市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年06月24日

秩序の崩壊を加速させるマスコミの害


 シンガポール外務省元国連大使
   キショール マブバニ氏
は米国の雑誌「ナショナル・インタレスト」で8日、
   「トランプ政権はなぜ中国を助けたか」
と題した文章を掲載した。

 新型コロナウイルス感染症の発生と黒人男性ジョージ・フロイドさんの暴行死事件発生に対する
   トランプ政権の対処の悪さ
によって、中国の地位が高められ、現在中国は世界でより高い能力を持つ国だと見られている。
 また、(白人至上主義的で利己的な性格が強い)トランプ政権が中国を過小評価する間違いを犯したと指摘した。
 
 中国共産党の目標は世界範囲で共産主義を復興させることではなく、世界で最も古い文明を復興させ、それを世界中から最も尊重される文明の一つにすることにあるとし、中華文明はかねてから最も柔軟性を持つ文明であると続けた。
 
 この文章は「今、中華文明は偉大な復興の真っ只中にあることに間違いない」と締めくくった。


ひとこと

 米国の成り上がりでしかないトランプの思考のお粗末さであろう。

 米国の主流とは言えないものがメディアを利用して大統領になったが、面白おかしく劇場型で政治が行えるようなものではない。
 そのため、一時的な経済の停滞が起き社会秩序も揺らぎかねない歪を作り出している。
 このような素行の悪い大統領が二期続けることはないだろう。


 日本の首相も同調して胡散臭い政治を行ってきたが、急速な修正が米国で起これば大スキャンダルとなる醜聞を聞くことになるかもしれない。
 いつまでも浮かれて女衒のごとく取り巻く芸人を重視して国民にアピールする手段としている類の政治家が鵺官僚が跋扈する事態は社会を混乱させ、秩序を崩壊させることになる。

 大きな修正の揺らぎをコントロールできなければ辛い仕組みを強制的に適応させる動きになりかねないことも意識することになるだろう。
 ワイマール共和国の無秩序な民主主義の修正でナチス党を支持するドイツ国民が増加した結果暴走する事態を止めれ無くなったことと同じだ。
   
 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  
  
  
posted by まねきねこ at 05:17 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

動員できない?


 中国メディアの亜匯網や仏RFIの中国語版サイトの21日、トランプ米大統領が20日、新型コロナウイルス流行を受けて自粛していた11月の大統領選に向けた選挙集会を約3カ月ぶりにオクラホマ州タルサで開催したが、会場は空席が目立ったという。

 RFIによると、会場で空席が目立ったのは、新型コロナの影響以外にも、10代のTikTokユーザーやK-POPファンらが、トランプ氏に対する不満や抗議を表明するため
   欠席前提
でチケットをオンラインで予約するキャンペーンを行ったことが影響したと指摘した。
 また、亜匯網によると、トランプ氏の選挙チームは1万9000人収容のバンク・オブ・オクラホマ・センターに多くの支持者が訪れると約束していたが、ふたを開ければ実際には空席が半数近くを占めたと伝えた。

 20日夜には、若者らによる反トランプ組織が今回のキャンペーンの「勝利」を宣言した。
 また、SNS上には「史上最高のいたずら」とのコメントが寄せられたという。


 ロイターによると、トランプ陣営の
   パスカル選対本部長
は、メディアが集会参加の意欲に水を差し、こうしたデモを助長したと非難した。

 これに対して、野党・民主党の
   オカシオコルテス下院議員
はSNSへの投稿で、100万人集まると信じていたトランプ陣営が、実際にはティーンエージャーたちにもてあそばれたとコメントした。

    
posted by まねきねこ at 19:22 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幼稚な思考を暴露され怒り心頭?


 米国のロイス・ランバース裁判官は現地時間20日、ジョン・ボルトン前大統領補佐官の
   新書『それが起きた部屋: ホワイトハウス回顧録』
   (The Room Where It Happened: A White House Memoir)
の出版を認める判決を下した。
 
 この判決を受けて、米国のトランプ大統領はツイッターで「ボルトンは法律に違反している。彼はそのための代償を払わなければならない。これは自殺行為だ」と非難したものの逆風は強まるばかりだ。
 
 政治的な対立軸を数多く作り出してきた無能との指摘が多いトランプ大統領は本書の中で公表された自らの
   種々の不利な事柄
が米国民に公開されるのを阻止する狙いからあらゆる部分で安全保障上の機密事項の情報が含まれるとしたが、失敗した。
 同書は、トランプ大統領の外交や政治施策の裏事情、また、大統領の外交や政治への「無知」を公表し大統領の決定の多くが単なる再任目的であると指摘している。
 
 トランプの盟友である日本の安倍首相も同程度の政治家であり、日米ともに国益に寄与する政治家とは言えない。
 また、同書では、トランプ大統領が日本や韓国、ウクライナなど他国の指導者に援助を与えることで利益を獲得したという内容が挙げられていると見られる。
 
 例えば、自分の競争相手であるバイデン氏を調べさせ
   軍事援助
を得るようウクライナ政府や軍に圧力をかけていると記されている。
 さらに、トランプ大統領は辞任をしなければならないほどの重い罪を犯したと指摘しているという。
 また、トランプ大統領の
   政治への無能を詳細に記述
しており、英国が核大国であることを知らないこと、ベネズエラを侵入することを「クールなことだ」と決定したこと、さらに、国際情勢に対して全く無知でありながら身勝手なことを発言することなどを挙げている。
 
 また、基本的な地理の知識がなく、フィンランドがロシアの一部かと質問していたことなどを明らかにしている。
 一方、同書の内容についてトランプ大統領は否定したうえ多くは捏造されたものであると批判した。
 
 なお、同書に圧力をかけるトランプ大統領は、同書の出版により自身の利益が損なわれ、次期大統領選挙に不利になることを恐れているとされる。
 同書は23日に出版予定で、米国国内でも大きな話題を呼んでいる。
 
 
ひとこと
 
 米国トランプに忖度した防衛関連の装備の決定で日本の防衛面での多額の資金が機体の尾翼の劣化疲労による破断などが指摘されてきたポンコツF35をバカ高い金額で購入する判断など、周囲に阿呆の官僚を配置してきた政権の断末魔の叫びが聞かれるかもしれない。
 
 そもそも、米国の意のままにならない日本の政治家が短期で醜聞に晒され政権の座を追われたのに比べれば長期政権が維持できるのは米国の日本国内における権益を広げた功績に他ならないものといった見方もある。
 
 大麻を合法化しようと画策する勢力に肩入れしていることも懸念され、米国政権が交代すれば麻薬がらみの醜聞が出てくることにもなるかもしれない。
 
 
   
posted by まねきねこ at 06:14 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

19億ユーロ(約2300億円)の現金の所在が不明?

 
 ドイツのオンライン決済会社
   ワイヤーカード
は18日、19億ユーロ(約2300億円)の現金の所在が不明だとして年次報告書の公表を再び遅らせた。
 
 同社に資金を貸し付けている銀行は、大規模なデフォルト(債務不履行)のリスクに鑑み、外部のアドバイザーを起用することを検討している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

 情報が非公開のため匿名を希望した関係者によると、コメルツ銀行やABNアムロ、バーデン・ビュルテンベルク州立銀行(LBBW)、INGを中心とした少なくとも15の債権団は近く、次の行動について発表する可能性があると、非公開の情報だとして関係者が匿名を条件に述べた。
 ワイヤーカードには未利用の回転信用枠が17億5000万ユーロあると見られる。
 
 これまで同社は、監査済みの年次報告書が19日に発表できなければ最大20億ユーロの融資が打ち切られる恐れがあると説明していた。

 大半の銀行は同社が状況を解明する時間を与えるため返済期限を遅らせる方向に傾いているとこの関係者がメディアの取材で述べたという。
 
 ただ、別の関係者によると、これは
   破綻を遅らせる措置
と見なされる可能性があり、ドイツでは違法になるもの。
 ワイヤーカードは19日の発表文で、銀行団と「建設的な協議」を行っていると説明した。
 
   
posted by まねきねこ at 05:50 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

北朝鮮軍が暴発し韓国に侵攻しても韓国人の避難民を受け入れる必要がない!!


 ハバート・マクマスター元ホワイトハウス国家安保補佐官はシンクタンクのハドソン研究所が主催したセミナーで、
   北朝鮮の脅威
に効果的に対応できる能力を「軍事的に示さなければならない」と主張した。

 8月に予定されている米韓合同軍事演習があり「それらは強力な形で実際されるべきだ」と述べた。


ひとこと

 北朝鮮が核兵器を開発しても実戦に使用した時点で北朝鮮の体制は一瞬で崩壊することになることは理解しているだろう。
 ただ、コロナ感染の拡大で国内の統制が崩壊し始めており、各軍区の反乱が引き起こされかねなに状況が差し迫っているという見方もある。

 逃げ出そうとしても見ゲル先がなければ核兵器を先に北朝鮮が使用する可能性が高い。
 また、ソウルに向けた3万の長距離砲などが火を噴くとしても、最初の段階で殲滅するのは不可能だろう。

 韓国の自業自得であり、韓国避難民などが来るとしても親日家以外は一切日本が引き受けることはない。


       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  

   

posted by まねきねこ at 20:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランプの勢いは急減し、場合によっては刑務所行きになりそう?


 米株式相場は19日、ロックダウンの影響から経済が抜け出すのに、時間がかかるかもしれないとの見方が広がり下落した。
 資金は米国債に向かい続伸している。

 年限が長めの国債の利回りが比較的大きく上昇した。


ひとこと

 米国の経済回復はトランプ政権では無理だという現実を受け入れることになりそうだ。



    
posted by まねきねこ at 07:40 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月19日

視床下部の神経細胞群「avMLPA(視索前野の前腹側領域)」を活性化すると、マウスが冬眠に似た状態になることを確認


 米国ハーバード大学医学大学院の研究チームは、マウスが冬眠に似た状態になるのを制御する神経細胞群を特定する研究で、体温や空腹感、ホルモン分泌などをつかさどる視床下部に着目した。
 
 マウス54匹を用いて、視床下部の226カ所に微量のウイルスを注入して刺激を与える実験を行った結果、視床下部の神経細胞群「avMLPA(視索前野の前腹側領域)」が活性化され、マウスが冬眠に似た状態になることを確認した。
 
 この一連の研究成果は、6月11日に「ネイチャー」で掲載されている。


   
posted by まねきねこ at 06:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国とインド間で領土を巡り武力衝突


 中国とインドの係争地帯で15日に発生した両国の軍の衝突をめぐって、中国の王毅外相とインドのジャイシャンカル外相が17日、電話で会談した。
 
 会談では対話で解決する姿勢を示した一方、相手が合意を破ったなどと互いを非難し合い、依然、緊張が続いている。
 インド北部ラダック地方の中国との係争地帯で15日、双方の軍が衝突した。
 
 インド軍の発表では、インド側の20人が死亡したほか、中国側にも死者が出たという。


 中国外務省は王毅外相が「インド側の行為は境界問題についての両国の合意に反しており、改めて強く抗議する」と述べ、インド側を非難したことを明らかにした。
 また、インドに対し、徹底的に調査して責任者を厳しく罰し、直ちに挑発的な行為をやめるよう求めると主張したうえで、双方は対話のメカニズムを通じて意思疎通を強化し、共に境界地域の平和と安定を維持すべきだと述べて、対話を通じて問題を解決する姿勢を示した。


 インド政府は、ジャイシャンカル外相が中国が係争地帯のインド側にトーチカを建てようとしており、「現状を変更しないという合意に違反している」と指摘したうえ中国側に非があると非難した。
 そのうえで双方は、問題をエスカレートさせるような行動をとらず、2国間の合意に従って平和を確保することで一致したと伝えた。

 インドのメディアの報道で、両国の衝突でインド軍に死者が出たのは45年ぶりで、インドでは一部で中国への抗議デモが起きるなど反発が広がっており両国間の緊張が一段と高まることが懸念されている。
 
 
ひとこと
 
 中国政府の周辺国への軍事圧力を強める動きが継続していることを示す出来事だろう。
 
 
   
posted by まねきねこ at 05:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝鮮半島はダッチロール状態になりつつある


 
 聯合ニュースによると、韓国国防省は北朝鮮の金与正(キムヨジョン)朝鮮労働党第1副部長が連絡事務所は
   「跡形もなく崩れるだろう」
との談話を発表した13日、事務所周辺で爆薬を積んだと推定される北朝鮮車両を確認していることを明らかにした。
 
 翌14日には事務所の1、2階で火花も観測され、爆破は予想できていた模様。
 
  韓国の金錬鉄統一相は17日、統一省で記者とのインタビューで、北朝鮮が16日に開城工業団地の南北共同連絡事務所を爆破したことを受け、辞意を表明したと説明した。
 
 このことは青瓦台(大統領府)にも伝えたという。
 
 北朝鮮が韓国の特使派遣を拒否したため、南北関係改善の糸口が断たれたことが影響した。
 金氏は「今の状況を予想できた。だれかが責任を取らねばならないと、心の準備をしていた」と述べた。
 この時期の辞意については「雰囲気の刷新が必要」と説明した。
 
 
ひとこと
 
 思いこみが自己中心的な韓国政府の現状を示すもので手詰まり感がぬぐえない。
 北朝鮮の体制自体がもはや維持出来ないのか、軍区への訪問時の土産すら事欠くのでは支持が急速に失われていく見込みだ。
 食料生産が確保できない状況は過去から継続しており、急速に転がり落ちそうな気配であり、強硬な姿勢は内部の締め付けの意味もあるだろう。
 
   
posted by まねきねこ at 04:46 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

質の悪い政治家の末路


 米国のトランプ政権は16日
   ボルトン前大統領補佐官
が来週に出版する暴露本に
   「重要機密が含まれている」
と主張して、出版を差し止める訴訟を起こした。
 これに対し、、出版元は6月23日に出版される著書について「トランプ大統領の一貫性のない、やみくもな政策決定プロセスを描いたもの」だと批判し、すでに全米の書店への配送が始まっていると続けた。

 また、機密事項については、要望された変更は、すでに済ませてあると反論している。

 暴露本をめぐり、トランプ大統領は15日
   「極めて不適切だ」
と批判したうえで、「あの男は真実を語らないことで知られている」と続けた。


ひとこと

 政治家としての素養も知識もない単なる阿呆が大統領になったということだ。
 このような米国に忖度し政権を維持してきた政権の質も当然に悪いが、対抗する野党の無脳ぶりでは話にもならない。 


   
posted by まねきねこ at 02:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする