市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2021年02月13日

共和党の本質とは異なるトランプ支持派の思考が問題


 前米大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は先月6日、自身の支持者らによる議会襲撃の前
   演説で暴力を扇動した
「反乱扇動の罪」に問う弾劾裁判では12日、弁護側が陳述を行った。


 トランプ氏が自らの支持者に対し
   「必死に闘う」
よう訴えて暴力を扇動したとする民主党側の主張に対し、弁護団は、同氏の挑発的な言葉は
   熱のこもった政治演説
に過ぎないと主張し、民主党員らが
   「闘う」
という言葉を使って支持者を鼓舞する場面を多数集めた映像を流して反論した。
 この映像は10分以上にわたり、昨年の選挙期間中の
   ジョー・バイデン大統領
やカマラ・ハリス副大統領を含む多数の民主党員が登場したもので演説やテレビで「闘う」という言葉を数百回にわたり使う様子を映し出した。


 裁判ではこれに先立ち、検察役の下院議員らが2日間にわたり行った陳述で、トランプ氏が先月6日に行った演説の映像を繰り返し流し、この演説が支持者らを扇動し、ペンシルベニア通りへの行進と議会襲撃につながったと主張していた。
 弁護側は1日のみで陳述を終了した。
 裁判では次に、陪審員役の上院議員が質疑応答を行う。


ひとこと

 言葉の使い方であり、単に「闘う」という言葉で扇動できるのではなく、使うタイミングが問題であり、前後の状況の変化を加速させる使い方が問題となる。
 政治家が「闘う」という言葉を繰り返し使っても暴動が起きていない。

 自虐的な手法でしかない映像の使われ方は逆にトランプ大統領の姿勢が最も問題であったことを明確化させてしまうものだ。
 トランプ政権時代の政治的思惑から米国内の対立軸をより精鋭化させてしまった責任は大きい。
   
 もともと民主党支持のトランプであり、自己の目的から共和党に鞍替えしたことを快く思っていない共和党員も多い。  
    

   
posted by まねきねこ at 17:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映像は逆効果だろう


 前米大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は先月6日、自身の支持者らによる議会襲撃の前
   演説で暴力を扇動した
「反乱扇動の罪」に問う弾劾裁判では12日、弁護側が陳述を行った。

 トランプ氏が自らの支持者に対し
   「必死に闘う」
よう訴えて暴力を扇動したとする民主党側の主張に対し、弁護団は、同氏の挑発的な言葉は
   熱のこもった政治演説
に過ぎないと主張し、民主党員らが
   「闘う」
という言葉を使って支持者を鼓舞する場面を多数集めた映像を流して反論した。
 この映像は10分以上にわたり、昨年の選挙期間中の
   ジョー・バイデン大統領
やカマラ・ハリス副大統領を含む多数の民主党員が登場したもので演説やテレビで「闘う」という言葉を数百回にわたり使う様子を映し出した。

 裁判ではこれに先立ち、検察役の下院議員らが2日間にわたり行った陳述で、トランプ氏が先月6日に行った演説の映像を繰り返し流し、この演説が支持者らを扇動し、ペンシルベニア通りへの行進と議会襲撃につながったと主張していた。
 弁護側は1日のみで陳述を終了した。
 裁判では次に、陪審員役の上院議員が質疑応答を行う。


ひとこと

 言葉の使い方であり、単に「闘う」という言葉で扇動できるのではなく、使うタイミングが問題であり、前後の状況の変化を加速させる使い方が問題となる。

 政治家が「闘う」という言葉を繰り返し使っても暴動が起きていない。
 自虐的な手法でしかない映像の使われ方は逆にトランプ大統領の姿勢が最も問題であったことを明確化させてしまうものだ。

 トランプ政権時代の政治的思惑から米国内の対立軸をより精鋭化させてしまった責任は大きい。
   
    
   
posted by まねきねこ at 10:11 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

事実の隠蔽は信頼性を失わせる


 ニューヨーク州のクオモ知事の側近は民主党指導部との会議で、州政府は連邦当局の調査を回避するために介護施設での死亡者数を正確に公表しなかったと告白した。

 12日に知事側が開示した会議録で明らかになったもので、共和党議員は知事が
   事実を隠蔽
したと非難し、辞任を要求した。


ひとこと

 政治家の言葉は重要であり、信頼性を失わせる嘘は致命傷だ。
 日本の政界の嘘が大手を振っており、問題の根は深い。
  
 与野党の政治家の本質は欺瞞だらけのゴロツキが増えてしまっているようだ。
 忖度や女衒の官僚やマスコミ上がりの政治家で日本経済が回復する政策が王道を振っていは、道が細いままで転げ落ちる国民が多すぎる。
  


      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
   人気ブログランキングへ 
   

  
posted by まねきねこ at 08:39 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルブを広げすぎか?


 米国債市場では、10年債利回りが1.15%を割り込んだ。
 1月の米消費者物価指数(CPI)統計で、変動の大きい食品とエネルギーを除くコア指数が2カ月連続で前月比横ばいとなったことが背景だ。 
  
 ただ、1月のCPIは低調となったものの
   物価上昇圧力
は今後数カ月に強まるとの懸念が続いている。

 米国議会が大規模な追加経済対策法案を可決するとの見通しや、新型コロナウイルスのワクチン接種が進むにつれ個人消費が持ち直すとの見方が理由という。
  
    
ひとこと

 バルブを広げすぎているが、インフレはまだ起きそうにもない。
 ただ、原油価格の上昇を意識して置く必要がある。
  
 円安から円高に誘導させ、内需の拡大で経済回復を一気に進める必要がある。
posted by まねきねこ at 08:08 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不満を抑え込むことが出来ないだろう


 米国の自由アジア放送(RFA)は10日、チェコ大使館の関係者はRFAとのインタビューで「輸入停止の影響で何か月も砂糖と食用油を入手できずにいる」と伝え「コーヒーや歯磨き粉などももちろんなくなった」と続けた。
 さらに、現地で栽培された野菜と果物は昨冬より高くなった」「国が1年にわたって国境を封鎖した場合に予想されるあらゆる問題を、北朝鮮が今、経験している」と明らかにした。
 米国中央情報局(CIA)は新たに改編した「CIAワールドファクトブック」で、北朝鮮の住民のうち電気を使えるのは26%にとどまると分析している。
 ただ、電気の使用が可能な住民でも、停電があるため恒常的に電気を使えるわけではないため、最近では大使館エリアでも何度も停電があったことも明らかにした。

 北朝鮮に駐在するロシアの
   アレクサンドロ・マツェゴラ大使
さえも「国境封鎖が長びき、平壌で小麦粉や砂糖など基本的な生活必需品さえも購入が難しくなった」とロシアのインターファクス通信との取材で話した。
 
 マツェゴラ大使は「やっとのことでサイズの合う服と靴を見つけても、価格が封鎖前の3−4倍になっている」「ロシア大使館の職員たちはお互い服と靴を交換し、子どもたちに着せている」ことも明らかにした。
 
 また、もっとも大きな問題は、医薬品が足りないことであると明かした。
 同大使は北朝鮮の状況について「国境封鎖によって物品や原材料などの輸入が途絶え、多くの企業が閉鎖に追い込まれ、人々は仕事を失っている。
 子どもたちは一年間ずっと、事実上学校に通えずにいると説明した。
 北朝鮮当局は、新型コロナが北朝鮮で発生しても十分な医療基盤施設がないため、出来ることは徹底したコロナの流入遮断だということを公然と認めていることも話した。


 北朝鮮当局が、外交官の幼い子どもたちが大使館を離れられないようにし人質状態で監視されているようだ。
 北朝鮮では無策とも言え方法でしか対処できず、新型コロナの流入を阻止するために、昨年1月から国境を封鎖し経済環境がより悪化してしまって末期的症状に陥っている。
 
 
   
posted by まねきねこ at 06:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月12日

コロナ変異株の増加で集団免疫の獲得が難しくなる可能性


 米国リッチモンド地区連銀の
   バーキン総裁
は11日、メディアの取材で、米国の景気回復に
   新型コロナウイルスの「集団免疫」
は必要ないとの考えを示した。

 新型コロナワクチンの接種が予想ほど進んでおらず
   コロナ変異株の増加
で集団免疫の獲得が難しくなる可能性はある。
 それによって米国の景気回復が止まることはないと指摘した。
 このバーキン総裁の発言は、国民へのワクチン接種が進むにつれて経済活動が上向くとする多くのアナリストの見解と一致している。
 また、景気回復とコロナ流行が相いれないものではないとの理解が広まっていることも反映したものだ。


 企業活動について
   従業員の安全を確保する必要
があるため、出張や会議などの高額の支出が再開されるのは夏以降になると予想した。
 集団免疫についての見方よりも、感染状況や入院者数の方が企業の支出の判断を左右する可能性があるとした。


 米国経済の約70%を占める消費者支出については、ワクチン接種がきっかけとなって昨年大きく落ち込んだ旅行などのサービス支出が可能になるかもしれないと指摘した。
 なお、モノへの支出は引き続き堅調で、春夏には力強い消費者需要が見込まれると語った。
   
  
ひとこと

 景気回復には内需の拡大が必要であり、政策として飲食業への補助ではなく、基礎控除や扶養控除額の倍増や消費税の1年間の停止などが必要だろう。
 また長期的な視点では戦後取り組んだ東京一極集中の諸政策を早急に是正し中央官庁の地方分散と関東圏の人口を4分の一以下にするため、企業本社の地方移転を促す転居控除などの政策を展開する必要があるだろう。
 


      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
   人気ブログランキングへ 
   

  
 
posted by まねきねこ at 09:34 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コロナ感染症後の経済対策が幼稚すぎ、加速度的に回復さえる政策を早急に策定し実行すべきだ


 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は10日にニューヨーク経済クラブの講演で米労働市場について、完全回復にはまだ程遠いとし、議会と民間部門の両方に対し労働者支援を呼び掛けた。
  
 講演では今年1月の雇用者数が2020年2月の水準を1000万人近く下回っていることを指摘し、「恩恵が広く共有されるような力強い労働市場からは、なお非常に遠い状態にある」と述べた。
 その上で「最大限の雇用を達成し、それを維持するには、金融政策による支援以上のものが必要となる」と話した。
  
 バイデン米大統領は1兆9000億ドル(約199兆円)規模の追加経済対策案を打ち出している。
 ただ、共和党が反対姿勢を崩さないため紆余曲折があり実現できていない。 
 このほかに、サマーズ元財務長官ら民主党関係者の一部も巨額過ぎると懸念している。
  
 パウエル議長は引き続き経済をしっかりと支えられるように金融政策を講じていくとあらためて表明した。
 そのうえで財政政策による支援を継続することが必要だと主張した。


ひとこと

 日本の経済回復には消費市場の拡大で付加価値のある製品の購買力を強める必要がある。
 内需拡大にシフトし、都市機能の地方への分散で総合的な経済力を高める必要がある。

 感染症対策分野を見れば東京都市圏の人口を現在の2割程度まで引き下げるよう、地方への本性機能の分散や民間企業の移転を促す税制措置を行うべきだろう。

 機能の効率化で戦後発展っせたが、コロナ感染では逆の作用が起きている点に注目すべきだ。
 また、動かない代議士は不要であり、代議士の定員を参議院は100名、衆議院は300名程度に削減すべきだ。

 韓流工作を受けたり、大河ドラマで地方自治体、観光協会などへのタカリ体質などが露骨に見える公共放送のNHKの報道姿勢や組織としての姿勢は極めて問題であり、放送法の受信契約条項を廃止し、分割民営化したうえで法的保護は廃止すべきだろう。
posted by まねきねこ at 09:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月11日

外交攻勢を強める中国


 中国外交部の汪文斌報道官は8日の定例記者会見で、国際社会の積極的な仲介の下
   リビア和平協議
により新たな大統領委員会と暫定政府の指導者が選出されたことについて、「中国側は歓迎する」と表明した。
 さらに、「リビアの関係各側がこれを契機に、協調と対話を強め、共通認識を高め、リビア問題の政治的解決プロセスの確実な進展を後押しするよう期待する」とした上で、中国側として引き続き国際社会と共にリビアの平和と安定の回復に積極的な役割を果たしていきたいとの考えを示した。
 
  
posted by まねきねこ at 05:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月10日

分断と憎悪を増やしただけの政治家


 米国で警備が厳重であった連邦議会がトランプ支持派により占拠された事件を先導したとして議会下院で弾劾訴追された
   トランプ前大統領
の弾劾裁判の実質的な審理が9日、上院で始まった。
 
 トランプ氏の弾劾裁判は2020年1〜2月に続いて2回目となるもので、退任後の大統領を対象とした裁判は史上初めてとなる。
 大統領は既に9日に退任していたものの在任中の不適切な行動について弾劾裁判にかけることの合憲性を巡って議論、採決する。
 
 検察官役を務める民主党は退任後でも裁判の対象となりうると主張した。
 この主張に対して、トランプ氏の弁護団は「私人への裁判は違憲」として裁判に根拠はないと反論した
 弾劾裁判の開始に先立ち、9日は裁判の進め方を定める運営規則を賛成89、反対11で可決した。
 
 この裁決に反対したのはトランプ支持派の中心人物であるクルーズ上院議員ら全員が共和党だった。
 
 選挙後の上院(定数100)の勢力は民主、共和両党が50議席ずつで有罪評決には出席議員の3分の2が必要となるため、共和党から17人の造反を要することから訴追のハードルは高い。
 なお、正式な冒頭陳述が10日から始まり、民主党とトランプ氏側がそれぞれ最大16時間を使って議会占拠を巡る主張を展開する。
 

 陪審員役の上院議員の質疑応答、最終弁論などを経て評決に移る運びとなっている。
 ただ、上院では追加の新型コロナウイルス対策や人事の承認など処理すべき案件が山積しており、民主党では裁判の短期決着をめざす向きもある。
  


      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
   人気ブログランキングへ 
   

  
 
posted by まねきねこ at 05:33 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月08日

中国共産党政権に対しインド太平洋諸国は警戒心を強めている。


 
 米軍の準機関紙「星条旗新聞」は、米軍最新鋭のミサイル駆逐艦「ラファエル・ペラルタ(USS Rafael Peralta)」号が4日、横須賀港に到着し、第7艦隊に配属されたと伝えた。
 
 この背景には、緊張感が高まる東アジアに戦闘能力の高い部隊を配備するという米国の思惑がある。
 
 経済発展に伴い火器弾薬類の補給が大きく向上し、兵站線を維持できる自信を持った中国軍は拡張を続けている。
 
 傲慢さが出ている中国共産党政権に対しインド太平洋諸国は警戒心を強めており、合同軍事演習を通して連携強化を図っている。
 
   
posted by まねきねこ at 06:11 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月06日

北朝鮮人権問題に関連し積極的な「介入」に舵を切り直した


 北朝鮮はこれまで国連など国際社会の人権問題提起に対しては
   内政干渉
だとして激しく反発し、ミサイル発射や核実験の強行で意思を示す行動が見られた。
 

 米国国家情報委員会のシドニー・サイラー北朝鮮担当官は4日、ジョージタウン大学が開催したオンライン討論会で「北朝鮮の人権改善努力と非核化交渉を同時に推進することができる」と強調した。


 米国では昨年11月の大統領選以来、「北朝鮮の人権実態を深く懸念する」と指摘しつつも「行政上発表する内容はない」と体制の整備を最優先としてきたバイデン政府が北朝鮮人権問題に関連しても人員の確保・再配備などを進めており
   積極的な「介入」
に舵を切り直したことを示唆する部分だ。

 このような状況で米新政権の北朝鮮政策に神経を尖らせ、韓国の文政権との情報共有化で韓国からの工作を試みている北朝鮮の対応に注目が集まった。
 
 
 
posted by まねきねこ at 05:31 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月03日

低価格帯の日用品事業を英国の投資ファンドに売却


 資生堂は3日、ドラッグストアやスーパーなどの量販店向けに展開する低価格帯の日用品事業を、英国の投資ファンド
   CVCキャピタル・パートナーズ
に1600億円で売却することで合意したと発表した。



  
posted by まねきねこ at 18:49 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月01日

状況分析が鈍い政治家は国益を害する


 インド陸軍は最近、国境地帯で中国政府の工作に加担する中国人の入植作業を拡大させたうえ、中民保護名目で中国軍を展開するなど中国共産党の脅威が強まっている。
 
 これまでインド北東部の地方軍は、主に反乱への対応と国内の治安維持を任務としていた。
 
 こうした動きの中、中国共産党が脅威を強めてから、インド軍の北東部での反乱を鎮める軍隊と内部治安部隊の移動を決定し、中国共産党の脅威に焦点を当てるため、旧暦の年末(2/11)までにインドと中国の国境沿いに1万人の兵力を増強するとしている。
 
 昨年5月にラダック東部で起きた中国共産党軍とインド軍の間の戦闘も解決されていないままで膠着状態にある。
 
 インドのメディアは以前から、中国共産党がシッキム州からアルナーチャル・プラデーシュ州までの中印国境の実効支配線(LAC)に沿って重火器や火器弾薬類の配備を増やし続けていると報じている。
 
 最近、インドのメディアは、アルナーチャル・プラデーシュ州の実効支配線の近くに中国人を居住させるための村が建設され、大規模な移住活動が行われていることを示す衛星画像があり、中国が紛争地域に侵入し既成事実化させようと工作しているのではないかとインドは危惧していると報じた。
 
 インド陸軍では中国共産党からの国境の脅威に対応して、年内に実効支配線の東側に1万人の兵士を再配置する計画があるという。
 軍事専門家は、この動きは部隊が国境に集中して定期的な訓練を行うのに役立つと考えているとのこと。
  
 
ひとこと
 
 19世紀型の植民地政策と同じことを中国政府は経済支援を名目として借金漬けにして、返済不能に意図的に陥らせ、借金棒引きと引き換えに軍事施設ン建設、外交交渉や防衛関係の権限を委譲することを要求する意図がある。
 
 また、民間企業を進出させ、現地住民とのトラブルを工作して武力対立を煽り、中国人に被害を出させたうえで、邦人保護名目で中国軍を派遣するなど軍事力を最大限利用した戦略を立てているようだ。
 
 当然、日本の企業などが中国に進出しているが、意図的に対立軸を作り出し、企業の設備等を接収したうえ現地日本人を反国家分子などという名目で身柄を拘束する可能性も高い。
 また、技能実習生なども内部に公安部門の工作員を一定割合入れたうえで監視活動を行わせている。
 ただ、中国軍が日本に侵攻するための理由づくりに利用する奴隷労働名目に技能実習生が使われる可能性もある。
 また、テロ行為を工作するための工作員に利用する動きには特に警戒が必要だろう。
 
 甘い思考の与野党政治家や中国政府の工作を受けている自動車産業などの経営者やマスコミも周囲に仕組まれた中国政府の工作員により家族関係の情報は全てに握られ、日々の動静なども把握されいる可能性があるのは当然であり、中国軍の侵攻が現実化する直前には警戒心を緩めさせようとする宣伝工作など動きが出る可能性もあるだろう。
 
 餓鬼の思考が政治に浸透したのも韓流工作や中国、ロシアの政治思考に近い職員の影響が大きいかもしれない。
 
 
   
posted by まねきねこ at 06:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月31日

強気発言だが?


 中国国防部(国防省)の呉謙報道官は28日午後の定例記者会見で、記者から「報道によると、台湾地区の民進党当局は最近
   台米関係
を深めると表明したうえ、台湾地区防衛当局は、大陸の軍用機が台湾地区の
   「西南防空識別圏」
に進入したとして、これを大げさに宣伝し続けているが、これについてコメントはと仕込みと思われる質問を投げた。
 この回答として呉報道官は台湾地区が中国の領土の不可分の一部と主張したうえ
   台湾地区問題
は中国の内政であり、いかなる外国の干渉も許さないと続けた。
 
 これはチベットを併合した屁理屈と同じロジックだ。
 
 また、中国人民解放軍が台湾海峡地域で実施した軍事活動は、現在の台湾海峡の安全保障情勢を念頭に置き、また国家主権・安全維持のために講じた必要な行動であり、外部勢力による干渉及び「台湾独立」勢力による挑発に対する厳正な対応だと警告した。
 民族の復興と国家の統一は大勢の赴くところであり、大義であり、民心の向かうところでもある。中華民族の歴史という大河において、一握りの「台湾独立」分裂勢力が「独立」を図る行為は小さな泡のようなものであり、波を起こすことなどできるはずもないと武力鎮圧を臭わせたうえ、中国政府は「台湾独立」勢力に厳しく警告し、火遊びをする者は自らが火に包まれるのであり、「台湾独立」は戦争を意味すると言い放った。
 
 中国人民解放軍はあらゆる必要な措置を講じて、いかなる形の「台湾独立」分裂の企みも断固として粉砕し、国家の主権及び領土の一体性を断固として守ると本性を明らかにした。
 
 
ひとこと
 
 中国の本質の一端だろう。
 中国の歴で最大の領土を持った時を起点として中国領土をの主張を行うが、遊牧民に実効支配された元朝や清朝を始め、鮮族に半分を支配されたり、五代十国時代など中国の漢民族が支配していない期間も長い。
 
 そもそも、意図的に中国共産党が組み込んでいる漢民族の総数だが、所詮は政治宣伝の類から派生したもので大部分が漢民族とは言えない民族でこうさせされ狭義では1億人しか漢民族とはならないという考え方もある。
 
 なお、台湾と本気で戦闘を始めれば、内部の少数民族や漢民族に取り込まれ習慣や文化を破壊された強制漢化された諸民族、自由主義勢力も絡んで自益権や自由を要求して各地で反乱が引き起こされ内乱状態に突入する可能性もある。
  


      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
   人気ブログランキングへ 
   
  
    
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月29日

変更した情報を刷り込む日本のマスゴミ報道の問題が広がりそうだ


 ドイツの予防接種常設委員会(STIKO)は英国医薬品会社
   アストラゼネカ
の新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンの高齢者に対する有効性に疑問を呈した。
 
 これにより欧州連合(EU)のワクチン不足は長期化する恐れがある。
 ドイツ保健省が28日公表したワクチン評価の草案でアストラ製ワクチンについて、接種対象年齢を18歳から64歳に限定して使用を認めるよう勧告した。
 ドイツ政府のワクチン評価作業を担う同委員会は、アストラのワクチンは他のワクチンと同様に機能するようだと説明したが、65歳以上の高齢者に対する有効性の情報が十分ではないと判断した。
 
 一方、フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ 独紙)は、アストラが2月にもEU向け供給を増強する計画だと報じた。
 同委員会の勧告に法的拘束力はないが、ドイツの州と連邦が策定するワクチンガイドラインの基礎になる。
 
 この発表を受けて、アストラゼネカの株価は急落下落した。
 
 欧州医薬品庁(EMA)は週内にアストラ製ワクチンを承認するとみられている。
 
 
ひとこと 
  
 欧米人への効果の確認作業が行われている。
 感染率や死亡率を比較しても、生活習慣や体質、人種間における差があり欧米のデータがそのまま日本人に適応できる訳はない。
  
 説明不足は政治家としては致命傷であり、マスコミ受けする行為や意味不明のごとき発言が目立つ与野党党政治家や忖度で地位を気付いたゴロツキ官僚が民主主義を旗頭に私益の拡大をするため裏で胡散臭い取引行為を展開し、資金力を確保したうえで跋扈する状況では国民の生命や財産が守れるのか疑問だ。
 
 そもそも、アストラ製ワクチンを日本国内で9000万人分を製造すると放言した矢先の出来事だ。
 国民に接種させる前に効き目が今だ情報が足りないアストラ製ワクチンについては菅首相や二階氏らが接種し反を示すべきだ。
 伝家の宝刀のごとき情報の刷り込みなどマスコミ報道の姿勢を疑う。
 
 
    
posted by まねきねこ at 06:13 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月28日

胡散臭さ


 反日・親北朝鮮政策を継続させている韓国の文政権では交代予定の
   康京和外相
は27日、ブリンケン米国務長官と電話会談した。
 
 会談では北朝鮮の核問題がバイデン政権でも早急に取り組むべき緊急の課題だとの認識を共有したと伝えた。
 また、米韓両国が緊密に協議していくことで一致したことを韓国外務省が明らかにした。
 電話会談は約30分で、気候変動や新型コロナウイルスの対応でも協力強化を確認したという。
 韓国の文在寅大統領は26日に中国の
   習近平国家主席
と電話会談しており、韓国大統領府関係者が27日、習氏が電話会談で文氏の非核化に向けた努力を「積極的に支持する」と述べたと明らかにしたと伝えた。
 
 
ひとこと
 
 胡散臭い政権であり、信頼性はない。
 米国を中心にした集団自衛でも韓国軍を入れれば、背後から銃弾を浴びせるリスクが高いことは朝鮮戦争時に連合軍が与えた武器弾薬を放置して北朝鮮軍に提供したことでも明らかだろう。
 それ以降、信頼などはなく敵前逃亡するリスクがある韓国軍の指揮権も米軍が持っているのは当然のことだ。
 
 
     
posted by まねきねこ at 06:08 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月27日

嫌悪すべき存在の忖度官僚や女衒政治家は早急に淘汰すべき状況が迫って来るだろう


 韓国外交部の
   崔泳杉報道官
は21日、バイデン米大統領が就任式で同盟国との関係を強化する意思を示したことについて、「歓迎する」と述べた。
 
 また、親北朝鮮左翼政権を率いる
   文在寅(ムン・ジェイン)大統領
は韓米首脳会談の早期開催を目指す意向を示したが、米国にとっては優先順は低く面談の価値もないが、「外交部としてはこうした目標を中心に努力を傾けていく予定」と韓国メディア向けに説明した。
 バイデン政権が北朝鮮政策を見直す意向を示したことについて、「基本的に韓国と米国は今まで堅固な同盟として朝鮮半島と域内の平和と繁栄のために共に歩んできた」と主張し、「完全な非核化と恒久的な朝鮮半島の平和のためにこれまで努力を続けており、こうした目標にはわずかな相違もない」と強調したが、韓国の工作が成功したため北朝鮮の大量破壊兵器の開発が加速していることは棚の上に置いたままだ。
 
 また、「今後も米新政権とこうした共通の目標を念頭に緊密な意思疎通をしていく」と述べたが、更に、強力な兵器開発の時間と金を与えることを宣言したに等しい発言だ。

 外交部は、バイデン氏が
   地球温暖化対策
の国際枠組み「パリ協定」へ復帰するための文書に署名したことについても歓迎の意を示し、「政府は米政府とパリ協定の履行およびグリーンニューディールなど気候・環境分野での協力を拡大していくことを期待する」と表明するなど、韓国国内からの批判の矛先を変える発言に終始した。
 
 
ひとこと

 ノーカーボンなどでガソリン車の製造を止めれば寒冷地の日本国民の生命線が遮断される現実が直視できない政治家は亡国的だ。 
 バイデン政権が安定していく中ではトランプの盟友関係を作り出した日本の忖度官僚や女衒政治家は嫌悪すべき存在となり淘汰すべき存在となるだろう。

  
posted by まねきねこ at 05:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春までに希望者全員に新型コロナワクチン接種が可能(米国)

 

 
 バイデン米大統領は春までに希望者全員に新型コロナワクチン接種が可能になるとの見通しを示した。

 ただ、この高い目標を達成するためには
   接種実施ペース
を大幅に引き上げる必要がある。

 なお、現行ペースは1日当たり120万人前後。

 バイデン大統領は近く150万人に達すると説明した。


  

posted by まねきねこ at 04:45 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月26日

愚かさ満載の政治家ばかりが目立つが有事には役にも立たない


 米国務長官で田中角栄首相が米中の出鼻をくじいて先に日中国交回復を行ったことに腹を立てロッキード事件の情報を意図的にメディアに長させたとも言われる国際資本の影響を受け、利益拡大の先兵でもある
   ヘンリーキッシンジャー
だが、このキッシンジャを師匠とする官民両セクターに影響を与えて地球規模の課題の解決に取り組む国際機関
   世界経済フォーラム(WEF)
を創設したのが
   クラウス・シュワブ
だ。
 シュワブは1938年にドイツのラーベンスブルクで生まれ。
 今年のWEFのテーマは「グレート・リセット」とし、「2021年は信頼を再構築する重要な年だ」と指摘した。
 
 また、「世界はまさに重要な岐路に立っている。新型コロナ感染症のパンデミックは世界に深刻な打撃を与え、失業・貧困・気候変動などの問題への対策における国際社会の努力を損なった。各国のリーダーは一致協力して、積極的で果断かつ包摂的で実効性ある行動を取らなければならない」と強調している。
 世界経済フォーラム(WEF)は25〜29日にオンライン会合「ダボス・アジェンダ」を開催する。
 
 世界70数か国・地域の政界、ビジネス界、社会組織のリーダー1500人余りが、「信頼を再構築する重要な年」というテーマから、新型コロナウイルス感染症のパンデミックの下で世界が直面する経済・環境・社会・技術面の試練への対処策を議論し、新型コロナ対策における協力と経済回復の推進を図ると報道は伝えている。
 
 
ひとこと
 
 国際的な会議であり、目的はいろいろあるが、背景にある国際資本の動向には常に警戒が必要だろう。
 
 脇の甘い政治家の政治論の背景に入り込む隙があり、常にコントロールされる組織的な動きに対しては弱い。
 
 特に日本の野党政治家には顕著であり、長妻など委員会の質問で喧嘩腰の発言には愚かしさが漂い、劇場でもないのに意図的に仕掛ける姿勢ばかりが印象に残るもので、内容には乏しく放言の類でしかないものだ。
 無能な政治家がメディア受けするような代物でしかないものであり、中身は何もない。
 
    
  
posted by まねきねこ at 09:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香港のロックダウンは別の目的もあるのだろう


 香港当局は、新型コロナ感染拡大の抑制に向けた検査を完了した。
 これまで九竜地区の一部で週末に実施していた初めての
   ロックダウン(都市封鎖)
を解除した。

 なお、視点を変えればこのロックダウンは民主活動家の動きを封じ込める効果があり、中国共産党の意のままに動き自由を抑圧する香港政庁の裏の部分にも注目する必要があるだろう。

 台湾当局は新型コロナ感染拡大の制御に向け、これまでで最も広範なロックダウンを導入した。
posted by まねきねこ at 02:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする