市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2017年11月27日

妄信?


 北朝鮮の朝鮮中央通信は朝鮮労働党機関紙「労働新聞」が26日、米国の
   ドナルド・トランプ氏
の政権が北朝鮮を
   テロ支援国家
として再指定したことに対して、韓国の文在寅政権が「支持、歓迎」したと糾弾する署名入りの論評を配信したと伝えた。

 韓国政府は、米国が北朝鮮をテロ支援国に再指定したことについて、北朝鮮の核問題が「平和的解決に貢献することを期待する」という立場を明らかにした。

 ただ、「支持」「歓迎」との内容では表明していない。

 北朝鮮の論評では、「傀儡が反共和国制裁・圧迫策動に血眼になって狂奔するのは外部勢力を後ろ盾にしてわれわれの思想と制度を抹殺し、害するための凶悪な企図の発露である」と指摘した。

  

ひとこと

 北朝鮮など似たり寄ったりの表現は中国やソ連などの共産主義者の主張する表現の典型である。
 弾圧あるいは糾弾などといった言葉も同じような表現として使用されている。

 特に人権無視の強権的な政治体制でありながら、平和的といった言葉の多用は目に余るものだ。
 中国のチベットやウィグルに対する弾圧を見れば明らかだろう。 

    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  

  

    
posted by まねきねこ at 06:50 | 愛知 ☁ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

トランプ氏元側近が17億円でギュレン師送還を画策


 米国テレビ局NBCニュース(NBS News)と米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)によると
   ロバート・モラー特別検察官
は、米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
が大統領選で当選した数週間後に前米大統領補佐官(国家安全保障担当)の
   マイケル・フリン氏
が、1500万ドル(約17億円)に上る謝礼と引き換えに、米国在住のトルコ人イスラム教指導者
   フェットフッラー・ギュレン師
をトルコに強制送還する計画をトルコ政府高官と協議した疑いについて、特別検察官が捜査を開始したことが明らかになった。
 
 
 フリン氏が行ったトルコ政府高官との会合では、フリン氏が政権入りした後、1500万ドルを内密に受け取ることと引き換えに、トルコの大統領
   レジェップ・タイップ・エルドアン氏
の政敵であるギュレン師の国外退去工作を行うことが話し合われたとされる。

 また、エルドアン氏とつながりを持つイラン系トルコ人実業家で、イランによる米国の制裁回避を支援した容疑で昨年3月に米南部フロリダ州マイアミで逮捕された
   レザ・ザラブ容疑者
の釈放も議題に上ったと報じられた。
 
 
 NBCとWSJ紙の報道はいずれも、モラー特別検察官が行う捜査について知る複数の人物の証言に基づいている。

 モラー氏は、昨年の米大統領選中にトランプ陣営が
   ロシアと共謀関係にあった疑い
をめぐる捜査を率いている。

 この情報の提供者らは、昨年12月にニューヨークの
   高級レストラン「21クラブ(21 Club)」
で行われたフリン氏とトルコ政府高官の会合について、モラー特別検察官が関係者数人を聴取したと話したとのこと。 


ひとこと

 胡散臭さばかりだろう。
 金で送還するというのが一番の問題であり、ごろつきの類が政権を運営しているメンバーになっているようなものでは話にもならない。

 こうした政権に媚を売る政治家も同類であり、弾劾裁判が起これば日本の政治家も惨めな末路に陥りかねない。 


     
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  

  

      
posted by まねきねこ at 09:15 | 愛知 ☀ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

尻に火がついた者の醜態


 日本のメディアが2日、東京に到着した米国の大統領
   ドナルド・トランプ氏
の長女
   イヴァンカ・ホワイトハウス上級顧問
のことを芸人の取材のごとく一斉に伝えるなど欧米メディアの取材姿勢とは異なった醜態をさらけ出し、列島全体が浮き立った様子を見せ、報道姿勢の低さを露呈した。

 イヴァンカ氏は2日夕方、ウィリアム・ハガティ駐日大使と晩餐を行った。
 その後、インスタグラムに
   和風コース料理
である懷石料理を食べたというコメントを、写真と一緒に掲載した。


 4月にドイツでトランプ大統領の女性問題に対する言い訳で顰蹙を買ったこともあり、東京で開かれた
   国際女性会議(WAW)
では、卒なく「女性の経済活動」などについて講演をした。

 その後、河野太カ外相、野田聖子総務相などと個別面談を行い、外交の軽重を無視したかのごとく国賓並みに安倍晋三首相が主催した晩餐に出席した。

 この晩餐の場所は、東京の日本旅館だった。

 安倍首相は、トランプ大統領が絶対な信頼を寄せているイヴァンカ氏を手厚くもてなしたことで、今後支援を取り付けたい思惑があるようだ。

 ただ、米国においてはロシア問題で尻に火がついており、トランプ大統領の選挙責任者等も議会が承認した
   モラー特別検察官
のチームにより逮捕され取り調べを受けている状況にある。
 この取り調べから選挙の介入が具体的に明らかになってくれば弾劾裁判が行われる可能性もある。


 ニクソン大統領がウォーターゲート事件で不名誉な辞任をしたような形で辞任すれば、トランプ大統領に近い姿勢が米国民の反発を受け、大きなリスクを日本が負うことになりかねない。

 共同通信によると、安倍首相は、イバンカ氏が女性の権益向上のために造成している女性基金に57億円(約564億ウォン)を支援すると発表した。

 ただ、日本政府が韓日慰安婦合意には10億円の拠出と比較され、批判も出ている。

 そもそも、政府の資金を特定の個人が設立した基金に支援することは問題があり、余りにも、女衒外交が過ぎている。
       

         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 05:43 | 愛知 ☀ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

攻撃前の事前通知の時期と内容は明らかではない。


 米国のマクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は米国大統領
   ドナルド・トランプ氏
の訪韓を前にこのほど韓国のYTNテレビと行ったインタビューで、「米韓両国は完全な合同軍事指揮体系を持っており、情報を毎日共有している」述べ、「朝鮮半島での米国の単独軍事行動は想像できない」と続けた。

 韓国と日本に事前に通知、または協議する方針を示した。

 
 また、北朝鮮の核・ミサイル問題を巡る議論から韓国が外されているという
   「コリア・パッシング」
については、あらゆることで韓国が中心として
   「北朝鮮の攻撃」
があれば、トランプ大統領は韓国を最優先に考えると強調した。

 また、NHKとのインタビューに対しても、北朝鮮への軍事行動を決める場合、日本に事前に通知するとの意向を示した。
       

         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 05:44 | 愛知 ☁ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

「天網行動」(海外逃亡犯の追跡キャンペーン)の重要対象者が中国に帰国


 中国新聞社によると、中国共産党の内モンゴル自治区
   規律検査委員会
と検察庁は同日、同自治区通遼市の出身で
   中匯投資公司
の責任者だった15年11月5日に日本に逃亡していた
   宋国権(ソン・グゥオチュエン)
について、贈賄罪と擬装・隠匿犯罪所得及び犯罪所得収益罪の容疑者の帰国の説得に成功し、宋は24日に帰国したことを明らかにした。
 
 
 宋は、同自治区の「天網行動」(海外逃亡犯の追跡キャンペーン)の重要対象となり
   国際刑事警察機構(インターポール)
から指名手配されていた。 

          
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  

   

    
posted by まねきねこ at 05:54 | 愛知 ☀ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

#核兵器の使用がなくとも朝鮮半島で無差別砲撃があれば最初の数日で被害者は最大30万人

 米国議会調査局は新たな報告書で
   朝鮮半島
における有事で再び戦争が起きれば、核兵器が使用されなくても最初の数日だけで数十万人の命が失われる可能性があると指摘した。

 米国議会に27日に送られた報告書には、朝鮮半島の人口密度を考えると、軍事衝突が起きた場合
   「軍事境界線」
を挟む韓国と北朝鮮の量が環の地域で、少なくとも10万人の米国民を含む2500万人程度に影響が及ぶ恐れがあると分析した。

  

 報告書では「1分間の発射弾数1万発」という北朝鮮の砲撃能力に言及し、北朝鮮が「通常兵器だけを使用する」場合でも、「最初の数日の戦闘で3万−30万人の犠牲者が想定される」との見解を示した。

 また、北朝鮮の暴発的な軍事行動により国境を接する中国とロシアの国境警備隊や日本の自衛隊を巻き込む事態にすぐに発展する可能性があると予測した。

  
 

ひとこと

 北朝鮮が軍事行動を起こせば金正恩体制が崩壊するのは時間の問題だろう。

 ただ、中国の習近平が見はなせば、生存権をかけた博打に出る可能性はある。


 日米韓が北朝鮮の軍事行動の予兆を察知することはある程度可能であり、どの段階で先制攻撃を加えるかといったことだけだろう。

 砲撃が始まってからであれば、最初に1万発の砲弾がソウルに向けて一斉に放たれることになる。


 その後は、装てんするまでの時間などが必要となるが、爆撃機で気化爆弾を投下して砲兵部隊を殲滅するにしても1時間程度は必要となるだろう。

 北朝鮮軍は速射砲から旧式の火砲まであるが、その間に韓国に打ち込まれる砲弾数だけ被害が広がることとなる。


 ただ、攻撃するにしても砲弾を火薬庫からの移動をさせる必要があり、事前にそうした動きを察知することは可能だ。

 また、兵員を移動させる動きも偵察衛星などで確認でき最小限に被害を少なくすることも先制攻撃すれば可能だろう。



          
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  

   

    
posted by まねきねこ at 06:25 | 愛知 ☔ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

米国と北朝鮮の緊張関係が打開されるとの見方に否定的な見解


 米国務省の
   ナウアート報道官
はティラーソン長官
が30日、北京での中国当局者との会談後に記者団に対し、米国が
   北朝鮮の核プログラム
を巡って北朝鮮と連絡を取っており
   北朝鮮の交渉への意欲を試していること
を明らかにし、米国は「探りを入れている。見ていてくれ」との発言後に、米国と北朝鮮の緊張関係が打開されるとの見方に否定的な見解を示した。

 ナウアート報道官は電子メールで声明を送付し、米国が北朝鮮の現政権の崩壊促進や体制変更、朝鮮半島の再統一加速、非武装地帯より北側への軍事力動員に関心がないことを保証している。
 
 しかし、北朝鮮当局者は
   非核化に関する対話
に関心を示さず、準備している兆候もないと述べた。

    

ひとこと

 北朝鮮が対話に応じるにしても、核兵器の開発を止める意思はなく、攻撃時の運搬手段である長距離ミサイルの発射実験を止めることは
   金正恩政権
の崩壊を招くことにもつながるため、止める意思などないのは明らかだ。

 リップサービスで開発を一時停止する素振りをして、資金や資材等の援助を受け入れより高度の武力開発に邁進してきたこれまでの交渉を考えれば解るだろう。

 単純な平和主義などでは解決できず、被害のより少ない手法で武力行使するしか術はなくなる。
 メンタル的な問題のある政治が背い字を主導するような日本の体制では攻撃後の始末が出来ない恐れがあり、資金が米国に吸い上げられるリスクが高い。

 もう少しまともな政治家が出現してほしいものだ。

 野党政治家やマスコミ、市民団体の多くの論調も「かわいそ理論」「平和主義」が最優先のような論調であり、政治の流れを中国やロシア寄りに向けたい目論見がある勢力の支配下にあるものが目立っている。

 ただ、こうした論調も、対立軸を作り上げて権益を広げる目論見で形作られた戦後の体制、いわゆるGHQの占領政策からの流れがあるのかもしれない。 
   
 
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  



   
   

    
posted by まねきねこ at 05:50 | 愛知 ☁ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

第5空母打撃群が日本海に展開


 
 韓国軍の関係者は1日、米軍の空母
   ロナルド・レーガン
が率いる空母打撃群などが今月15日前後に朝鮮半島東の
   日本海域
に展開、韓国海軍との
   合同訓練
を行う日程について米国と協議中だと伝えた。
 
 派遣される空母打撃群はイージス駆逐艦、ミサイル巡洋艦、支援艦、核ミサイルを搭載したオハイオ級戦略原子力潜水艦などで構成されている。

 米海軍第7艦隊に所属する空母打撃群は同海域で
   大陸間弾道ミサイル(ICBM)
を含む北朝鮮の弾道ミサイルを探知・追跡・迎撃する訓練を韓国海軍と実施するとされる。
 
 このうち弾道ミサイルの迎撃は、互いに情報を共有しながらシミュレーションの形で行われる。
 
 また、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を搭載した北朝鮮の潜水艦を想定した探知・追跡訓練も実施される。

 空母ロナルド・レーガンは、日本の横須賀に配備されている第5空母打撃群の旗艦で全長333メートル、排水量10万2000トン。
 
 甲板に戦闘機をはじめとする航空機約80機を搭載することができる。 

ひとこと

 広大な領海を自衛するには空母ロナルド・レーガン程度の打撃群が半ダースは必要だろう。


    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  



    
   

    
posted by まねきねこ at 21:52 | 愛知 ☁ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」(射程約1万3千キロ)やSLBMの試射を行う可能性


 韓国政府は、北朝鮮が10月10日の
   朝鮮労働党創建記念日
の前後などに、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」(射程約1万3千キロ)やSLBMの試射を行う可能性があるとみて警戒している。


 北朝鮮の労働新聞が8月23日付で公開した朝鮮労働党委員長の
   金正恩
による国防科学院の視察写真には
  「水中戦略弾道弾 北極星(プッククソン)3」
と書かれた図を意識的に写るようにして報道した。


 北朝鮮東部、日本海に面した咸鏡南道新浦には北朝鮮軍の潜水艦基地がある。
 この新浦で9月半ば、ミサイル用とみられるエンジンの
   地上噴射試験
が行われたと軍事関係筋が明らかにした。
 
 今回の試験は失敗した模様だが、この北極星3の開発実験だった可能性がある。
 
 昨年8月、北朝鮮は射程が約2千キロとされるSLBM「北極星」を発射した。
 北極星3は、北極星の射程を延ばした新型とみられる。
 
 米韓両国は、新型の潜水艦発射型弾道ミサイル(SLBM)の開発実験の可能性があるとみて注視している。

 試験では爆発が起き、北朝鮮技術者に死傷者が出た。
 
 北朝鮮は現在、米国本土の攻撃を想定し、SLBM発射管1、2基を備えた3千トン級の新型潜水艦を開発中と推測される。
 北朝鮮関係筋は来年春までの完成を目指していることを明らかにしている。 

ひとこと

 瀬戸際外交で軍事的な圧力も限度を超えれば破滅することになるのは世の常だろう。


    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


  
   
   
    
      
posted by まねきねこ at 07:01 | 愛知 | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

石油の禁輸が実現しても北朝鮮の国民は「最低でも1年は何とか暮らせるだろう」が...


 北朝鮮の国民は厳しい経済状況下での暮らしに慣れており、仮に
   石油の禁輸
が実現しても「最低でも1年は何とか暮らせるだろう」と北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議で韓国の首席代表を務めたこともある
   千英宇・元大統領府外交安保首席秘書官
はメディアとのインタビューで指摘した。
 
 なお、「備蓄してある石油」は上層部の間で最低限の配給制にしたうえで、車やトラクターなどは、牛が引く荷車や人の労働力に置き換えることになるが、社会インフラが役に立たなくなり、モノの移動は大幅に制限を受けることになり都市部の生活の質は大きく低下することは明らかだ。
 
 都市部に居住する金正恩を支持する多くの特権的な共産主義者の生活が悪化することで、権益となって政権を支える部分に大きな亀裂が生じる可能性が高くなるだろう。

 また、石炭や木材、植物など、手に入る物で何とか燃料を生産する可能性はある。


ひとこと

 共産主義という特権社会では、階級によりいろいろな特権が増えていくシステムであり、政権を支持する勢力は、支持するのと引き換えに特権が与えられているのが実態である。
 このため、輸入が制限され生活水準を引き下げる必要が生じれば忠誠心は揺らぐことを意味しており、体制の弱体化につながることになる。
 こうした事態を生みだした原因を外部に求める時期も言っていの限度を超えれば内向きに働くことになるだろう。
   
       

         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

     
posted by まねきねこ at 05:11 | 愛知 ☁ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

ハリケーン「ハービー」の被害は甚大


 ハリケーンの強さで5段階のうち2番目に強い「カテゴリー4」の勢力でテキサス州を直撃した
   「ハービー」
は熱帯性暴風雨に勢力を弱めたのち、勢力を再び高めてルイジアナ州南西部に再上陸した。

  
  ニューヨーク・タイムズ紙によると、ハービーでは少なくともこれまで30人が死亡した。

 米国の調査会社エンキ・リサーチでリスク分析を手掛ける
   チャック・ワトソン氏
はメディアとのインタビューで、29日朝の時点でハービーの経済的損失額の予想を420億ドル(約4兆6300億円)としたが、その日の終わりまでには想定額を100億ドル引き上げた。  

 ハービーの被害規模は米史上2番目に大きい被害を出した
   ハリケーン「サンディ」
を上回る恐れがあると指摘した。



 被害は通過ルートにより、連鎖的に広がりかねないことから、そうなれば
   被害総額が600億−800億ドル
を超えることもありえる。

 

 なお、甚大な被害を生じ2次保険で著名な投資家バフェット氏が経営する保険会社は大きく収益を減らしたといわれる2005年のハリケーン「カトリーナ」では少なくとも1800人が死亡し、被害総額は1600億ドルに達した。


 12年にニュージャージー州とニューヨーク州を襲ったハリケーン「サンディ」は、カリブ海から北上した際の犠牲者を含めると全体で147人、米国で72人が死亡した。


   
     
          ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  



    
posted by まねきねこ at 05:39 | 愛知 ☁ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

ニューヨーク、ボストン、ポートランドに近い施設の戦略備蓄では1日程度しか不足をカバーできない。


 米国テキサス州沿岸に上陸した
   ハリケーン「ハービー」
の影響により、メキシコ湾岸の製油施設は
   風速時速100マイル(約161キロメートル)
を超える強烈な暴風雨に見舞われており、これら施設は東部の自動車燃料の主要供給源だが、既に約10%が稼働を停止している。
 
 このまま沿岸地域に大きな被害をもたらし閉鎖ないし損害を受ける製油所が増えれば、ニューヨーク、ボストン、ポートランドに近い施設の戦略備蓄では1日程度しか不足をカバーできないことから、東部のガソリン価格が上昇する見通しだ。

 一方で、フィラデルフィア周辺の製油所は需要増と利幅拡大で、不振を脱する可能性もある。 
  

     
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  



   
posted by まねきねこ at 05:36 | 愛知 ☁ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

中国初の国産空母、動力システムの試験を開始


 中国では4月26日に進水した初の国産空母「001A型」が、動力システムの試験を開始したという。

 初の国産空母の開発・建造を担当する
   胡問鳴氏
がメディアの取材で、空母建造は着工、進水、係留試験、海上試験、部隊への交付という数段階に分かれており、艤装後、初の国産空母は係留試験段階に入り、設備が設計上の条件などを満たすかどうかを検証したうえ、未来の海上試験に向け準備を整えることを明らかにした。

 海軍軍事学術研究所に所属する海軍専門家の研究員
   李傑氏
は、動力システムは空母の極めて重要なシステムで、その試験の成功は空母が海上試験の基礎を備えたことを意味するとメディアの取材で述べ。今後の係留試験も埠頭で行われ、主に空母に取り付けられたナビゲーション、通信、レーダーなど一連の設備とその他のシステムの調整と試験を行うと続けた。 

    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 04:57 | 愛知 ☁ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

法務・広報戦略に関する人事を断行


 米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
が法務・広報戦略に関する人事を断行した。

 アンソニー・スカラムッチ氏をホワイトハウスの広報部長に起用し、この起用を不満としたスパイサー報道官は辞任した。

 スカラムッチ広報部長は21日、ホワイトハウスでの初の記者会見で
   サンダース副報道官
が報道官に昇格すると述べた。

 
 トランプ大統領はこれより前に
   モラー特別検察官
によるロシア疑惑捜査に対する自身の弁護団で、主任弁護士をマーク・カソウィッツ氏から
   ジョン・ダウド弁護士
に差し替えた。

 また、弁護団の広報担当者マーク・コラーロ氏は自身の辞任を認めた。

 この事情に詳しい関係者は、コラーロ氏がホワイトハウスの弁護戦略に不満を募らせていたとメディアの取材で述べていた。

 スカイブリッジ・キャピタル創業者であるスカラムッチ氏(53)は、大統領に代わって頻繁にテレビカメラの前で話すことになると予想されている。

 同氏は昨年の米大統領選挙でトランプ氏の資金集めを担当した。 

    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 06:17 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

中国の「西昌瀘山で人がサルにかみ殺された」?


  インターネットで中国のユーザーが11日夜に発信した
   「西昌瀘山で人がサルにかみ殺された」
という情報に対し、四川省涼山州
   西昌市政府広報
は中国版ツイッター「ウェイボー(微博Weibo)」で説明を行った。

 観光区警察派出所の調べによると死亡した
   陳氏(男性、65歳、四川省南充市出身)
は11日午後1時頃、家族と一緒に瀘山の光福寺でチケット4枚を購入し、観光地に入った。
 
 観音閣区間に来たが、疲れを感じてUターンし、下山の途中に3匹の猿に追われ、驚いて転倒し、道端の木に頭をぶつけて更に階段から転倒、さらに頭部を打った。

 その後、涼山州総合医療救急病院へ緊急搬送されたが、懸命な救急治療のかいなく、翌12日に死亡した。
 死因は頭部外傷によるものだった。
 
 公安局法医の検死によると、転落による事故とみられるとのこと。

 なお、観光区の関連部門は、安全管理を強化していくとしている。 

    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 06:03 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

アブバクル・バグダディ容疑者の死亡を確認


 在英のNGO「シリア人権監視団」の
   ラミ・アブドル・ラフマン代表
は11日、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の最高指導者
   アブバクル・バグダディ容疑者
が死亡したとする情報がシリア東部の
   デリゾール県
にいるISのトップレベルの司令官らからもたらされたことを明らかにした。

 ただ、情報が不足しているのか「いつ、どのような形で死んだのかについては分かっていない」と話したという。

 ISはシリアおよび隣国のイラクで支配地域を失っているが、デリゾールはその多くが現在もISの支配下にある。

 ラフマン代表はバグダディ容疑者がここ数か月、「デリゾール県の東部にいた」と述べた。
 ただ、この地域で、もしくは他の場所で殺害されたのかは分かっていないとしている。
       

         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 06:16 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

英国を訪れる中国からの買い物客 テロの影響もなく増加


 英BBCによると英国では
   頻発するテロ事件
にもかかわらず、今夏の中国からの買い物客は減少どころか増加が見込まれているとが伝えた。
 
 英国ではこの4カ月で4件のテロ事件が立て続けに発生した。
 このうち3件はイスラム過激派が市民を標的にしたもので、30人以上がその犠牲となっている。

 なお、フランスはパリやニースでのテロ事件を受け、観光業が大きな打撃を受けた。

 英国の業界でも懸念する声が聞かれるているが英国の旅行業界調査会社により集計された最新のデータから、英国は今夏、特に中国からの外国人観光客の巨大な流入が期待できることが分かった。

 ガーディアン(英紙)によると、フォワード・キーズ(ForwardKeys)が調査した今年6月から8月までの英国への長距離飛行予約は、前年同期比10%増加した。

 特に中国からが29%増と顕著だ。

 中国人は海外での買い物を好むことで知られており、ブレグジット(英国のEU離脱)以降のポンド安基調で、英国は観光客にとってのショッピング天国になっている。
       

         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

     
posted by まねきねこ at 20:31 | 愛知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

身代金要求型ウイルス(ランサムウエア)の新バージョンは完全犯罪



 ボストンのサイバーセキュリティー会社
   バークリー・プロテクツ
の共同創業者
   ジャック・ダナヒー氏
は、身代金要求型ウイルス(ランサムウエア)の新バージョンは完全犯罪だと指摘した。

 誰でもできるぐらい極めて簡単で、利益は恐ろしく大きいという。
 
 3番目の完全犯罪の要件は匿名性だ。
 これは誰もが捕まりたくないことから増えていると説明した。
       

         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 21:15 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

英国に暮らす欧州連合(EU)市民約300万人の在住権をEU離脱後も保護する方針


 英国のメイ首相は22日にブリュッセルで開かれた
   欧州連合(EU)首脳会議
で、英国に暮らす欧州連合(EU)市民約300万人の在住権をEU離脱後も保護する方針を説明し将来についてできるだけの確実性を与えたい意向を示した。

 ただ、他国の首脳の反応は芳しくなく、英国内からも
   未解決の問題
が依然として多いとの声が上がった。

 在住権は2019年の英国のEU離脱を控えて通商協議が浮上する前にEUと英国が解決する必要がある主要問題の一つ。

 メイ首相は現在英国に暮らす家族の離散や本国送還を望まないと強調した。
 EUの他国首相は提案に「前向きに」反応したと発言している。

 なお、26日午後に提案の全容を公表すると明らかにした。

  これに対し、トゥスクEU大統領は23日の記者会見で
   「個人的な第一印象」
では、英国の提案はわれわれの期待を下回っていると指摘した。

 在住市民の状況が悪化するリスクがあると懸念を表明した。

 また、欧州委員会のユンケル委員長も「これは第一歩だ。だが、この一歩は不十分だ」と不満感を述べた。

 さらに、英国内からも、カーン・ロンドン市長がメイ首相の提案は不十分だと指摘した。

 23日にフェイスブックに「提案は英国在住のEU市民300万人に必要な確実性を与えるものとは程遠い」と書き込んだ。
 なお、ロンドンにはEU市民100万人が暮らす。

 EU加盟国首脳の多くは詳細を待ちたいとして提案への判断を留保した。

 オーストリアのケルン首相は会議後に「良い第1歩だと評価する」と述べたが、細目を見ると保留状態が多く、多数の欧州市民はメイ首相の提案の対象にならず懸念していると続けた。

 このため、交渉は長い道のりになると語った。

 また、メイ首相は在住権を巡る問題は英国の裁判所で解決されるべきだとの主張を変えておらず、EU側は異議を唱える可能性が高い。
       

         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 05:11 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

トランプ氏が自ら暗示していたコミー氏との「会話テープ」の存在を否定


 米国大統領の
   ドナルド・ドナルド・トランプ氏
は22日、自らが解任した
   ジェームズ・コミー前連邦捜査局(FBI)長官
との
   会話の録音テープ
を持っていないことを認めた。

 トランプ大統領は5月9日、FBI長官だったコミー氏を解任した。
 それに関連し、大統領自らがホワイトハウスの大統領執務室におけるコミー氏との
   会話テープ
の存在を暗示したことを受け、ホワイトハウスはここ何週間もそれを提出するよう議会やメディアから圧力を受けてきていた。

  6月9日には、大統領選へのロシア介入とトランプ陣営との共謀疑惑に関する捜査妨害について調査を進めている
   下院情報委員会
に所属する民主党議員らから、コミー氏との会話テープが存在するなら23日までに提出するよう要求が出されていた。


 トランプ氏は22日、ツイッターに、「最近は電子監視や盗聴、情報の暴露や違法な漏えいなどさまざまな報道があり、私とジェームス・コミー氏との会話の「テープ」あるいは音声記録があるのかどうか私には全く分からないが、私自身はそのような録音をしていないし、持ってもいない」と投稿し、自ら会話テープがないことを明らかにした。
 
 トランプ陣営とロシアとの共謀疑惑をめぐる
   FBI捜査をトランプ大統領が妨害しようとしたという疑惑
は、コミー氏も上院情報特別委員会の公聴会で証言した際に強く主張した。

 今回のトランプの発言で、一連の疑惑に新たな展開が生まれる可能性がある。

  
  
ひとこと

 道化のごとく振る舞う大統領は米国民の本質が変化してきた結果生まれたのだろう。

 本来であれば、こうした政治的素養の欠落した者が大統領選の途中で淘汰されてきた。
 扇動的な発言やヒステリックな思考は嫌悪する選挙民が多く見られたが、民主党のヒラリー自身も同様のスタイルであり、ネガティブな選択で選ばれたに過ぎない。
 人材の不足感が強くあり、米国の機軸が弱まってきている証左なのかもしれない。 
   
    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  

  

       
   

     
posted by まねきねこ at 05:32 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする