市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2018年01月07日

ああ




日本航空(JAL 9201)とSBIホールディングス(3608)は3日、金融とIT(情報技術)を融合したフィンテック事業で協業すると発表した。共同持ち株会社と事業会社を設立し、2018年度から国際ブランドを搭載したプリペイドカードの発行を始める。今後はお金のデザイン(東京・港)などSBIグループが出資するフィンテック企業との連携も検討すると報じられた。    
   

  

ゲオHD(2681売上高については、ゲーム機器等の新品商材が想定以上に好調であったことに加え、リユース系が堅調に推移し前回予想を上回る見込みである。利益においては、a.出店と店舗照明のLED化工事の進捗が遅れ気味であったこと、b.備品消耗品費・販売促進費など販売管理費の更なる見直しを図ったことから、営業利 益、経常利益及び親会社株主に帰属する四半期純利益において前回業績予想を上回る見込みとなると報じられた。
    
    

    
    
イソライト(5358)第2四半期累計期間における売上高においては、新製品を含む高付加価値製品の売上が増加したことにより、当初予想に対して増加の見込みである。営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する四半期純利益については、売上の増加および製造コストの削減により当初予想を上回る見込みである。第2四半期累計期間の実績を踏まえ通期連結業績予想においても各利益ともに前回発表予想を上回る見込みであると報じられた。
    
    
タカラトミー(7867)売上高は、国内市場における玩具販売や『トランスフォーマー』『ベイブレードバースト』の海外向け輸出が好調に推移したことから、前回発表予想を上回る見込みである。営業利益及び経常利益並びに親 会社株主に帰属する四半期純利益については、売上高の増加などから前回発表予想を大幅に上回る見込みである。通期業績予想については、第2四半期(累計)連結業績予想の修正を踏まえて、修正を行うものであると報じられた。
    
    
三社電機(6882)通期連結業績予想については、半導体事業においては中国市場を中心にモジュールの販売が好調に推移していることに加え、電源機器事業においても、電子部品向けの金属表面処理用電源の販売が伸長している。利益面については、増収の効果により、期初業績予想対比改善する見通しである。現状の事業環境を踏まえ、通期の連結業績予想を修正すると報じられた。
    
    

ニッタ(5186)主要需要業界の業績が国内外ともに堅調に推移。半導体製造装置業界や物流業界は好調に推移しており、売上高は当初予想を上回る見込みとなった。売上増により営業利益も増加、為替も当初予想より円安水準で推移し、利益押し上げ要因となった。持分法適用会社の業績も、堅調に推移。経常利益、四半期純利益も当初予想を上回る見込みとなった。通期の業績については、売上高、各利益ともに前回発表を上回る見込みであると報じられた。
    
    
ヨシコン(5280)2018年3月期第2四半期(累計)連結業績予想につ いては、分譲宅地や商業施設用地など不動産開発事業の売上高が増加したことにより前回発表予想を上回る見込みとなった。営業利益、経常利益及び親会社株主に帰属する四半期純利益は、不動産開発事業の売上高の増加により、それぞれが前回発表予想を上回る見込みとなったと報じられた。
    
    
大阪工機(3173)当第2四半期連結累計期間(平成29 年4月1日〜平成29 年9月30 日)においては、上期に予定していた一部の経費の執行を下期に延期したことにより営業利益、経常利益、四半期純利益が当初予想を上回る見込みであるため、第2四半期累計期間連結業績予想及び個別業績予想数値を修正することとしたと報じられた。
    
    
こころネット(6060)利益面においては、 葬祭事業で売上高増加に伴い増益となったことに加え、事業再編による効率化や経費削減に努めたことにより、前回発表予想を上回る見込みとなった。売上面においては、ほぼ前回発表予想のとおりに推移した。利益面においては、修繕費の未執行や経費圧縮等により、前回発表予想を上回る見込みとなったと報じられた。
    
    

長大(9624)営業利益については外注費の抑制による原価低減等が進んだことにより、前回発表予想に対し増加する見通しとなった。経常利益および純利益については増加する見通しとなった。売上高については、グループ会社の基礎地盤コンサルタンツ株式会社にて受注案件を順調に消化したことに加え、洋上風力発電に関する海上ボーリング業務 が増加したことにより、前回発表予想に対し増加する見通しとなったと報じられた。
    
    
エクセル(7591)2018年3月期第2四半期は、海外市場における液晶モジュール用デバイス等の販売が減少したこと等から、売上高は予想を下回ったものの、相対的に利益率の高いビジネスの拡大と諸経費の削減に努めた結果、営業利益、経常利益とも、予想を上回る見通しとなっている。純利益については、1に記載の特別利益の計上に伴い、大幅増加となる見通しであると報じられた。
    
    

三交GHD(3232)営業利益は、分譲事業においてマンション販売が予定より順調に推移し、販売経費の支出が抑制されたことに加え、注力分野である環境エネルギー事業及びビジネスホテル事業の『三交イン』 が好調に推移していることから増益となり、経常利益及び親会社株主に帰属する四半期純利益については、前回発表予想を上回る見込みであると報じられた。
    
    

ダイワボウHD(3107)業績予想については、ITインフラ流通事業において首都圏を中心に受注が好調に推移した結果、売上高・営業利益・経常利益はそれぞれ前回予想を上回る見込みである。親会社株主に帰属する四半期純利益については、連結子会社である株式会社赤穂国際カントリークラブの株式譲渡に伴う繰延税金資産の計上により、税金費用が減少するため、前回予想を上回る見込みであると報じられた。
    
    
小野薬品工業(4528)は26日、2017年4〜9月期の連結純利益(国際会 計基準)が前年同期比8%減の212億円になったと発表した。従来予想は54%減の107億円だった。がん免疫薬オプジーボの海外販売が好調で、米ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)などからのロイヤルティー収入が当初予想を大きく上回ったと報じられた。
    
    
ジェイテック(2479)営業施策の強化により、稼働率・契約単価は高水準を維持してきた。技術系人材の獲得競争が激化している中、新規採用の強化を図ったが、計画どおりのテクノロジスト確保は厳しく、人材不足により案件に対応しきれない状況にあった。費用面においては、前期より継続して全社を挙げた業務効率化による販売費及び一般管理費の抑制を推し進め、利益獲得に努めた。売上高は当初の業績予想を下回る見通しとなったが、営業利益、経常利益は当初の業績予想を上回ると見込まれ、2018年3月期第2四半期(累計)連結業績予想の前回予想値を修正すると報じられた。
    
    
東洋建設(1890)売上高は当初予想から 若干下回るものの、利益面では国内事業において採算性が向上したため、営業利益は当初予想から18億円増の43億円となる見込みである。経常利益は17億円増の40億円、四半期純利益は11億円増の27億円とそれぞれ当初予想を上回る見込みであると報じられた。
    
    
だいこう(8692)通期連結業績予想については、第2四半期連結累計期間においてバックオフィス事業が堅調だったことにより、営業利益、経常利益および親会社株主に帰属する純利益は、前回予想を上回る見込みとなった。通期個別業績予想については、費用面における合理化が進捗したことにより、営業利益、経常利益および純利益が、前期実績を上回る見込みとなったと報じられた。
    
    

ロンシル工業(4224)第2四半期連結累計期間については、売上高は、前回発表予想通りとなる見込みだが、利益面については生産の効率化やコスト削減等の諸施策により、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する四半期純利益とも前回発表予想を上回る見込みである。通期連結業績予想については、第2四半期連結累計期間の業績予想を踏まえ、前回発表予想を修正したと報じられた。
    
    

日触媒(4114)第2四半期累計期間の連結及び個別の業績予想を上方修正する。国産ナフサ価格は予想よりも下回ったが、為替が円安に推移したことや、一部製品の海外市況が上昇したこと、販売数量を増加させたことにより、売上高は上振れを見込んでいる。利益については、原料価格が下落基調の 中でスプレッドが拡大したことも寄与し、当初予想を大幅に上回る見込みであると報じられた。
    
    

日立製作所(6501)は26日、2018年3月期の連結営業利益(国際会計基準)が前期比12%増の6600億円になると発表した。従来予想を300億円上回り、過去最高を更新する。半導体装置や建設機械、情報通信など主力事業が好調なためだ。事業売却などの構造改革で収益体質が強固になっており、今後の経営環境次第では業績が一段と拡大する可能性があると報じられた。
    
    

野村不動産ホールディングス(3231)は26日、2018年3月末までに最大100億円の自社株買いを実施すると発表した。取得株式数は最大500万株で、金庫株を除く発行済み株式数の2.6%に相当する。同社が自社株買いをするのは初めて。18年3月期の配当に自社株買いを加えた総還元性向は50%を超える見通しと報じられた。
    
    
野村総合研究所(4307)が26日発表した2017年4〜9月期の連結決算は、純利益が前年同期比16%増の333億円だった。流通業向けなどを中心にシステム開発受注が増えた。保有していたジャフコ株の売却益も利益押し上げに寄与した。売上高は8%増の2202億円だったと報じられた。
    
    
協和発酵キリン(4151)が26日発表した2017年1〜9月期の連結決算は、純利益が前年同期比20%増の197億円だった。パーキンソン病治療剤ノウリアストなど利益率が高い新薬群が好調に推移。研究開発費の減少も利益を押し上げたと報じられた。
    
    
エーザイ(4523)は26日、2017年4〜9月期の連結純利益(国際会計基準)が前年同期比33%減の188億円になったと発表した。前年同期に消化器医療事業と味の素の製薬子会社の統合で『負ののれん』にあたる一時収益を計上した反動で、従来は51%減の136億円を見込んでいたと報じられた。
    
    
未来工業(7931)住宅建築業界の需要水準が戻りつつあることに加え、関東地方を中心に受注活動が順調に推移したことにより、グループ2018年3月期売上高は当初の予想を上回る見通しとなった。利益面については売上高の状況に伴い当初の予想を上回る見通しとなり、それぞれの予想を修正するものであると報じられた。
    
    
GMB(7214)上半期は韓国や欧州における新車用部品や東南アジアにおける補修用部品の販売が順調に推移しており、売上高および営業利益は当初予想を上回る見込みである。第2四半期末時点の為替相場が円安ドル高となったことによる外貨資産の評価益等の為替差益も加わり、経常利 益および親会社株主に帰属する四半期純利益はさらに当初予想を上回る見込みである。通期の業績予想については、上半期の業績を反映し、修正すると報じられた。
    
    
富士ソフSB(6188)売上高については、コールセンターサービス分野、BPOサービス分野ともに官公庁向けの案件が拡大したこと、一部案件において前倒し受注があったことにより好調に推移した。利益については、売上高の拡大に加え、新規受注案件にかかる先行投資費用が想定内に収まったことにより、いずれも当初業績予想値を上回る見込みとなった。基づき、第2四半期累計期間の業績予想値を上方修正すると報じられた。
    
    
日精鉱(5729)アンチモン事業並びに、金属粉末事業 共に販売が好調に推移し、前回公表した予想を上回る見込みとなった。通期の業績予想については、先行きは不透明な状況にあるが、最近の業績及び事業環境を反映し、個別、連結ともに前回公表した予想を上回る見込みとなった。2017年10月1日を効力発生日として、普通株式5株につき1株の割当をもって株式併合を実施していると報じられた。
    
    
日立建機(6305)2018年3月期連結業績予想(2017年4月1日〜2018年3月31日)については、油圧ショベルをはじめとする建設機械需要が、中近東・アフリカを除く多くの地域で当初の想定を上回る見込みであり、販売も当初計画を上回る見込みであることから、2017年7月27日に「2018年3月期 第1四半期決算短信」で公表した連結業績予想を上方修正する。今年度の油圧ショベル需要は、第1四半期発表時の18万5千台から9千台増の19万4千台を想定していると報じられた。
    
    
シンデンハイテ(3131)一部生産調整等の要因があったものの、メモリ市況の追い風を受けほぼ計画どおりに推移していたところに、大口受注の装置ビジネスで急拡大した。売上高は、512億円(前回発表予想値より39億9200万円増)を見込んでいる。経常利益は、主たる要因として、上期に発生した外貨建て資産・負債の評価損等を加味したため、営業外費用は増 加するものの、10億5000万円(前回発表予想値より3億200万円増)を見込んでいる。親会社株主に帰属する純利益は、7億円(前回発表予想値より2億300万円増)を見込んでいると報じられた。
    
    
マキタ(6586)は25日、2018年3月期の連結純利益(米国基準)が前期比14%増の510億円になりそうだと発表した。従来予想は4%減の430億円だった。電動工具の販売が世界的に伸びているほか、想定為替レートを円安方向に見直したためだと報じられた。
    
    
井村屋G(2209) 売上高は上期の冷菓カテゴリーにおいて天候不順の影響にも関わらず『あずきバー』シリーズが伸張し、米国アイス事業のIMURAYA USA, INC.の売上も増加した。点心・デリカテゴリーでは新工場が7月より稼動を開始し『肉まん・あんまん類』が順調な立ち上がりとなった。井村屋フーズ株式会社のBtoB事業の受注も堅調に推移し、売上高が計画を上回る見込みとなった。利益面では、設備投資の効果や生産性向上活動によりコスト低減が図られ利益率が計画以上に向上した。売上高、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する四半期純利益の全てにおいて、過去最高を更新し、前回発表予想を上回る見込みとなったと報じられた。
    
    

ファナック(6954)が25日発表した2017年4〜9月期の連結純利益は857億円と前年同期比で43%増えた。中国を中心とした工場自動化の需要拡大を追い風に、産業用ロボットや工 作機械の頭脳にあたる数値制御(NC)装置の販売を伸ばした。米国や欧州も好調だったと報じられた。
    
    
空港ビル(9706)連結業績予想については、国内線及び国際線の航空旅客数が当初予想を上回り堅調に推移したことで商品売上が予想を上回ったことや、市中免税店の売上も予想を上回ったことに加え、利益については上期に予定していた業務委託費、修繕費等の一部で費用の発生時期が下期に変更になったこと、持分法投資利益が当初予想を上回ったことにより、前回発表予想数値を上回る見込みとなったと報じられた。
    
    
ケル(6919)売上高は、遊技機器市場向けは減少したものの、工業機器市場向けが計画を大きく上回り、その他の市場も堅 調に推移した結果、全体では計画を上回る見込みとなった。利益面は増収効果に加え、設備投資の見直しによる減価償却費の低減等のコスト削減に努めた結果、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する四半期純利益は、それぞれ計画を上回る見込みとなったと報じられた。
    
    
LINE(3938)が25日発表した2017年1〜9月期連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比2.3倍の120億円だった。格安スマートフォン(スマホ)の宣伝広告費や採用増に伴う人件費などが膨らんだが、一部事業の売却益104億円を計上したのが利益を押し上げたと報じられた。
    
    

 ●TSIHD() 585円買い気配 「アパレル大手のTSIホールディングス(3608)が13日発表した。

       

         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 05:57 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

ロシアにおけるファーウェイのスマートフォンの発展態勢は良好。市場シェアは14%近くまで核だい。


 中国の華為技術(ファーウェイ)の責任者は17日にモスクワで、ロシアにおけるファーウェイのスマートフォンの発展態勢は良好で、市場シェアは14%近くに迫っていると表明した。 

     
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  

  

    
posted by まねきねこ at 05:50 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

利回りを数十年ぶり低水準に押し下げた上昇相場の持続性に疑問符が付いた。


 
 投資家は先週、ドル建てジャンク債に連動する
   上場投資信託(ETF)
などから13億ドル(約1470億円)を引き揚げており、利回りを数十年ぶり低水準に押し下げた上昇相場の持続性に疑問符が付いた。

 なかでも、アイシェアーズ・アイボックス高利回り社債ETF(銘柄コードHYG)からは先週7億2600万ドルが流出した。 
 
 また、ブルームバーグ・バークレイズ・ハイイールド債ETF(銘柄コードJNK)は10日に5年ぶりの大幅資金流出となった。
 
 欧州のファンドからは先週、4420万ドル相当が引き揚げられたという。 

     
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  

  

    
posted by まねきねこ at 05:19 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

スティーヴン・セガール氏(65)に対する疑惑が浮上


 米国の映画産業の中心地であるハリウッドのセックススキャンダルが広がっている。
 これまで大物プロデュ―サーの
   ハーヴェイ・ワインスタイン氏
や脚本家・映画監督・プロデューサーとして活動してきた
   ケヴィン・スペイシー氏
ら関係者らの間でセクハラ疑惑が次々と浮上している問題で、今度は米国のアクション俳優
   スティーヴン・セガール氏(65)
に対する疑惑が浮上した。

 テレビドラマ「アリー・myラブ」への出演で知られる女優
   ポーシャ・デ・ロッシさん
がセガール氏の事務所で行われた同氏出演映画のオーディションでセクハラ被害を受けたと主張した。

 デ・ロッシさんは8日夜のツイッター(Twitter)投稿で、セガール氏は、スクリーン外での相性が大事だと言いながら、私を座らせ、ズボンのチャックを下した。私はその場を逃げ出し、自分のエージェントに電話した。すると彼女は平然と
   「セガール氏があなたのタイプではないとは知らなかった」
と言ったと告白した。
 
 なお、オーディションの時期については明らかにしていない。

 なお、ロッシさんの夫のデジェネレスさんはこの投稿を自身の7500万人を超えるフォロワーに向けリツイートし「私の妻を誇りに思う」とコメントした。

 先週には、1990年代のドラマ「ER緊急救命室」で知られる女優
   ジュリアナ・マルグリーズさん
が、1991年の映画
   「アウト・フォー・ジャスティス」
でセガール氏と共演した際にあった不快な出来事について明らかにしている。

 マルグリーズさんは、キャスティング責任者の女性から、セガール氏がシーンの確認をしたいと言っているとの連絡を受け、夜間に同氏が滞在していたニューヨークのホテルを訪問した。
 すると、そこにいたのはセガール氏のみだったという。
 
 
 マルグリーズさんはラジオ局シリウスXM(Sirius XM)に対し、「セガール氏は自分の銃をわざと私の目に入るようにした。私はそれまで、本物の銃を見たことがなかった」とその時の状況を明らかにしたうえ「無事その場から逃れることができた」と語った。

 2010年にはセガール氏は「性のおもちゃ」扱いされたと主張する元アシスタントの女性(当時23)から訴えられた。
 なお、この女性は後に訴訟を取り下げている。 


ひとこと

 これまで隠されていた暗部が明らかになったにすぎない。  


     
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  

  

    
posted by まねきねこ at 05:37 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

ゴールドマン・サックス マネジングディレクターに509人の社員を昇格


 
 ゴールドマン・サックス・グループは8日、新たに509人の社員を
   マネジングディレクター
に昇格させる人事を発表した。
 このうちセールス・トレーディング部門が占める割合は、509人のうち130人を証券部門に配分、割合はほぼ26%と、2015年の24%を上回った。

 15年にマネジングディレクターに指名されたのは425人だった。
 
  
 ロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO)は新しいマネジングディレクターは入社以来、従業員や顧客、企業文化への際立ったコミットメントを見せてくれたとのコメントを発表した。
 
 この重要な一歩を踏み出した彼らが今後も成功するよう祈るとも語っている。

 
 投資銀行部門での人数は今年が101人(15年 97人)に増えた。

 マネジングディレクターへの昇進は2018年1月1日付で行う。
 通常は昇進に伴い基本給とボーナスが増え、総報酬が数百万ドルのレベルに達することになる。
 
 幹部用の特別な投資ファンドにも出資できるようになる。
 
 マネジングディレクターはパートナーに次ぐ同社2番目の地位。
 社内ではパートナー昇進への足がかりと位置づけられる。
 
 新マネジングディレクターの女性の割合は24%で、15年の25%を下回った。
 投資管理部門は61人、テクノロジー部門は52人が指名された。
 消費者向けおよび商業銀行部門は8人だった。

 地域別では57%が米州、25%が欧州・中東・アフリカ、16%がアジア太平洋地域という。  


ひとこと

 企業収益に直積貢献する人材の確保では使命感よりも、合理的な賃金と身分の保障が必要だ。
 口先だけで待遇が悪い日本の企業の人材確保がままならないのも当然のことだろう。


     
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  

  

    
posted by まねきねこ at 05:24 | 愛知 🌁 | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

ロシア政府当局者らとペイジ氏が会っていたとことを認めた


  ニューヨーク・タイムズ(New York Times 米紙)は3日、米国議会下院の情報特別委員会で米国海軍士官から投資銀行家に転身し
   カーター・ペイジ氏
が2016年の米大統領選で
   ドナルド・トランプ氏
の陣営では外交顧問として、同年7月にロシアの首都モスクワを訪問し
   「少なくとも電子メール1通」
をトランプ陣営の幹部に送り、モスクワ滞在中に面会したロシア政府当局者や議員、ビジネス幹部から得た見解を説明していたと証言したと伝えた。
 
 ロシア政府当局者らとペイジ氏が会っていたとことを認めたもの。
 
 
 ペイジ氏は、これまでニューヨーク・タイムズ紙とのインタビューではロシア政府関係者との面会に関する質問で面会を否定するか直接の言及を避けてきた。

 だが数日前、トランプ氏陣営とロシアとの共謀疑惑を捜査する
   ロバート・モラー特別検察官
がトランプ陣営の選対本部長だった
   ポール・マナフォート氏
と同氏側近の
   リック・ゲイツ氏
をマネーロンダリングの罪で起訴したことから事態が動いたと見られる。
 
 2人は現在、裁判所命令により自宅軟禁下に置かれている。

 ペイジ氏は3日、ニューヨーク・タイムズ紙にもロシア当局者と面会した事実を認めている。
 また、米CNNに対しては面会者の1人は
   アルカジー・ドゥボルコビッチ副首相
だったと語った。
 
 ただ、一方ではペイジ氏は「2、3人とあいさつ程度の会話を交わしただけだ」と述べており、面会は重要なものではなかったと暗に示唆した。

 ロシアの大統領選介入疑惑をめぐり米議会が主導する捜査は他にも3件が進行しており、トランプ政権の悩みの種となっている。
 
 ただ、当然のことながらトランプ大統領自身は一貫して疑惑を否定している。
 
 
 マナフォート氏とゲイツ氏が逮捕された後もツイッターで自身の選挙陣営とロシアとの間に「共謀関係などない」と投稿した。
 
 マナフォート氏の資金洗浄疑惑は同氏が選挙運動に参加する「何年も前のことだ」などと事実誤認のツイートまでしている。
   

 トランプ氏陣営からは、ペイジ氏の他にもマイケル・フリン前大統領補佐官(国家安全保障担当)、トランプ氏の娘婿ジャレッド・クシュナー上級顧問、ジェフ・セッションズ司法長官らに、大統領選中のロシア当局者との接触疑惑が浮上している。



ひとこと

 泥船からの退避が続いているようだ。
        
   

         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 20:42 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

クラリオン(6796) 自動運転向けの車載カメラ事業に参入


 クラリオン(6796)は自動運転向けの車載カメラ事業に参入する。

 カメラが苦手としてきた夜間の視認性を高めた単眼カメラを開発したことで昼夜を問わず安全な走行が可能になる。

 先進運転支援システム(ADAS)や自動運転車向けに11月にサンプル出荷を始める。

 2020年に量産を始めて22年ごろに年間100万個の出荷を見込むと報じられた。
       

         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

リョーサン(8140) 売上高でコンシューマやFA機器向けビジネス等が好調に推移



 リョーサン(8140)は第2四半期累計連結業績については、売上高でコンシューマやFA機器向けビジネス等が好調に推移した。
 利益面でも増収効果により前回見込みを上回る見込みとなり、業績予想を上方修正すると報じられた。
       

         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 20:16 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮は「大変に危険」な存在


 北大西洋条約機構(NATO)の
   イエンス・ストルテンベルグ事務総長
は30日、安全保障の専門家や防衛当局者らを前に
   核実験やミサイル発射実験
を繰り返す北朝鮮について「皆さんと同様、われわれも北朝鮮の挑発的で無謀な振る舞いを懸念している」と発言した。

 また、北朝鮮は「大変に危険」で、日本やこの地域の国々に
   直接的な脅威
となっているだけでなく、
   「世界的な脅威」
との認識を示したうえ、制裁強化を支持すると表明した。

 ストルテンベルグ氏の来日は今回が初めてで安倍晋三首相や小野寺五典防衛相との会談が予定されている。

 また、国連安全保障理事会が先月採択した制裁決議については「北朝鮮に対する政治的、外交的、経済的な圧力をNATOは強く支持し、制裁の強化を歓迎する」とコメントした。

 さらに重要なのは、制裁を完全かつ透明性のある形で確実に実行することだと強調した。

 一方、ストルテンベルグ氏は10月、対北外交努力は失敗だったとの米大統領
   ドナルド・トランプ氏
の発言に対して、北朝鮮への軍事行動は「破滅的な結果」をもたらしかねないと警告した。
 
 
 この点についてストルテンベルグ氏は30日、米国政府には自国や同盟国を守る権利があるが、より一層の外交努力を呼び掛けてもいると強調した。
 
 また、「われわれは軍事力を行使しなければならないというわけではない。目標は平和的解決だ」との認識を示した。 

          
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  

   

    
posted by まねきねこ at 19:23 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

オービック(4684) 17年4〜9月期の連結営業利益 前年同期比+15%



 オービック(4684)の2017年4〜9月期の連結営業利益は
   160億円前後(前年同期比+15%)
になったとみられる。

 金融や不動産、建設など幅広い業種の企業で
   業務効率化
のためのシステム投資需要が増え同期間としては17年連続で最高となる。

 ネットワーク経由で利用するクラウドサービスの需要も取り込み、利益を押し上げたと報じられた。 

ひとこと

 事務処理などの効率化は重要だ。 


    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  

  
   

   
   

    
posted by まねきねこ at 02:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

ダウ・デュポンの7−9月(第3四半期)暫定決算



 米国の総合化学メーカー
   ダウ・デュポン
の7−9月(第3四半期)暫定決算は、価格上昇と消費者の旺盛な需要を背景に利益が一部項目を除いた調整後1株利益として
   55セント(前年同期野50セント)
とダウ・ケミカルとデュポンがすでに合併済みとの想定で算出予想を上回り、アナリスト予想の41セントも上回った。
 
 売上高は7.6%増の183億ドル(約2兆860億円)で、市場予想平均の175億ドルを上回った。
 
 同社によると、「消費者主導の旺盛な需要」と価格上昇が好業績に寄与した。

 正式な7−9月決算は11月2日に発表する。 

    
      
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  



    
posted by まねきねこ at 04:53 | 愛知 | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

空母3隻ので対北朝鮮の圧力を強化



 米国海軍で西太平洋とインド洋を管轄する
   第7艦隊
は25日、原子力空母「ニミッツ」が中東でのイスラム教スンニ派武装過激派勢力
   「イスラム国」(IS)
に対する掃討作戦を終え、インド洋に入ったと発表した。

 11月のトランプ米大統領のアジア歴訪に合わせ、すでに空母「ロナルド・レーガン」と「セオドア・ルーズベルト」が同艦隊の管轄海域には展開しており、計3隻の空母で対北朝鮮の圧力を強化する狙いがある。
 
 いずれの空母もイージス艦や原子力潜水艦などを伴い、空母打撃群を構成している。

 第7艦隊所属の「ロナルド・レーガン」は朝鮮半島近海で韓国軍との合同訓練を終え、21日に釜山に入港した。
 セオドア・ルーズベルトは23日に西太平洋に入った。 

    
      
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  

  

    
posted by まねきねこ at 19:54 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディスコ(6146) 17年4〜9月期の連結営業利益 前年同期比+9割 消耗品である替え刃なども販売が伸びた



 半導体製造装置のディスコ(6146)の2017年4〜9月期の連結営業利益は
   280億円弱(前年同期比+9割)
と過去最高となったようだ。

 なお、従来予想(75%増の260億円)を20億円弱ほど上回った。

 半導体需要の拡大を追い風に、主力の半導体装置の販売が欧米やアジアで好調という。
 顧客の工場の稼働率が上昇し、消耗品である替え刃などの販売も伸びたと報じられた。 

ひとこと

 技術や性能に競争力がある企業は強い。 


    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  



    
   

    
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

マルゼン(5982) 17年3〜8月期の連結営業利益 前年同期比+18%



 業務用厨房機器大手の
   マルゼン(5982)
の17年3〜8月期の連結営業利益は、
   25億円強(前年同期比+18%)
になったもよう。

 なお、これは従来予想の21億円を上回り、3〜8月期として最高となった。

 高齢化などを背景に総菜を家に持ち帰って食べる『中食』の需要が増えtあ。
 食品スーパーや飲食店向けに厨房機器が好調だった。

 利益率の高い自社製品が伸び、採算も改善したと報じられた。 

ひとこと

 外食産業の拡大には景気の回復が必要だろう。 


    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


  
   
   
    
      
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本電計(9908) 18年3月期の連結純利益 前期比+12%



 スマートフォン(スマホ)や自動車メーカー向けに電子計測機器や電源機器を販売する
   日本電計(9908)
の18年3月期の連結純利益が
   18億円(前期比+12%)
になる見通しだと発表した。

 これまで7%減の15億円だった従来予想から一転して増益となる見込み。

 中国では新たに稼働した試験場での受託試験需要が伸びる。
 円安・ドル高に伴う為替差益も収益に寄与すると報じられた。 

ひとこと

 利益も水ものか... 


    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  



   
   

    
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

中部鋼鈑(5461) 主原料である鉄スクラップ価格が第2四半期累計期間に想定を下回って推移



 中部鋼鈑(5461)はグループの主力セグメントである鉄鋼関連事業において、主原料である鉄スクラップ価格が第2四半期累計期間に想定を下回って推移した。

 この追い風のため、利益が前回発表予想を上回る見込みであると報じられた。
       

         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

再びリセッションへの対応を迫られた時に政策当局者らが再び量的緩和を行えるようにしておくべき


 米連邦準備制度理事会(FRB)の
   ジャネット・イエレン議長
は20日、ワシントンでFRBが
   「非伝統的な金融政策手段」
を使ったことについて、しばしば批判を受けたが、
   「グレート・リセッション(大不況)」
への対応で金融当局が非伝統的な金融政策手段を駆使しなかったら、米経済はこれほどの力強さを得られなかっただろうと述べ、大統領による次期FRB議長選びが進む中、自分の実績を強調した。

 同議長は、トランプ大統領による次期FRB議長選びで最終候補の一人と見られている。
 再びリセッションへの対応を迫られた時に政策当局者らが再び量的緩和を行えるようにしておくべきだと主張した。
 
 イエレン議長は短期金利に影響を及ぼすことが引き続き
   平常時の主要な金融政策手段
になると考えており、将来的に景気下降で短期金利が実効下限に戻った場合、非伝統的政策手段が再び必要になる可能性が高いと説明した。 
  
       

         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  



    
posted by まねきねこ at 05:50 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイハツデ(6023) 為替レートが想定よりも円安で推移



 ダイハツデ(6023)は18年3月期第2四半期および通期の業績予想で、為替レートが想定よりも円安で推移した。
 この流れを受け、売上高、営業利益、経常利益、純利益を連結・個別ともに修正すると報じられた。
       

         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 03:59 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

小松ウオール(7949) 18年3月期第2四半期累計期間の業績予想を上方修正



 小松ウオール(7949)は18年3月期第2四半期累計期間の業績予想について、首都圏を中心に販売価格競争は厳しさを増しているが、需要の拡大に備えた設備投資、人材確保及び教育等による効果が現れ始めた。

 これにより、受注活動が順調に進捗し、売上高が前回予想を上回る見込みとなった。
 利益においても、販売費及び一般管理費の増加を抑制したことなどにより増益の見込みで、業績予想を修正すると報じられた。
       

         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 09:39 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

モーニングスター(4765) 傘下の運用会社で投信の運用成果に応じて受け取る報酬が収益を牽引



 投資信託の評価を手掛ける
    モーニングスター(4765)
の17年4〜9月期の連結経常利益が9億円前後だったと見られている。
 これは前年同期に比べ1割増え、同期間としては6年連続で過去最高益となった。

 傘下の運用会社で投信の運用成果に応じて受け取る報酬が収益を牽引したと報じられた。
       

         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 17:40 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする