市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2018年06月01日

冗談か本気か...


 米国務長官の
   ポンペオ氏
は31日(米東部時間)、ニューヨークで北朝鮮の朝鮮労働党副委員長兼統一戦線部長
   金英哲(キム・ヨンチョル)氏
と会談した。
  
  
 金英哲がNYの空港で出迎えるため、北朝鮮の国連代表部大使
   慈成男(チャ・ソンナム)氏
は金英哲氏の儀典のためにセキュリティーチェックを受けて駐機場に待機していた。
 
 そのため、代表部のスポークスマンに当たるチョ・ジョンチョル氏とイ・ギホ氏は入国フロアで韓国記者団と会話することになった。

 2人はポンペオ米国務長官と金英哲氏の会談について
   我々は「スモールフィッシュ(小さな魚)」
なのでよく分からないと話した。
 
 また、金英哲氏が成果を収めて
   良い結果物
を残そうとニューヨークまで来たではないかと述べた。
 
 チョ・ジョンチョル氏は、トランプ米大統領を刺激した北朝鮮の
   崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官
の非難声明については
   「言うべきことを言ったものだ」
と主張したうえ、南北の経済協力についてはうまくいかなければならないのに、これまでの
   李明博(イ・ミョンバク)と朴槿恵(パク・クンヘ)
のせいでうまく運ばなかった等と主張した。
  
   

ひとこと

 視点を変えれば、北朝鮮の権益の拡大のために協力的で、思惑通りに動く政権が韓国にできたということから、コントロール下に置くべく、陰陽の発言や行動で揺さぶりが多くなっている。

 このまま連邦国家の建国まで進めば、韓国は北朝鮮に取り込まれ後戻りは出来なくなる。
               
   
     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
   
   
  

   
  
     
posted by まねきねこ at 05:31 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

北朝鮮の非核化の問題



 ロシアの主要通信社によると、ラブロフ露外相は31日、平壌に到着し北朝鮮外相
   李容浩(リ・ヨンホ)氏
と朝鮮半島情勢について協議した。

 
 国連安全保障理事会が米国主導で進めた北朝鮮に科してきた経済制裁について、ラブロフ氏は
   制裁が解除
されなければ、朝鮮半島の
   非核化の問題
は完結しないと言明してみせた。
   
 
 米朝対話が軌道に乗れば、国際社会は北朝鮮制裁の解除を検討していくべきだと話した。
  
 今年に入り、北朝鮮が核実験や弾道ミサイル発射を控えている。
  
    
   
ひとこと

 ロシア帝国時代に不凍港や領土の拡大・確保を狙ってシベリア鉄道を満州まで敷設し軍事力の拡大を行っていきた。
 朝鮮半島での権益の拡大で日本とぶつかり日露戦争が起きている。

 朝鮮半島における権益はソ連と中国の関係が悪化し、金日成が中国に摺り寄ったことでソ連に近い軍人の多くが粛清されている。
 こうした権力奪取の過程で金一族の権益が拡大し世襲化してしまった。

 そもそも、朝鮮戦争はスターリンの支援を受けた金日成が突然韓国に侵攻して始まった経緯がある。
 当初は中国は侵攻に反対していた。
 予想外の動きで釜山近くまで侵攻を許した米軍などの連合軍が体制を整えて押し戻した。
 その結果、中国国境まで押し戻し過ぎて中国義勇軍の参戦を誘った経緯がある。 
               
   
     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
   
   
  

   
  
     
posted by まねきねこ at 19:04 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イランの行動は、核合意を妨害するものでなく、また核合意に違反するものでもない。


   
 イラン核合意監視高等代表団の一員をつとめる国際問題担当最高指導者顧問
   ヴェラーヤティ氏
は30日、テヘランで行われた
   核合意
に関する最高指導者ハーメネイー師の見解について説明する会合で
   原子力
をエネルギー源とした
   潜水艦
や船舶の開発と利用、アイソトープや六フッ化ウランの生産、イランの核能力の強化を目指した
   炭素繊維
の利用は、米国の約束違反に対する報復措置だと説明、「このイランの行動は、核合意を妨害するものでなく、また核合意に違反するものでもない」と語った。

 イランの地域における力とミサイル能力は、米国が望まない中で維持され、制限のない分野での核能力を強化することになると続けた。

   
   
ひとこと
  
 イランへの核開発に伴う経済制裁が、主要な取引相手国であったギリシャ経済を直撃し、欧州連合加盟国の一翼を担うギリシャの海運業界等を直撃。
 その影響でギリシャ経済における失業率が急上昇し、ユーロの価値を左右する問題児になっていた。

 イランの問題を蒸し返すことでユーロ経済へのインパクトを強めるといった背景もトランプ政権にはある。
 ユーロの規模は旧植民地時代の宗主国であった関係からアフリカや東南アジア、インド、中南米で大きな権益が組み込まれた部分に風穴を変える仕掛けだ。

 第一弾としては英国が欧州連合からの離脱をさせる目論見は成功しつつある。
 これも南欧の経済支援などが背景にあり、負担する側と恩恵を受ける側の問題だ。

 イラン問題の再燃とイタリア問題が新たに生まれたことで、トランプ政権を背後で操る国際資本の思惑通りになっている。             
   
     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
   
   

   
  
      
posted by まねきねこ at 18:57 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

副作用に人種差別はありません。


 
 米国ユダヤ系女優のロザンヌ・バーさん(65)はツイッターで
   バラク・オバマ前政権
で大統領上級顧問を務めたアフリカ系米国人の
   バレリー・ジャレット氏
を猿になぞらえた
   人種差別的な投稿
に非難が殺到したことからABCテレビから主演の人気コメディードラマ「ロザンヌ」が打ち切られ、自身の芸能プロダクション、ICMからも契約を解除された。

 問題となった投稿は夜間のツイッター投稿で、サノフィの睡眠障害治療薬「アンビエン」に言及し、「あの時は午前2時で、アンビエン(をのんで)ツイートしていた」と釈明した。
 なお、この投稿はその後削除された。
   

 これを受けて仏製薬大手
   サノフィ
はツイッターで直ちに30日反論し、「サノフィでは、世界中の人々の生活を向上するため、あらゆる人種、宗教、国籍の人が毎日働いています。すべての治療薬には副作用がありますが、サノフィの医薬品の中で、人種差別が副作用として知られているものは一つもありません」と説明する冷静な反論を展開した。


 バーさんは、ドナルド・トランプ米大統領を声高に支持し、これまでツイッターを使って
   極右的な見解
を示したり陰謀説を唱えたりしていた。

    
   
ひとこと

 薬の効果は人の体質で大きく差がある。
 リスクが空くないのを選択するが、全てに効き目があるわけでもないのは常識だろう。

 効き目が強く出て障害が大きくなったとしても、多くに効き目が大きく良い薬ということもある。 
 画一的な判断で薬の使用を禁止することは良くない。            
   
     

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
   
   

   
  
     
posted by まねきねこ at 10:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国との貿易戦争は「保留」だとした発言は「遺憾だ」と主張



 ホワイトハウスの通商顧問
   ナバロ米国家通商会議(NTC)委員長
は、中国との貿易戦争は「保留」だとした発言は「遺憾だ」と主張し、ムニューシン米財務長官を批判した。
    
 ムニューシン長官は今月、テレビのインタビューで、中国との間で貿易戦争に入る見通しは「保留」の状態だと述べていた。
 
  
 ナバロ委員長は米中の間には解決しなくてはならない紛争が存在するとの認識を示した。
 
 また、中国が米農産物などに対し
   報復措置
に出る可能性について問われ、「われわれは何事に対しても準備ができている」と話した。
  
    
   
ひとこと

 トランプ政権内で相対立する意見や人材が多く、都合が悪くなれば乗り変える手法が繰り返されている。
 常に対立軸を外部だけではなく、内部に構築していく手法はいつまで続くかわからない。
 梯子を外されかねない日本の政権もいつまでもつかだろう。 

 媚びる姿勢は惨めな政治家の末路を垣間見せるものでしかないのかも。            
   
     
  
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
   
   

   
  
    

posted by まねきねこ at 05:18 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

「寝だめ」でとれるのは眠気だけ


 
 国立精神・神経医療研究センターの
   三島和夫部長
は29日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、日本人の睡眠時間は欧米諸国に比べて短く
   睡眠不足
をためていることを指摘したうえ、「睡眠負債」の解消法について
   「寝だめ」
でとれるのは眠気だけで睡眠負債はなくならないと述べ、一定時間の睡眠を確保する必要性を強調した。
  
   
ひとこと

 寝だめが出来ないのはあたりまえのこと。
 楽しいことであれば疲れないが、詰まらないことや興味がないことであれば数時間でも耐えられず、疲労感が大きくなる。

 ストレスのない社会を作るためには、各自が楽しめるそれぞれの興味を高めることが一番重要となる。
               
   
     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
   
   

   
  
    
posted by まねきねこ at 21:59 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南欧での政治不安な状況を懸念


 イタリアの政治情勢の混迷に、ラホイ首相の不信任投票を控えたスペインの政界でも波乱が予想される。
 
 こうした環境の変化が伝播して、ポルトガルやギリシャなどユーロ圏の周辺国国債にも売りが増えていった。
 
 イランとの貿易が復活する期待が強まっていたギリシャの10年債利回りは5%に近づき、8月に予定される救済プログラム脱却にも黄信号が点灯している。

 パニックは株式市場にも波及し、イタリアへのエクスポージャー(投融資)を巡る懸念から銀行株が売られた。
 なお、ドイツ銀行の株価は16年9月以来の安値となった。

    
   
ひとこと

 ポピュリスト政党躍進は大衆扇動の結果でもあり、利害の対立が遅かれ早かれ引き起こされる可能性が高い。
                
   
     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
   
   

   
  
    
☆ 続きを読む ...              🐱
posted by まねきねこ at 05:21 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関税の対象となる輸入品の最終リストは6月15日までに発表


 
 米国のホワイトハウスは29日の声明で、中国製品への関税適用の対象となる輸入品の最終リストは6月15日までに発表され、「その後すぐに」関税が賦課されると説明した。
 
 投資制限と輸出規制については6月30日までに発表し、その後間もなく実施されると続けた。
 
 声明では、米国が中国の
   知的財産
を巡る慣行に対する世界貿易機関(WTO)での訴訟を継続する方針も示した。

   
   
ひとこと

 相互補完が複雑に絡まった経済システムを単純に切るような手法では経済の歪が大きく出てくる可能性がある。
              
   
     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
   



     
     
   
posted by まねきねこ at 05:04 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国ではもともと検閲が出来にくいFacebookとTwitterの使用は禁止


 オーストラリアの「オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)」が昨年11月から今年1月まで、米国、英国、日本、カナダ、フランスなどの10カ国の大使館を対象に行った在中大使館の中国版ツイッター「微博」の利用状況に関する調査報告を発表した。
  
 各大使館の投稿と、その投稿に対する中国人ネットユーザーのコメントが厳しく検閲されていることが明らかになったという。
 なかには、米国大使館のアカウントに対する監視が最も厳しいという。

 中国ではもともと検閲が出来にくいFacebookとTwitterの使用が禁止されている。


 このため、外国大使館は、中国企業が提供するSNS、「微博」と「微信(ウィーチャット)」を利用している。

 ASPIの発表によると、中国ネット検閲当局が、米国大使館の28件の投稿に対して検閲を行ったという。

 件数として、10カ国のなかで最多となる。
   
 また、仏大使館12件、キューバ大使館5件、オーストラリア大使館3件、日本、韓国と英国の大使館がそれぞれ1件の投稿に対して検閲があった。


 英紙のフィナンシャルタイムズが調査したところによると、在中米大使館の関係者は「中国当局は大使館の投稿を常に検閲している」と話したとのこと。

    
   
ひとこと

 中国公安当局の監視システムは国境を越えて暗躍しているということだ。
                
   
     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
    



     
     
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

スパイ網の構築


 
 ドイツ地方紙・ダルムシュタット・エヒョーの4月17日の報道では、ヘッセン州の内政当局が
   「中国人スパイに注意を!」
との警告メールを発信した。


 メールによると、中国人スパイがLinkedInやFacebookといったSNSでおおっぴらに活動している。
 彼らは科学者や政府職員、コンサル会社のマネージャーなどに扮してドイツ官僚、将校、外交官、科学者や大学生など、中国当局に有益な人物を選んで接触を試み、諜報員に仕立て上げている。

 この警告メールはヘッセン州の関連企業や大学院、政府機関等に送信され
   疑わしい人物
から接触された場合、直ちに当局関連部門に報告するようにと呼びかけた。
  
   
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
   

  

     
     
  
posted by まねきねこ at 19:47 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする