市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年11月22日

G20よりゴルフを優先するトランプ


 20か国・地域(G20)サミットが21日、開催国のサウジアラビアを拠点にオンライン形式で開幕した。

 ただ、会議に参加した米国のドナルド・トランプ大統領は途中で退席し、ゴルフに出掛けたことが明らかになった。

 メディア非公開の2日間の会議の冒頭、トランプ氏はスピーチを行った。

 情報筋によると新型コロナウイルスの感染拡大への自身の経済対策について
   「まったくもって素晴らしい仕事」
と誇示したが成果は無いのが現実であり感染拡大の勢いは止まっていない。
 ただ、世界の現状については何も語らす単なる自己顕示欲でしかない愚かさ見せただけだ。

 また、別の会議出席者によると「皆さんと共に仕事をできたことは光栄であり、今後も長きにわたり共に働いていくことを楽しみにしている」と述べたという。
 その後、トランプ氏はホワイトハウスを離れ、首都ワシントンから遠くないバージニア州にある自身のゴルフ場へと向かった。
 ゴルフ場にはトランプ氏の応援旗を持つ支援者が複数待っており、うち1人はトランプ氏の似顔絵と「あと4年」と書いたプラカードを持っていたとメディアが伝えた。

 一方では、「負けを認めろ」と促すプラカードを持って抗議する人の姿も見られた。



ひとこと

 大統領を辞めれば犯罪者としての扱いになりそうだ。
 逮捕を逃れるため、犯人引き渡し条約が無い国への国外逃亡を画策している可能性もあるとの報道もあり、注目だろう。


    
posted by まねきねこ at 21:57 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経済失速が大きい米国


 米国金融の大手JPモルガン・チェースが20日発表した2021年米経済見通しで同社のエコノミスト、マイケル・フェロリ氏とジェシー・エジャートン氏、ダニエル・シルバー氏はリポートで、来年1ー3月(第1四半期)に米国経済が縮小すると予想した。
 
 新型コロナウイルスの記録的な感染拡大に伴い、複数の州が企業活動や市民生活に制限措置を課していることが背景だ。
 来年1ー3月期は経済成長率が年率でマイナス1%、今年10ー12月期の成長率は2.8%と予想した。
 7ー9月期は33.1%と大幅な成長率を記録したものn、それ以前の4−6月期の経済成長は過去最大の落ち込みだった。
 JPモルガンの「米国経済は7ー9月期を力強く進んだが、そのときは経済活動の再開という強力な追い風が成長を押し上げた」と説明した。
 
 「米国経済にその追い風はもはやない。代わりにあるのは、活動を制限する対策の強化という向かい風だ」と指摘した。

   
ひとこと

 トランプの思考の浅さが経済失速抑制の対応を遅らせている。
   


   
posted by まねきねこ at 21:47 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

根拠も明らかに出来ない無責任な放言を繰り返すトランプ


 米大統領選で勝利した
   バイデン氏
は19日(現地時間)デラウェア州ウィルミントンで記者会見を行い、「大統領はいま何をしていて、米国人はいま何を目撃しているのか」という質問が記者から出ると、しばらく考えた後「適切な表現を選んでいる」とし「(米国人は)信じられないほど無責任な光景を目撃している」と語った。
 また、大統領選挙の結果を認めないのは、米国だけでなく世界に向けて民主主義に関する誤ったメッセージを送るとも批判した。
 
 トランプ大統領はバイデン氏が勝利を宣言した7日以降、2週間も政権移行に協力していない。
 バイデン氏はこの日、トランプ大統領に関する質問が出るたびに、表現の程度を調節しながら慎重に答えた。
 
 トランプ大統領と支持者を刺激しないための苦心と解釈される一方で、トランプ大統領がミシガン州議会の共和党議員をホワイトハウスに招請するなど勝敗を覆そうとする動きに対しては、「米国史上最も無責任な大統領として記録されるもう一つの事件になるだろう」とし「この男がどう考えるのかは予想しがたい」と話した。
 
 トランプ大統領は選挙で勝利できなかったし、私が来年1月20日に大統領就任宣誓をするということもよく知っているはずとし、選挙不正主張も一蹴した。
 
 一方、新型コロナの感染拡大を防ぐために全国封鎖令を出す可能性は否定した。
 
 バイデン氏は「全国的な封鎖はない」という言葉を2度繰り返し、「地域と社会によって異なるだけにむしろ逆効果を招きかねない」と説明した。

 トランプ大統領はツイッターを通じて「勝利に進むことができる確実で実現可能な道を見つけた。弁護士が記者会見で明らかにするだろう」と予告した。
 
 記者会見でトランプ大統領の個人弁護士ジュリアーニ元ニューヨーク市長が登場し、選挙監視団の参観なく開票されたペンシルベニア州の60万票はすべて無効だと主張した。
 また、郵便投票にも問題があると指摘した。
 今回の大統領選挙にはベネズエラ・キューバ・中国の共産主義者が大規模に介入したという疑惑も提起した。
 
 別の弁護士シドニー・パウエル氏は電子投票に使用されたソフトウェアはチャベス元ベネズエラ大統領が作ったものだと主張した。
 こうした根拠も明らかに出来ていない主張に対して、ニューヨークタイムズなど米メディアは記者会見の内容は根拠がない主張にすぎないと指摘した。

 保守性向のFOXニュースに出演したパネルも「無謀で無責任な記者会見」とし、ほとんどがすでに州法院で棄却された内容だと批判した。
 今回の大統領選挙の代表的な激戦州だったジョージア州もこの日、500万票をすべて再集計した結果、バイデン氏が1万2275票差で上回ったと伝え、バイデン氏の勝利を再確認した。

   
posted by まねきねこ at 07:51 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防疫の質


 韓国の政府が誇張してメディアを総動員して「優秀なK防疫」という世界への虚偽報道を垂れ流してきたが、このK防疫の先頭で
   新型コロナ感染対策
に取り組む韓国の中央防疫対策本部は21日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から386人増え、累計3万403人になったと発表した。
 
 市中感染が361人もあり、海外からの入国者の感染が25人だったと内訳を明らかにした。
 1日当たりの新規感染者数は前日より23人多く、4日連続で300人を上回った。
 
 新規感染者の数は流行第2波のさなかの8月末以来の多さとなり、優秀なK防疫で抑え込みが成功しているという現実を示した
 市中感染者は17〜19日まで3日連続で200人台を記録した。
 その後、前日(320人)に続き300人台となっており、感染阻止の移動制限なども意味をなさないようだ。
 地域別ではソウル市が154人、京畿道が86人、仁川市が22人と首都圏が262人を占めており、強い規制も役に立たなくなっている。


 療養型病院などこれまでのクラスター(感染者集団)発生地があったほか、学校や学習塾、宗教施設、各種の集まりなどさまざまな場所で大小の集団感染が起こっており、K防疫の仕組みの杜撰さも露呈してしまっている。
 死者は前日から2人増え、計503人となっており韓国国内の平均致死率はPCR検査での陽性率の高さもあり1.65%という。
 20日の検査件数は2万3303件で、前日から3703件増えていた。


 
ひとこと
 
 PCR検査の数の少なさから隠れ陽性者が含まれていない日本の致死率は1.5%。
 
 
     
posted by まねきねこ at 07:41 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

言論検閲と扇動報道


 海外メディアのReclaimthenetの見出しには大きく、「トランプ大統領の弁護士、ジュリアーニ氏とパウエル氏がツイッターでシャドー・バンされた」と書かれ、米国ではSNSは言論検閲の危機に陥っているとの報道が拡散している。
 
 トランプ陣営の弁護士
   ジュリアーニ氏
とパウエル氏のツイッターアカウントが「Shadow Ban」いうフォローしていないユーザーの投稿を見られなくする機能が加えられ、半ブロック状態に置かれている。
 トランプ大統領の弁護士、ジュリアーニ氏のアカウントをフォローしている場合、ジュリアーニ氏のツイートを見ることができているものの、ジュリアーニ氏のアカウントをフォローしていない場合は、ジュリアーニ氏の投稿を検索することすら出来ない。
 同様に、もう一人のトランプ陣営の弁護士、パウエル氏のアカウントもフォローしていない人は彼女の関連投稿を見つけることができない。
 
 ただ、実際には、フォローしていなくても、関連するキーワードで検索すれば、その人の投稿が表示される。
  


ひとこと
 
 情報が意図的にコントロールされており、不都合な情報を与えない仕組みが作られている。
 こうした自由な発言を抑制するような行動は、韓流工作を日本に広げた公共放送や民間メディアが海外政府の工作に影響を受けている現状と同じだ。
 
 法律で受信料を強制徴収するなど、自由主義国家と言えない状況を正当化するなど権力を勝手に利用するメディアの素行の悪さが問題であり、自由な契約で受信させる仕組みに早急に変える必要がある、
 
 日本国民に影響のある中国や韓国などの情報を意図的に抑制して、情報量を少なくする状況を作るようなメディアの収入源を法律で保護する仕組みが問題であり、即時、分割民営化したうえ違法な報道を行った場合には謝罪ではなく放送免許の失効や制限を強化し、反則金を視聴者数に応じて徴収する仕組みを作る必要がある。
 
 韓国政府の文化芸能活動を利用した宣伝工作で職員への接待などの疑いがある。特に大河ドラマに関連する職員への接待攻勢が地方自治体や観光協会などとの打ち合わせと称する会食や手土産などが繰り返し行われてきた状況が利益誘導となっている点を特に問題視すべきだ。
 
 こうした特定勢力への利益供与を行う組織に対する視聴料を法律で守る必要はなく、民間企業にしたうえスクランブルを掛け、契約者以外は見えないようにすればよい。
 また、災害時の放送は無料放送にすれば良いだけであり、放送電波の枠の利用料の徴収も行う必要があるだろう。
 
 総務省の権益を守る意識が強すぎるのか、携帯電話料金の引き下げで引き下げ額などにクレームを入れる総務相の主張をメディアに強くして国民の関心を引こうとする姿勢があるが、国益を害している公共放送の存在にうちえ公共受信料の問題の方がそれより重要であり、優先順位の認識に甘さがある。
 
    
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
   人気ブログランキングへ 
   
   
 
posted by まねきねこ at 06:36 | 愛知 ☀ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月21日

勝手な解釈を繰り返す韓国政治家の資質を問題としない日本のマスコミの質は最悪


 韓国紙の中央日報は18日、韓国の国会議員でつくる韓日議員連盟の
   金振杓会長
が、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が来年の東京五輪に出席する意向があるなら、正式に招待することも可能だと日本政府側が表明したと主張したとインタビューで述べたと伝えた。
 これの発言に日本の外務省幹部は18日、日本側からの発言ではないと否定した。
 また「金振杓氏個人の考えなのではないか」と語った。

 金振杓氏は、今月12〜14日に日本を訪問した際に会談した東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長や外交に関わる高官が言及したと中央日報に明らかにした。
 
 
ひとこと
 
 韓国の政治家の発言の本質だろう。
 成果を誇張するために意図的に誘導して作り出してしまう虚偽の説明が多のは周知のこと。
 夫が新型コロナウイルス感染症事態の最中、ヨット購入などのために渡米し顰蹙を浴びていた、韓国外相康京和氏も訪米し米国政府との会談内容を改ざんし勝手に成果を発表、米国側から問題視され批判を受けるなど外交官の資質が悪く、交渉しても虚偽を繰り返されては時間と費用の無駄というものでしかない。
 
 そもそも、日本領土の竹島を軍事侵攻し実効支配したままの韓国と話し合うなどという余地はない。
 即時返還と賠償金を支払い、謝罪してしかるべきであり、ここのこと日韓議員連盟の売国議員が菅首相と韓国の無礼者との会談を仲介すること自体が問題だ。
 
 
   
posted by まねきねこ at 08:08 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国の次期大統領への支持率


 韓国のコンサルティング会社
   ウィンジコリアコンサルティング
の調査結果によると、次期大統領選挙(2022年)への出馬が予想される人物のうち反日政策の文政権への対応意識が強い
   尹錫悦(ユン・ソギョル)検事総長
と前首相で与党「共に民主党」代表の
   李洛淵(イ・ナギョン)氏
が対決した場合の支持率は尹氏が42.5%、李代表が42.3%で、尹氏がわずかにリードしたという。
 ただ、出馬表明している李洛淵氏と出馬表明すらしていない尹検事総長では韓国民の期待度が異なる。

 尹検事総長文政権や支持政党の不正追及を行っているため、指揮権を剥奪する謀略的な目論見から意図的に出馬をするよう世論操作を行っている可能性もある。


 尹氏と「共に民主党」所属の李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事の対決では、尹氏が41.9%で李知事(42.6%)に僅差で後れを取った。
 一方、無党派層では尹氏が49.6%に対して李代表が15.1%、尹氏が44.2%に対して李知事が24.6%と尹氏が圧倒的にリードした。


 共に民主党の中で次期大統領候補にふさわしい人物としては李知事(25.1%)が李代表(22.7%)を上回り、続いて丁世均(チョン・セギュン)首相(5.9%)、秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官(3.6%)の名前が挙がった。
 野党圏では尹氏が25.5%で最も多く、最大野党「国民の力」の劉承ミン(ユ・スンミン)前国会議員(11.0%)、無所属の洪準杓(ホン・ジュンピョ)国会議員(10.8%)、「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)代表(7.6%)、呉世勲(オ・セフン)元ソウル市長(6.1%)の順だった。
 この調査は経済紙、アジア経済の依頼で15、16両日に全国の18歳以上の成人1000人を対象に行われた。


  
posted by まねきねこ at 06:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

意識の刷り込み方が問題


 米ソのイデオロギー対立の激化で精鋭化し、代理戦争が起きた新冷戦の様相を呈するようになっている米中の対立。日本と韓国は米国の同盟国であるため、中国としては
   日韓の軍事面の動向
がかなり気になると中国メディアの快資訊は17日記事で伝えた。

 これは「日韓の一挙手一投足に注意すべき」とする記事を掲載、米国から軍事面で多くの援助を受けている日本と韓国は、アジアにおける米国の「重要な2つの駒」だと主張した。

 また、米国の意向に沿って行動しており、米国に大量の情報を提供していると指摘した。


 韓国は最近、自爆用も含めた
   軍事用ドローン
の開発を行っていると記事は紹介している。

 蜂の群れのように飛ばす「ドローンスワーム」を配備すれば、韓国の軍事力は大幅に向上することになる。
 韓国単独での開発は資金面や技術面で難しいため、背後には米国の援助があるに違いないと推察している。


 日本については米国と宇宙分野での協力が非常に緊密だと分析した。
 宇宙軍は最先端の軍事技術分野の1つであり、将来的に極めて強力な戦闘能力になると論じた。

 日本がこの分野で米国の援助を受けられることは、日本にとって大きなメリットがあるとしている。
  

ひとこと

 日本にとっては韓国軍の動向には十二分な探知能力の向上が必要だ。
 日本を射程距離に置く長距離ミサイルや長距離爆撃機、原子力潜水艦や空母の建造など日本を敵視する政策がより強化されている。

 日韓議員連盟や日本のマスコミの緩い警戒感や日本人への韓流の刷り込みを行ったNHKなどメディアの報道姿勢は問題が多い。


  
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月20日

売国野党の暗黒時代を乗り越えた富岳


 韓国メディアのニューシスは「日本がスーパーコンピューターの計算能力ランキングで2期連続の世界1位を達成した」と伝えた。
 世界のスーパーコンピューターの計算速度ランキング「TOP100」で、理化学研究所と富士通が開発した「富岳」が1位となった。
 
 富岳が同ランキングで1位となるのは6月に続いて2期連続のこと。
 同ランキングは毎年6月と11月に発表されている。富岳は1秒当たり44.2京回の計算速度を達成した。
 2位以下はサミット(米国)、シエラ(米国)、神威・太湖之光(中国)、セレナ(米国)となった。
 7位にはドイツ、8位にはイタリア、9位には米国、10位にはサウジアラビアのスーパーコンピューターがランクインしている。
 
 自意識過剰で対日政策で傲慢な韓国が賛美する韓国化学技術院の「ヌリオン」は21位で、前回(18位)より3ランクダウンしたと伝えた。

 富岳は2011年に世界1位を記録した「京」の後続コンピューターで今年6月には富岳で約9年半ぶりに世界1位を奪還している。
 阿呆の野党政権の無能政治家が日本の国益を害する政策を繰り返した暗黒政権の時代を潜り抜け富岳は21年の本格的な運用に向けて試運転が行われている。

 韓国のネットユーザーからは「どうりで韓国の天気予報が頻繁に外れ、日本の天気予報が正確なわけだ」「昔から電子計算機は日本のものが良い」などと納得する声が上がっている。
 
 
    
posted by まねきねこ at 05:38 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月19日

NHKを解体民営化すべきだが、与野党とも利権維持に固執した動きの範疇で議論するだけか?


 武田良太総務相は12日の衆院総務委員会で
   NHK改革
に関連し、NHKの余剰金の問題など、コロナ禍において国民のために何ができるか。家計負担を減らす受信料の値下げから着手するのが、公共放送のあるべき姿だと述べ、受信料引き下げを求めた。

 岡島一正議員(立憲民主)の質問に答えたものだが、幼稚で小手先だけの発言で本質的な利権構造を変える意識は乏しいようだ。
 与野党とも出来レースで、事前に作られたシナリオ通りの終始している感じであり、NHKの利権体質を改める意識が欠落している。

 NHK改革を徹底するには受信料収入の法的保護を排除し、分割民営化する必要があるのは明らかだろう。
   

  
posted by まねきねこ at 05:36 | 愛知 ☀ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする