市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2017年09月09日

ハリケーン「イルマ」の被害予想 2000億ドル(約21兆6000億円)を超える可能性


 インペリアル・キャピタルのアナリスト
   デービッド・ヘイブンス氏
は8日付のリポートで、フロリダ州への上陸が10日頃に予想されている
   巨大ハリケーン「イルマ」
は同州に大きな被害をもたらす恐れがあり、その被害額は
   2000億ドル(約21兆6000億円)
を超える可能性があるとの見方を示した。

 このハリケーン来襲により保険会社や再保険会社は被害額の50−60%を補償することになると指摘した。
 
 イルマは一部企業にとって「存続に関わる脅威」になり得ると記した。
 
  
   
ひとこと
 
 ハービーの被害の凡そ倍であり、保険金請求が広がる可能性もあり、保険会社等が内部に保留している株式や債券などの資産の売却が必要になるかもしれない。 
 
 そのため、資産の選別が強まり為替の変動を含めて大きな揺れが生じる可能性もある。
 中国が10月に開催する共産党大会で影響が生じかねない経済的なクラッシュとなりかねず、北朝鮮がこれまで同様の核実験や大陸間弾道弾の発射を実行した場合の対応については中国国内でも大きく議論されることになるだろう。
 
 
        

          ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  



       
posted by まねきねこ at 04:57 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

米国が敵対的な政策を維持する限り核交渉には絶対に応じない


 韓国の文在寅大統領は、北朝鮮と対話により新たな時代を切り開くと約束して5月の大統領選で勝利し9年続いた
   保守政権に終止符
を打って就任した。

 北朝鮮がエスカレートさせている核爆弾の威力の増大と
   大陸間弾道ミサイル(ICBM)
の性能向上など韓国の文大統領にはほとんど選択肢がなかったとも言える。
 
 北朝鮮はICBMを2回試射した。
 また、日本上空を通過するミサイルを発射しあうえ、これまでで
   最も強力な核兵器の実験
を強行し、文大統領は現実が見ることなく夢想を語ってきた姿勢の転換を余儀なくされた。
 
 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は文氏の対話の呼びかけを冷たくあしらった。
 また、米国が敵対的な政策を維持する限り核交渉には絶対に応じないと言明している。
  


ひとこと

 北朝鮮のブタが何を言おうが、軍事力の比較では北朝鮮は韓国軍である程度殲滅できるだろう。
 ただ、砲撃が始まればソウルは火の海になるが壊滅までにはならない。

 産業分野では一時的に供給が止まって困るのは中国だけの話だ。
 生産工場を日本や台湾、東南アジアに移せば大部分の機能性素材の供給は日本であり、日本から提供すれば短時間で世界への提供は回復するだろう。
   
     

          ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  



       
posted by まねきねこ at 18:13 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現実的で政治的な北朝鮮政権への対応が出来るようになった。


 米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
にとっては、韓国の
   文大統領
が夢想家から現実的で政治的な北朝鮮政権への対応が出来るようになったとはいうものの、その言動は十分ではないと指摘している。
 
 これは文大統領が北朝鮮への
   いかなる攻撃
にも反対する姿勢を打ち出しているのが要因だ。
 そのため、両首脳間の緊張は最近になり再び表面化した。
 
 
 北朝鮮が強行した核実験で金正恩体制は3日、「水爆」だと主張した。
 この核実験を実施した際には、トランプ氏は文氏のアプローチを「融和的」だと切って捨てた。
 
 報道によると、トランプ氏はこの1日前、米韓自由貿易協定の撤廃もちらつかせた。

 両者は4日に電話会談し、「利用可能なあらゆる手段を駆使して北朝鮮に対する圧力を最大化する」ことで一致した。
 
 意思が揺らぐ韓国の文大統領に対しての警戒感は消えておらず緊張は依然明らかだろう。
 
 米ホワイトハウスはトランプ大統領が
   「数十億ドル相当の兵器」
を承認したと発表したものの、韓国大統領府はこれを否定した。
   
   
     

          ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  



       
posted by まねきねこ at 17:41 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

日本市場に大きな収益機会があるため、海外投資家の資金が一気に流入する気配。


 米国の著名な富豪スティーブ・コーエン氏の資産を管理するファミリーオフィス
   ポイント72アセット・マネジメント
は、日本市場に大きな収益機会があるとみて、今後数年で東京拠点を約30人から60人程度まで増やす計画とのこと。

 日本でも大学生向けのインターン研修を始めるなど、新卒採用にも力を入れている。

 ポイント72は110億ドル(約1兆100億円)を運用している。
 ポイント72の運用を行っている国際事業担当最高経営責任者
   マーク・デスミット氏
はメディアとのインタビューで、日本には「大きな収益機会があり、適切で最高の人材を確保し訓練することは私たちの責任」と述べた。
  
   

ひとこと

 愚かにも日本の価値を下げるような愚策を続けている日銀だが、日本の資産を安く売り渡すに等しいゼロ金利政策など国際資本への利益誘導の感があり、こうした流れを背景に当然海外投資家が円を買う動きを強めてきている。

 日銀が為替介入で手に入れた外貨を早急に市場で処分して利益を確定させる必要がある。
   
   
     

          ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  



       
posted by まねきねこ at 22:10 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランプ政権が「移民救済制度」を撤廃


 米国大統領
   ドナルド・トランプ氏
が主導する政権は5日
   未成年の時に不法入国
する形で米国に連れてこられた80万人の強制送還猶予を定めたバラク・オバマ前政権の
   移民救済制度「DACA(ダカ)」
の撤廃を発表した。

 与野党や実業界からは、経済に打撃を与え、米国が重んじる価値観にも反する決定だとする反発の声が広がっている。

 対象者の滞在許可が直ちに取り消されることはないものの
   期限切れに伴う更新
は打ち切られることとなる。


 国土安全保障省の
   エレーン・デューク長官代行
によると、対象者が同制度撤廃の影響を受けるのは約6か月後の2018年3月5日からであると明らかにした。

 米国議会がそれまでにDACA対象者の処遇に関する新法を制定しなければ、対象者は
   滞在許可
が失効した時点で不法滞在者となる。

 DACA撤廃を発表した
   ジェフ・セッションズ司法長官
は、同制度は憲法に違反しており
   「不法滞在外国人の就職」
を許すことで、数十万人の米国人から雇用を奪っていると指摘した。

 トランプ大統領は声明で移民政策改革に向けた第一かつ再優先の課題は、米国人労働者とその家族の雇用、賃金、安全保障の改善でなければならないと述べ、自身の決定を弁護した。  



ひとこと

 単純思考の判断であり、問題は大きくなるだろう。
 雇用分野で米国人が低賃金で労働がきつい仕事を好まない部分の穴をこうした移民が埋めている現実がある。

 移民がいなくなればこの分野の仕事があるが、失業者の場所と就労意識のギャップがあり、空いた部分の仕事を米国の失業者が埋めるために転居して働くかどうかだろう。

 失業していても就労する積極さは出ない仕事が多いため、社会の歪が表に出てきてしまうことが理解できていないようだ。 

 単純に失業者の数と移民の数の調整をして雇用を増やしたという論理を用いているに過ぎない。
 現実を理解していないということだ。

 同じことは国債発行残高を縮小させる目論見の消費税の問題にも言えるものだ。
 為替の変動で国内の資産が海外に流れだし、雇用が失われ、薄利多売の環境が作られてしまっている。

 こうした利益を生まない経済を推し進めてきた与野党の政治家の資質の問題が解決され無ければ、税収はこれからも低いままで日本人の労働が苛烈になって不健康になるだけだ。

 マスコミの報道も悪意に満ちた者が多く、ばら色に見せる「働き方改革」もブランド化戦略を最優先にした取り組みがなければ、苛烈な労働環境を作りだす悪魔の改革にほかならない。

 長時間労働であっても、中身がスカスカで緩いものであれば過重労働とはいえないものであり問題はない。
 短距離走のごとく全速力で長時間働く環境が問題であり、短時間でもより速くは知らせようとする目論見では逆効果だろう。

 余裕を作りだすいろいろな労働時間があってもいいことが無能や政治家や役人、経営者には理解できておらず、トランプ同様に単純な思考で推し進めようとする「画一化」させたいといった姿勢自体が問題である。

  
    
          ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  



      
posted by まねきねこ at 05:27 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

韓国のミサイルの弾頭重量制限を解除


 米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は4日、韓国の文在寅大統領、ドイツのメルケル首相とそれぞれ個別に電話会談、東アジアにおいて高まりつつある危機について話し合ったことをホワイトハウスがメディアに明らかにした。

 米韓首脳の会談では利用可能なあらゆる手段を使って北朝鮮に対する圧力を最大化することで一致した。
  
 
 トランプ大統領は韓国が
   ミサイルの弾頭重量制限
を解除することを了承すると述べた。
 
 このほか、韓国が米国から武器や軍装備品を購入することを「概念上承諾」した。  

    
          ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  



     
posted by まねきねこ at 22:13 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際社会は「単なる制裁や爆撃演習とは大きく異なる戦略を考案する」必要がある。



 米国の科学者連盟(FAS)の核情報プロジェクト・ディレクター
   ハンス・クリステンセン氏
は電子メールで、国際社会は「単なる制裁や爆撃演習とは大きく異なる戦略を考案する」必要があると指摘した。
 
 現在、北朝鮮は事を起こすたびに一段と大規模で恐ろしい核技術をの取得を向上させてきた。
  
 
 同国が示唆しているのは相変わらず、相手が何を言おうと気にせず、したいことができるし、相手が脅すのをやめるまでやり続けるということだと語った。
 
 そして、制裁にもかかわらず、必要な資源はあるようだと説明した。  

    
          ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  



     
posted by まねきねこ at 22:06 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ国債先物が寄り付きから上昇



 欧州債市場では4日、北朝鮮が
   ミサイル発射の準備
を進めているとの報道を受けた幅広いリスク回避の動きから
   ドイツ国債先物
が寄り付きから上昇した。

 ただ、今週の大規模な国債入札を控えて超長期債が下げ、利回り曲線はスティープ化した。

 中核国債は狭いレンジ内にとどまっておりスペインとイタリアの国債は比較的堅調で、ドイツ10年債に対する利回り上乗せ幅は3−4bp縮小した。
 
 
 1日はECB政策委員会メンバーの
   ノボトニー・オーストリア中銀総裁
のユーロ上昇に関する発言で、利回り上乗せ幅が拡大していた。  

    
          ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  



     
posted by まねきねこ at 05:34 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エネルギー産業は被害を免れた


 JBCエナジーのアナリストチームは、米メキシコ湾岸では
   ハリケーン・ハービー
による障害が徐々に解消に向かっていると指摘した。

 また、これまでのところ
   エネルギー産業
はその資産とインフラに対する大規模な損害は免れたというのが大まかな見方だと分析した。  

    
          ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  



     
posted by まねきねこ at 05:30 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

韓国の情報機関が北朝鮮が通常の角度 でミサイル発射を行う可能性があると報告


  韓国の情報機関
   国家情報院(国情院)
は4日、国会情報委員会の
   緊急会合
で北朝鮮が北太平洋に向け
   通常の角度
でミサイル発射を行う可能性があると報告した。
 
 
 国情院は、北朝鮮が今回の核実験に対する
   国際社会の対応
を注視しており
   潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)
の発射実験を行う可能性に加え
   中距離弾道ミサイル「火星12」
や大陸間弾道ミサイル(ICBM)級の
   「火星14」
などを通常の角度で発射する可能性があると指摘した。

 いつもながらのことだが、北朝鮮の金正恩体制がが9月9日の建国記念日や10月10日の朝鮮労働党創建記念日に合わせて
   緊張状態
を作り、国内において体制の結束を図ろうとするものとみられると説明した。

 緊急会合に参加した委員は、メディアとのインtなビューで北朝鮮が9月9日前後にICBMを通常の角度で発射する可能性があると国情院がみていると述べ、これまで高角発射されていたが、通常角度で発射されれば大変なことになると懸念を示した。

 別の委員の発言としては国情院から通常角度での発射の可能性について言及があったと述べたうえで、米国本土までではないが
   グアム程度の距離
を飛ばすのではないかという話があったことを伝えた。  

    
          ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  



     
posted by まねきねこ at 22:01 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする