市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2024年06月13日

アバディーン(Abrdn plc 旧称Standard Life Aberdeen plc) 英国最大のアクティブ資産運用会社 運用資産 4,949億ポンド(2023年)

   (Abrdn plc 旧称Standard Life Aberdeen plc)
 英国、スコットランドのエディンバラに本社を置く英国を拠点としたグローバル投資会社
 英国最大のアクティブ資産運用会社であり、株式、マルチアセット、債券、流動性、政府系ファンド、不動産、プライベートマーケットに投資を行っている。
 ロンドン証券取引所に上場しており、 FTSE 250指数の構成銘柄

 運用資産 4,949億ポンド(2023年)
 就業者数 5,000(2023年)
 
 子会社
 ・アバディーン・アセット・マネジメント
 ・インタラクティブ・インベスター
 ・プライベートエクイティオポチュニティートラスト
 
 2021年7月に同社は社名をスタンダード・ライフ・アバディーンからAbrdnに変更した。
 同社の登記事務所はエディンバラのジョージストリートにある。 

 2017年3月、スタンダード・ライフは株主の承認を条件に
   アバディーン・アセット・マネジメント
と全株式交換による合併を行うことで合意した。
 合併後の会社の名称はスタンダード・ライフ・アバディーンとなることが発表された。
 これは、スタンダード・ライフが2017年8月14日に改名されたことで実現した。
 2017年5月、スタンダード・ライフは赤字の
   AXAポートフォリオ・サービス
を3,100万ポンドで買収した。
 この会社は、アクサの投資プラットフォームであるAXAエレベートを擁していた。
 買収当時、このプラットフォームは98億ポンドの顧客資産を保有しており、スタンダード・ライフのプラットフォームで保有される資産総額は364億ポンドに増加した。

 2017年10月、スタンダード・ライフ・アバディーンの投資信託から
   前年比100億ドルの引き出し
があったと報じられた。
 2018年2月、スタンダード・ライフ・アバディーンは、
   スタンダード・ライフ保険事業
フェニックスに32億ポンドで売却する意向を発表し、保険事業から資産運用事業への移行を示した。

 2018年10月、ジェリー・グリムストーン卿が2019年1月1日付けで会長を退任し
   ダグラス・フリント卿
が後任に就任することが発表された。
 2020年6月、キース・スケオチが最高経営責任者を退任し、スティーブン・バードが後任に就任することが発表された。
 バードは2020年7月に次期最高経営責任者に就任し、2020年9月に正式に最高経営責任者に任命された。

 2020年9月、同社は欧州有数の物流不動産ファンド運用会社
   Tritax
の株式60%を取得すると発表した。
 2021年2月、同社はスタンダード・ライフの名称の売却または使用中止を検討していると発表した。

 2021年4月、同社は、2018年にスタンダード生命保険事業をフェニックスに売却し、2021年にスタンダード・ライフの名称をフェニックスに売却したことを受けて、 abrdnにブランド名を変更すると発表した。

 「アバディーン」と発音され、ブランディング会社ウォルフ・オリンズが開発した新しいブランドは、発音が難しいと批判された。
 ただ、最高経営責任者のスティーブン・バードは「焦点の明確さ」を反映していると述べた。 
 ブランド変更の動機の一部には、Aberdeen.comのドメインが別の企業によって所有されていたことであった。
 名称変更とブランド変更は2021年7月に行われた。
 しかし、この名前は広く嘲笑され、ネット上ではジョークの的となった。

 投資家を対象としたオンライン投票では、このブランド変更は「企業の狂気の行為」と評された。
 2024年、アブルドンの最高投資責任者である
   ピーター・ブランナー
は、母音のない名前を嘲笑するメディアは「子供じみている」と非難し、同社は「企業いじめ」の被害者であると述べた。

 同社は2021年3月、金融アドバイス会社を支援する投資・テクノロジーソリューション事業
   パルメニオン
プリザベーション・キャピタル・パートナーズに売却する意向を発表した。
 売却完了は2021年7月に発表された。

 2021年12月、アバディーンは40万人以上の顧客を抱える英国のサブスクリプションベースの小売投資サービス会社
を買収すると発表した。
 14億9000万ポンドの買収は2022年5月に完了した。

 2022年3月1日、アバディーンの最高経営責任者スティーブン・バードは、同社がロシアとベラルーシを「投資不可能」とみなし、両国における保有株を削減する措置を講じており、近い将来に両国への投資を行わないと発表した。

 2023年6月、同社は財務計画部門を再編し、「財務コンサルタント」モデルと「地域アドバイス」モデルの2つのモデルに分割すると発表した。 
 同社は2023年7月、運用資産残高が2016年の過去最高の約300億ポンドから
   閉鎖時には約14億ポンド
に減少したため、グローバル・アブソリュート・リターン・ストラテジーズ・ファンドがスタンドアロン・ファンドとしては運用されなくなると発表した。
 アブソリュート・アンド・インベストメンツのCEO、スティーブン・バードは後に同社の決算発表で、これは「正しい判断」だったと述べた。 

 2024年1月、アブドゥル・ラ・ラ・ナタールが1億5000万ポンドのリストラ計画の一環として、従業員5000人の約10%を削減すると広く報道された。
 2024年1月24日、約500人の雇用を削減する計画が確認された。

 2024年4月、アバディーンは、欧州に本社を置くプライベートエクイティ事業(運用資産74億ポンド)をナスダック上場の
に最大1億ポンドで売却した。
 この売却提案は2023年10月に初めて発表され、2023年には米国に本社を置くプライベートエクイティ事業を
に売却した。

 2024年5月、アバディーンはCEOのスティーブン・バードが4年間の在任期間を経て退任すると発表した。
 現CFOのジェイソン・ウィンザーが、取締役会がバードの後任を探している間、暫定グループCEOに任命された。

 アバディーンはエディンバラに本社を置き、世界中で事業を展開している。
 2021年現在、同社は5,350億ポンドの資産を管理・運用し、世界中に5,000人以上の従業員と100万人以上の株主がいる。
 アバディーンはロンドン証券取引所に上場している。
 また、持続可能性を重視した世界のトップ上場企業をランク付けするDJSIワールドを含むダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)にも上場されている。

   
posted by まねきねこ at 16:19 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラファー・インベストメント・カンパニー(Ruffer Investment Company RICA )

      (Ruffer Investment Company RICA )
 英国の投資会社
 国際的に上場または引用されている株式または株式関連証券への投資を専門としている。
 1994 年に設立され、ロンドン証券取引所に上場され、 FTSE 250 指数の構成銘柄である。
 会長はクリス・ラッセル氏
 ジョナサン・ラッファーが会長を務める
   ラッファー・インベストメント・マネジメント・リミテッド
によって管理されている。 

 運用資産 265億ポンド (2023年1月) 
 就業者数 330人 (2023年1月) 
 
 1 つの投資戦略は、2 つのシンプルな投資目標によって定義されている。
 1 つは 12 か月間損失を出さないこと、もう 1 つは現金利益よりも先に有意義な利益を生み出すこと。
 同社は、2023 年 5 月にニューヨーク市に米国オフィスを開設すると発表した。

    
posted by まねきねこ at 10:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月12日

クレディ・アグリコル(Crédit Agricole S.A.) フランスの国際銀行グループであり、世界最大の協同組合金融機関 運用資産 1 兆 9,000 億ユーロ(2022年)

    (Crédit Agricole S.A.)
 農業との歴史的なつながりから
   La banque verte(直訳で「緑の銀行」)
とも呼ばれるフランスの国際銀行グループであり、世界最大の協同組合金融機関である。
 フランスではBNPパリバに次いで2番目に大きい銀行であり、ヨーロッパで3番目、世界で10番目に大きい銀行である。

 クレディ・アグリコルの地方銀行、39のアグリコル地域銀行、および中央機関であるクレディ・アグリコルSAのネットワークで構成されている。クレディ・アグリコルSAを通じて中間持ち株会社としてユーロネクスト・パリの第一市場に上場し、 CAC 40株価指数の一部となっている。
 グループの地方銀行が地方銀行を所有し、地方銀行が持ち株会社を通じてSAの過半数を所有し、SAがLCL、イタリアのネットワーク、CIBユニットなど、グループの子会社の一部を所有する株式の相互持ち合いがされている。
 金融安定理事会によってシステム上重要な銀行と見なされています。 

 2010年以来、クレディ・アグリコルはモンルージュにあるシュルンベルジェの工場を改装したキャンパス・エバーグリーンに 本社を置く。
  
 収益 381.6億ユーロ(2022年) 
 営業利益 137億ユーロ(2022年)
 運用資産 1 兆 9,000 億ユーロ(2022年)
 総資産 2 兆 3,700 億ユーロ(2022年) 
 就業者数 145,000人 (2022年) 

 子会社
 ・クレディ・アグリコルSA
 ・LCL
 ・クレディ・アグリコルCIB
 ・クレディ・アグリコル・イタリア
 ・アムンディ

 フランス革命やなおレオン戦争などの激動があったこともあり、19 世紀後半、フランスの農民は長期的かつ柔軟で手頃な価格の信用を得るのに苦労していました。
 1861 年のクレディ・フォンシエ・ド・フランスなど、農業銀行を設立する試みはいくつかあったが、どれも成功しませんでした。

 ジュール・メリヌは最初の地方銀行の設立を先導した。
 1921 年に、新しく設立された
   国立農業信用局 (ONCA)
は、仮事務所からラス・カーズ通りとカシミール・ペリエ通りの交差点にある角の建物に移転した。

 1930年代、フランス国立金融公社は広場を挟んだラス・カーズ通り30番地に入口がある建物群に移転した。
 1966年にモンパルナスに移転するまで本社として同所が機能した。
 なお、現在はフランス国民議会の事務所となっている。

 クレディ・アグリコルの歴史は職業団体の自由を確立した1884年の法律に遡る。
 この法律は、農業組合の設立や地方相互銀行の設立などを認可した。
 クレディ・アグリコル社は、1885年2月23日にジュラ地方ポリニー地区のサラン・レ・バンに設立された。
 これがフランスで最初の銀行である。

 この経験を利用して小規模家族農場への融資を促進し、農業大臣
   ジュール・メリーヌ
の支援を受けた1894年11月5日の法律により、クレディ・アグリコルの地方銀行創設への道が開かれた。
 最初の地方銀行は、農学者、教師、不動産所有者を含む地元のエリートによって設立され、農民は少数派であった。

 初期のビジネスでは、農民がより快適な生活を送れるよう
   収穫の前払い
として提供される
   短期融資
のみで構成されていた。
 その後、中長期ローンが追加され、設備や家畜の購入が可能になった。

 1894年の法律では金融上の利点はなく、地方銀行はすぐに
   資本不足
や小規模農家からの
   担保不足 など
の金融問題に直面した。
 政府がこれらの問題に対処したのは1897年になってからで、フランス銀行に4千万金フランの基金と年間200万フランの手数料でクレディ・アグリコルに資金提供するよう義務付けた。
 1年後、1898年の法律で担保問題は解決した。
 一方では、1899年3月31日の法律で、農業省内に、この時に設立された地方銀行間で政府前払金を分配する委員会が設置された。
 これらの協同組合は、管轄区域内の地方銀行をまとめ、決済機関として機能した。

 20世紀に入ってから、ますます多くの地方銀行が設立された。
 第一次世界大戦前夜までに、どの地域にも少なくとも 1 つは設置されていた。
 しかし、政府は資金の 4 分の 3 を提供し続け、1906 年 12 月 29 日および 1910 年 3 月 19 日の法律によって長期融資の発行が認可されたにもかかわらず、依然として短期融資が事業の大部分を占めた。
 戦争により一部の地域が孤立する中、特にクレディ・アグリコルが紛争中に被害を受けた農業経営を再建するための融資を求められた。
 このため、中央銀行による事業規制の必要性がより明らかになった。

 1920年8月5日の新法により、ルイ・タルディを最高経営責任者とする地方銀行のための公的中央決済機関
   国立信用農業銀行(ONCA)
が農業省に所属していた2つの機関が統合して設立された。
 1926年、この機関は国立信用農業銀行(CNCA)に改名された。

 1920年代には、銀行は全国規模の事業展開を続け、事業活動を拡大した。
 特に1920年には小規模な農村職人への融資を導入し、1923年からは農村部の電化に資金を提供し、地方自治体に資金を提供した。

 地方銀行と地方銀行は1929年にアメリカ合衆国で発生した恐慌がフランスへ波及した
   1930 年の危機
から無傷で立ち上がったところはいない。
 国民財政はより大きな役割を担い、最も深刻なリスクにさらされている銀行を支援した。
 共同預金保証基金は 1935 年に設立された。
 翌年、国家穀物委員会 (ONIC) が設立された際、クレディ・アグリコルは割引を通じて小麦株に資金を提供することで追加の支援を提供した。
 使用された支払いメカニズムにより、田舎では小切手や銀行口座の普及が促進された。

 1939 年から 1945 年にかけて、ナチズムを信奉するヴィシー政権はクレディ・アグリコルに対してより
   厳格な国家監督
を課し、5年債の創設など、金融面での大きな進展もこの時期に行われた。 
 戦後の復興と農業の機械化を促進するため、中央銀行は政府から支給される資金を補うために預金の受け入れを強化した。
 地方銀行は多くの支店を開設し、その数は1947年の1,000支店から1967年までに2,259支店に増加した。

 クレディ・アグリコル全国連盟 (FNCA) は 1948 年に設立された。
 FNCA は、公的機関および CNCA に対してクレディ・アグリコルの地方銀行を代表する役割を担っていた。
 また、スタッフのトレーニングやクレディ・アグリコルの専門知識の段階的な拡大にも役割を果たした。

 1959年、クレディ・アグリコルは法令により、所有者の身分(非農家も含む)にかかわらず、農村部の主な居住用不動産ローンを融資する権限を与えられた。
 1950年に発行された長期債の配布により、クレディ・アグリコルは1963年から自己資金調達が可能になった。
 政府と組織間の資金の流れが逆転し、クレディ・アグリコルは預金を財務省に送金するようになった。

 クレディ・アグリコルは地方銀行とCNCAの両方に新しい経営人材が流入し、近代化を続けた。
 1960年、ポール・ドリアンが農家出身者として初めてCNCAの会長に就任し、14年間その職に就いた。

 1966年、貯蓄を増やして予算からクレディ・アグリコルを排除する取り組みの一環として、政府はCNCAに財政上の自主権を与えた。
 貯蓄流入はもはや財務省を経由せず、CNCAが地方銀行の黒字と赤字の均衡を図る責任を負うようになった。
 1971 年の「農村法」により、クレディ・アグリコルの潜在的な資金源が農村地帯と、職人や食品生産者などの新しいタイプの顧客に拡大されました。
 これにより中小企業や中堅企業への融資が続いた。

 1966 年の銀行改革により、当組織は通帳口座や住宅貯蓄プランなど、競合他社が提供するものと同じ商品を世帯に提供できるようになった。
 最初の子会社は CNCA の特定のニーズに対応するために 1960 年代の終わりに設立された。
 1967年に株式投資を行うために
   Union d'études et d'investissements (UI)
が設立され、
 これに続いて 1968 年に資産管理のために
   Segespar
を設立した。
 クレディ・アグリコルは、1967 年から住宅購入貯蓄商品、1972 年から政府規制の住宅ローン、1977 年に初回購入者向けローンの販売を開始した。
 1976 年、グループは「le bon sens près de chez vous」(「身近な常識」)というスローガンを採用した。

 クレディ・アグリコルは1979年にシカゴに初の海外支店を開設して国際展開戦略の始まりを告げた。
 同年、ザ・バンカー誌はクレディ・アグリコルを世界有数の銀行にランク付けした。
 この進歩を反映して、クレディ・アグリコルはフランスの1984年銀行法の対象となった。
 それまでは農村法典のみの対象だった。

 さらに、クレディ・アグリコルの銀行カードを他の銀行が使用するカルト・ブルーシステムの一部とするための銀行間協定が締結された。
 グループの事業多角化は 1980 年代に始まった。
 生命保険子会社プレディカは 1986 年に設立され、損害保険部門パシフィカは 1990 年に設立された。
 グループは銀行窓販に拡大し、最初の
   退職貯蓄プラン
を提供した。
 この当時、地方銀行の取締役の多くは、農業分野の保険会社
   グルパマ
の取締役でもあった。
 なお、両者の合併の話もあったが、実現しなかった。

 1988 年 1 月 18 日、CNCA 相互化法が発効した。
 CNCAは株式会社に再法人化され、株式の90%が地方銀行に、10%が従業員に売却された。
 クレディ・アグリコルは政府から完全に独立し、余剰資金をすくい取る政府の慣行に終止符を打った。

 1990年、クレディ・アグリコルは農家への低利融資付与の独占権を失い、1年後の1991年に「正常化」プロセスが完了した。
 これにより、大企業への融資開始が許可された。

 1989 年にイタリアの
   Banco Ambrosiano Veneto
の株式を取得し、 1991 年にはポルトガルの
   Banco Espírito Santo
の株式を取得し、国際的な拡大が続いた。

 地方銀行の統合は、コスト削減を目的として 1990 年に正式に開始された。
 地方銀行の数を半減させることを目標として、21 世紀に入るまでにその目標が達成された。
 一方、地方銀行 94 行のうち 18 行は共同投資証書の発行を通じて流通市場に上場された。
 しかし、地方銀行の株式資本の大半は 550 万人の顧客株主の手に残っていた。

 1993年、FNCAの相互化計画を主導した
   ルシアン・ドゥルー
がCNCAの初代最高経営責任者に就任した。
 クレディ・アグリコルによって既存のスタッフの中から任命された。

 1996 年にグループは
   インドスエズ銀行
を買収し、資産管理子会社のインドカム (1999 年にクレディ・アグリコル・アセット・マネジメントに改名) と企業銀行および投資銀行業務を行うクレディ・アグリコル・インドスエズを設立した。
 1999 年には、グループが新たに民営化された
   クレディ・リヨン
の株式を取得し、大手消費者金融会社
   ソフィンコ
を買収するなど、多角化が続いた。

 CNCA は 2001 年に
   Crédit Agricole SA
という名称で株式市場に上場した。
 これにより、地方銀行は大規模な買収を実行するための上場手段を手に入れた。

 21世紀に入り、同グループは事業の多様化を進めた。
 2003年にはフィナレフを買収した。
 同年、クレディ・アグリコルは、 2002年12月に政府がクレディ・リヨネの株式を競売にかける決定を下したことで市場争いが勃発した。
 その後、当時の取締役会長ルネ・カロンの指揮のもと、友好的な買収によりクレディ・リヨネを買収した。

 2003年と2004年には両銀行が統合され、異なる事業ラインが子会社にグループ化された。
 この中には、2004年にクレディ・リヨネとクレディ・アグリコル・インドスエズの法人銀行業務と投資銀行業務を統合してカリヨンが設立されたことが含まれている。
 クレディ・リヨネは個人向け銀行業務に特化し、 2005年8月にLCLに改名した。

 2004 年から 2005 年にかけて、エジプト、ウクライナ、セルビア、ギリシャ、イタリア、ポルトガルでも事業を設立した。
 2006 年に、パシフィカ ブランドとプレディカ ブランドを統合するために
   クレディ アグリコル アシュアランス
が設立された。

 2007年、クレディ・アグリコルは、以前は
   Banca Intesa
の筆頭株主であり、第3位の株主であった、
 新しく設立されたイタリアの大手銀行
   Intesa Sanpaolo
の株式の売却を開始した。
 2007年3月1日、クレディ・アグリコルはインテーサ・サンパオロからカリパルマとフリウルアドリアに加え、旧バンカ・インテーサ支店202店舗を買収した。
 2011年、クレディ・アグリコルはインテーサ・サンパオロからカリスペツィアを買収し、96の支店をインテーサ・サンパオロから直接買収した。
 2012 年、クレディ・アグリコルはインテーサ・サンパオロの最後の株式を売却した。
  
 2007年から2008年の金融危機による悪影響は一部の競合他社に比べて少なかった。
 銀行間融資市場が停滞すると、クレディ・アグリコルは2008年1月に長年保有していたスエズの株式を13億ユーロで売却せざるを得なくなった。
 その後5月には売却を余儀なくされた。
 2008 年には、バーゼル II規制要件を満たすために、すべての地方銀行が引き受けた 59 億ユーロの株主割当増資を組織した。
 また、50億ユーロの非戦略的資産処分プログラムにも着手した。

 2008年末、政府はフランスの6大銀行に対し、引き続き経済に貢献できるよう、2回に分けて210億ユーロを8%の金利で融資することを決定した。
 クレディ・アグリコルは2回目の融資には参加せず、2009年10月に政府に返済した。
 クレディ・アグリコルの危機脱出戦略は市場に好意的に受け止められ、株価は2009年比で40%以上上昇した。

 2012年、クレディ・アグリコルは引き続きマイナスの業績を報告し、第3四半期には約30億ユーロの損失を計上した。
 ギリシャ支店のエンポリキは、クレディ・アグリコル・グループに統合されたアルバニア、ブルガリア、ルーマニアの収益性の高い部分から切り離された。
 エンポリキへの投資総額は約90億ユーロだった。
 残りのギリシャ部分はアルファ銀行に1ユーロで売却された。
 クレディ・アグリコルはスペインの銀行バンキンテルからも完全に撤退し、1億9300万ユーロの帳簿上の損失を出した。
 特にイタリアでの困難により、消費者信用で6億ユーロという巨額の減損を行った。
 さらに、クレディ・アグリコルは貸借対照表上ののれんを減額しなければならなかった。
 のれんは2012年9月に177億ユーロに達し、実際の価値を大幅に上回った。
 2013年2月初旬、同銀行は減損と費用として38億ユーロを計上すると発表した。
 メディアによると、これは過去最高の額だという。

 2014年3月、クレディ・アグリコル・グループは中期戦略計画を発表した。
 リテールバンキング、保険、貯蓄に重点を置いた。
 国際的には、同グループはグループ第2位の市場であるイタリアを皮切りに、中核市場に再び焦点を当てることを決定した。

 クレディ・アグリコル・グループは、ブルガリアの子会社をコーポレート商業銀行に1億6,000万ユーロで売却した。
 2014年4月22日、クレディ・アグリコルSA、クレディ・アグリコル・ノルド、クレディ・アグリコル・ノルドエストは、クレディ・アグリコル・ベルギーとセンテアの合併により設立されたベルギーの銀行であるクレランSAの株式の50%を売却すると発表した。
 2017年、同グループはイタリアの小規模銀行3行を買収した。

 クレディ・アグリコルは、地方銀行、地域銀行(およびその支店と株式投資)、クレディ・アグリコルSA(およびその子会社)からなる3層構造をとっている。
 地方銀行と地域銀行は協同組合企業で
 クレディ・アグリコルSAは、ソシエテ・アノニムです。クレディ・アグリコルは、世界有数の協同組合企業の一つです。

 2,509 の地方銀行がクレディ アグリコルの基盤を形成している。
 彼らは 740 万人の利害関係者 (2013 年 12 月時点) を抱えており、協同組合のガバナンス原則に従って、顧客であると同時に地方銀行の株式資本 (所有株式を通じて) の所有者でもある。

 地方銀行の資本の大半は地方銀行が保有しており、毎年約50万人が参加する地方銀行の年次総会では、3万2千人を超える有志の取締役が株主によって任命される。

 クレディ・アグリコルの地方銀行は、協同組合組織であり本格的な銀行であり、2,000 万人の顧客 (2008 年末) に幅広い金融商品とサービスを提供している。
 約 7,200 の支店と 12,000 台の ATM のネットワークに加え、7,000 を超える店内キャッシュ ポイントを誇る。
 クレディ アグリコルの顧客に基本的な銀行サービスを提供している。
 一部の地方銀行は財務体力と競争力の向上を目的に合併しており、地方銀行の総数は1988年から2008年の間に94行から39行に減少した。

 2007 年 9 月、クレディ・アグリコルはニューヨーク子会社における
   不正取引損失
に関連して 2 億 5,000 万ユーロの費用を計上した。
 2008年4月18日、クレディ・アグリコルはサブプライム住宅ローン証券に関連して12億ドルの損失を計上すると発表した。
 2008年5月、クレディ・アグリコルは株主から59億ユーロの自己資本を調達しようとした。
 金融危機が深刻化するにつれ、その後の期間に株価は19ユーロから6ユーロに下落し、物議を醸した。

 2010年、フランス政府の競争規制を担当する機関であるAutorité de la concurrenceは、小切手処理において不当な手数料、特に紙の小切手送金から「Exchanges Check-Image」電子送金への移行時に課される追加料金を共謀したとして、クレディ・アグリコルを含む11の銀行に3億8,490万ユーロの罰金を科した。
 2022年、スイスとモナコで事業を展開するクレディ・アグリコルの子会社は、スーダン、シリア、キューバ、ウクライナのクリミア地域を含む多くの国に対する制裁に違反したとして、米国に100万ドル以上を支払うことに合意した。

   
posted by まねきねこ at 21:27 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月11日

GSAキャピタル(GSA Capital GSA) 英国の定量的金融投資会社 運用資産 27億米ドル(2022年)

GSAキャピタル(GSA Capital GSA)
 英国の定量的金融投資会社
 世界中の株式、先物、外国為替市場にわたる体系的な取引に焦点を当て投資活動を行なっている。
 以前はヘッジファンドだったが、よりパフォーマンスの高い戦略に注力するため、2021年に民間取引会社に移行した。
 ロンドンに本社を置き、ニューヨークにもオフィスを構えている。

 運用資産 27億米ドル(2022年)
 就業者数 120人 (2022年) 

 GSA は、ドイツ銀行の元自己トレーダー
   ジョナサン ヒスコック
によって 2005年に設立さた。
 ヒスコック氏はドイツ銀行のグローバル統計裁定取引チームの責任者であり、15 人のスタッフからなるチームを率いて GSA を設立した。
 株式のロング/ショートヘッジファンドとして設立され、ブレバン・ハワード社の元トレーダー
   デビッド・カービー・ゼイトゥーン氏
が同社のCEOに就任した。

 2013年、GSAは17億ドルのトレンド・フォロー・ファンドを立ち上げた。
 このファンドは2%の管理手数料と20%の成功報酬を課すヘッジファンドの標準と比較して、0.5%の定額管理手数料のみを課した。
 当初は通貨、債券、株式などの従来の市場に投資していた。
 その後に金利スワップなどのオルタナティブ投資に移行した。

 2015年に、XTX Marketsが GSA から独立した。
 2016年1月、GSA は 1 億 1,000 万ポンドの利益を職員に分配した。
 2019年、GSAは香港事務所で5人の人員を削減した。

 2021年10月、GSA は暗号通貨に投資すると発表した。
 2021年11月、GSAは、収益だけでなくよりパフォーマンスの高い戦略に注力するため、ヘッジファンドから民間取引会社に移行し、外部投資家に資本を還元すると発表した。
 2010年以来、同社は応募者5000人のうち25人しか採用していなかった。
 従業員の多くは数学の博士号を取得している。

 ライバルの高頻度取引会社
   ルシッド・マーケッツ(Lucid Markets)
は、トムソン・ロイターの
   取引システム規則
を破り、一度に複数のサーバーをプラットフォームに接続し、競合他社に先駆けて重要な取引データを取得できるようになった。
 これに応じて、トムソン・ロイターは2012年12月にルシッド・マーケッツを一時停止した。
 しかし、GSAは停止は十分に深刻ではないと批判し、トムソン・ロイターのシステムに取引価格を掲載することを拒否して抗議した。
   計画の痕跡をすべて隠すため
にテキストやWhatsAppメッセージを使用して採用しようとしたシタデル・セキュリティーズの上級トレーダー
   ヴェダット・コログル氏
から秘密の取引戦略を入手したとして、GSAを4,000万ドルで訴訟を起こした。

 シタデル・セキュリティーズはまた、GSAが取引戦略を使用することを阻止したいと考えていた。
 シタデル・セキュリティーズによると、ABC戦略として知られる自動取引モデルの開発には1億ドルがかかり、従業員3,000人のうち利用できるのはわずか15人だったと明らかにした。
 米国と欧州の株式取引で年間5,000万ドル以上の収益を上げていた。

 GSAは、取引戦略には取引モデルのリバースエンジニアリングを可能にするものは何もないと主張した。
 GSAはまた、シタデル・セキュリティーズが2019年にGSAのトレーダーの1人を雇おうとし、会計データを求めた際に
   偽善的な行為
を行ったと主張する反訴も受け入れた。
 2021年6月、両当事者はすべての請求について法廷外で和解に達し、訴訟は終結した。
 コログル氏は電子メールで、「私の責任を認めずに」シタデル証券と秘密裏に和解に署名したと明らかにした。

   
posted by まねきねこ at 10:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月08日

シェーンフェルド ・ストラテジック・アドバイザーズ(Schonfeld Strategic Advisors Schonfeld  SS)  ニューヨーク市に拠点を置く米国のヘッジ ファンド 運用資産 138 億米ドル (2023年) 

      (Schonfeld Strategic Advisors Schonfeld  SS)
 ニューヨーク市に拠点を置く米国のヘッジ ファンド
 1988年にスティーブ ・シェーンフェルドが に設立した、短期、体系的、アルゴリズム取引の先駆者であるファミリー オフィスの事業を継し、2015年に設立された。

 運用資産 138 億米ドル (2023年) 
 就業者数 1,000人(2023年)
 
 子会社
 ・Quantbot テクノロジー
 
 シェーンフェルドは、2016年1月に SEC に投資顧問として登録した。
  2021年現在、ライアン トールキン氏が CEO および CIO を務めている。
 Steven Schonfeld は、株式仲買人として稼いだ 40 万ドルをもとに、1988 年に私設取引会社として Schonfeld を設立した。
 同社はドットコム バブルのピークだった 2000 年に 2 億ドルの利益を上げた。
 その後、 2002年の株式市場の低迷により損失を出した。

 2004年までに、シェーンフェルドは 1,200 人のトレーダーを雇用し、うち 700 人が情報を公開しないプロプライエタリ側にいた。
 2005年、同社は、プロプライエタリ トレーダーによる会社全体の収益への寄与が 5 年前の 98% から 60% に低下したことを指摘した。[9]  
 シェーンフェルド資本の取引部門である
   シェーンフェルド証券
は、2000年の25億ドルから4年後には6億7000万ドルまで資産が減少した。

 2006年、シェーンフェルドは、
   コンピューター主導の戦略
が従来の取引よりも高速になると考え
   アルゴリズム取引
に移行した。
 シェーンフェルド氏は、 2007 〜 2008 年の金融危機中にボラティリティを 2 億ドル削減した。

 2009年、シェーンフェルドは私設商社からスティーブン・シェーンフェルドの資産を管理するファミリーオフィスに切り替えた。
 同年、シェーンフェルドは資産管理のために
   クアントボット・テクノロジーズ(Quantbot Technologies)
の設立に資金を提供した。
 クアントボット・テクノロジーズは、以前はメリルリンチ
   統計裁定取引私設取引グループ (QSA)
に所属していた従業員によって設立された定量企業である。

 ウォール・ストリート・ジャーナルによると、1996年から2009年の間に、金融規制当局はシェーンフェルドに対して16回の措置を講じた。
 1999年12月、ニューヨーク証券取引所(NYSE)はデイトレード違反でシェーンフェルド氏とその役員の1人に150万ドルの罰金を科した。
 フォーブスの報道によると、シェーンフェルド氏は
   ナスダック少額注文執行システムの規定に違反
したとして、2000年から2005年の間に全米証券業協会から少なくとも2回罰金を科せられた。

 2009年、ニューヨーク証券取引所は、 2005年に
   資本不足
を隠すために
   往復取引
を行ったシェーンフェルドに対し、110万ドルの罰金を科した。
 
 2015年、シェーンフェルドは社外の投資家から資本を受け入れると発表した。
 その構造をマルチ戦略ヘッジファンドに変更した。
 2016年1月、シェーンフェルドはファミリー オフィスと並行してサードパーティ資産の管理を開始した。

 2018年、シェーンフェルド氏はソル・クミン氏が設立したヘッジファンド
   フォルジャー・ヒル・アセット・マネジメント
を買収した。
 この買収の理由の 1 つは、シェーンフェルドのアジアでの拡大を支援することであった。

 ブルームバーグニュースによると、2019年、シェーンフェルドは過去6年間で約20%の平均リターンを達成した。
 なお、これはS&P500指数のほぼ2倍に相当する。
 2021年1月に、ライアン トールキンが CEO の追加役職に就任した。
 2021年8月、シェーンフェルドはフロリダ州マイアミに第 2 本社を設立した。
 2022年1月、シェーンフェルドは裁量マクロおよび債券ビジネスを設立した。

 2023年10月、シェーンフェルトと
が、ミレニアムがシェーンフェルトに投資するパートナーシップを確立するための交渉を行っていると報じられた。
 しかし、11月に両者は提携交渉を打ち切った。
 その後、シェーンフェルドは従業員の15%に当たる150人の人員削減を進めた。

   
posted by まねきねこ at 08:00 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月07日

ランズダウンパートナーズ(Lansdowne Partners Lansdowne) 株式への投資で知られる英国の投資管理会社 運用資産 70億米ドル(2023年6月)

    (Lansdowne Partners Lansdowne)
 株式への投資で知られる英国の投資管理会社
 2015年に運用資産(AUM)が 210 億ドルに達した最も初期のヨーロッパのヘッジファンドの 1 つ。
 近年、同社はヘッジファンド戦略から、より主流の資産に沿った
   ロングオンリー戦略
に移行した。

 運用資産 70億米ドル(2023年6月)
 就業者数 70名(2023年6月)
 
 1998年、ポール ラドックとスティーブン ハインツが
   Lansdowne
を共同設立した。
 会社名は、会社が設立されたホーランドパークのランズダウンロードに由来している。
 当初は、ファンダメンタルズ分析を使用してヨーロッパ株を売買することに重点を置いていた。
 2001年に設立された同社の主力ヘッジ ファンドは、以前マーキュリー アセット マネジメントで働いていた
   ピーター・デイビス
   スチュアート・ローデン
が管理するランズダウンの英国株式ファンドであった。

 ランズダウンは初期の成功を収め、2006年11月に 19% の株式を
   モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント
に売却したとき、5 つの異なる投資戦略で 120億ドルの運用資産を保有した。
 2007年から2008年の金融危機では、ランズダウンの英国株式ファンドは金融セクターと住宅セクターでショート ポジションを保有して利益を得た。
 その後、危機の間に証券を安値で購入し、市場が回復した2009年末には25.9%のリターンを記録した。

 2011年、ランズダウンの英国株式ファンドは金融セクターのロングポジションが原因で20.1%下落した。
 2012年4月に、ランズダウン・ディベロップド・マーケット・ファンドに名前変更された。
 2013年6月にラドックは引退し、2014年にハインツはランズダウンの日常の活動から退いた。
 しかし、両社は依然として同社の重要な所有権を保持し、同社の株式の 55% を保有する支配株主であり続けた。
 これは、同社がさらに拡大することを可能にする障害として挙げられた。

 2013年9月、ランズダウン氏はアレックス・スノーを CEO に任命し
   エネルギー基金
を立ち上げるために新入社員のチームを迎え入れたが、2017年1月、スノー氏は十分な権限が与えられていないため会社を拡大できないことに不満を抱き、会社を辞めた。
 スノー氏の退職後、ランズダウン氏の金融ヘッジファンドは閉鎖された。

 2017年、ランズダウンはクレジット・ファンドを立ち上げ、同社の戦略を多角化するというアイデアを検討した。
 当時、ランズダウン・ディベロップド・マーケット・ファンドが運用資産の80%を占め、利益ではそれ以上を占めていたためだ。
 市場環境の変化により、銘柄選択で利益を上げることがますます困難になった。

 ランズダウン自身を経営するために2016年にファンドの管理を停止していたローデン氏はこの決定を支持した。
 同社の経営陣に計画を受け入れるよう説得しようとしたがし、経営陣は会社がどのような戦略をとるべきかについて合意できず、最終的には会社の創業者らは新しいチームを奨励するために株式を希薄化することを望まなかった。
 この結果として、この計画は実現せず、ロッデン氏は企業多角化の試みが失敗したことへの不満を理由に2018年9月に退社した。 

 2020年7月、ランズダウンは長期間にわたるパフォーマンス不振を受けて、ランズダウン・ディベロップド・マーケット・ファンドを閉鎖すると発表した。
 ショートポジションに関しては、同ファンドは2008年以来、総計で市場を上回っていなかった。
 2016年から2019年にかけて、同ファンドの年間複利損失は3%近くだった。
 なお、S&P500指数の年間利益は9.5%だった。
 理由としては、 Brexitの影響を過小評価していることや、グレンコアの株価が回復した際にグレンコアに賭けて3億2,600万ドルの損失を出したことなどが挙げられる。

 2020年の最初の6か月間で、当ファンドは新型コロナウイルス感染症のパンデミックの影響を受けた航空会社株のロングポジションにより 23% 損失を出した。
 ファンドの投資家の約半数がランズダウン先進市場ロングオンリーファンドに転換した。
 この時点で、ランズダウンはすでにロングオンリー戦略により多くの資金を持っていた。
 2023年5月、ランズダウンはブティックのみを運営してきたクラックス・アセット・マネジメントを買収すると発表した。
   
   
posted by まねきねこ at 10:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月06日

シピオン・キャピタル(Scipion Capital) ロンドンに本拠を置くヘッジファンドで、プライベートデットを専門

    (Scipion Capital) 
 ロンドンに本拠を置くヘッジファンドで、プライベートデットを専門としている。
 所在地はロンドンのメイフェアのハーフムーンストリート15 番地です。
 2007年にニコラ・クラベル(Nicolas Clavel)によって設立された。
 
 Scipion Capitalは、商品貿易金融を提供するために、2007年に最初のファンドである
   Scipion African Opportunities Fund
を設立し、非生鮮商品の配送、生産、加工のための短期融資を提供している。
 Scipion Active Trading Fund は、サブ参加者、共同投資家、および Scipion Capital Ltd が管理するファンド間のさまざまな投資の配分を容易にする融資プラットフォームとして 2010 年に設立された。

 2017年に、新興市場に資産担保ローンを提供するために Scipion Term Loan Fund が設立された。
 このファンドは 1 〜 5年のローンに参加し、米ドルの収入源を生み出す現物資産に資金を提供している。
 Scipion Active Impact Fund は、Scipion Capital の責任ある投資商品として 2018 年に設立された。
 ファンドは投資を決定する際に、環境、社会、影響の基準を考慮しているという。

    
posted by まねきねこ at 09:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パリ市民の我慢も限界? 五輪直前の混乱ぶり露呈するセーヌ川に排泄デモ

 フランスでは7月下旬に開幕するパリ五輪ではセーヌ川が競技の舞台となるため、仏政府やパリ市は
   14億ユーロ(約2370億円)の予算
を費やし、水質浄化策を実施。マクロン大統領はセーヌ川がきれいになったことを証明するため、泳ぐ約束までしていた。

 ただ、五輪開幕まで1カ月になったがセーヌ川の水質浄化の問題に注目が集まり、水質が十分に改善されていないままだという。
 そもそも、水質を保証できないために1923年から遊泳が禁止されてきたセーヌ川を短期間できれいにするのは困難。
 五輪の開催準備を巡っては、政府はパリのホームレスを他地域へ移動させた。

 また、セーヌ河岸の露天商に開催期間中の立ち退きも指示したまたものの、生活が成り立たなくなるなどから猛反発を受けて撤回した。
 怒りが頂点に達しつつあるのか、一部の市民が政府の対応への抗議のためにセーヌ川で排泄(はいせつ)するよう呼びかけているとの情報も垂れ流されている。

   
posted by まねきねこ at 07:18 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月05日

マイケル・エドワード・ノボグラッツ(Michael Edward Novogratz)

マイケル・エドワード・ノボグラッツ
       (Michael Edward Novogratz)
   1964年11月26日生まれ
 米国の投資家で、以前は投資会社
に所属していた。
 現在、暗号通貨への投資に重点を置いている
の CEO を務めている。

 バージニア州アレクサンドリアで育ったノボグラッツは、ウェストポイント・フットボールのラインマンであり、1958年のクヌート・ロックン賞(最優秀ラインマン)受賞者である
   ロバート・シニア
の7人兄弟の3番目として生まれた。
 フォートハント高校に通っていた。

 ノボグラッツは、プリンストン・レスリングのキャプテンを務める前は、バージニア州の高校レスリング準優勝者である。
 ノボグラッツは1986年(150ポンド(68.0kg))と1987年(158ポンド(71.7kg))の両方で
   オール・アイビー・リーグ
のトップチームであった。
 彼は1986年と 1987年の両方で全米大学体育協会(NCAA) レスリング選手権への出場資格を獲得した。
 ノボグラッツはプリンストン大学で経済学の学士号を取得した。
 1987年のNCAAレスリング選手権では、勝者枠でラウンド16まで進出した。
 敗者復活枠ではラウンド12で敗退している。
 
 ヘリコプターパイロットとしての任務を含む
   ニュージャージー州警備隊
での勤務を経て、ノボグラッツは1989年に
でキャリアを開始し、ターム債(短期金融市場)のセールスマンとして働いた。
 1992年に東京のゴールドマンでセールスマンの職に就き、最終的には
   ジョン・コージン
によって同社のトレーディングデスクを担当するため香港に派遣されている。

 1998年にゴールドマンのパートナーに選出され、役職としては、ゴールドマン・サックス・ラテンアメリカの社長やアジアの債券、通貨、商品リスクの責任者などがあった。
 ノボグラッツ氏は、ゴールドマンのパートナーになって1年後に退職した。
 2002 年 3 月、ノボグラッツ氏はウェズリー・エデンズ氏、ロバート・カウフマン氏、ランダル・ナルドン氏、ピーター・ブリガー・ジュニア氏らとともに
   フォートレス・インベストメンツ
に入社し、2007年2月9日の新規株式公開を通じて会社を上場させた。
 IPO中に、同社は8%の株式を6億ドルで一般に売却した。

 2006年にフォートレス クレジット コーポレーションのプリンシパルおよびディレクターとしてフォートレスでの役割を引き受ける前は
   フォートレス インベストメント グループ LLC
でマクロ ファンドの共同最高情報責任者を務めていた。
 担当領域にはヘッジファンドとプライベートエクイティ投資の両方が含まれていた。
 ノヴォグラッツと彼の同僚がスイスフランとブラジルの資産に賭けて数億ドルを失った後、フォートレスは解散した。

 ノボグラッツ氏は、現在、仮想通貨投資会社
   ギャラクシー・インベストメント・パートナーズ
のCEOである。
 当初は2017年12月15日にギャラクシー・デジタル・アセット・ファンドを開始する予定だった。
 「市況が気に入らなかった」という理由で計画を棚上げしたという。

 なお、Galaxy Digital Holdings Ltd. は、財務結果の公表が義務付けられている数少ない仮想通貨企業の 1 つ。
 2018年の最初の9か月で、同社は仮想通貨取引で
   1億3600万ドルの損失
を出した。
 2017年、Galaxy Digital はテクノロジー企業Bitfuryへの 8,000 万ドルの資金調達ラウンドに貢献した。
 ギャラクシーの損失は、過去1年間の
   1億8,200万ドルの損失
に続き、2022年第2四半期には5億5,400万ドルに拡大した。

 2017年に、自身の純資産の 20% が
   ビットコインとイーサリアム
にあると明かした。
 同氏は2016年から2017年にかけて仮想通貨で2億5000万ドルを稼いだと述べている。
 2022年の仮想通貨カンファレンスで、ノボグラッツは「ビットコインのタトゥーとルナのタトゥーの両方を入れている世界で唯一の男だ」と自慢した。
 この数週間後、米ドルに固定されていると主張していたUST(アルゴリズムのTerra Lunaステーブルコイン)は、その価値のほぼすべてを失った。

 ニューヨーク州知事
   デイビッド・パターソン
は、2010年にノボグラッツ氏をハドソン・リバー・パーク・トラストの取締役会のメンバーに任命した。
 また、彼は、ニューヨーク連邦準備銀行の金融市場投資諮問委員会のメンバーを務めている。

 ノボグラッツは、ニューヨーク市の公立学校でレスリングのスポーツを育成する非営利団体
   ビート・ザ・ストリート
の会長兼創設者である。
 また、Acumen Fund、NYU Langone Medical Center、Princeton Varsity Club、ニューヨーククリエイティブオルタナティブ委員会、PAX、スクール・フォー・ストリングス、およびアメリカ・ジャズ財団の理事も務めている。
 彼は弦楽学校を設立し、理事長も務めている。
 また、 USA レスリング財団の名誉会長であり、フレンズ オブ ザ ハドソン リバー パークの会長でもある。
 2015年10月、ノボグラッツ氏はフォートレス インベストメンツを退職した。
  
 2007年9月、ノボグラッツはフォーブス 400の 317 位に掲載され、純資産は 15 億ドルになった。
 2008年3月のフォーブス誌の世界億万長者リストで 962 位にランクされ、純資産は 12 億ドルであった。
 同年、裕福な金融幹部で構成されるウォール街の「秘密結社」である
   カッパ・ベータ・ファイ
の会員となった。
 その後、フォートレスの株価下落後の2012年までに、彼の純資産は5億ドルまで減少した。
 民主党の政治的利益を支持しており、保釈プロジェクトの理事長でもある。
 2021年の時点で、彼は48億ドルの仮想通貨を所有していた。
 同年、彼は『Billions』のエピソードに本人役で出演している。

 妹のジャクリーン・ノボグラッツはアキュメン・ファンドの創設者兼CEO。
 弟のロバート・ノボグラッツはデザイン社のブラボーテレビシリーズ9で紹介されたデザイナー。
 もう一人の兄弟であるジョン・ノボグラッツは、ミレニアム・パートナーズの上級管理パートナーである。

     
posted by まねきねこ at 07:03 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IGISアセットマネジメント 韓国のソウルに本社を置く不動産投資会社 運用資産 479億米ドル(2023年)

IGISアセットマネジメント( IGIS 、Integrated Global Investment Solution の略)
 韓国のソウルに本社を置く不動産投資会社
 IGIS は韓国最大の不動産資産運用会社
 IREIは2022年、運用資産ベースでIGISをアジア第2位の不動産管理会社にランク付けした。

 運用資産 479億米ドル(2023年)
 就業者数 472人
 
 キム・ダイヨン氏によって2010年に
   PSアセットマネジメント
として設立され、2012 年に
   IGIS アセット マネジメント
にブランド変更された。
 2015年、キム氏は同社の管理職を辞任した。
 後任には同社の共同CEOとして
   チョ・カブジュ氏
   アンディ・カン( Andie Kang)氏
が就任した。
 その後、ジョセフ・リー(Joseph Lee)も同社の追加共同 CEO になった。

 同社は2018年に韓国取引所への新規株式公開を申請した。
 しかし、同年10月に金氏が死去したことで手続きは中止された。
 会社の所有権が変更され、株式の45.5%がキム氏の妻に譲渡された。
 なお、息子と娘は株式を相続せず、会社の経営には関与しないことになった。

 2018 年に IGIS プライベート エクイティを設立し、2021 年に米国の大手投資会社
   BlackRock
に買収された。
 同社にはIGIS Investment Partnersというベンチャーキャピタル部門がある。
 IGIS はフランクフルト、ロンドン、ニューヨーク、シンガポールにもオフィスを構えている。

   
posted by まねきねこ at 05:39 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月03日

米個人消費、驚異的な粘り強さにも疲れの兆しが出ており、主要エンジンが一斉に失速するリスクを転嫁させられる日本の政治家にものが言えないマスコミ

 日本政府が長期政権を維持するため米国の軍産複合体制への資金提供のパイプを広げたうえ国際資本が安価に利用できるよう日本銀行が、自動車など輸出産業や国内中小企業、住宅ローン利用者への支援等と称し低金利、円安誘導という異次元の金融政策で覆い隠して日本国民の資産を勝手に使わせたことで米国経済は大幅に拡大したうえ、インフレの加速でも驚異的な粘り強さを見せてきた米個人消費を支えてきた複数の要因が、一斉に勢いを失いつつある経済統計が明らかになってきた。
 
 最近の家計需要の減退が単なる一過性のものではない可能性を示唆しているとの見方が市場に広がった。

 米国経済統計における実質可処分所得は過去1年間で小幅な増加にとどまっており、貯蓄率は16カ月ぶりの低水準にある。
 新型コロナウイルスのパンデミック期に積み上がった資金を、家計がほぼ使い果たしたことが背景にあるとみられており、その結果、多くの消費者がクレジットカードやその他の資金調達手段に頼るようになってきており、大きな経済クラッシュが起きそうな環境が作られており、次期大統領選挙での争点になっていきそうだ。  

 ただ、トランプ自身の資産元である不動産業界も住宅産業では好調さを維持するが、商業不動産業界は悪化傾向が止まらず、円安時に日本の機関投資家が米国に資金を流し込み商業不動産を買い漁る姿はトランプへの忖度そのものであり
   鴨ねぎ投資家の典型的行為
と欧米投資家に蔑まれ、敗戦国として連合国に金を貢ぎ続ける日本政府の姿そのもので、忖度の度が過ぎる。
 そもそも、日本企業が内部留保したままで死に金となっている利益を株主に対して配当金などとして吐き出させることすら出来ていない
   「物言わぬ株主」である日本の機関投資家
の経営者等の経営スタンスの悪さに注目すべきだ。
 また、企業グループの相互持ち合いで株価を誘導し、内部留保した資産の吐き出しを要求する欧米の物言う株主の株の囲い込みが起きており、内部留保の吐き出しや海外資産の切り売りなど莫大な資金が国際資本に流れ出す下地を作ってしまった規制緩和、行政改革、民間企業優先をいう虚構の事業仕分けなどという裏にある悪巧みに注目すべき状況にある。
 しかし、敗戦後の国民の意識形成で意図的に情報を偏向して流し込むことで、誘導しやすい思考に変えられており、「パブロフの犬の如き反応」がより強く出やすいようクイズ番組が多く編纂され、間違いを嘲笑する傾向の背景を考える必要もあるだろう。
 
 米国のインフレ調整後の実質個人消費支出(PCE)が4月に減少したのは、多くの消費者がクレジットカードやその他の資金調達手段に頼るようになっていることで説明できそうだ。
 米国の雇用市場も冷え込みつつある中、ベスト・バイのような小売企業ではここ数カ月、顧客がより安価なブランドに切り替える動きが見られるという。
 日本では「断捨離」などミニマリストなどを増やし安物買いを誘導するようなマスコミのTV番組を繰り返し流してきたことで多くの老舗が影響できなくなり廃業してきたことで産業破壊を行っている。
 明治期に高品質のものが欧米に流れ出した文明開化時の行為と同じ事が起きている。

 米国実質PCEの落ち込みと1−3月(第1四半期)実質国内総生産(GDP)の下方修正は、2023年に驚くほどの力強さを見せた米経済が失速しつつあることを説得力をもって示すものであり、日銀の金融政策が自主的に日本国民の資産増加ではなく、政権維持のための道具として米国に忖度した金融政策が取られている背景にあり、適切な対応ができていないのも金に卑しい政治家の醜聞を日本のマスコミが米国の情報機関からの工作で国民世論に流して政治家を叩き潰してきた過去の歴史を見れば明らかだろう。
 独自取材といって情報源を秘匿するが、こうした工作による情報を利用しているに過ぎず、単に工作の協力者でしかない。ただ、こうした情報も米国だけではなく、韓国や中国、ロシアなどの工作を受けている部分もある点も問題だろう。
 
 最近発表された米国の企業決算からは、消費者が裁量支出よりも生活必需品への支出を優先させている姿が浮かび上がっている。
 また、高所得者層も値引き品を求めるなど価格に敏感になっており、これがウォルマートの売上高増加につながったといった見方が出ている。
   
   
posted by まねきねこ at 10:00 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国国防相「一つの中国」空洞化と米を平和統一の可能性を損なうとして非難?

 中国の董軍国防相は2日、台湾を中国と不可分の領土とする「一つの中国」政策を米国が「空洞化」させ、南シナ海で一国の「判断を誤らせた」と主張、直接的に非難した。
 ただ、フィリピンの名指しは避けた。

 シンガポールで開催された
   アジア安全保障会議(シャングリラ会合)
に国防相就任後初めて出席した董軍氏は、台湾関連法制を推進したり、武器売却を継続したり、台湾と不法な公的接触を持ったりすることで、全体の動きを目立ちにくくする「サラミスライス戦略」を米政府が展開していると批判したうえ、平和統一の可能性が損なわれていると認識を示した。

 さらに米国について「国交を樹立した際の中国との約束に違反し、中国のレッドライン(越えてはならない一線)を試し続けている」と主張した。

 中国は「独立派」と見なす頼清徳総統の就任を受け、台湾周辺で大規模な軍事演習を先月実施するなど威圧的行動をエスカレートさせている。

  
ひとこと
 そもそも、中国において「一つの中国」政策自体が問題であり、中国の領土の範囲も誇張されている。
 歴史的事実は中国の漢民族の支配地域であれば揚子江と黄河の間を中心とした部分だけであり、現在の中国の意識のある領土は異民族である蒙古族の元や満州女真族の清など征服王朝の領土であり、過去、何度も遊牧民族に繰り返し侵食され領土をなくしてしまったこともある。
 そのため、傲慢な姿勢で軍事覇権を強める貪欲な野心がある中国の主張自体が歴史的にも矛盾しており、中華思想自体も近代になって作り上げられたものでしかない。
 
    
posted by まねきねこ at 07:33 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランプ氏がかつて禁止に追い込もうとしたTikTokで投稿デビュー?

 トランプ前大統領は11月の米大統領選挙でホワイトハウス返り咲きを目指すなか、かつて現職大統領として営業禁止に追い込もうと試みた中国発の
   動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」
で若い有権者の支持を取り付けることを狙ってか、投稿デビューしたという。

 元々素行の悪いことでも知られるトランプ氏は、大統領経験者としては史上初めて刑事裁判で有罪の評決を受けたが、総合格闘技団体アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ(UFC)のデイナ・ホワイト最高経営責任者(CEO)と写った動画をティックトックに投稿し注目を浴びるため躍起となっている。
 長さ13秒の動画は途中でトランプ氏に声援を送るファンの場面に切り替わり、トランプ氏は「光栄だ」と話しており違和感がある。

 世論調査では激戦7州のほとんどでバイデン氏をリードするトランプ氏は、先週の有罪評決から注意をそらそうとあの手この手の対応をしている。


 7月11日の量刑言い渡しを待つトランプ氏は2日、
   自宅軟禁や収監の実刑
が言い渡されるリスクについてFOXニュースで問われ、国民が黙っていないだろうと答え、議会襲撃事件と同様に支持者の暴走を促しかねない発言で、選挙戦を劇場化する流れを作り出そうとしているようにも見える。

 また、「国民はつらい思いをするだろう。ある時点で我慢の限界に達するはずだ」と好戦的な発言を行った

 現職当時にはティックトックを強制売却に追い込もうとしてできなかったトランプ氏は、バイデン政権が最近同様の措置に動いたことを自身のソーシャルメディアで批判した。
 自分は「特に若い人々」にメッセージを送っていると述べ、支持を広げようと二枚舌となっている。

 また、トランプ氏とその陣営はこれまでグーグルおよびメタ・プラットフォームズのフェイスブックが選挙に干渉しているとして、その証拠を明示せずに非難している。

  
posted by まねきねこ at 07:18 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月02日

クラーケン(Kraken  登記企業名称  Payward, Inc.) 米国に拠点を置く暗号通貨取引所

  (Kraken  登記名称  Payward, Inc.)
 2011年に設立された米国に拠点を置く暗号通貨取引所でブルームバーグ ターミナルに上場された最初のビットコイン取引所の 1 つ。
 2024年1月の評価額は 30億米ドルであった。
 同社は2018年以降、複数の規制当局による調査の対象となり、累積で3,000万ドルを超える罰金を支払うことに同意している。 

 Kraken は、カリフォルニア州立大学サクラメント校の卒業生
   ジェシー・パウエル氏
   タン・ルー氏
   マイケル・グロナガー氏
によって2011 年に共同設立された。

 パウエルは暗号資産交換業者
   マウントゴックス(Mt.GOX)
のセキュリティ問題解決のコンサルタントであったが、問題が解決できない先の終焉を予想し、代替品としてKrakenへの取り組みを開始した。

 2014年に、暗号資産交換業者マウントゴックスで大量のビットコイン(BTC)が盗まれた
   マウントゴックス事件
は、暗号資産(仮想通貨)業界を震撼させた事件が起きた。
 当時、世界最大級の暗号資産交換業者であったマウントゴックスのサーバーが何者かによってハッキングされ、同社のビットコインと預かり金の大半が流出してしまった。
 その額は、当時の市場価格にして470億円相当の被害額で、マウントゴックス社にビットコインを預けていた127,000人の顧客が被害を受けた。
 Gox は 2014 年に倒産し、セキュリティ監査が不合格と見られた。

 2013年9月に、Kraken の活動が開始され、最初はビットコイン、ライトコイン、ユーロ取引を提供した。
 その後、追加通貨と証拠金取引が追加された。

 2014年3月、Kraken は
   ハミングバード・ベンチャーズ(Hummingbird Ventures)
から 500万ドルのシリーズ A 投資を受けた。
 1か月後、Kraken はブルームバーグ ターミナルに上場された最初のビットコイン取引所の 1 つになった。

 同年、クラーケンはマウントゴックスで失われたビットコインの調査を支援するために選ばれた。
 破産管財人は、ハッカーによる侵害を受けずに運用されてきた実績があったKraken に信頼を寄せた。
 2015年6月、クラーケンはビットコインの最初のダーク プールをオープンした。

 2016年1月、クラーケンはニューヨーク市に拠点を置く取引所
   コインセッター
   キャビルテックス
を買収した。
 この取引所の購入により、クライアントは自動的にアカウントを Kraken に移行した。

 1か月後、クラーケンはSBIグループ主導によるシリーズB投資ラウンドの完了を発表した。
 また、オランダの取引所CleverCoin と仮想通貨ウォレットサービスのGlideraを買収した。
 2017年3月、クラーケンはチャートと取引のプラットフォームであるCryptowatchを買収した。

 2017年12月までに、クラーケンは 1 日あたり最大 50,000人の新規ユーザーを登録していると明らかにした。
 2018年4月、クラーケンは事業コストの上昇を理由に日本でのサービスの終了を発表した。
 その後、2020年に日本市場に復帰している。

 2019年2月、クラーケンは英国のデリバティブ取引会社である
   Crypto Facilities
を買収した。
 2019年6月、クラーケンは特別目的媒体を通じて2,263人の個人投資家から1,350万ドルを受け取った。

 2020年9月、クラーケンはワイオミング州で特別目的保管機関(SPDI)の認可を取得した。
 米国でそのような認可を取得した最初の仮想通貨取引所となった。

 2021年初め、クラーケンは評価額200億ドルを超える追加資金を投資家に求めた。
 トライブ・キャピタルはハミングバード・ベンチャーズに次ぐ同社第2位の機関投資家となり
   アルジュン・セティ
が取締役に任命された。

 2021年1月、クラーケンは海外ユーザー向けのモバイルアプリをリリースし、2021年6月に米国で利用可能になった。
 2022年9月、クラーケンの取締役会会長に就任したパウエル氏の後任として、当時最高執行責任者だった
   デイブ・リプリー 氏
が就任した。
 2022年11月、同社は非代替トークン(NFT)マーケットプレイスのベータ版を立ち上げた。[

 2023年2月、クラーケンは日本での事業を再び閉鎖し、アラブ首長国連邦でも、ライセンスを取得してから1年も経たないうちに事業を閉鎖した。

 2023年9月、ブルームバーグは、クラーケンが米国上場株式や上場投資信託の取引を提供することで、初めて仮想通貨以外の取引を計画していると報じた。
 
 2018年4月、クラーケンは
   市場操作
   マネーロンダリング
から顧客を守るために仮想通貨取引所がとった措置に関するニューヨーク州司法長官局の調査に、関連する出費がビジネスに悪影響を与えると判断し、従うことを拒否した。
 そのため報告書では、クラーケンが法律に違反している可能性があると警告し、顧客にクラーケンに近づかないことを示唆し、現地の仮想通貨規制に違反する可能性があるとして同プラットフォームをニューヨーク州金融サービス局に通報した。

 2019年3月、この取引所はイランに拠点を置く顧客との取引を許可したことで
   制裁体制に違反
した可能性があるとして、外国資産管理局によって調査されるようになった。
 2022年11月に和解が成立し、クラーケンは
   罰金36万2000ドル
を支払い、加えて「特定の制裁遵守管理にさらに10万ドルを投資する」ことに同意した。

 2021年9月下旬、クラーケンは
   無登録信用取引を提供
したとして商品先物取引委員会に
   罰金 125万ドル
を支払うよう命じられた。

 2023年2月、証券取引委員会(SEC)はクラーケンのステーキングサービスを証券の違法販売に分類した。
 同社は、同社の暗号資産ステーキング製品が規制当局の規則に違反しているという申し立てに対し、SECと3,000万ドルの和解に合意した。
 また、米国でのステーキング サービスの販売を中止することにも同意した。

 2023年11月、SECは、SEC対Payward Incらの訴訟でKrakenを訴えた。
 SECは、クラーケンが証券取引所として登録せずに証券取引所として運営されていると主張した。
 また、顧客の資産と自社の資金を混ぜ合わせたとして告発した。
 こうした動きに対し、クラーケンは、彼らは有価証券を上場しておらず、現在、仮想通貨取引所の登録を支援する法律はない、と答えた。

 2019年5月、クラーケンはカリフォルニア州マリン郡上級裁判所に、 Glassdoorの匿名レビュアー10人の特定を求める申し立てを提出した。
 クラーケンは退職契約に違反したとして彼らを告訴した。

 電子フロンティア財団は、匿名の査読者を代表していると述べ、2020年に査読者を特定することは憲法修正第1条の言論の自由の権利を侵害し、他者の表現に萎縮効果をもたらすと主張した。
 2022年、裁判所はGlassdoorに対し、一部の査読者の正体を開示するよう命じた。
 
 2019年、パウエル氏は子育てが生産性の邪魔になると示唆し、育児休暇の経済的存続可能性を批判した。
 同氏は続けて、関連する政府規制を遵守しないという選択は、リスクを取る価値があるのか​​どうかを疑問視した。

 2022年11月、クラーケンは従業員の約30パーセントに当たる約1,100人の従業員を解雇した。
 ポリティコによると、パウエルはクラーケンで「自由主義の哲学的価値観」を主張した。

    
posted by まねきねこ at 06:32 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月01日

DMM Bitcoin(ディーエムエム ビットコイン)

DMM Bitcoin(ディーエムエム ビットコイン)
 日本の暗号通貨取引所(英語版)である。
 株式会社テコテックの100%子会社の「株式会社東京ビットコイン取引所(TBX)」であった。
 2017年12月に株式会社DMM FX ホールディングスへ譲渡された。
 2018年1月11日より新ブランド「DMM Bitcoin」にて運営を開始した。
 それに伴い、2018年1月4日をもって東京ビットコイン取引所としてのサービスを停止した。
 新たな仮想通貨取引システムとして、仮想通貨取引プラットフォーム「SimplexCryptoCurrency」が採用している。
 
 2016年(平成28年)11月株式会社東京ビットコイン取引所として資本金1千万円で設立された。
 2017年(平成29年)3月、仮想通貨取引所「東京ビットコイン取引所」を開設した。
 2017年(平成29年)6月、増資により資本金3千万円とした。
 2017年(平成29年)9月、資金決済に関する法律第63条の3第1項の規定に基づいて、仮想通貨交換業者の登録の申請書を関東財務局に提出。また、増資により資本金8千万円とした。
 2017年(平成29年)12月、会社名を「株式会社DMM Bitcoin」に商号変更したうえ、増資により資本金を12億9千万円とした。
 2018年(平成30年)1月、口座開設の申し込みの受付を開始した。
 2019年(令和1年)6月、増資により資本金16億2千万円とした。
 2020年(令和2年)3月、増資により資本金28億7千万円とした。 
 2024年(令和6年)5月、約482億円相当の暗号資産の不正な流出が発生した。 

   
posted by まねきねこ at 06:47 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月31日

エガートン キャピタル(Egerton Capita) 1994 年に共同設立された資産運用会社 運用資産 163億米ドル(2023年1月)

      (Egerton Capita)
 エガートン キャピタルは
   ウィリアム・ボリンジャー
によって 1994 年に共同設立された。
 アーミテージは最高投資責任者であり共同創設者である。

 運用資産 163億米ドル(2023年1月)

 2014年11月時点で従業員数は 23 名です。
 彼らは Stratton House, 5 Stratton Street , Mayfair , London, W1 に拠点を置いて活動している。
 2014年3月31日までの 1 年間に、エガートンは 1億4,140万ポンドの利益を上げ、その利益を 12社のパートナーに分配した。
 2019年3月31日の時点で、エガートンの運用資産は 198億ドルであった。
 
   
posted by まねきねこ at 09:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランプ氏「口止め料」の不適切処理の裁判で陪審員団が「評決まとまる」と表明

 トランプ前米大統領が
   不倫口止め料を不正に処理
したとして罪に問われている刑事裁判で、トランプ氏が有罪か無罪かを判断する陪審員団は30日、評決をまとめるのに至ったと発表した。

posted by まねきねこ at 08:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月30日

AKOキャピタルLLP(AKO Capita AKO)  英国の投資管理会社 運用資産 231 億米ドル (2024年) 

AKOキャピタルLLP(AKO Capita AKO) 
 ロンドンに拠点を置く英国の投資管理会社
 株式への投資に重点を置いている。
 ニコライ・タンゲン氏によって設立されたが、タンゲンは後に世界最大の政府系ファンド
   ノルウェー政府年金基金
を管理するために会社の地位と所有権を放棄した。

 運用資産 231 億米ドル (2024年) 
 就業者数 70人(2020年)
 
 2005 年、ニコライ タンゲンとゴーム トマセンはロンドンにAKO キャピタルを設立した。
 彼らは以前はノルウェー諜報機関に所属し、そこで言語や尋問の訓練を受けていた。
 その後、彼らはCazenoveやEgerton Capitalなどの企業で働いていた。

 アメリカの投資顧問会社は、自社の情報収集の専門知識が AKO に不可欠な部分であると述べた。
 タンゲン氏によると、AKO は体系的なアプローチによる優良企業の長期保有に重点を置いた投資哲学を持っている。
 同社には、法医学会計、行動分析、市場調査、伝統的な株式調査を専門とするチームがある。

 2020年までに、AKO は大幅に成長し、運用資産は 180億ドル、従業員は 70名になった。
 この主要ファンドは 2005年10月の設立以来、市場の 3 倍の収益を上げた。
 2020年、タンゲン氏はAKOに対する経営権とすべての権益を手放し、ノルウェー政府年金基金を管理する
   ノルゲス銀行投資管理
のCEOに就任した。
 パトリック・ハーグリーブス氏が同社のCEOに就任し、トマセン氏がCIOとなる。 

 2010年6月、2009年9月までAKOで働いていたトレーダー
   アンジャム・アフマド
は、 2009年5月15日から2009年8月22日までの間、18の上場株式に関与した
   インサイダー取引の罪
で金融庁から有罪を認めた。
 彼は5万ポンドの罰金を科せられたが、関係者に対する当局の捜査に協力することに同意することによって刑務所への収監からは逃れた。
 彼はまた、得られた利益のうち 131,000 ドルを支払うことにも同意した。

 裁判中に、AKOが特定の日にどの株を売買するかという情報を、経営コンサルタントで親友の
   ルピンダー・シドゥ
に渡し、それによって賭けを広げて約52万4,000ポンドを稼ぐことができたことが明らかになった。
 2人は、2009年夏に疑惑の陰謀を開始する直前にMSNメッセンジャーのアカウントを作成した。

 AKOはいかなる不正行為についても告発されておらず、訴追のための証拠を提供する予定である。
 タンゲンがアフマドに取引命令を出したとき、その命令は「保留」され、シドゥが自分で賭けることができるようになった。

 2011年12月15日、シドゥは 22件のインサイダー取引の罪で有罪判決を受けた。
 2020年3月、タンゲン氏が2020年9月に
   イングヴェ・スリングスタッド氏
の後任としてノルウェー銀行投資管理のCEOに就任し、ノルウェー政府年金基金を管理することが発表された。

 世界最大の政府系ファンドだったため、彼の任命はすぐに注目を集め、状況を考えると非常に物議を醸した。
 なお、タンゲン氏はノルウェーではあまり知られていない公人であり、発表前には銀行の最終候補者にも選ばれていなかった。
 ノルウェーの議員らはタンゲン氏がその職にはふさわしくないと感じており、同氏は
   新型コロナウイルス感染症(COVID−19)
のパンデミックで基金の業績が低迷していた時期に就任した。

 AKOによるタンゲンの
   利益相反
について疑問が生じ、ノルウェー議員はタンゲン氏の任命を徹底的に精査するよう要求した。
 例えば、AKO と国税庁の間でインセンティブ制度に関して係争中であることや、タンゲンがタックスヘイブンに拠点を置くファンドや企業に 8,500 万ドル相当の個人投資を行っているという事実が明らかになった。

 ストーティングの財務経済常任委員会は、タンゲン氏が9月に就任する前に利益相反がないよう財務大臣ヤン・トーレ・サナー氏に指示した。
 その結果、タンゲンはすべてのAKO取締役会からの辞任を含め、AKOに対する金銭的利益と支配権をすべて放棄した。
 同氏のAKO株43%は慈善財団であるAKO財団に譲渡され、AKO基金の保有資産5億5000万ドル相当が売却される。

    
posted by まねきねこ at 08:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月29日

ベスター・キャピタル・パートナーズ(Vestar Capital Partners) 総額 460 億ドルを超えるVestar ファンドを運用し80 件以上の企業へ投資

        (Vestar Capital Partners)
 米国の中間市場企業における
   レバレッジド・バイアウト取引
に焦点を当てている米国の非公開プライベート・エクイティ会社

 1988年に設立され、本社はニューヨーク市にあり、米国のマサチューセッツ州ボストンとコロラド州デンバーに事務所がある。
 マネジメント・バイアウトと成長資本投資を専門とする大手プライベート・エクイティ会社で、ファースト ボストン コーポレーションのマネジメント バイアウト グループの責任者によって 1988 年に設立された。

 2017年の時点で、当初の創設者のうち
   ダニエル・オコンネル
   ノーマン・アルパート
   ロバート・ロズナー
   ジェームズ・ケリー
の 4名がまだ同社に在籍していた。

 1988年の設立以来、Vestar ファンドは総額 460 億ドルを超える企業への 80 件以上の投資を完了した。
 2013年、Vestar Capital は
   Roland Foods Corporation
の過半数の株式を取得した。[
 2014年にMSCIからInstitutional Shareholder Services(ISS)を3億6,400万ドルで買収した

 1988年から 2019年にかけて、ベスターは 7 つのプライベート エクイティ ファンドを調達し、投資家のコミットメント総額は 80 億ドルを超えた。
 これらのファンドのうち最初の 6 つは全額投資されています。
 ・1988 - Vestar Capital Partners (3,500 万ドル - 全額投資され清算)
 ・1993 - Vestar Capital Partners II (2 億 6,000 万ドル - 全額投資および清算)
 ・1997 - Vestar Capital Partners III (8 億 300 万ドル - 全額投資)
 ・1999 - Vestar Capital Partners IV (24 億 8,000 万ドル - 全額投資)
 ・2005 - Vestar Capital Partners V (37 億ドル - 全額投資)
 ・2013 - Vestar Capital Partners VI (8 億 400 万ドル - 全額投資)
 ・2019 - Vestar Capital Partners VII (11 億ドル - 現在投資中)

   
posted by まねきねこ at 22:28 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資産家コーエン氏が計画するNY市カジノへの野望に不可欠な法案望めず暗礁に乗り上げ?

 大リーグのメッツを所有する資産家
   スティーブ・コーエン
が80億ドル(約1兆2600億円)規模で計画するカジノとエンターテインメントの複合施設建設は、暗礁に乗り上げそうだという。
 このプロジェクトを前進させるのに必要な法案を提出しないと、地元ニューヨーク市クイーンズ地区選出の州上院議員で民主党の進歩派議員
   ジェシカ・ラモス氏
が表明した。

 コーエン氏は、チームのホームグラウンドである
   シティ・フィールド
の隣を建設地としてこのプロジェクトを計画している。 
 ジェシカ・ラモス氏が法案提出を否定したことにより、コーエン氏がニューヨーク市地域にカジノを建てる州のライセンスを取得するのは、絶望的となる可能性がある。
 州が保有する公園の土地に
   商業目的の駐車場
を建設する上で、この法案は不可欠とされている。

 ラモス議員は28日の声明で「コロナ地区の公園をカジノに使用する法案を提出するつもりはない」と言明した。
 有権者は「投資と機会」を求めると同時に「緑地とレクリエーションを強く望んでいる」と指摘した。
 なお、「その引き換えとして、われわれの裏庭にカジノの建設を容認せざるを得ない」という前提には、同意しかねると続けた。

 ただ、地元選出議員の多くはすでにコーエン氏の計画に支持を表明しているものの、ラモス氏は数カ月前から見解を保留してきた。
 コーエン氏と同氏のプロジェクトチームは賛同を取り付けようと動いてきたが賛同が確定できていない。

 ヘッジファンドのPoint72 Asset Managementの創業者で財を成したコーエン氏は昨年末、ハードロック・インターナショナルと提携し、カジノとエンターテインメントの複合施設「メトロポリタン・パーク」を建設する計画を明らかにした。

 メトロポリタン・パーク側の広報担当者
   カール・リケット氏
はメディアの取材で「われわれは実現を諦めていない。2万3000人を雇用し、80億ドルの投資とコミュニティーへの著しい利益を可能にする現実的な経済的原動力は、カジノしかない」と述べた。
  
    
posted by まねきねこ at 08:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする