市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2017年11月18日

キャッチフレーズの本質を見誤るな!!



 安倍晋三首相は17日午後、衆院本会議における所信表明演説で
   核・ミサイル開発
を進める北朝鮮に政策を変更させるため、国際社会と連携して
   「圧力を一層強化」
する決意を表明した。

 この演説では、日本を取り巻く
   安全保障環境
について「戦後、最も厳しいと言っても過言ではない」と指摘した。

 日本を飛び越えるミサイルの相次ぐ発射や核実験の強行は「断じて容認できない」と北朝鮮を非難した。
 その上で、強固な日米同盟の下、具体的行動を取っていくと続けた。

 米国の軍産複合体制への莫大な利益を与えるとも言える
   ミサイル防衛体制
などを強化する考えを示した。

 本来であれば、日本の企業が安価に生産することが可能なミサイルを開発すべきだが、利益率の高い米国製のミサイル購入を積極化させることを意図するもののようだ。

 貿易赤字の解消という思惑が背景にあるが、総額で同じ金額であっても、利益率が極端に異なっていることに注目すべきだろう。
 そもそも、日本企業の経営者が日本製品の輸出で生みだす利益率は米国の製品よりも低率になっている。

 この利益率の低さが、日本の生産性の低さということだ。

 「働き方改革」と称した政策を日本国民に強要する様な動きについても、この利益率の大幅上昇を推進させなければ、単に日本国民の労働力を安く売り渡すことにほかならない。

 一億総活躍社会の実現というフレーズも、日本国民を欧米や国際資本に安価に享楽を与えるための方策であり、奴隷国家を作りだしかねない。

 モノやサービスに付加する利益率の幅を広げる政策が一番重要であり、安い生産性の向上では国力を消耗させる愚策になりかねない。 

     
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  

  

    
posted by まねきねこ at 06:12 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

機関投資家の責任を自覚し、利益追求を強くすべきだ。


 
 ノルウェーの経済保護を模索するノルウェーの1兆ドル(約113兆円)規模の政府系ファンド(SWF)の監督を担当する中央銀行の
   マトセン副総裁
は16日、オスロでメディアのインタビューに応じ、「われわれの考えは、国の富を守るためリスクを分散させることだ」と明言し、保有する株式においてファンドに
   石油価格のリスク
を抱えないことで、より良い対応ができると説明した。
 
 同ファンドは16日、石油・ガス関連株式
   350億ドル相当
の処分を提案した。
 
 石油・ガス関連企業の株式への投資を抱えないことで、ノルウェーは石油価格下落の「影響を受けにくくなる」と指摘した。
  
 
 
ひとこと
 
 日本の人口の5%に満たないノルウェーの政府系ファンド (SWF)、政府年金基金グローバルの資産株式相場の上昇とドル下落が寄与し1兆ドル(約111兆円)に到達している。
 
 
日本の積立金管理運用独立行政法人(通称GPIF) は132兆円だが、人口比較をすれば余りにも資産が乏しい状況だ。
 
 
GPIFの投資スタンスが愚民政治家の影響を受けやすく、利益追求が乏しいのは日本の機関投資家と同じ思考が基本にあるようにも見える。
 
 そもそも、投資先に「物言う株主」として存在感を高めることが一番重要で、内部留保している資産を吐きださせるよう投資先企業に圧力を加える必要がある。
 
 内部留保している日本の企業に対し、株主として配当金の増額を強く要求することが必要であり、これにより株価の上昇を促すことで資産価値の向上を促すことが出きる。
 
 消費税の引き上げなどもしなくて済むし、機関投資家も同調すれば損害保険や生命保険の料金の引き下げにもつながることになる。
 
 税収も配当金が増えれば大きく増加することになり、財政収支も大きく改善していくことになるだろう。
 
 日本の投資家も、直接株式を購入するようになるため、経済の活性化が進むきっかけになる。
 
 愚民政治が横行し、働き方改革などといった視点において「付加価値の向上」といった動きが欠落している点が一番の問題だ。
 

 「付加価値の向上」 がないままに、時間単位で単に生産量を増やすような政策を誘導するのは景気変動に置ける企業の脆弱性をより高めることになるため、亡国の理論になりかねない。
 
  働き方改革は労働者のみならず、企業の付加価値を高める様な政策にすべきであり、単人に労働時間を身地画して生産量を高くするだけの方向では、景気後退時に薄利多売がより強まり企業体力を奪うだけになりかねず、奴隷国家に向かっている日本人の体力を奪うだけでしかない。
 
 時間単位で利益率を高くするモノやサービスを増やしていく
取り組みが重要だ。
 
 同様に、国際資本の意のままに動いている観のあるの日銀のゼロ金利政策や利益が出ている時期の保有が外貨や外債を市場で処分できないのも問題だ。
 
 輸出企業など特定の産業や企業に利益を与えるゼロ金利政策は停止し、金利を5%以上に引き上げていくことが重要だろう。
 
 日本国民が保有している金融資産の価値を高め、金融資産による利益の拡大を図ることで、税収を増やす方策も考えるべきだろう。
 
 国際資本の利益を供与するようなゼロ金利政策は売国者の行為に等しいものだ。 

     
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  

  

    
posted by まねきねこ at 06:02 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国議会下院 税制改革法案 を可決



  米国連邦議会の下院は16日、共和党が提出した法人税や所得税の引き下げなどが盛り込まれた
   税制改革法案
を可決した。
 
 同法案は、向こう10年で財政赤字を
   1兆4000億ドル(約158兆2000億円)
増加させると見込まれている。
 
 下院は税制改革法案を賛成227、反対205で可決した。
 なお、13人の共和党議員が反対票を投じた。

 税制改革法案の下院通過は法人・所得税の引き下げを目指すトランプ大統領の取り組みにおいて重要な節目となる。

 ただ、この共和党の広範にわたる税制計画が米国経済を大きく変化させるにはまだ課題が残っている。

 上院は下院の法案とは別に独自案を議論しており、可決に必要な賛成票を得られるかはまだ不明。 



     
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  

  

    
posted by まねきねこ at 05:32 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

動静は把握できそうだ。


 韓国ニュースサイトDaily NKが情報筋の話として、北朝鮮の労働党委員長
   金正恩
が今年8月軍を視察する際、兵士に支給したのはたった
   タバコ一箱
で、5年前よりずいぶん貧弱になったと伝えた。

 中国の習近平政権の意向に逆らうミサイルの発射や核実験を強行するなどへの対応から北朝鮮の経済事情がいっそう厳しくなっていると思われる。

 
 8月18日、金正恩がミサイルの研究開発、発射を担当する部隊を視察した。
 幹部にはいろいろなプレゼントを渡したものの、食糧不足より
   慢性的な栄養不良
にある兵士がもらったのは北朝鮮産の「大徳山タバコ」1箱だったという。

 前回2012年視察時のご褒美は、大徳山タバコのほか、キャンディ、おやつ、鶏肉、調味料など、女性には化粧品などが配られたという。

 
 金正恩が潔癖症で、視察の1カ月以上前から、兵士が施設の大掃除をはじめたという情報も漏れだしている。
 このほかの脱北者は「金正恩がくると、路上の小石まで水洗いしたうえ、アリ一匹すらあってはならない」と話したとのこと。 

     
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  

  

    
posted by まねきねこ at 21:22 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サウジアラビアに最大250億ドル(約2兆8400億円)を投資する計画


 ソフトバンクグループは向こう3−4年でサウジアラビアに
   最大250億ドル(約2兆8400億円)
を投資する計画が明らかになった。
 
 こうした動きは孫正義社長率いるソフトバンクがサウジとの投資関係を深めることになる。


 この情報は部外秘だとしてこの事情を知る関係者が匿名を条件に海外メディアの取材で話したもの。
 

 孫氏はビジョン・ファンドでサウジの政府系ファンド
   パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)
から今年、450億ドルの出資を受けて以来、同国との関係を強化している。
 
 PIFが先月主催した投資サミットにも孫氏は主要なゲストの1人として招かれた。
  
 
 米国の投資会社ブラックロックの
   ラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)
やブラックストーン・グループの
   スティーブ・シュワルツマンCEO
ら投資・金融界の重鎮と投資サミットで同席していた。 

     
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  

  

    
posted by まねきねこ at 05:32 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

2018年の石油需要見通しを引き下げ(IEA)


 
 ニューヨーク原油先物では14日、国際エネルギー機関(IEA)が2018年の石油需要見通しを引き下げたことが嫌気され1.9%安の1バレル=55.70ドルと約1カ月ぶりの大幅安となった。
 
 ロンドン金属取引所(LME)のニッケルや銅市況も下落した。

 14日の米国株は、S&P500種株価指数がエネルギーセクターの主導で下落した。
 
 米10年債利回りは2.37%と3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下した。

 きょうのアジア時間帯の取引でも米国株先物は下落した。
 また、米国の長期金利も低下した。 

     
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  

  

    
posted by まねきねこ at 19:31 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京株式市場は5営業日続落



 東証1部33業種の下落率上位は石油・石炭製品、鉄鋼、鉱業、その他製品、非鉄金属、その他金融、卸売、倉庫・運輸などだった。
 
 売買代金上位では、4ー9月期純利益が前年同期比14%減だった
   三井住友トラスト・ホールディングス
が売り込まれ大幅安だった。
 
 なお、18年3月期純利益計画を上方修正した
   第一生命ホールディングス
や1ー9月期営業利益が前年同期比2.2倍だった
   昭和電工
には買いが入り高くなった。 

     
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  

  

    
posted by まねきねこ at 19:15 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商売に熱心だが、国益には相反するものも多い。


 米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
がアジア5カ国歴訪を終え、最後の訪問国フィリピンのマニラから帰国の途に就いた。

  

 大統領は14日、「私のアジア訪問後、われわれの貿易相手国全てがルールが変わったと認識すると主張した。

 米国は公平かつ互恵的に扱われなければならない。

 大規模な貿易赤字は迅速に減らさねばならない。

 いつものことながら、気ままにツイートした。


 このツイートでは貿易を意味する英語のトレードは2カ所出てきたが、いずれも「TRADE」と大文字で表記された。

  

 大統領はまた帰国次第、「重大発表」を行うともツイッターで表明した。


 日本から始まり、韓国、中国、ベトナムも訪れた今回の歴訪について、大統領は「極めて成功した旅」と自画自賛しマニラで記者団に語り、旅を締めくくった。

  



ひとこと


 選挙期間中のロシアの関与問題などでモラー特別検察官のチームによりトランプ大統領の周辺メンバーが逮捕や取り調べを受ける状況にある。


 このまま、弾劾裁判まで行われていく可能性があり、米国民の注目を外部に向け、批難の意識を逸らす動きが出そうだ。 



     
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  

  

    
posted by まねきねこ at 06:47 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノンバンクのサブプライム「自動車ローン」延滞率が金融危機中に近い水準


 米国のニューヨーク地区連銀14日発表した
   家計債務と信用に関する四半期報告
によると、ノンバンク金融機関の信用力の低い個人向けサブプライム
   自動車ローン
のうち90日を超える延滞債権の比率は7−9月(第3四半期)に9.7%近くと、ここ7年余りの最高に達し、金融危機中に近い水準にあることが明らかになった。
 
 一方では、銀行および信用組合が提供したローンの実績は改善が続いており、この比率は銀行では4.4%と、ノンバンクの半分以下にとどまった。
 
 銀行の自動車延滞債権の比率は金融危機以降、かなり着実に低下を続けており、ローンの貸し手により傾向の二極化が進んでいることが示された。

 ニューヨーク地区連銀のスタッフはこの報告に伴うブログ投稿で、サブプライムの延滞率は
   信用スコア
が同じ借り手グループ内であっても自動車金融においてかなり高く、上昇傾向にあると指摘した。 

     
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  

  

    
posted by まねきねこ at 05:41 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

利回りを数十年ぶり低水準に押し下げた上昇相場の持続性に疑問符が付いた。


 
 投資家は先週、ドル建てジャンク債に連動する
   上場投資信託(ETF)
などから13億ドル(約1470億円)を引き揚げており、利回りを数十年ぶり低水準に押し下げた上昇相場の持続性に疑問符が付いた。

 なかでも、アイシェアーズ・アイボックス高利回り社債ETF(銘柄コードHYG)からは先週7億2600万ドルが流出した。 
 
 また、ブルームバーグ・バークレイズ・ハイイールド債ETF(銘柄コードJNK)は10日に5年ぶりの大幅資金流出となった。
 
 欧州のファンドからは先週、4420万ドル相当が引き揚げられたという。 

     
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  

  

    
posted by まねきねこ at 05:19 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする