ビジネス会議で「自分の耳」として振る舞うためによく連れて行っていたという。
 シリルがギャンブルで家族の多額の財産を失った後、両親は離婚した。

 11歳のデズモンドは母親のミリーと一緒にガレージの上のアパートに引っ越した。
 彼は自分の貧しい思春期初期を「とても太っていて、とても孤独だった」と後に語っている。
 デズモンドはエッジウェアジュニアスクールとフィンチリーのクライストカレッジで教育を受けた。
 
 デズモンドは 15 歳で学校を中退し
   トムソン グループ
の広告部門で働き始め、一日の仕事が終わった後はライブでドラムを演奏した。
 別の会社に移った後、彼はビート・インストゥルメンタルの発行元である音楽雑誌会社
   ビート・パブリケーションズ
の広告マネージャーになった。

 デズモンドは 21 歳になるまでに 2 つのレコード ショップを所有した。
 1970 年代半ば、デズモンドは音楽と広告への興味を組み合わせて、国際ミュージシャンおよびレコーディング ワールドの
   レイ ハモンド
とミュージシャン向けの月刊誌を創刊した。
 英国、米国、オーストラリア、日本、ドイツでも版が展開されるようになった。
 これに続いて『ホーム・オルガニスト』が出版され、その編集者は
   ノーザン・アンド・シェル
で今でも使用されているベンジャミン・ディズレーリのモットーである
   Forti Nihil Difficile (「強者にとって難しいことは何もない」)
を寄稿した。デズモンドは最終的に出版グループ「ハモンド」を買収した。

 1993 年に月刊誌として創刊され、その後 1996 年 3 月に週刊誌になった。
 この雑誌は世界最大の週刊誌であり、米国からオーストラリア、アゼルバイジャンまで 23 の版があり、読者数は 3,100 万人を超えた。
 元々はハロー!の真似であった。

 1982 年にノーザン & シェルはペントハウスの英国版の出版を開始した。
 しかし、ライセンス契約は 1990 年代に終了した。
 同社はすぐに、 Asian Babes、Readers Wives 、 Barely Legalなどのさまざまなポルノ雑誌を自社で発行し始め、最終的に販売された時点でそのようなタイトルは合計 45 冊に達した。

 1980年代、デズモンドはプレミアムレートのテレフォンセックス会社を経営した。
 1988年にブリティッシュ・テレコムがコンテンツに関する懸念を表明したため事業を売却した。
 ノーザン & シェルは、1995 年にファンタジー チャンネルを開始した。
 これは、英国の衛星テレビで視聴できる最初のポルノ チャンネルの 1 つであり、ケーブルで視聴できる他のチャンネルと競合した。
 このチャンネルは後にテレビ Xにブランド変更した。

 2003年までに、デズモンドの会社は7つのチャンネルを放送するまでに拡大し、さらに6つのチャンネルを立ち上げる計画があり、この事業は「非常に儲かる」と言われた。
 ノーザン・アンド・シェルの6,000万ポンドの営業利益のうち1,700万ポンドを生み出した。

 デズモンドはポルノから距離を置くために2001年に雑誌を売りに出した。
 自身のブランドを再構築するためにスピンドクターを雇った。

 2004年2月、一部のメディアはデイリー・テレグラフ紙への入札を考慮してデズモンドのイメージを改善しようとしていると解釈した動きで。デズモンドはポルノ雑誌事業を約1000万ポンドでレムナント・メディアに売却した。

 デズモンドは、自分の素材がWHSmithとFreeviewを通じて入手可能であることを強調し、「もしそれがポルノだったら、最終的には刑務所に入るだろう。ポルノは違法だからだ」と述べた。
 2000年のイブニング・スタンダード紙の見出しは、デズモンドに言及して「ポルノ出版社、エクスプレス購入へ」と書かれていた。
 2002年のBBCニュースナイトのジェレミー・パックスマンとのインタビューで、
   トニー・ブレア
は、デズモンドとポルノ業界との関係を理由に、物議を醸しているデズモンドからの10万ポンドの寄付を受け入れるのが適切かどうか尋ねられ、た。
 ブレアは「誰かがそうするなら」と答えた。
 この国の主要な全国紙グループの一つを所有するのが適切かつ適切であるならば、我々が彼らからの寄付を受け取らない理由はない。」と続けた。

 1995年に設立され、テレビXとレッドホットチャンネルの放送局
   ポートランドテレビ
が経営陣による買収により100万ポンド未満で売却された。
 このため、ノーザン&シェルのポルノ事業への関心は2016年4月に終了した。
 デズモンドは、ノーザン・アンド・シェルが以前ポルノ雑誌を所有していたため、プライベート・アイ誌ではしばしば「リチャード・ダーティ・デズモンド」または「ダーティ・デス」と呼ばれている。

 2021年11月、ガーディアン紙は、デズモンドが「ポルノグラファー」という単語を使用したウィキペディアの項目に腹を立て、弁護士にその用語を削除するよう指示したと報じた。
 
 ガーディアン紙によると、デズモンドは1991年に
   ノーマン・チェインズ
と、チェインズのマフィア仲間であるガンビーノ犯罪一家の
   リチャード・マルティーノ
が経営するテレフォンセックスラインの広告を自身のポルノ雑誌に掲載するという契約を結んだ。

 BBC によると、マルティーノがマフィアと関係があると「広く報道」されていた。
 しかし、デズモンドは知らなかったという。
 伝えられるところによると、この契約によりアメリカ側の負担は減り、デズモンド氏が賠償金の支払いを拒否した。
 その後、彼の従業員がニューヨークで誘拐され暴行を受けた。

 デズモンドはこの説明を「空想」と呼んだものの、従業員に事件を警察に通報し、身を守るためにボディーガードを雇うことを奨励した。
 2005年2月、ガーディアン紙は、デズモンドがニューヨークのガンビーノマフィア一家から殺害の脅迫を受けていたという主張が、電話回線の不正使用に関するマルティーノの裁判中に公開されたFBI捜査官の宣誓供述書の中に含まれていると報じた。

 こうした報道に対して、デズモンドはエピソード全体を否定した。
 彼は、マルティーノが行った詐欺について知っている証拠はないと主張した。
 
 2000年11月、ノーザン・アンド・シェルはユナイテッド・ニュース&メディアから
   エクスプレス・ニュースペーパーズ
を1億2,500万ポンドで買収した。
 DailyとSunday Express はそれぞれ、毎号約 700,000 部を販売している。
 デイリー・スターは、 2008 年 9 月から 2009 年 9 月にかけて 18% 増加し、販売部数が前年比で増加した唯一の全国紙である、
 発行部数は約 850,000 部であったが、主に積極的な価格設定政策による成果である、

 エクスプレス新聞社を買収した後、デズモンドは、デイリー・エクスプレスのライバルであるデイリー・メールの発行人である
   ロザミア子爵
との確執に巻き込まれることになった。
 その主な原因はロザミアの私生活に関する話にある。

 イブニング・ヘラルド紙は2003年、デズモンドが人種差別的見解を表明する手段としてエクスプレスを利用していると報じた。
 かつて、彼は人種差別主義者ではないかと尋ねられたとき、「いいえ、私は黒人や愚か者を信じないだけです」とコメントしていた。

 2014年、フィナンシャル・タイムズ紙は、デズモンド所有のエクスプレスが「移民、異常気象、ダイアナ妃の死に関する説などを繰り返し報道しているようだ」と言及した。
 2012年1月のレブソン調査でデズモンドは「ダイアナ妃が王室によって殺害されたという憶測が流れている…憶測は延々と続いている。答えは分からない。 」とコメントした。
 タイムズ紙は、彼の新聞がそのような主張を繰り返し掲載していたと報じた。

 マデリーン・マッキャンちゃんの失踪を報道した中傷記事に対して、エクスプレス社は2008年に幼児の両親に
   損害賠償55万ポンド
を支払った。
 2004 年 4 月、デイリー エクスプレスは労働党を支持していた期間を経て、再び保守党支持に戻った。
 同日、デズモンドは、ドイツのアクセル・シュプリンガー・グループによる買収を受け入れることを検討していた
   デイリー・テレグラフ
を攻撃し、彼らが経営されることに熱心かどうか尋ねた。
 デズモンドによれば、会議でのやりとりの中で、ドイツ人は全員ナチスだと暴言を吐いたという。

 伝えられるところによると、デズモンドはビジネス会議でデイリー・テレグラフ社の最高経営責任者とその関係者に偽ドイツ語で演説し、アドルフ・ヒトラーの真似をしたという。
 テレグラフ社の幹部らは会議から退席した。
 この事件は、新聞社経営者の間で蔓延している制度化された人種差別の一形態として説明された。

 これに先立って、2001年8月、エクスプレス&スター紙の全米ジャーナリスト連合礼拝堂も、亡命希望者に対する同紙の「ヒステリックで人種差別的」キャンペーンでデズモンドを非難した。
 このキャンペーンは、 2002 年 6 月にインディペンデント紙に寄稿したヤスミン・アリバイ=ブラウンによっても批判された。

 2005年8月、デイリー・エクスプレスの元編集長テッド・ヤングは、産業裁判所に先立ってデズモンドの会社と法廷外の和解を成立させた。
 これは、2004年9月にニュースルームでデズモンドと起きた事件に関連しており、その際にデズモンドはジャーナリストを殴ったと言われている。
 デズモンド氏はこの主張を繰り返し否定した。
 2008年、ノーザン・アンド・シェルは4億8,390万ポンドの売上高を報告した。
  
 2010 年 7 月、デズモンドは損失を出していた英国の地上波テレビ
   チャンネルチャンネル 5
をRTL グループから1 億 350 万ポンドで買収した。 
 デズモンドがチャンネル 5 を買収する前年、同社は合計 4,100 万ユーロ (3,700 万ポンド) の損失を出した。
 営業レベルでは 900 万ユーロの損失を出した。
 新オーナーは直ちにコスト削減に着手し、まずチャンネル5の取締役9人中7人を解任したうえ、「年間2000万ポンドの経費」を削減する取り組みを始めた。
 また、表明された計画には、ネットワークの従業員300人のうち最大80人の解雇が含まれていた。
 デズモンドは番組予算も大幅に増やした。
 デズモンドが所有してから最初の丸1年で、この放送局は収益が28%増加し、14年間の歴史の中で最大のテレビ広告収入となった。
 彼は2014 年 5 月にChannel 5 をバイアコムに 4 億 6,300 万ポンドで売却した。

 デズモンド氏によると、2010年12月までに、彼の個人経営の出版事業は世界中で2,000人以上を雇用したと明らかにした。
 2010年、デズモンドはサンデー・タイムズ紙の長者番付により英国で57番目に同率の富豪にランクされた。
 その純資産は9億5,000万ポンドであった。
 2014年には78位にランクされ、資産価値は12億ポンドに増えた。
 2016年、フォーブスは彼の資産を14億9,000万ドル近くと推定した。
 2016年のサンデー・タイムズ長者番付では彼の純資産が22億5,000万ポンドとなった。
 2019年のサンデー・タイムズ紙の長者番付によると、デズモンドの純資産は26億ポンドまで増えたが、2020年には20億ポンドに減少した。
 エクスプレス・ニュースペーパーズは2018年にリーチ・ピーエルシー(旧トリニティ・ミラー)に1ポンドで売却された。
  
 2020年、住宅・地域社会・地方自治体担当国務長官
   ロバート・ジェンリック
は、デズモンドが提案したウェストフェリー・ロードの10億ポンドの高級住宅開発の承認が違法であったことを認めた。
 デズモンドは募金活動の夕食会でジェンリックに会った後、「私たちはマルクス主義者たちにただでたくさんの雌犬を与えたくない!」というテキストメッセージを送った。
 これはインフラ改善のためにタワーハムレット評議会に支払わなければならないお金のことを指した。

 計画検査官の助言に反したジェンリックの承認は期限を守ったが、その分デズモンドは4000万ポンドを節約できるはずだった。
 さらに、デズモンドが提案した計画では、最低目標の35%に比べて手頃な価格の住宅が21%しか提供されず、タワーハムレット評議会はこれによりデズモンドは最大1億600万ポンドを節約できると見積もった。

 デズモンド氏は2017年に会社が保守党に寄付をしていた。
 なお、承認が得られた直後にさらに個人的に同党に寄付を行った。
 その後、保守党委員長は、デズモンドがジェンリックの隣に座ることを許可した。
 デズモンドが彼にロビー活動することを許可したことを1922年委員会のメンバーに謝罪した。
 
 2003 年、デズモンドと
   ロジャー ダルトリー
は、慈善活動のための資金を集めるために、デズモンドがドラムを担当するロック グループであるRD クルセイダーズを結成した。
 デズモンドは、2006年にイギリスのユダヤ人慈善団体ノーウッドの会長に就任した。
 また、ムアフィールズ眼科病院の1500万ポンドの児童センターに250万ポンドを寄付し、そこに彼の名前が付けられた。
 
 2015 年の英国総選挙の準備期間中の 2014 年 12 月、デズモンドは英国独立党に 30 万ポンドを寄付することに同意したと報じられた。
 当時、さらなる寄付が続くのではないかという憶測があった[。
 2015年4月、彼が党に追加で100万ポンドを寄付したことが発表されたた。
 
 2011 年 10 月、デズモンドの会社ノーザン アンド シェルは、売上高の約 20% が慈善団体に寄付される健康宝くじを開始した。
 People's Health Trust (PHT) が配布するこの助成金は、英国全土の地域社会の多くの善意と高齢者を支援した。

 イングランド、スコットランド、ウェールズの各地で地元の健康運動を支援しています。健康宝くじは、宝くじ1ポンドあたり20.34ペンスを善意に還元することになっていた。
 ただ、これは全国宝くじが1ポンドあたり28ペンスを寄付するのに比べて不利だった。
 当時任意団体最高責任者協会の最高責任者
   スティーブン・バブ卿
は、デズモンドを「慈善活動を背景に暴利を働いている」と非難した。
 2020年7月、慈善活動に寄付される収益が25%に増加すると発表された。
 2019年11月、デズモンドは年末に全国宝くじライセンスが更新される際に入札する意向を発表した。

 デズモンドとジャネット・ロバートソンは27年間結婚していた。
 2010年10月にジャネットはデズモンドと離婚し、その後デズモンドは2012年にブリティッシュ・エアウェイズの元マネージャーであるジョイ・キャンフィールドと結婚した。 
 この大富豪の自伝『ザ・リアル・ディール: 英国で最も物議を醸すメディア王自伝』は、2015 年 6 月にランダム ハウスから出版された。
 サンデー・エクスプレスの編集者マーティン・タウンゼントによってゴーストライターで書かれた。
 また、彼はオーディオブック版にも声を提供した。

   
posted by まねきねこ at 04:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月05日

マシュー・カルブレイス・ペリー(Matthew Calbraith Perry) 米国の海軍軍人で最終階級は海軍提督

マシュー・カルブレイス・ペリー(Matthew Calbraith Perry)
   1794年4月10日 - 1858年3月4日
 米国の海軍軍人で最終階級は海軍提督
 聖公会信徒
 兄は米英戦争に従軍し、エリー湖の戦いにおいてアメリカ海軍に決定的な勝利をもたらし「エリー湖の英雄」と呼ばれたオリバー・ハザード・ペリー。

 英仏などとの植民地獲得競争に出遅れた米国が、江戸時代に艦隊を率いて鎖国をしていた日本へ来航し、開港への交渉を要求したことで知られる。来航当時の文書には「ペルリ(彼理 / 伯理)」と表記されていた。
 ロードアイランド州ニューポートで、アメリカ海軍大尉の
   クリストファー・レイモンド・ペリー
と妻セーラの間に三男として生まれた。
 1809年、わずか14歳9か月で士官候補生の辞令を受け、アメリカ海軍に入隊した。
 1812年からの米英戦争に2人の兄とともに参加している。
 1833年にブルックリン海軍工廠の造船所長となり、1837年にアメリカ海軍で2隻目の蒸気フリゲート「フルトン」を建造し、同年海軍大佐に昇進した。
 1840年6月には同海軍工廠の司令官となり、提督の地位を得る。

 アメリカ合衆国が太平洋岸まで領土を拡張する過程で引き起こしたメキシコ領土へ侵略した
    米墨戦争(1846-48年)
を引き起こした。直接の原因は1845年12月メキシコの旧領土テキサスが米連邦へ加入したこと,合衆国がカリフォルニアとニューメキシコの買収による併合を要求したことが原因。
 米墨戦争では後年日本に来航するミシシッピ号の艦長兼本国艦隊副司令として参加した。
 メキシコ湾のベラクルスへの上陸作戦を指揮した後には本国艦隊の司令官に昇進した。

 蒸気船を主力とする海軍の強化策を進めると共に、士官教育にあたり、蒸気船海軍の父(Father of the Steam Navy)とたたえられ、海軍教育の先駆者とされている。

 1852年11月に、東インド艦隊司令長官に就任、日本を捕鯨船の寄港地とするため交渉するよう依頼する大統領の親書を手渡すよう指令を与えられた。
 同年11月、アメリカ合衆国のミラード・フィルモア大統領の親書を携えてバージニア州ノーフォークを出航した。
 フリゲート「ミシシッピ」を旗艦とした4隻の艦隊はマデイラ諸島・ケープタウン・モーリシャス・セイロン・シンガポール・マカオ・香港・上海・琉球(沖縄)を経由した。
 マカオではサミュエル・ウィリアムズを漢文通訳として雇い入れた。
 上海ではアントン・ポートマンをオランダ語通訳として雇い、フィルモア大統領親書の漢文版およびオランダ語版を作成した。
 また、上海ではミシシッピは旗艦任務をより新しい蒸気外輪フリゲート「サスケハナ」に譲った。

 旅行作家ベイヤード・テイラーも途中で加わり、日本への渡航に同行した。
 琉球では那覇において、イギリス海軍が琉球伝道を企図して1843年(天保14年)に設立した琉球海軍伝道会から1845年(弘化2年)に派遣されたハンガリー生まれのイギリス人バーナード・ジャン・ベッテルハイムと交流した。

 1853年7月8日(嘉永6年6月3日)、浦賀に入港した。
 7月10日、幕府役人の来訪を拒絶して、艦隊付米国聖公会牧師
   ジョージ・ジョーンズ
の司式でプロテスタントとして日本初となる礼拝を行った。
 7月14日(6月9日)、幕府側が指定した久里浜に護衛を引き連れ上陸、戸田氏栄と井戸弘道に大統領の親書を手渡した。
 ここでは具体的な協議は執り行われず開国の要求をしたのみで、湾を何日か測量した後、幕府から翌年までの猶予を求められ、食料など艦隊の事情もあり、琉球へ寄港した。

 中国では太平天国の乱が起こり、アメリカでの極東事情が変化する中、1854年2月13日(嘉永7年1月16日)に旗艦サスケハナ号など7隻の軍艦を率いて現在の横浜市の沖に迫り、早期の条約締結を求め、3月31日(3月3日)に神奈川で日米和親条約を調印した。
 またその後、那覇に寄港して、7月11日、琉球王国とも琉米修好条約を締結した。その後、艦隊は香港に向かった。

 日本開港の大任を果たした後、体調不良に悩まされていたペリーは、香港で本国政府に帰国を申請し許可を得た。
 艦隊の指揮権を譲って、ミシシッピ号を去り9月11日にイギリス船に便乗し、西回りの航路と陸路でニューヨークへの帰国の途に就いた。
 インド洋、紅海、地中海を経てヨーロッパ大陸を鉄道で移動しウイーン、ベルリン、ハーグらで多少の滞在保養を得てイギリスへ渡り、リヴァプールから大西洋を航海、翌年1月12日にニューヨークに帰着した。

 東周りの航海で1月22日にニューヨークへ帰着したミシシッピ号の艦上で1月24日にペリーの東インド艦隊司令長官の退任式が挙行された。

 ペリーは嘉永6年(1853年)7月と嘉永7年(1854年)2月に日本の開国を促すために日本遠征を行ったが、その航海途中で1854年2月7日 - 12日の琉球から江戸湾に至る航路での風向・気圧、気温・水温、海流の流向流速を測定した。

 ペリーは航海時の嵐からの安全に意を尽くし、アメリカの気象学者ウィリアム・レッドフィールドとも交流があった。

 ペリーの日本開国の主目的は、日本との通商、カリフォルニア・中国(当時・清)間の太平洋航路での寄港地の構築(特に石炭補給地)、難破した捕鯨船員の扱いの改善などが表向きの理由であった。
 近年ではキリスト教の宣教活動に通じる「明白な神意(Manifest Destiny)」による信念も有力な考え方となっており、秀吉がイエスズ会による宗教の伝道とスペインやポルトガルの植民地政策と通じるものであった。
 アメリカが19世紀半ばのオレゴン紛争の解決や、テキサス併合、カリフォルニア編入等を介してメキシコ領土を侵略した手法と同じだ。
 アメリカが太平洋側に長大な海岸線を持つ国家となったのは、キリスト教における「明白な神意」の結果であり、さらに太平洋を超えて中国へ進出する信念となった。
 世界の動向からも、18世紀後半から19世紀前半にかけて、欧米(キリスト教世界)諸国がが非キリスト教世界に対する軍事的・政治的(外交的)優位性を確立して、経済的利得と経済的優位性を確保する時期とも一致し、こうした状況に呼応してキリスト教の海外伝道は、軍事的・政治的(外交的)活動を後方から支援し、欧米の価値観を広める文化的活動の役割を果たす目論見が背景にあった。

 ペリー自身も、米国聖公会(監督派教会)に属し、「信仰厚く、航海中も毎日聖書を読むのを欠かさず、日本開国の命をもって、日本宣教の門戸を開く機会となる光栄ある使命」として考えていた。
 ペリーの日本との外交活動は、続くタウンゼント・ハリスに引き継がれ、ハリスは1856年8月に下田に着任し、総領事館(柿崎村・玉泉寺)を開設した。
 1858年7月29日(安政5年6月19日)には、日米修好通商条約が調印されるに至った。
 ハリスがこの第8条に、本国人の宗教の自由を認め、居留地内に教会を建てて良いとする条項を加えることで、宣教師の来日が可能となり、翌1859年の米国聖公会のジョン・リギンズ、チャニング・ウィリアムズ、長老派のジェームズ・ヘボン、オランダ改革派のサミュエル・ロビンス・ブラウン、デュアン・シモンズ、グイド・フルベッキの各米国人プロテスタント宣教師らが日本に押し寄せてきた。

      
posted by まねきねこ at 14:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月04日

ロバート・コックス・マートン(Robert Cox Merton)1997年ノーベル経済学賞を受賞 LTCM(ロングタームキャピタルマネージメント)の役員

ロバート・コックス・マートン
        (Robert Cox Merton)
   1944年7月31日生まれ
 アメリカ合衆国の経済学者
 ニューヨーク市マンハッタン出身

 フィッシャー・ブラックとマイロン・ショールズが開発した
   ブラック・ショールズ方程式の数学的証明
で1997年ノーベル経済学賞を受賞した。
 コロンビア大学教授で20世紀中盤のアメリカ社会学を代表する偉大な社会学者
   ロバート・キング・マートン
は、彼の父親である。
 
 1966年に学部は違うが父親が教授を勤めるコロンビア大学で学士号(Engineering Mathematics)を取得した。
 1967年にカリフォルニア工科大学で修士号(Applied Mathematics)を取得した。
 1970年にMITで博士号(経済学)を取得する(ポール・サミュエルソンの指導を受けた)。
 1970年〜1988年にMITスローン・ビジネススクールの準教授、教授に就任した。
 1988年〜1998年にハーバード・ビジネススクール教授(the George Fisher Baker Professor of Business Administration )に就任した。
 
 1997年にノーベル経済学賞受賞した。
 1998年〜2010年にハーバード・ビジネススクール教授(the John and Natty McArthur University Professor)となった。
 2010年にハーバード大学をやめ、同大学名誉教授となった。
 2010年〜現在にMITスローン・ビジネススクールに移った。
 
 マートンとマイロン・ショールズの2人が役員とし、その金融理論を実践するために設立させた投資会社
   LTCM(ロングタームキャピタルマネージメント)
は、アジア通貨危機におけるソブリン債券の売買などで一時期年率40%の利益を上げていたが、1998年のロシア経済危機を読み違え多額の損失を出し破綻した。(参考情報)
(当時、グリーンスパンFRB議長がニューヨーク地区連銀に支援を指示し、低金利融資させたことが起点となり、サブプライム融資が拡大し、役10年後のリーマンショックが引き起こされたとの見方もある。)
 マートンとショールズは、ノーベル賞で一躍有名になってから1年足らずで、今度は衝撃的な倒産劇で悪名を轟かせた。

   
posted by まねきねこ at 06:40 | 愛知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月02日

フレデリック・フリッツ・アウグストゥス・ハインツェ(Frederick "Fritz" Augustus Heinze) モンタナ州ビュートの3人の銅王の1人

フレデリック・フリッツ・アウグストゥス・ハインツェ
          (Frederick "Fritz" Augustus Heinze)
   1869年12月5日 - 1914年11月4日
 米国の実業家で
   ウィリアム・アンドリュース・クラーク(William Andrews Clark)
   マーカス・デイリー(Marcus Daly)
とともにモンタナ州ビュートの3人の銅王の1人として知られる。
 当時の評価では、彼は知的でカリスマ性があるが邪悪な人物である説明されていた。

 モンタナ州の一部の人々にとっては
   アマルガメーテッド・カッパー・カンパニー
          (Amalgamated Copper Company)
に立ち向かう英雄とみなされていた。
 最終的にはビュートの権益をアマルガメーテッドに1200万ドルで売却した。
 その後、彼は1907 年の恐慌で重要な役割を果たし、その罪で起訴されたものの最終的には無罪となった。
 最終的に、ハインツェの派手で飲酒量の多いライフスタイルが原因で肝硬変による胃の出血を引き起こし、1914年11月に44歳で亡くなった。

 ニューヨーク州ブルックリンで、ドイツ出身の裕福な移民の両親
   オットー・ハインツェ
とアイルランド出身の
   エリザベス・"リダ"・レイシー
の間に生まれた。
 一般的には F. オーガスタスと呼ばれ、後にフレデリックという名前で呼ばれるようになった。
 彼は非常に聡明で、ブルックリン工科大学 (現在はニューヨーク大学の一部) で優れた教育を受け、複数の言語に堪能であった。
 その後、1889 年にニューヨークのコロンビア鉱山学校を卒業した。
 父親の希望通り、ドイツでさらに勉強する代わりに、鉱業への興味を追求するために西のコロラド州とソルトレイクシティに向かった。

 ハインツェは、ボストン・アンド・モンタナ会社の鉱山技師として 1889 年にモンタナ州ビュートに到着した。
 彼は、ビュートの酒場や賭博場での酒豪と楽しいことを愛するふざけた態度で知られるようになった。
 一方で、社交界のドレスを着て内気な態度と洗練されたマナーを持っており、女性たちに感銘を与えたと伝わる。
 亡くなった父親からの5万ドルの遺産に助けられ、ハインツェは重要な選手になるために懸命に働くことに喜びを感じた。
 1894年、ハインツェの
   Montana Ore Purchasing Company
は洗練された新しい製錬所を開設し、ハインツェは小規模な鉱山会社に低価格の製錬を提供できるようになった。
 当初、ハインツェは操業を続けるために鉱山をリースし、独立した企業から鉱石を確保する必要があった。
 ハインゼは豊富な鉱体を見つけることができ、1895 年に購入された
   ラルス鉱山
はビュートの最高の鉱山資産の 1 つであることが判明した。

 ハインツェがビュートに到着したとき、最初の二人の「銅王」、ウィリアム・A・クラークとマーカス・デイリーはしっかりと地位を確立していた。
 (デイリーの会社はアナコンダ・コッパーで、1899年以降は統合銅鉱山会社として知られ、取締役にはウィリアム・ロックフェラーとヘンリーがいた)
 H. ロジャースもスタンダード オイルの主要人物であった。

 彼自身の影響力を築くために、ハインツェの戦略には鉱山労働者の労働日を 10 時間から 8 時間に減らすことが含まれていた。
 また、ハインツェは、鉱山所有者が自分の所有権を主張する場所に露出した鉱脈を掘削し、たとえ他人が所有する所有権を下回る場合でも、どこへでも地下に追跡することを許可する1872年の一般鉱業法の条項を利用して権力を築いた。

 これは頂点の法則として知られており、ハインツェは鉱山労働者には鉱脈をたどり、銅鉱石が見つかる場所ならどこでもそれを取り出す権利があると主張した。
 ハインツェはこの法律を有利に利用し、一度に最大 30 人の弁護士を雇い、次々と訴訟を起こして法制度の中で敵対者を縛り付けた。
 ハインツェは巧みな政治的駆け引きにより、自分の法的立場に同情的な人物がビュートの判事に任命されるようにも配慮した。

 ある事件では、「可愛い女の子」が裁判官に10万ドルを提供したことが判明し、ハインツェは関与したが起訴されなかった。
 ハインツェは優れた弁論家としても活躍し、鉱山労働者や一般大衆に対する演説で、合併会社を冷酷で抑圧的な組織として描き、自分自身を労働者階級の英雄として描いた。

 1902年、ハインツェはさまざまな鉱山権益を統合して
   ユナイテッド・カッパー・カンパニー
を設立し、評価額は8000万ドルで年間4000万ポンドの銅を生産できるのに対し、アマルガメーテッド社は年間1億4300万ポンドの銅を生産した。

 1903年、ラルス所有地が裁判所命令で
   採掘停止
を受けたことに業を煮やし、ハインツェの鉱山労働者たちはとにかく続行し、ラルスから隣接する合併所有地に侵入した。
 なお、止められる前に、ハインゼは10万トンの高級銅鉱石を取り出すことに成功した。

 アマルガム化された鉱山労働者との白兵戦があり、反対側の鉱山の立坑は燃えたゴムと広がった苛性消石灰によって汚され、手榴弾が投げられ、高圧ホースが発射された。
 また、ダイナマイトも発射され、敷地内に陥没し、すべての証拠が完全に抹消された。
 ハインツェは法廷侮辱罪で起訴されたが、罰金はわずか2万ドルだった。

 ハインツェの行動は巨大な合併会社に深刻な支障をきたした。
 鉱山戦争から10年が経った1906年、ジョン・D・ライアンはハインツェと交渉し、ビュート権益をアマルガメーテッドに1200万ドルで売却するよう交渉した。
 モンタナ州ビュートでの鉱山労働の日々は終わりを迎えたが、ハインツェは巨万の富を築いた。
 
 1907 年、ハインツェは、今度は金融分野で主要なプレーヤーになるためにニューヨークに移った。
 彼は、ウォール街の角を曲がったところにあるブロードウェイ42 番地に、自分の会社 United Copper を拠点とした。
 ハインツェは銀行業に参入し
   チャールズ・W・モースと
緊密な提携を結び、少なくとも6つの国立銀行、10の国営銀行、5つの信託会社、4つの保険会社の取締役を務めた。

 ハインツェの廊下を挟んだ向かいには、証券会社を経営する兄弟の
   オットーとアルトゥール・P・ハインツェ
がいた。
 1907年10月に不運な金融戦略を策定したのはオットーであったものの、これは劇的に失敗し、「1907 年恐慌」と呼ばれる大規模なアメリカ財政崩壊の主なきっかけとなった。
 オットーの計画は、価格が高騰するようにユナイテッド・カッパーの株を積極的に購入することであった。
 その後、価格が高騰し、オットーが株式の大部分を支配したため、空売り者に借りた株式の返済を強制した。
 空売り派はオットーと高値で和解する以外に選択肢はなったが、オットーは、家族が会社のどれだけを支配しているかを過大評価していた。
 彼が借り手に株式の買い戻しを強制したところ、彼らは他の資金源から株式を入手することができた。

 市場が彼の提灯買いに加わった投資家が失敗したことに気づいたとき、ユナイテッド・カッパーの株価は暴落した。
 そこからパニックが広がり、人々はハインツェと関係のある銀行から、さらにそれらの銀行と関係のある信託会社からもお金を引き出した。
 ハインツェは最終的に兄の策略を支持し、金融システムへの深く関与したために経済的にも個人的にも大きな損失を被った。
 彼は金融機関とのさらなる関与を禁じられた。

 1907年の恐慌は、アメリカ史上最も重大な金融危機の 1 つといわれる。
 1906年のサンフランシスコ地震による甚大な被害なただ、ど、いくつかの要因があったが、パニックの多くを引き起こしたのはハインツェ兄弟の行動であった。
 1907年の金融危機は、最終的に1913 年の米国連邦準備制度の設立につながった。

 1908年、ハインツェは隅っこでの役割で起訴され、ニューヨークの裁判所では一連の訴訟が何年も続いた。
 しかし、法廷での一連の幸運な出来事により、彼は完全に無罪となった。
 より興味深い話の 1 つは、United Copper の財務記録が失われていた話がある。
 1909年6月、ハインツェ、彼の弟アーサー・P・ハインツェ、カルロス・ウォーフィールド(オハイオ・カッパー・カンパニー社長)は、ユナイテッド・カッパー社の書籍と通信を神隠しにした罪で起訴された。

 シークレットサービスの男たちは、会社の書籍を満載した荷物トランクを持ってユナイテッド・カッパーの男たちの後を追った。
 トランクはニューヨークからニュージャージーまで往復しました後、男の一人がカナダのケベック州モントリオールにトランクを持って行こうとしたが、鉄道の手荷物係は378ポンドのトランクを受け取ろうとしなかった。

 このトランクは最終的にニューヨークの西55番街の地下室で発見された。
 さらにトランクが2つ行方不明だったが、ハインゼは裁判官に必ず見つけると約束した。

 帳簿の隠蔽後、ユナイテッド・カッパー・カンパニーの取締役たちはハインツェに対して反乱を起こした。
 しかし、ハインツェは解任される前日に取締役会を交代し、解任を先取りした。
 ハインツェさんはニューヨークでもタクシー運転手への暴行容疑で起訴された。
 裁判官はタクシー運転手が高額すぎる料金を請求したというハインゼさんの意見に同意し、訴訟を棄却した。

 1907年の激動の出来事の直前、ハインツェの関心はユタ州ソルトレークシティの南西にある
   ビンガム キャニオンの鉱山
に向けられていた。
 ハインツェは、ビンガム・コンソリデーテッド・マイニング・アンド・スメルティング・カンパニーとオハイオ・カッパー・カンパニーの支配権を購入しました。
 残念なことに、ハインツェが法廷で多くの告発を争っている間、作戦は資金調達に苦労し、ハインツェのユタへの関与は最終的には救世主というよりも障害であることが判明した。

 ビンガムのすべての企業の採掘事業と工場は、オハイオ州の小さな 150トン/日のウィナムック工場を含め、狭いビンガム キャニオンに設けられていた。

 地下鉱山の位置により、オハイオ・カッパー・カンパニーは、鉱山からラークの町に建設する予定の製粉所(計画能力は 3,000 トン/日)に鉱石を輸送することで、競合相手よりも優位に立つことを目指した。
 鉱石の輸送はトンネルを経由するしか方法がなく、既存のダルトン & ラーク トンネルの拡張は 1907 年に開始さた。
 長さ 3 マイルのトンネルは、ダルトン & ラーク会社の初期取締役の名前にちなんでマスコット トンネルと呼ばれた。

 このマスコット・トンネルは、破産寸前だった
   ビンガム・コンソリデーテッド
が所有していた。
 ハインゼは機会を逃すことは決してなかったので、ビンガム・コンソリデーテッド(ハインツェが大株主)はトンネル(未完成)をビンガム・セントラル鉄道会社(ハインツェが完全所有する会社)に15万ドルで売却した。
 この取引により、ハインツェは、いつかオハイオ銅会社の鉱山と工場を結ぶ唯一のルートの独占所有権を獲得した。

 1909年、オハイオ銅会社の唯一のライフラインであるマスコット トンネルを通じてハインツェが
   オハイオ・カッパー・カンパニー
を支配していることに対して、株主の間でかなりの不安が生じた。
  アマルガムテッド・カッパー社のジョン・D・ライアン(モンタナ州でハインゼと取引交渉を行っていた)とトーマス・F・コールは、オハイオ・カッパー・カンパニーをハインツェから買収することを申し出たが、彼らはマスコットトンネルが取引の一部であるという条件で申し出を行ったところ、ハインゼはこれを拒否した。

 1910年12月、オハイオ・カッパー・カンパニーの経営に対する懸念が高まった。
 大株主はハインツェ経営陣に不満を抱いており、同社の収益は債権者らの請求の解決を求めている債権者を満足させるのに十分ではないと感じていたと伝えられている。
 ビンガム・セントラル鉄道会社は、マスコット・トンネルを通って輸送される鉱石1トン当たり15セントをオハイオ銅会社に請求した。
 ハインツェ氏は1日あたり約200〜300ドルの収入を得ていた。
  
 1913年2月、ユナイテッド・カッパー・カンパニーはその資産 (オハイオ・カッパーを含む) を巻き戻すことができるよう管財管理下に
置かれた。
 1914年半ば、辛辣な株主総会で、オハイオ・カッパー・カンパニーの経営権はハインツェから同社社長の
   ウィリアム・O・アリソン
に移った。
 支払われるべき支払いが履行されておらず、ハインツェは進行中の訴訟費用がその理由であると主張した。
 ハインツェの退任後、ビンガム・セントラル鉄道会社(マスコット・トンネル)は新しいオハイオ・カッパー・カンパニーに編入され、統合された会社はユタ州のオハイオ・カッパー・マイニング・カンパニーと名付けられ、1951年まで運営された。

 1910年8月31日、ハインツェは女優のバーニス・ゴールデン・ヘンダーソンと結婚した。
 彼らの息子、F・オーガスタス・ハインツェ・ジュニアは1911年12月6日に生まれた。
 彼らは1912年に離婚したが、1913年にバーニスの臨終の床で和解した。
 1914年11月、ハインツェは肝硬変による胃出血を患い、44歳で亡くなった。

 ハインツェは遺書を残さなかった。彼の財産は、どちらも彼と法的に結婚していると主張する2人の女性によって争われた。
 最終的には、ハインツェの妹であるリダ・フリートマン・ブラッドグッドの養子となった2歳の息子
   フリッツ・オーガスタス・ジュニア
に残された。
  
    
posted by まねきねこ at 15:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィッシャー・ブラック(Fischer Sheffey Black) ブラック-ショールズ(Black-Scholes)方程式を考案

フィッシャー・ブラック
     (Fischer Sheffey Black)
   1938年1月11日 - 1995年8月30日
 アメリカの数学者、経済学者
 ワシントンD.C. 出身

 1964年に応用数学でハーバード大学から博士号を受けた後、経営コンサルタントの
   アーサー・D・リトル
に職を得る。そこでCAPM理論の創始者の一人
   ジャック・トレイナー
と出会い、金融工学へ進むきっかけを得た。

 1971年実業界から研究者の途に戻り シカゴ大学 ブース経営学大学院教授、MIT スローン経営学大学院教授を歴任した。
 1973年、オプションの価格算定式である
を考案した。
 この方程式は金融経済学における三大成果の一つとされる。

 1984年には、ゴールドマン・サックス社に招聘されるなど、自己の理論の実践にも並々ならぬ興味を持ち続けた。
 その後も研究を深耕して、1990年に
   エマニュエル・ダーマン
と共にブラック–ダーマン–トイのオプション評定価格モデルを著すなど業績を上げていた。
 1995年、癌で亡くなった。
   
   
posted by まねきねこ at 06:39 | 愛知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月01日

ウィリアム・ヘンリー・ドナルドソン(William Henry Donaldson) ドナルドソン・ラフキン・アンド・ジェンレットの共同設立者

ウィリアム・ヘンリー・ドナルドソン
        (William Henry Donaldson)
    1931年6月2日生まれ
 2003 年 2 月から 2005 年 6 月まで米国証券取引委員会(SEC) の第 27 代委員長を務めた。
 また、ニクソン政権では国際安全保障問題担当国務次官を務めている。
 ネルソン ロックフェラー副大統領の特別顧問、ニューヨーク証券取引所の会長兼 CEO 、エトナの会長兼社長兼 CEO などにも就任している。
 ドナルドソンはドナルドソン・ラフキン・アンド・ジェンレットを設立している。

 ドナルドソンはイェール大学(1953 年に学士号) とハーバード大学(1958 年に経営学修士号) を取得した。
 彼はイェール大学の4年生だったときに、秘密結社スカル・アンド・ボーンズに加わった。
 ドナルドソンは銀行および証券会社である
   GH Walker & Co.
でキャリアをスタートした。
 その後、ドナルドソンはエール大学に戻り、エール大学経営大学院を設立し、そこで経営学の学部長および教授を務めた。
 ドナルドソンは、イェール大学の管理プログラムで、公的管理職と民間管理職の間を簡単かつシームレスに行き来できる学生を育成するというビジョンを持っていた。
 これは二項対立のビジョンであり、民間の営利企業と政府の指導的立場を強調し、さまざまな非営利、非政府組織のリーダーシップを無視した。

 バランスの取れたアプローチという彼の壮大なビジョンは、最初の卒業生のほぼ全員がビジネスの職に就いている。
 政府関係の仕事に就く人はほとんどいなかったときには失望し、意思が打ち砕かれたという。

 学校の本館には彼の等身大の肖像画が展示され続けており、エール大学経営大学院の最高のリーダーシップ賞は「ドナルドソン・フェローズ」と呼ばれている。
 彼は米国海兵隊にも勤務した経験がある。
 1999 年から 2003 年までカーネギー国際平和基金の会長を務めた。
 ドナルドソンは公認財務アナリスト(CFA) の資格保持者であり、数々の名誉学位を取得している。
 ドナルドソンは ジェーン・フィリップス・ドナルドソンと結婚した。
    
   
posted by まねきねこ at 19:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月30日

ジョン・バーネット・ヘス(John Barnett Hess)  原油と天然ガスの探査と生産に携わるアメリカの世界的な独立系エネルギー会社の経営者

ジョン・バーネット・ヘス
      (John Barnett Hess)
   1954年4月5日生まれ
 Hess Corporationの CEO です。
 ジョン・ヘスは 1954 年にユダヤ人の家庭に
   ノーマ・ヘス
   レオン・ヘス
の息子として生まれた。
 彼の父親は原油の探査と生産に携わる独立系エネルギー会社
   ヘス オイル アンド ケミカルカンパニー
の創設者でありニューヨーク都市圏に本拠を置くプロのアメリカン フットボールチーム
   ニューヨーク・ジェッツ
のオーナーであった。

 会社はこの後にアメラダ ヘス コーポレーションと名称を変更し、現在はヘス コーポレーションとして知られている。
 彼の母方の祖父は、リンドバーグ幼児誘拐事件で
   ブルーノ・リチャード・ハウプトマン
を起訴した元司法長官
   デビッド・T・ウィレンツ
である。

 ジョン・バーネット・ヘスには、マーリーン・ヘスと元ペンシルベニア州上院議員
   コンスタンス・H・ウィリアムズ
という2人の姉妹がいる。
 彼は1975 年にハーバード大学で学士号を取得し、1977 年にハーバード ビジネス スクールで MBA を取得した。
 1984 年にスーザン エリザベス ケスラーと結婚した。
 ヘスは 1995 年にヘス コーポレーションの会長兼 CEO に就任し、2013年 5 月に会長を辞任し、CEO の職は留まった。

     
posted by まねきねこ at 06:53 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月28日

リチャード・エヴリン・バード・ジュニア (Richard Evelyn Byrd Jr)  米国の海軍士官でアメリカの先駆的な飛行家、極地探検家、極地物流の主催者

リチャード・エヴリン・バード・ジュニア
          (Richard Evelyn Byrd Jr)
   1888年10月25日 - 1957年3月11日
 米国の海軍士官でアメリカの先駆的な飛行家、極地探検家、極地物流の主催者であった。
 彼がナビゲーターおよび遠征隊のリーダーを務めた航空機の飛行は、大西洋、北極海の一部、および南極高原の一部を横断した。
 南極最大の休火山であるシドリー山を発見したことでも知られている。

 バード氏は、初めて北極点と南極点の両方に空路で到達したと主張したが、バードが実際に初めて北極点に到達した人物であるかどうかについては議論がある。
 一般に、バードが飛行したと主張した距離は、彼の飛行機の燃料航続距離よりも長かったと考えられている。
 米軍の最高の軍事勲章である名誉勲章と、米海軍によって勇気に対して与えられる 2 番目に高い栄誉である海軍十字章を受賞した。

 バードはバージニア州ウィンチェスターで
   エスター・ボリング(フラッド)
   リチャード・エブリン・バード・シニア
の息子として生まれた。
 彼はバージニアのファースト・ファミリーのひとつの子孫であった。
 彼の先祖には、農園主
   ジョン・ロルフ
とその妻でポーハタン族に属するアメリカ先住民の女性
   ポカホンタス
で、リッチモンドを設立した
   ウェストオーバー・プランテーション
のウィリアム・バード2世、ウィリアム・バード1世と植民地総督でバージニア州最大の土地所有者
   ロバート・「キング」・カーター
が含まれている。
 彼はバージニア植民地の農園主および植民地総督
   ジョージ・イヤードリー
や英国初のバージニア王室総督
   フランシス・ワイアット
英国植民地であるバージニア州の副知事
   サミュエル・アーガル
の子孫でもあった。
 彼は、 1920年代から1960年代までバージニア民主党の有力人物であったバージニア州知事兼上院議員
   ハリー・F・バード
の弟であった。
 父親は一時期、バージニア州代議員院議長を務めていた。
 
 1915年1月20日、リチャードはマリー・ドナルドソン・エイムズ(1974年没)と結婚した。
 彼は後に、発見した南極地域を彼女にちなんで「マリー・バード・ランド」と名付け、山脈を彼女の父親にちなんで「エイムズ山脈」と名付けた。
 彼らには、リチャード・エブリン・バード三世、エブリン・ボリング・バード・クラーク、キャサリン・アグネス・バード・ブライヤー、ヘレン・バード・ステイブラーの4人の子供がいた。
 1924年末までに、バード一家はボストンのビーコンヒル地区のブリマーストリート9番地にある、裕福な実業家であるマリーの父親が購入した大きな茶色い石の家に引っ越した。
 
 バードはエドセル・フォードとその父ヘンリー・フォードの友人であった。
 彼の極地での功績を賞賛したことで、バードはフォード・モーター・カンパニーから様々な極地探検へのスポンサーと資金提供を受けることができた。
 彼にはイグルーという愛犬がおり、バードと一緒に北極と南極に行った。

     
posted by まねきねこ at 10:07 | 愛知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月26日

アレクサンドル・ロンバール(Alexandre Lombard) 日曜日の休みを支持する活動で知られているスイスの銀行家兼慈善家

アレクサンドル・ロンバール
      (Alexandre Lombard)
   1810年4月23日ー1887年5月28日
 スイスの銀行家兼慈善家で、 日曜日の休みを支持する活動で知られている。
 ジュネーブの銀行家
   ジャン・ゲデオン・ロンバール
とデューレフィット出身の
   エリザベート・モラン
の息子として生まれた。
 彼はジュネーブのアカデミーで学び、その後リバプールで商業と銀行の見習いを修了した。
 彼は1834年にパートナーとしてロンバール・オディエ・エ・シー銀行に入社した。

 Alexandre Lombard は日曜日の休みに特に興味を持っており 1861年に
   日曜日聖化協会
の設立に参加した。
 この協会はジュネーブのプロテスタントの慈善家と牧師によって設立され、日曜日という
   すべての人に休息日を与えること
を目的とした組織で後に日曜日観察協会と名づけられた。
 スイスの日曜運動における彼の活動は、国際日曜遵守連盟(FIDOP)内で国際的なものとなった。
 この運動の要求の一つは、特に金曜日の夜に賃金を支払うことを一般化し、従業員が土曜日に買い物ができるようにすることであり、こうすることで日曜日に店に客が来なくなり、従業員に時間を与えることができるようになることを期待していた。
     
    
posted by まねきねこ at 13:49 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月24日

ロイド・テヴィス(Lloyd Tevis) 米国の銀行ウェルズ・ファーゴ・アンド・カンパニーの社長

ロイド・テヴィス(Lloyd Tevis)
   1824年3月20日 - 1899年7月24日
 米国の銀行ウェルズ・ファーゴ・アンド・カンパニーの社長を1872年から1892年まで務めた銀行家および資本家
 ケンタッキー州シェルビービルで著名な弁護士および巡回裁判所書記官である
   サミュエル・テヴィス
   サラ(旧姓グレートハウス)・テヴィス
の息子として生まれた。
 1842年から1844年までロイドは父親の事務所で法律を学び、裁判所書記官として父を補佐した。
 さらに、近隣の郡で勉強し働いた後、ケンタッキー州ルイビルにある
   乾物卸売会社
の営業マンになった。
 彼は高く評価され、会社が倒産したときは譲受人に任命された。
 この職での業績に基づいて、テヴィスは 1848 年にケンタッキー銀行でのポストをオファーされ、受け入れた。
 しかし、彼はすぐに銀行を辞め、ミズーリ州セントルイスの保険会社に転職した。

 テヴィスは1849 年の春にゴールド ラッシュに参加するためにカリフォルニアに向かった。
 金の採掘ではほとんど成功しなかったが、年末にはサクラメントに行き、郡記録官事務所での職を確保した。
 事務所で働き給料からお金を貯めて、数か月後、彼は初めて250ドルで土地を購入した。

 1850年10月、彼は知人の
   ジェームズ・ベン・アリ・ハギン
と協力してサクラメントに法律事務所を開設した。
 その後、彼らは1853 年にサンフランシスコに移った。
 ハギンとテビスはサクラメント近郊のランチョ デル パソの土地補助金を取得した。

 ハギンとテビスは、カリフォルニアに移住したケンタッキー出身の
   ルイス・サンダース大佐
の娘である姉妹と結婚した。
 テヴィスは 1854 年 4 月 20 日にスーザン G. サンダースと結婚しました。
 テヴィス夫妻には 3 人の息子と 2 人の娘が生まれた。

 彼の娘ルイーズは1877年にジョン・C・ブレッキンリッジ元副大統領の息子
   ジョン・ウィザースプーン・ブレッキンリッジ
と結婚した。

 テビスは、カリフォルニア蒸気航行会社の主要所有者の 1 人であり、カリフォルニア全土の電信線の映写機の 1 人であった。
 カリフォルニア州電信会社を
   ウェスタンユニオン電信会社
に売却する交渉で、彼の利益と手数料は20万ドルに達した。
 また、カリフォルニア ドライ ドックとサンフランシスコのカリフォルニア マーケットの主導的なプロモーターであカリフォルニアの初期の照明用ガス製造業者の 1 つり
   パシフィック アイス カンパニー
の社長兼主要所有者であった。

 テヴィスはカリフォルニア中央部の「チュール」、つまり湿地帯の開拓の先駆者で、かつて、カリフォルニアの駅馬車路線1,300マイル、サンフランシスコの馬車路線、そして数千頭の牛や羊がいる牧場を所有していた。
 
 1860 年代、テヴィスは、サンフランシスコ・アンド・サンノゼ鉄道、オークランド短線、サザン・パシフィック鉄道の最初の路線など、サンフランシスコとその周辺のさまざまな鉄道の開発を担当した人物の 1 人であった。

 1868年、彼は鉄道権益をセントラル・パシフィック鉄道の「ビッグ4」である
   コリス・P・ハンティントン
   リーランド・スタンフォード
   マーク・ホプキンス
   チャールズ・クロッカー
に売却した。

 1868年5月、テヴィスは
   ダリウス・オグデン・ミルズ
   HDベーコン
   スタンフォード
   ホプキンス、クロッカー
に加わり、パシフィック・ユニオン・エクスプレス・カンパニーを設立した。
 この鉄道は 1868 年にリノとネバダ州バージニアシティの間で運行を開始し、セントラル パシフィック鉄道とユニオン パシフィック鉄道で運行する 10 年間の独占契約を締結した。

 ウェルズ・ファーゴ・アンド・カンパニーの株式の価格は下落し、テヴィスとその仲間たちはその株式を大量に購入した。
 1869 年の秋までに彼はウェルズ・ファーゴを支配できる立場となった。

 1869年10月4日のいわゆるオマハ会議で、テビス社の鉄道独占契約を獲得する必要に直面し
  ウェルズ・ファーゴ
はテビス社の支配権を受け入れ、1870年に行われたパシフィック・ユニオン・エクスプレスとウェルズ・ファーゴの統合を手配した。
 テヴィスは 1870 年にウェルズ・ファーゴの副社長および取締役に選出された。
 1872年にウェルズ・ファーゴの社長に選出されたテヴィスは、1892年までその職を務めた。
 また、スプリング・バレー・ウォーター・カンパニー、リスドン製鉄所、オクシデンタル・アンド・オリエンタル汽​​船会社、バージニア市のトンネル会社スートロ社の大株主でもあった。

 テヴィスはサザン・パシフィック鉄道の発起人の一人でもあり、スタンフォード、ホプキンス、クロッカー、コリス・P・ハンティントンのビッグ4によるサザン・パシフィック鉄道の買収後、1869年から1870年にかけて短期間スタンフォードの代わりに社長代理を務めた。

 音響オペレーターであるテビスは、大規模な金、銀、銅の採掘に取り組み、最も危険な作業を行った。
 彼は、カリフォルニア、ネバダ、ユタ、アイダホ、およびサウスダコタの金鉱山および銀鉱山の所有者または共同所有者となった。

 テビス、ハギン、ジョージ ハーストは、ハースト、ハギン、テビス社として、ブラック ヒルズの
   ホームステイク金鉱山
とユタ州の
   オンタリオ銀山
を所有し、テビス、ハギン、ハースト、マーカス デイリーは、アメリカ合衆国モンタナ州で大規模な
   アナコンダ銅・クッパー
のストライキに遭遇していた。
 1896年、アナコンダ銅資産のハースト株は英国のシンジケートに売却された。

 1899 年 5 月、テビス、ハギン、デイリーはヘンリー H. ロジャース率いるシンジケートに株式を売却しました。
 テビスはその分け前として800万ドルを受け取った。

 テビスは、サンフランシスコの男性の5倍の速さで考えることができると語った記録が残されている。
 しばしば彼はそれを証明してみせた。
 しかし、後年は銀行業務を緩和しすぎたと言われている。

 ジョン・J・バレンタイン・シニアとウェルズ・ファーゴの他の取締役は、1891年の広範な監査の後、彼の経営手法に批判的であった。

 1892年8月11日、バレンタインが後継者に選出され、テヴィスはウェルズ・ファーゴの社長の地位を剥奪され追放された。
 さらなる圧力により、テヴィスは1年後の1893年8月10日に取締役会からも辞任した。

 アナコンダの所有権を売却してから 2 か月後、テヴィスは 1899 年 7 月 24 日にサンフランシスコで亡くなった。
 妻と 5 人の子供は生き残った。

 1906年4月18日のサンフランシスコ地震と火災の際、テヴィスの息子
   ハリー・テヴィス博士
はオペラ歌手のエマ・イームズとマルセラ・センブリッヒを救出し、ノブ・ヒルにある木造のテヴィス邸に連れて行った。
 翌日、進行中の火災によって家が焼失することが明らかになったとき、テヴィスは彼らを安全なノースビーチに避難させた。

     
posted by まねきねこ at 17:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月23日

ジェームズ・ジェラルド・ディナン(James Gerard Dinan) ヨーク キャピタル マネジメントの設立者

ジェームズ・ジェラルド・ディナン
        (James Gerard Dinan)
   1959年生まれ
 米国の投資家、ヘッジファンドマネージャー、慈善家
 1991年にヨーク キャピタル マネジメントを設立した。
 ジェームズ・ジェラルド・ディナンは
   ロバート・ディナン
   ジャネット・ディナン
夫妻の5人の子供のうちの1人としてメリーランド州ボルチモアのローマカトリック教徒の家庭に生まれた。
 父親は繊維エンジニア、母親は主婦であった。

 1969年に一家はマサチューセッツ州パクストンに引っ越した。
 ディナンは私立バンクロフト スクールを1977 年に卒業した後、 1981 年にペンシルベニア大学ウォートンスクールで経済学の学士号を取得した。
 ペンシルベニア大学在学中、ディナンは北東部の友愛団体アルファ チ ローに参加した。
 卒業後、株式調査会社ドナルドソン・ラフキン・アンド・ジェンレット(DLJ)に就職しビジネススターをと開始した。
 1985年、ディナンはハーバード大学で MBA を取得した。
 
 1985年に、合併裁定会社
   Kellner DiLeo & Company
に就職した、1987年に株式市場が暴落し、彼は 60 万ドルの貯金をすべて失いった。

 1991年、彼は元DLJの同僚から360万ドルを集めヘッジファンド
   ヨーク・キャピタル
を設立した。
 会社の名前はディナンが当時住んでいた通り、ヨーク・アベニューにちなんで名付けたという。

 1993年、彼のファンドは 33.8% の収益率で信頼を獲得した。
 2000年までにファンドの資産は 6 億 1,000 万ドルを超えた。

 2010年、彼はヨークの33%をクレディ・スイスに4億2,500万ドルで売却した。
 2011年、彼はニューヨーク市立博物館に 100万ドルを寄付た。
 2014年7月、ディナンはNBAのミルウォーキー・バックスの所有権の一部を取得した。

 2017年6月、彼は将来ヨーク・キャピタルを率いる最終的な後継者2名を指名した。
 2018年、ヨーク・キャピタル・マネジメントの運用資産は205億ドルとなった。
 
 ディナンはエリザベス・R・ミラーと結婚した。
 レーシングドライバーのマイケル・ディナンを含む3人の子供がいる。 

   
posted by まねきねこ at 18:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トーマス・ロウ・プライス・ジュニア( Thomas Rowe Price Jr.) T. Rowe Priceの創設者 「成長投資の父」とも呼ばれた。

トーマス・ロウ・プライス・ジュニア
       (Thomas Rowe Price Jr.)
   1898年3月16日 – 1983年10月20日
 1937年に設立されメリーランド州ボルチモアに本社を置く米国の上場投資会社
   T. Rowe Price
の創設者。
 同社は、個人、団体、退職金制度、金融仲介業者向けに、投資信託、サブアドバイザリー サービス、個別口座管理を提供している。
 プライスは
   フィリップ・フィッシャー
とともに、成長投資戦略の初期の提唱者として知られる。

 ボルチモア近郊のメリーランド州グリンドンで
   トーマス・ロウ・プライス・シニア
   エラ・スチュワート・ブラック
の間に生まれた。
 父親はメリーランド大学医学部の卒業生であり、祖父のベンジャミン F. プライスも同様であった。
 トーマス・シニアは何十年にもわたって
   ウェスタン・メリーランド鉄道
の外科医を務めたほか、グリンドンの地元の「田舎の医師」も務めた。
 プライスの母親エラは、ボルチモアの著名な建設業者兼請負業者
   サミュエル・ブラック
の娘であり、メリーランド州タウソンに本拠を置く電動工具会社
の二人の創設者の一人であるS・ダンカン・ブラックの叔母にあたる。

 プライスは1919 年にスワースモア大学で化学の学士号を取得し、デルタ ウプシロン友愛会の会員となった。
 1927年、プライスはペンシルベニア州フィラデルフィア出身で、当時ボルチモアのガウチャー大学に通っていたエレノア・ベイリー・ガーキーと結婚した。
 エレノアの父親
   ウィリアム・D・ガーキー
は発明家兼技術者で、「トーマス・アルバ・エジソンの元研究員」で、ニューヨーク、ボストン、シカゴ、コロンバス、フィラデルフィア、ボルチモアなどの米国の主要都市のガスと蒸気の力を電気に変換する事業に貢献した。
 化学の学位を取得したプライスは、当初、化学会社
   デュポン
でのキャリアを模索したが、科学研究よりも資金管理に興味を持ち、デュポン社を辞め小規模な投資会社や証券会社に入社した。
 その後、3 つの投資会社と証券会社で 10 年間を過ごした。

 プライスは成長投資への重点と顧客へのノーロード (手数料) 手数料システムを特に組​​み合わせた投資会社の運営に関する特別なビジョンを形成した。
 プライス氏は、手数料販売は潜在的に非倫理的であると考え、代わりに運用資産総額に対する年率の手数料に基づく報酬システムを強調し、それがファンドマネージャーと顧客の利益を一致させるものだと主張した。

 1930年代半ばまでに、プライスは
   マックビン・レッグ・アンド・カンパニー
       (現在の投資会社レッグ・メイソンの前身)
の投資責任者に昇進した。
 在職中にバリュー投資が手数料ベースを重視する同僚と絶えず衝突していることに気づいたロウはマックビンの他の 3 人の同僚とともに自分の会社の設立に着手し、1937 年に会社を設立し
   T. ロウ プライス アンド アソシエイツ
と名付けた。
 現在の名前のT. Rowe Price は、ボルチモアに本社を置き、年間数十億ドルを運用する多国籍投資および投資信託会社と成長した。
 プライス氏は 1966年に会社の株式を売却し、1971年に退職するまで個人的に会社を経営した。
 プライス氏は成長株の概念を定義し推進したことで最もよく知られており、そのため
   「成長投資の父」
と呼ばれている。
 同氏は、利益や配当がインフレや経済全体よりも早く成長することが期待できる肥沃な分野で、適切に管理された企業に投資することで、投資家は優れた利益を獲得できると信じていた。
 なお、プライスのアプローチの中核である、
   リスクを軽減するための投資選択
   分散の指針となる独自の調査
は、今も同社の原則の一部となっている。

 当時他の同業他社が行っていたように手数料を請求する代わりに、プライスは運用資産に基づいて手数料を請求した。
 投資会社の成功がポートフォリオと投資先の株式の成功に結びついている。

 プライス氏は 1983年に亡くなり、その後プライス家は会社の経営に関与しなくなった。
 現在は T. Rowe Price Associates と名付けられたこの会社は1986年に上場し、 1999年にS&P 500 指数に追加された。

  
posted by まねきねこ at 07:04 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月22日

ウィリアム・ヘンリー・ドナルドソン(William Henry Donaldson) ドナルドソン・ラフキン・アンド・ジェンレットの創設者

ウィリアム・ヘンリー・ドナルドソン
       (William Henry Donaldson)
   1931年6 月2日生まれ
 2003年2月から 2005 年 6 月まで米国証券取引委員会(SEC) の第 27 代委員長を務めた。
 なお、ニクソン政権で国際安全保障問題担当国務次官を務めた。
 ネルソン ロックフェラー副大統領の特別顧問、ニューヨーク証券取引所の会長兼 CEO 、エトナの会長兼社長兼 CEO でもある。

 ドナルドソンはドナルドソン・ラフキン・アンド・ジェンレットを設立した。
 (同社は2000年8月にクレディ スイスに115億ドルで買収された。)

 ドナルドソンは1953年にイェール大学で学士号、1958年にハーバード大学で経営学修士号を取得した。
 彼はイェール大学の年生だったときに、秘密結社
   スカル・アンド・ボーンズ
に加わった。
 ドナルドソンは 2003年2月に証券取引委員会の委員長に就任した。

 銀行および証券会社である
   GH Walker & Co.
でビジネスキャリアをスタートした。
 その後、ドナルドソンはエール大学に戻り、エール大学経営大学院を設立し、そこで経営学の学部長および教授を務めた。

 ドナルドソンは、イェール大学の管理プログラムで、公的管理職と民間管理職の間を簡単かつシームレスに行き来できる学生を育成するというビジョンを持っていた。
 これは二項対立のビジョンであり、民間の営利企業と政府の指導的立場を強調し、さまざまな非営利、非政府組織のリーダーシップを無視していた。
 バランスの取れたアプローチという彼の壮大なビジョンは、最初の卒業生のほぼ全員がビジネスの職に就き、政府関係の仕事に就く人はほとんどいなかったときに打ち砕かれた。
 学校の本館には彼の等身大の肖像画が展示され続けており、エール大学経営大学院の最高のリーダーシップ賞は「ドナルドソン・フェローズ」と呼ばれている。

 ドナルドソンは、米国海兵隊にも勤務した。
 彼は1999 年から 2003年までカーネギー国際平和基金の会長を務めた。
 ドナルドソンは ジェーン・フィリップス・ドナルドソンと結婚した。

   
posted by まねきねこ at 18:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月21日

リチャード・オールディング・ハインズ (Richard Olding Hynes)  フィブロネクチン分子の共同発見者

リチャード・オールディング・ハインズ
          (Richard Olding Hynes)
   1944年11月29日生まれ
 イギリスの生物学者で、ハワード・ヒューズ医学研究所の研究員
 彼の研究は、細胞接着および細胞と細胞外マトリックス間の相互作用に焦点を当て、特に癌転移の分子機構を理解することに興味を持っている。
 フィブロネクチン分子の共同発見者としてよく知られ、この発見はトムソン サイエンティフィック サイエンスウォッチによってノーベル賞候補としてリストされている。

 ハインズはケンブリッジ大学で1966年に学士号、 1970年に生化学の修士号を取得した。
 1971 年にマサチューセッツ工科大学で生物学の博士号を取得し、 1974 年まで帝国癌研究基金で博士研究員として働いた。 

 ハインズは 1973 年にMITの生物学部門の教員となり、1983年に正教授に昇進した。
 1988年にハワード・ヒューズ医学研究所の研究員の地位を授与された。
 1989年から1991年まで生物学部門の責任者を務め、1983年に教授に昇進した。

 1991年から 2001年まで MIT がん研究センターの所長を務め、 1999 年に
   ダニエル K. ルートヴィヒがん研究教授
に就任し、コッホ統合がん研究研究所に所属した。
 2004年以来、ブロード研究所の準会員となっている。
 ハインズは2000 年に米国細胞生物学協会の会長を務めた。

 また、2007 年からウェルカム トラストの理事会のメンバーを務め、2012年にインフォシス賞の生命科学審査員も務めた。
 公共政策に関する出版物を発表し、幹細胞研究、特に胚性幹細胞に関する米国の研究ガイドラインの作成にも参加した。
   
posted by まねきねこ at 19:57 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィリアム・ジョージ・ファーゴ(William George Fargo)アメリカン・エキスプレス・カンパニーとウェルズ・ファーゴという現代の金融会社の設立に貢献した先駆的なアメリカン・エキスプレスマン。

ウィリアム・ジョージ・ファーゴ(William George Fargo)
   1818年5月20日 - 1881年8月3日)
 ビジネスパートナーの
   ヘンリー・ウェルズ
とともに、アメリカン・エキスプレス・カンパニーとウェルズ・ファーゴという現代の金融会社の設立に貢献した先駆的なアメリカン・エキスプレスマンとされる。
 彼は第 27 代バッファロー市長でもあり、南北戦争中の 1862年から 1866年まで務めた。

 ウィリアム・ジョージ・ファーゴは、ニューヨーク州オノンダガ郡のポンペイで生まれた。
 ウィリアム・C・ファーゴ(1791年 - 1878年)とステイシー・チャペル・ストロング(1799年 - 1869年)の12人の子供の長男として生まれた。
 彼の弟は、アメリカン・エキスプレス社の社長を30年間務めた
   ジェームズ・コンデル・ストロング・ファーゴ(1829年 - 1915年)
である。
 ウィリアムはポンペイウスで郵便を配達し、家族を助けるために 13 歳で学校を中退した。
 このため、田舎の学校で教えられる初歩的なことだけを学んだ。
 彼の父親はコネチカット州ニューロンドンで生まれ、 1812年の
   米英戦争
に従軍した。
 年長のファーゴはナイアガラ砦に駐屯し
   ファン・レンセラー将軍
の指揮下でクイーンストン・ハイツの戦いに参加した。
 その結果、英国将軍アイザック・ブロックが戦死した。
 ファーゴはアメリカ軍が陣地を占領する直前に右太腿に負傷を負っている。

 彼の祖父であるウィリアム・ビービー・ファーゴ(1757年 - 1801年)は、アメリカ独立戦争で功績をあげた
   ウィリアム・ファーゴ(1726年 - 1813年)
の息子でもある。
 彼の曾祖父はモーゼス・ファーゴ(1691年 - 1798年)の息子であり、フランスのリヨンで生まれた
   モーゼス・ファーゴ(1648年 - 1742年)
の孫でもある。
 父親のジェイセント・ファルゴーは妻子とともにウェールズに移住した。
 そこからモーセと兄アーロンは1670年にコネチカット州ノーフォークへ向かったという。
 
 13歳のとき、ファーゴは学校を卒業し、故郷のニューヨーク州ポンペイの村に郵便物を運び始める従事に従事した。
 1838 年の冬、ファーゴはシラキュースの食料品店
   ハフ & ギルクリスト
と協力し始めました。
 彼は食料品店のロズウェルとウィレット・ヒンマンと一緒に働きに行くまで、1年間そこに留まった。
 3年後、ファーゴはシラキュースにある
   ダンフォード商会
の運送会社で事務員の職を取得した。

 1841年に、彼はオーバーンの
   オーバーン・アンド・シラキュース鉄道
の貨物代理店、つまりアルバニーとバッファロー間の速達メッセンジャーになった。
 1年後の1843年、ファーゴはニューヨーク州バッファローの常駐エージェントとなった。
 彼はオーバーン・アンド・シラキュース鉄道を去り、リビングストン・ウェルズ社にメッセンジャーとして入社した。

 1845年4月1日、ファーゴはヘンリー・ウェルズと
   ダニエル・ダニング
とともに、ウェルズ・アンド・カンパニーの名でバッファローからシンシナティ、セントルイス、シカゴおよび中間地点まで走るウエスタン・エクスプレスを組織した。
 当時、バッファロー以西には鉄道施設がなく、経営責任者であるファーゴは蒸気船や貨車を利用していた。

 1845年にダニエル・ダニングは会社経営から手を引き、1846年にヘンリー・ウェルズはこの懸念に対する権益を
   ウィリアム・A・リビングストン
に売却し、リビングストン・ファーゴ・アンド・カンパニーにおけるファーゴのパートナーとなった。

 1850年、ウェルズ・アンド・カンパニー(ヘンリー・ウェルズ)、リビングストン・ファーゴ・アンド・カンパニー(ファーゴとウィリアム・A・リビングストン)、そして1850年初めにバターフィールド・ワッソン・アンド・カンパニーの後継者となったウェルズ・バターフィールド・アンド・カンパニーの3社が競合した。
 ジョン・ウォーレン・バターフィールドは統合され、ウェルズが社長、ファーゴが秘書となるアメリカン・エキスプレス会社となった。

 1866年、ヘンリー・ウェルズの辞任とアメリカン・エキスプレスの
   マーチャンツ・ユニオン・エクスプレス・カンパニー
との合併に伴い、ファーゴはアメリカン・エキスプレス社の社長に選出された。
 彼は 1881年に亡くなるまで同社の社長であり、その時点で弟のJC ファーゴが社長に就任し、1914 年までその職を務めた。
 
 1852年、バターフィールドおよびアメリカン・エキスプレスの他の取締役がカリフォルニアへの事業拡大に反対したとき、ヘンリー・ウェルズとウィリアム・ファーゴは
   ウェルズ・ファーゴ&カンパニー
を設立した。当初のウェルズ・ファーゴは、パナマ地峡と太平洋岸を経由してニューヨークとサンフランシスコの間の特急事業を促進するために設立された。

 新しい会社は、金の購入や紙幣の販売を含む銀行サービスと、金やその他の貴重品の迅速な配送を含む速達サービスを提供した。
 同社はゴールドラッシュ都市サンフランシスコで営業を開始し、すぐに同社の代理店が他の新しい都市や西部の鉱山キャンプに事務所を開設した。
 1861年、ウェルズ・ファーゴ・アンド・カンパニーは、米国郵便を運ぶために1857年に設立された。
 ファーゴは最初の発起人の1つであったオーバーランド・メール・カンパニーを買収して再組織した。  

 ファーゴは、ニューヨーク・セントラル鉄道会社の取締役兼副社長、ノーザン・パシフィック鉄道の取締役兼株主、バッファロー・ニューヨーク・フィラデルフィア鉄道会社の取締役、そしてバッファロー石炭会社とマッキーン・アンド・鉄道会社の株主であった。

 1861年にバッファロー市長に選出され、1862年から1866年まで市長を務めた。
 1863年には2期目に選出された。
 市長任期中に1862年のバッファロー暴動が起こった。

 ファーゴは生涯民主党員であり、脱退に反対した。
 彼は南北戦争中、徴兵された従業員の給与の一部を支払うことで北軍を支援した。 
 
 1840年1月、ファーゴはポンペイウスの所有者の一人である
   ネイサン・ウィリアムズ
の娘アンナ・H・ウィリアムズ(1820年 - 1890年)と結婚し、8人の子供をもうけた 。
  
     
posted by まねきねこ at 10:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月19日

エイブ・ベイリー(Abe Bailey Sir Abraham Bailey, 1st Baronet ) 南アフリカのダイヤモンドと金の大物、政治家、金融家

エイブラハム・ベイリー卿
    (Abe Bailey Sir Abraham Bailey, 1st Baronet )
   1864年11月6日 - 1940年8月10日
 エイブ・ベイリーとして知られ、南アフリカのダイヤモンドと金の大物、政治家、金融家、クリケット選手であった。
 ベイリーの母親、アン・ドラモンド・マキューアンはスコットランド人で、父親のトーマス・ベイリーはイギリスのヨークシャー出身であった。
 1860年に南アフリカで結婚したトーマスとアン・ベイリーには、1872年にアン・ベイリーが早世するまで、メアリー、エイブラハム、スザンナ、アリスという4人の子供がいた。
 そのときエイブ少年はまだ7歳だった。
 エイブ・ベイリーは教育を受けるためにイギリスに送られ、最初はキースリーで、後にクルーワー・ハウスで教育を受けた。

 1899年10月に第二次ボーア戦争が勃発すると、1899年12月下旬にロンドンで
   帝国義勇軍団
が結成されました。
 この軍団には歩兵、騎馬歩兵、砲兵師団が含まれており、ロンドン市帝国義勇軍の名称で認可さた。

 1900年1月に南アフリカへ向かい、同年10月に帰還し、1900年12月に解散した。
 ベイリーは1900年1月3日に騎馬歩兵師団の中尉に任命され、一時的に陸軍中尉の階級が与えられが、その後約束はキャンセルされた。

 彼は南アフリカで別の連隊で活躍し、1900 年 7 月にRMSダノター キャッスルでイギリスに戻った。
 1902 年 12 月に、彼はサセックス ヨーマンリーの船長に任命された。

 1902年10月、ベイリーはケープ植民地立法議会のバークリーウェスト選挙区の進歩党候補者として対立候補もない中で立候補した。
 同選挙区の代表はセシル・ローズが同年初めに亡くなるまで務めている。

 1911年に聖ミカエル・聖ジョージ騎士団(KCMG)の騎士団長に任命された。
 第一次世界大戦では、ベイリーは南アフリカ軍少佐として軍務に復帰し、ドイツ領南西アフリカに対する軍事作戦に参加した。
 戦後、彼は1919 年に準男爵に任命され、数ある「ランドロード」(鉱山起業家)の 1 人として、大英帝国への貢献によりナイトの称号を与えられた。

 ビジネス上の利益とセシル・ローズとのつながりにより、エイブ・ベイリーは旧ローデシアのかなりの鉱山と土地の資産を取得した。
 1930年代までに、彼は世界で最も裕福な男の一人になった。 

    
posted by まねきねこ at 23:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする